FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 中国共産党の崩壊こそ、未来への第一歩である

中国共産党の崩壊こそ、未来への第一歩である
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 全共闘の時代より今に至るまで、狂ったマオイストたちの、異常なまでのプロパガンダにより狂わされてきた日本国民の中華人民共和国というものへの認識も、ようやくにして正常化してきた模様です。

中国「信頼できない」過去最悪の65%…読売調査

 読売新聞社の「中国に対する意識」についての全国世論調査(7月8、9日実施、面接方式)で、中国を「信頼できない」という人が計65%に上り、1988年以降、6回行った調査で最悪となった。

 現在の日中関係を「悪い」と見る人も計66%で、同じ質問をした10年前の96年調査に比べほぼ倍増した。小泉首相の靖国神社参拝に中国が強硬に反発していることなどが、国民意識にも表れたと見られる。

 中国を「信頼できない」は、2002年の前回調査から10ポイント増加した。「信頼できる」は計30%で8ポイント減。現在の日中関係については「良い」が計27%にとどまり、96年調査から29ポイントも減った。中国に対する印象でも、「悪い印象」を持つ人が計67%に達し、「良い印象」計27%を大幅に上回った。

 一方で、「今後、アジア地域に最も影響力を持つ国」を一つだけ選んでもらう質問では、「中国」が最多で57%。2位の「米国」(14%)を大きく上回った。「日本」は10%で3位。

 「今後、最も経済力を持つ国」(三つまで選択)でも、「中国」が70%で首位となり、経済面を中心に中国が今後ますます重要な国になる、との認識は広がっている。

 ただ、中国の経済発展が日本経済に与える影響では、「マイナスが大きい」(36%)が、「プラスが大きい」(28%)を上回った。

 「中国の発展がアジア地域に与える影響」(複数回答)では、「中国のエネルギー消費が増え、他国の資源確保が難しくなる」が41%で1位となり、「アジア全体の経済発展につながる」(34%)などの肯定的見方より多かった。

 「軍事的な脅威になると思う国」(複数回答)として、「中国」を挙げた人は44%で、「北朝鮮」(78%)に次いで2位だった。

(2006年08月10日 読売新聞)


 中国なるものの本質は、本来ならばとても国家などと呼べる代物では無く、人命、自然といった限りなく尊いものを賭けた壮大な実験の成れの果てであり、更にそれを、中国共産党なる破綻したイデオロギーを抱えた犯罪集団が支配しているという、信頼云々以前に、とうの昔に地図上から消えていなければならない存在と言えるものです。

 これは決して、単純な嫌中感情から言っている訳では無く、寧ろ、支那大陸に住まう人間、そしてその周辺国が本当の意味で発展していく為には、すでに崩壊したイデオロギーに固執し、限りなく不自然な経済成長を続けている中華人民共和国という存在が、足枷にしか成り得ないと思うからこそ言うことなのです。

 所謂マルキシズムは、それが産み落とされた当時には、画期的と言える理論であり、圧政に苦しむ民衆にとっては、救世主の如くに感じられたものであったと言えるでしょう。

 しかし、このマルキシズムというものが、思考法としては画期的ではあったものの、結果へ至るまでの論理的道筋というものが何一つ構築されていない、いや、構築し得ない代物であったという事は、ソ連や東欧の壮大な実験の失敗というものを見れば、一目瞭然であったと言えるものです。

 更にこのマルキシズムなるものが最悪だったのは、その未完成さ故にか、非常に独裁者というものを生み出しやすい体質を持ったものであったという事は、レーニン、スターリン、毛沢東という、ヒトラーやムッソリーニなど可愛く見える程の残虐な独裁者を生み出した事からも、容易に理解出来るものと言えます。

 このような、人類史上最悪と言えるイデオロギーを抱えた政党が支配する国が、健全な成長を遂げる事が出来る訳が無い事などは自明の理と言えるものであり、本当の意味で支那に住まう人間の幸福、真の日中友好というものを望むのならば、まずは中国共産党という最低最悪の集団を糾弾し、叩き潰す事が絶対に必要であると言えるでしょう。



 そして更に、この中国共産党なる集団の支配する、現状の中華人民共和国なるものが最悪なのは、政治体制としては中国共産党の一党独裁支配という構図が続いているものの、その経済はと言えば、完全に日本どころか米国すらも凌駕する程の市場原理主義であり、その為、日本で暮らしていては理解出来ない程の、絶望的な経済格差が生み出されているという事です。

 政治体制に何らの変革をする事も無く、経済だけを開放した結果、この国は、全ての人間が平等に貧しいという共産主義の最終形態を飛び越え、一部の人間だけが異常な程に豊かで、残された人間は明日の飯も食えぬ程に貧しいという、共産主義どころか古代専制政治並の状態に陥っていると言えます。

 つまり、現在の支那における繁栄らしきものの正体とは、共産主義のイデオロギーを利用して独裁政権をつくり上げた中国共産党なるジェノサイド集団が、自分達の都合の為だけに経済を利用して富を蓄えているという、言うもおぞましいものであると言えます。

 私が日中友好なるものを唱える人間を信用出来ないのは、このような問題点を何ら指摘する事も無く、ただひたすらに、このこの世の果てとしか思えない地獄絵図を作り出した、中国共産党なる集団を利するような事ばかりしようとしている事です。

 何度も繰り返すようですが、本当に支那に住まう人間の幸福、支那に住まう人間との友好関係を築こうと考えるならば、まずは、この中国共産党なる人類への弾圧者を糾弾し、崩壊せしめる必要があると言えるものです。

 この邪悪な集団を糾弾する事もせず、ただ口々に美麗字句を並べ、日中友好などを提唱する人間など、偽善者であり、虐殺、侵略の加担者であると言える存在です。

 全ての日本国民は、信用出来ないなどと言ったレベルでは無く、中国共産党なる集団、そしてそれとの友好を唱える人間などは、支那の人間の尊厳、生命を踏みにじり、更には近隣諸国を不当に侵略し、更に、余った武器を紛争地帯に輸出して戦火を拡大させる、人類の敵であると認識せなばならないと言えるでしょう。



 仮に中国共産党が崩壊したとしても、本当に日中友好なるものが成り立つかどうかは、不明な私如きには分からないとしか言いようがありません。

 しかし少なくとも、この邪悪の枢軸が崩壊しない限り、支那大陸の国家が健全な発展、全ての人間に平等に機会が与えられ、まじめに勤労する限りは最低限の生活が保障されるという状態にはなり得ないと言えるものです。

 また、この邪悪な侵略者が崩壊しない限り、チベットや東トルキスタンなどの不当な侵略に見舞われた国が解放される事も無く、台湾などの周辺国は、この外道どもの恐怖に常に怯えながら暮らさねばならないという状態から脱却は出来ないと言えるものです。

 また、中東の反米勢力に武器を与え、煽っているのも、この中国共産党なるジェノサイド集団であり、この連中が中東の火種を拡大させている一因である事も明白な事実と言えるものです。

 私は、支那の人間とは、可能ならば友好関係を築いていくべきだとは思います。

 しかし、その前に、この中国共産党なる平和を乱す元凶だけは、何が何でも叩いておかねばならないと考えます。

 それは、我々日本にとってのみで無く、支那に住まう人間、チベットや東トルキスタンなどの中国共産党に侵略され弾圧されている国家、台湾などの中国共産党の脅威に怯える国家、そして更には世界全体の平和と安定の為に繋がるものであると考えます。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

マオ―誰も知らなかった毛沢東 上
ユン チアン J・ハリデイ 土屋 京子
講談社 (2005/11/18)

中国はいかにチベットを侵略したか
マイケル ダナム Mikel Dunham 山際 素男
講談社インターナショナル (2006/02)


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
> しかし、このマルキシズムというものが、思考法としては画期的ではあったものの、結果へ至るまでの論理的道筋というものが何一つ構築されていない、いや、構築し得ない代物であったという事は、ソ連や東欧の壮大な実験の失敗というものを見れば、一目瞭然であったと言えるものです。

社会科学者としてのマルクスの偉大さは、不肖の弟子共によって見るも無惨な失敗劇となりました。それはマルクスの罪ではなく、マルクスの発見した社会を動かす原理を教義と捉えた社会的不満分子の扇動が、たまたま勃興期の資本制社会の非人間性に不満をもつ労働者階級に希望の光をあたえた時期があったからです。

スターリンの評判は決してよくありませんが、彼が発表したドグマの一つに「下部構造が上部構造を決定する」というのがあります。それからいっても、市場主義が下部構造に決定的地位をしめれば、当然上部構造も自由主義的民主的になるのは、近代の社会が事実を持って明らかにしているところです。

我々日本人は自分たちの社会にもっと自信を持つべきです。江沢民じじいの妄言に惑わされるのもいい加減にしましょう。

真の日中友好万歳!

2006/08/11(金) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
誤解があるといけませんので、若干の補足を

(共産党独裁から解放されたあと)
 真の日中友好万歳!
2006/08/11(金) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
中共が崩壊したら、どんな国名になるのでしょう?
楽しみです。
2006/08/11(金) | URL | 通りすがり #-[ 編集]
狂っていたのはマルクスでは無く、マルキストたちであったというご意見には、大いに賛同するところです。

スターリンに関しては、ドグマ云々以前に、彼の取った数々の冷酷な粛正や、我が国に対する明確な国際法違反から、やはり20世紀最低の指導者の1人と言わざるを得ないように思います。

共産党独裁政権が崩壊しても、直ぐに日中友好という風にはいかないでしょうが、少なくとも、あの連中の崩壊無くして、本当の日中友好が成し得ないという事だけは、厳然たる事実であると思えます。

一刻も早く、共産党独裁政権が崩壊し、真の日中友好の第一歩が刻まれる事を、願って已まないものです。
2006/08/11(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
国名ですか。

どうなるのでしょうね。
2006/08/11(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
中国が軍国主義国家なのは疑いようがないが、日本も似たようなもんだったろ。明らかに日本は中国を侵略しようとしたのだ。中国人が日本を嫌うのは当然なんだよ。日本が中国に侵略されたら、日本人は中国を憎むはずだよ。
2006/08/18(金) | URL | ななすぃ #-[ 編集]
過去の日本が、支那に対して侵略的意図を持っていた事を否定するつもりはありませんが、それを煽り、開戦まで運ばせたのは、毛沢東とスターリンという20世紀が誇る二大ジェノサイダーです。

それと、あなとの論理で言うと、過去に侵略された事のある国は、その相手国を永遠に憎み続け、如何なる行為を行っても良いという事になり、それこそ、戦争肯定論に他なりません。

如何なる思想信条を持とうと、あなたの自由ではありますが、あなたのそれは、思想信条云々以前の思考停止したものでしかありません。

もう少し、考えて発言された方がよいと、お勧めさせて頂きます。
2006/08/19(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/451-ae9d9646
「歴史問題、永遠に言い続けよ」江沢民氏、会議で指示 (読売新聞 8/11) 【北京=藤野彰】中国の江沢民・前国家主席(前共産党総書記)が在任中の1998年8月、在外大使ら外交当局者を一堂に集めた会議の席上、「日本に対しては歴
2006/08/11(金) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
  今朝の新聞各紙で江沢民前国家主席が1998年に、各国に駐在している大使や外交当局者らを前にして「日本に対しては歴史問題を終始強調し、永遠に言い続けなければならない」と指示していたことが報じられましたが、改めて
2006/08/12(土) | なめ猫♪
讀賣新聞の最近の調査によると、日本国民の韓国に対する印象が急速に悪化していることが分かった。一方、中国に対しては「悪い印象」のまま高止まりしている。韓国に「良い印象持っている人」は43.5%(非常に良い印象4.9%、どちらかといえば良い印象38.6%)に対し、「悪
2006/08/14(月) | 依存症の独り言