FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 逆賊、許すまじ

逆賊、許すまじ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 如何に想定の範囲内であるとは言え、やはり、先帝陛下の大御心を意図的に捻じ曲げ、自らの権力闘争に巻き込もうとする輩には、激しい怒りを禁じ得ないものであります。

遺族会が分祀検討へ、古賀氏「昭和天皇の思い大切に」

 日本遺族会会長の古賀誠・自民党元幹事長は25日昼、都内で講演し、昭和天皇が靖国神社参拝を中止した理由がA級戦犯の合祀(ごうし)だったことを裏付けるメモが見つかったことについて、「涙が出る思いがした。あの思いを遺族は大切にしたい。最も重いものとして受け止めたい」と述べた。

 さらに、「遺族会も勇気を持って分祀問題に真正面から取り組む姿勢が大事だ。誰もがわだかまりなく、皇室の方々もお参りできるための対応こそ、我々がやらなければならない」と述べ、分祀を本格的に検討する考えを示した。

(2006年07月25日 読売新聞)


 このメモに記された内容が、本当に先帝陛下の御言葉であるのか、或いは誰か他の者の言葉であるのか、仮に本当に先帝陛下の御言葉であったとして、どの様な経緯でお話になられたのか、どのような場面でお話になられたのか。

 そのような検証を何一つする事も無く、先帝陛下の側近であった富田氏のメモであるから陛下の御言葉だと安易に断じ、メモの真贋も定からぬうちから、或いは定からぬうちに、このメモを先帝陛下の御言葉であると流布しようとする姿勢には、卑劣で醜悪極まりない、下劣な意図を感じずにはいれないものです。

 そして更に、それに便乗し、自らの政治闘争先帝陛下の名を騙り、英霊のご遺族、そしてその他国民を欺いて、自らの意図するように事を進めようとするこの古賀誠なる外道は、英霊の名を貶め、更に先帝陛下の名をも汚そうそうとしている、日本史上に類を見ない程の悪逆の徒であると言えるでしょう。



 確かに先帝の御意志は尊いものであり、尊重せねばならないものであります。

 しかし、先帝の御意志を尊重すると言う事は、この古賀誠谷垣小沢の如きに、真贋定からぬようなメモ一枚を先帝の御言葉であると流布し、自らの権力闘争の為に先帝陛下の名を利用するような事では決して無いと言えるものです。

 この連中が行っている事は、決して先帝の御意志を重んじるなどといった行為では無く、先帝の御意志を捻じ曲げ、政争に巻き込み、更には先帝の名を貶める、まさしく逆賊の行為に他ならないものであり、我々は断じてこれを許してはならないと言えるものであります。

 政治家、或いは別の職責にある者にしても、自らの行動に、公に示されたものでも無いものを御皇室の意志として騙り、自らに有利に事物を進めていくといった行為を許すという事は、この日本国に内乱の種を蒔く事に他ならず、これこそまさに、先帝の御意志に反するものであると言えるでしょう。



 今回のメモ発見、マスコミの報道姿勢、そしてそれを受けての政治屋どもの言動を見て、思い出される事と言えば、これは支那大陸において、内乱を起こそうと企てるものが良く使っていた常套手段であると言う事です。

 三國志において善玉とされている劉備玄徳も、漢帝国最後の皇帝である献帝の意志を騙り、蜀漢を建国し、最後には皇帝を名乗るまでに至りました。

 劉備の行動と、今回の古賀逆賊の行動を比するのは適当では無いかも知れませんが、このような手段は大陸の常套手段であり、今回の件にしても、中国共産党の影を感じずにはいれないものです。

 そしてそれは、手段においてのみで無く、今回のメモ発見に呼応している輩の大半以上が、中国共産党の息が掛かっていると考えられる人物である事からも、まず間違いは無いと思えるものです。

 メモをスクープしたのが、大陸利権で儲けている財界の俗人どもの息が深く掛かった日経であるというのも、この疑いが真実であると思える一因と言えます。

 つまりは、このメモの真贋に関わらず、今回の一件は確実に中国共産党が主導する日本崩し戦略の一環と見るべきであり、我々は断じてこれに惑わされるべきでは無いと言えるでしょう。



 先帝陛下は常に日本国民の安寧と平穏を願っておられた御方であり、このような事態になる事を憂慮され、所謂A級戦犯と呼ばれる方々の合祀に、積極的では無かった可能性はあるやも知れません。

 しかしそれでも、戦争裁判を認めておられなかった先帝が、昭和殉職者の方々をA級と呼ばれたり、ましてや、彼らが合祀される事に不快感を表され、靖国神社への参拝を取りやめられたなどという事は考えられないものです。

 これ以上、今回発見されたメモを、あたかも先帝の御意志であるかの如くに喧伝し、流布する事は、靖国への不当な攻撃であるのみでなく、先帝の御意志を捻じ曲げ、その御名を汚す行為に他ならないものであり、我々は絶対にこの逆賊どもの行為を許してはなりません。

 このメモを先帝の御言葉であると喧伝し、流布する者どもと断固として戦う事こそ、先帝の名誉を守る為になると堅く信じる次第であります。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

昭和天皇の学ばれた教育勅語
杉浦 重剛 所 功
勉誠出版 (2006/03)

いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL
小林 よしのり
幻冬舎 (2006/06)


PR情報
電子書籍とオンデマンド本で読書の世界が拡がります!『ウェブの書斎』
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです

      
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
初めまして 皇室が反論できないのを逆手にとってマスゴミの言いたい放題 許されることではありません どうぞ天罰を
2006/07/26(水) | URL | 明治維新 #-[ 編集]
こいつが遺族会会長である限り発言する度に遺族会の見解だと表記されることも腹が立ちます。さっさと辞めろよ会長。なんでこんなやつがいつまでも遺族会会長を続けていられるのか理解できません。靖国神社が分祀無理って見解だしているにもかかわらずいつまでもしつこいなぁ。中国詣での手土産がこの日経スクープ記事だったのか、ご満悦でご帰国直後にこの発言とは。逆賊に本当に天罰が下らないだろうか。こいつは黒々とした髪の毛といい生理的に本気で嫌い。
2006/07/26(水) | URL | どんびき #P0/eB2wY[ 編集]
マスコミの偏向報道には、本当に腸が煮えくり返る思いです。

彼奴等には本当に、天罰が下らん事を願うものであります。
2006/07/27(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
この男が遺族会の会長をしている事には、本当に理不尽で不愉快な思いを感じます。

何とかしてこの逆賊を、政界、いや日本から駆逐したいものです。
2006/07/27(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/433-ab041fe9
「富田メモ」というのは,左右問わず政治に少しでもコミットしているネット住人には...
2006/07/26(水) | もののふのこころ
昭和天皇のご発言とされるメモが見つかり、以下のように分祀論を唱える無知な方々の発言が相次いでいるようです。■遺族会が分祀検討へ、古賀氏「昭和天皇の思い大切に」日本遺族会会長の古賀誠・自民党元幹事長は25日
2006/07/26(水) | 新・へっぽこ時事放談