FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 似非改革の終幕

似非改革の終幕
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 ようやくにして、日本が抱える悪夢の一つが、終幕を迎えた模様です。

長野知事選、村井氏が初当選…田中氏3選阻む

 長野県知事選は6日、投開票が行われ、新人の元防災相・村井仁氏(69)(無)が、3選を目指した現職・田中康夫氏(50)(無)を破り、初当選した。

 田中氏のトップダウン型の政治手法が問われたが、村井氏は、県議会や市町村長と対立する田中氏の姿勢を争点化し、批判票の結集に成功した。

 田中氏は「脱ダム」政策など公共事業を抑制して財政健全化を目指す「改革路線」の継続を訴えたが、及ばなかった。投票率は65・98%(前回73・78%)だった。

 当選した村井氏は、「責任の重さを改めて実感している。県民の皆さまと対話し、各市町村長や議会、市民団体の声に謙虚に耳を傾け、建設的な県政運営に力を尽くしていきたい」と述べた。同時に「決して改革を後戻りさせず、しっかりやって参りたい」とし、県政改革に取り組む考えを強調した。

 前自民党衆院議員の村井氏は昨年、郵政民営化関連法案に反対し、衆院選で党公認を得られず、いったん政界引退を表明した。

 自民党県連と公明党県本部の推薦、連合長野の支援を受けて、県議や市町村議と連携した地域レベルの集会を開催。選挙戦でも「田中知事が進めてきた改革を後戻りさせることはない」と訴え、無党派層や自主投票の民主支持層の一部にも浸透した。

 田中県政については、「自分の考え方、理念を県民に押しつけている」と批判。県内81市町村の意向を重視しつつ、税源・権限移譲など分権を進めるとし、「調整」と「改革」を両立させる姿勢を打ち出した。さらに豪雨被害を踏まえ、田中氏が推進する「脱ダム」などによる治水対策の再検討を訴えた。

 2000年10月に初当選した田中氏は、約1兆6400億円あった県債発行残高を923億円削減した成果を訴え、「子供たちに借金の山でなく、緑の山を残そう」と主張。財政改革と環境重視の姿勢をアピールした。

 しかし、初当選以来の有力支援者の多くが、強引な田中氏の言動などに反発して離れ、無党派層の盛り上がりは今ひとつ。陣営は「改革を後戻りさせてはならない」と訴えたが、大差で勝った過去2回の知事選のような支持の広がりにはつながらなかった。

◆長野知事選確定得票◆

当 612,725 村井  仁 無新

  534,229 田中 康夫 無現

(2006年08月07日 読売新聞)


 本来ならば、敗者に追い打ちを掛けるような行為は、あまり趣味では無いのですが、このような悲喜劇が、我が日本国内において二度と繰り返されぬよう、触れておきたいと思います。

 確かに日本は、これまで保守の仮面を被った利権屋どもの所業により、必要の無いと思われる公共事業を繰り返し、財政は破綻寸前という、かつて無い閉塞感に追い込まれていた事は事実と言えるものです。

 そして、そのような事態を脱却する為、大幅な改革を迫られていた事も、偽りのない事実と言えるものでしょう。

 しかし、確かに必要の無い公共事業は、ただの無駄遣いであるとは言えるものの、全ての公共事業がそれに当て嵌まる訳では無く、例え財政が苦しくとも、やらなければならない公共事業というものも存在しているというのも、また事実であると言えるものなのです。

 そのような是々非々を考える事も無く、ただひたすらに公共事業を悪と定め、改革の名の下に長野を食い潰して来たこの田中康夫という人物は、長野県、そして日本国にとって害悪としか呼べない存在であると言えるものです。

 また、肝心のその改革にしても、非常に中途半端なものが殆どであり、一時凌ぎに過ぎないものばかりであった事は、最早まともに政治を見ている人間には、明らかであったと言えるでしょう。

 村井氏が、長野県を閉塞感から脱却させる事の出来る政治家であるか否かは、未だ不透明であると言わざるを得ないものですが、少なくとも、田中県政を脱却出来たというのは、長野県にとっては非常に大きな一歩と言えるものです。



 一地方の首長でしかなかったという事もあってか、これまで、拙ブログも含めて、政治系ブログで大々的に田中康夫を批判している記事は、少なくとも私の記憶する限りでは無かったと思われますが、この田中康夫なる人物は、多くのブログにて批判されている、小泉純一郎、小沢一郎などよりも、性質という観点では、更に悪辣であったと言える存在です。

 かの高名な売国奴、筑紫哲也の愛弟子にして、リベラルを標榜する単なる個人主義者。

 政策に関しては、多少の知識は持っているものの、大局的な視点は皆無であり、その場凌ぎの口八丁となんちゃって改革を行い、不都合な質問をされても無視。

 トップダウン式と呼ばれるその手法の実態は、間接民主主義の手法を全て無視した、ファシズムの手法そのものであり、それらを我が国が誇る害悪であるマスコミが巧みに隠蔽し、ヒーローの如くに仕立て上げてきただけの代物。

 他者に対する批判にしても、論理に基づいたものでは無く、感情論で徹底的に攻撃し、自己を弁護する為ならば、如何なる嘘をも厭わない。

 大雑把にまとめれば、この田中康夫なる人物は、小泉純一郎と小沢一郎を足して、悪いところだけを抽出し、それに更に2を掛けたような、史上最悪最低の為政者であったと言えるでしょう。

 このような人物が、例え一地方の首長とは言え、大きな権力を持っていたという事は、非常に空恐ろしい事であったと言えるものです。



 彼自身、そして彼を信任していた長野県民にも、無論罪はあると言えるものですが、それ以上に、いやほぼ全ての罪悪は、このような男をヒーロー、時代の寵児として祭り上げてきた、我が国最悪の汚物であるマスコミであると言えるものです。

 彼の悪行や失敗を巧みに隠蔽し、些細な功績を、まるで歴史的功績の如くに持ち上げ、記者会見やその他のテレビ出演においても、彼の言い分だけを選別して放送し、長野県民の判断を狂わせ、田中県政の延命に力を注いできた腐れマスコミの所業は、万死を以ても許されない、長野県民、そして全ての日本国民への背徳行為であると言えるものです。

 彼の手によって、ズタズタに破壊された長野県政が復旧する為には、恐らく想像を絶する程の期間を要するものであると思われるものです。

 彼が自信の功績として喧伝している債務の減少にしても、その復旧作業の中で元通り、いや、元以上に膨らんでしまうであろうと考えられるものです。

 恐らく村井氏は、哀れにもその責任を追及され、短命政権に終わるであろうと想像出来るものです。

 しかし私は、長野県民の皆様方に、是非ともお願いしたい。

 長野の健全な県政を復旧させ、未来に繋がる政策を実現させる為には、恐らくこれまで以上の苦難の道が待ち受けているであろうと思われるものです。

 しかし、その事態に嫌気を差し、再び田中康夫氏のような似非リベラルを祭り上げるような行為は、絶対に避けて頂きたい。

 彼をヒーローに祭り上げたのは、決してその手腕などでは無く、マスコミ連中の下劣な情報操作であり、彼の標榜した改革は、ビジョンの無い口先だけのものであったという事を、決して忘れないで頂きたい。

 本当のリベラルとは、過去の全てを否定し、自分の思い通りの為政を行う為に議会を無視したり、マスコミを情報操作の為に使ったりするような下劣な人間では無く、過去の遺産を有益に使い、議会からの意見を重視し、保身の為の嘘では無く、本当の事実を伝える為に、マスコミを使う人間であると言えるものです。

 田中県政を日本国において繰り返さぬ為にも、その被害者たる長野県民の方々には、二度とマスコミ連中の下劣な情報操作に惑わされる事無く、正しい判断を下して行って頂きたく思う次第であります。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

悪魔の思想―「進歩的文化人」という名の国賊12人
谷沢 永一
クレスト社 (1996/02)
おすすめ度の平均: 3.5
5 『悪魔の思想』と『庶民の常識』
3 挙げられている本を読んでみよう
1 人の道をはずれてしまったんだね・・・

日本をダメにした売国奴は誰だ!
前野 徹
講談社 (2006/02/21)


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
スクープ記事が満載!お好きな記事を一本ずつ購入できる!Digital週刊ポスト

  
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
村井氏についてはよく知らなかったので、あちこちブログをさがしたら、次のようなコメントがありました。

>村井は通産官僚を経て、1986年に自民党公認で衆議院議員に初当選する。以来、長野県政に大きな影響力を持つ羽田孜(現民主党最高顧問)の側近となり、1993年に羽田と共に自民党を離党。が、1997年、新進党解党に伴い自民党に復党する。

>なぜ私が、村井を「けっこうまともな政治家」と評するのか。
実は、この村井、郵政民営化の賛成派だった。だから復党間もないのに、2001年の第一次小泉内閣で国務大臣(国家公安委員長・防災担当大臣)に抜擢された。その後は、自民党郵政事業改革特命委員会の委員長として郵政民営化の「旗振り役」を務めていた。
にもかかわらず村井は、2005年7月の衆議院本会議採決では郵政民営化法案に反対票を投じる。理由は、「郵貯、簡保の縮小」と「郵便事業と金融事業の遮断」が持論であったにもかかわらず、法案ではその両方が担保されていなかったからだ。
そして、9月の郵政選挙では、自民党造反派の(小選挙区選出)議員としては真っ先に不出馬を表明した。<

ということで、最近では希少種ともいうべき政治家のようです。長野県民の賢明な選択に敬意を表し、村井知事の手腕に期待したいと思います。

2006/08/07(月) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
私も、この村井氏に関してはあまり良く存じ上げていなかった為、選挙中は積極的に彼を支援する弁は書かなかったのですが、頂いた情報を見ると、近年稀な、信念を持った政治家のようですね。

田中康夫が壊してしまった長野県政を、彼が何処まで立て直す事が出来るのか、期待を持って見守りたいですね。
2006/08/07(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/447-7d0b5917
田中康夫が落選した。 やっと、無意味なパフォーマンスに終始した長野県政が終わった。 石川県民の加賀もんが長野県政に物申すのは基本的に「内政干渉」であるが、 全国紙やテレビ局が、田中が国の施策に反抗するたびに喝采を送り、「これが地方自治。他県も見習え」と言い
2006/08/07(月) | 加賀もんのブログ
あの熱気はどこへ……。田中知事初当選を思い出す 任期満了に伴う長野県知事選では新人の村井仁氏(69)が現職の田中康夫氏(50)に7万8000票差をつけて勝利。共同通信の調査によると、前回田中氏に投票した人のうち、39.3%が村井氏に投票。 [アメーバニュース]
田中康夫というちょっと変わったことが好きなだけの男のペテンに引っかかって、6年間という貴重な年月を無駄に費やしてしまった長野県民の皆様に、私は心より同情申し上げます。 また、それ以外の国民の皆様にも、田中康夫のような輩は相手にしないよう、十分に注意してい
2006/08/08(火) | 非国際人養成講座