FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 北、ミサイル駄作、油断大敵

北、ミサイル駄作、油断大敵
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 7月5日、北朝鮮がハワイ近海を目掛けて発射し、日本近海に着弾したとされる、自称長距離ミサイル・テポドン2号ですが、日米政府の調査により、それらの想像を遙かに上回る駄作である事が明らかになった模様です。

北朝鮮ミサイル:「完全な失敗」防衛庁調査報告明らかに

 防衛庁が近く公表する北朝鮮の弾道ミサイル発射に関する調査報告書の概要が29日、明らかになった。発射された7発のうち、種別を特定していた3発目の2段式「テポドン2号」については「発射は完全な失敗」と断定。約400キロと推定していた飛距離は「落下は沿岸から数十キロの北朝鮮近海」と修正した。残りの6発については2発が「ノドン」、4発が「スカッド」と結論づけた。防衛庁は週内にも公表する。

 報告書は、海上自衛隊のイージス艦がとらえたミサイルの航跡など初期情報に、米軍の地上レーダーなどの追加情報を合わせて解析した結果を防衛庁独自にまとめた。

 北朝鮮北東部の舞水端里(ムスダンリ)から発射されたテポドン2号は、1段目が新型ブースターで、2段目がノドン。当初は新潟県沖北北西約350キロ付近の海域まで約400キロ飛んだとみられていた。しかし、複数データの解析の結果、報告書は「1段目の燃焼は約40秒で終わり、2段目は分離しなかった」と断定し飛距離も修正した。正常に稼働した場合、燃焼時間は3分以上と見られており、完全な失敗と結論づけた。

 一方、目標については防衛庁は「太平洋側に向けた可能性が高い」と見ているが、正常な打ち上げではないことから特定は避けた。

 残り6発はいずれも北朝鮮南東部の旗対嶺(キッテリョン)から北東方向に発射され、400キロ前後の海域に落下したと見ている。しかし、正確な解析に足る十分な航跡が得られていないミサイルもあり、落下地点は特定を避けたうえで「6発とも(直径)数十キロの範囲内に落下した」との分析にとどめる。

 6発の種別は、初速や燃焼パターンからノドン2発、スカッド4発と特定。航跡などの解析の結果、開発中とされる新型IRBM(潜水艦発射中距離ミサイルの改良型)は含まれていないと判断した。スカッドはデータが乏しいこともあって細かい種別の特定には至っておらず、「新型スカッドが含まれていた可能性がある」との表現にとどまる見通しだ。

 打ち上げ順序については、日米情報当局は「手の内を明かすのは得策ではない」としており、公表を見送る。発射意図も見方が分かれており、報告書では断定しない。【古本陽荘】

(2006年07月30日 毎日新聞)


 防衛庁は今回の調査結果を受けて、危機レベルを下げる方針を示している模様ですが、それはあまりにも物事を楽観視し過ぎてているように思えるものです。

 北朝鮮のミサイル技術が、我々の想像を遙かに上回る程に稚拙で未成熟であった事は喜ばしい事ではありますが、しかし、我が国にとって脅威と呼べるものは、テポドン2号のみでは無く、寧ろ、その他の6発、ノドン及びスカッドミサイルであると言えるものです。

 今回の調査結果が無かったとしても、恐らくは2度目の発射はそう近い未来では無いと考えられるものではありますが、これを受けて安易に危機レベルを下げるという行為は、寧ろ、北朝鮮に2度目の発射の機会を与える事になりかねないようにも感じられるものです。

 相手は狂気の独裁国家であり、自由民主主義を標榜する我々日本とは、利得計算の算出方法が全く別物であるという事を、政府・防衛庁は忘れてはならないと言えるでしょう。

 前回のミサイル発射にしても、我々から見れば無謀で愚かな行為であっても、北朝鮮側から考えれば、何らかの利益があると考えて発射したものであり、それらを踏まえれば、ここで安易に危機レベルを下げる事は、日本の危機意識の低さを北朝鮮、延いてはその親分格である中国共産党に知らしめる事になると言えるものです。

 仮に近い将来における2度目の発射の危険性が低いと考えられるにしても、万全の準備が出来ていると見せかけ、北朝鮮を威圧し続ける事が、現状においてはベストな選択であると思われます。

 我が国は米国のように、何時でも臨戦態勢に入れるような軍事大国では無く、また、米国のように何もしなくとも相手を威圧出来るような存在では無いという事を、政府・防衛庁には忘れないで頂きたい。



 現在、ようやくにして、北朝鮮に対する制裁が開始され、北朝鮮を崩壊せしまる為、我が国は動き出しています。

 しかし、これは同時に、北朝鮮を暴発させる可能性を孕んだものであるという事であり、その為の備えは、先制攻撃能力を有さない我が国としては、必要以上と思える程にしておかねばならないと言えるものです。

 如何に日米同盟があろうとも、所詮米国は他人であり、全くとは言わないものの、あてになるとは限らないという事は、ミサイル発射直後の日米の対応の温度差からも、容易に想像し得るものです。

 ならばせめて、万が一にも北朝鮮が暴走した時の事を想定し、常に危機レベルを高く設定して備えておく事は、国民の生命・安全を預かる政府として当然の義務であると思えるものです。

 恐らくは、今回の調査結果から、米国が北朝鮮のミサイルを差し迫った脅威では無いと判断したのを受けて、それに沿う形で日本も危機レベルを下げようなどと考えたのでしょうが、我が国と米国では事情が全く違うという事を、何故に日本政府が理解出来ないのでしょうか。

 北朝鮮から遠く離れている米国にとっては、脅威と呼べるものは長距離ミサイルとされているテポドン2号のみなのかも知れませんが、海を隔ててすぐ側にある我が国には、ノドンやスカッドミサイルも十分以上に脅威であり、そしてそれらは稚拙とは言え、十分に実用に足ると言えるものです。

 政府・防衛庁の職責とは、威勢の良い事を口にして国民人気を得る事などでは無く、ありとあらゆるリスクを計算し、それらから国家・国民を守る為に尽力する事であると、いい加減に気付いて頂きたい。

 今のような平和惚けした危機意識のまま進んで行けば、仮に北朝鮮問題を無事解決する事が出来たとしても、日本が早晩、滅亡の危機に瀕する事は避けられぬように感じられるものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

最新版 安全保障学入門
防衛大学校安全保障学研究会 武田 康裕 神谷 万丈
亜紀書房 (2003/05)
売り上げランキング: 9,965
おすすめ度の平均: 4.71
5 日教組が教えてくれない健全な国土防衛学
5 安全保障タブー視は最早タブー!
5 平和と水はタダではない。

民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
スイス政府 原書房編集部
原書房 (2003/07)
売り上げランキング: 2,364
おすすめ度の平均: 4.6
5 今の日本に必要なもの
5 「そなえよつねに」 ----平和ボケとはなにか
5 国民の決断を迫る本


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
エントリーしてバイトする♪モバイトドットコム♪

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/439-06291262
さて、浪人氏のブログの北、ミサイル駄作、油断大敵で浪人氏が警戒レベルを上げそれを維持するべきであるという議論をされていたが、これについて考えてみたい。 北朝鮮から遠く離れている米国にとっては、脅威と呼べる