FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 小泉首相、靖国神社参拝へ

小泉首相、靖国神社参拝へ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 私個人の考えとしては、一国の指導者が、過去に国家の為に戦い、命を落とされた方々の為に慰霊施設に赴き、感謝と尊崇の念を込めて祈りを捧げる事は至極当然の事であり、個人の自由などといったものでは無く、寧ろ、日本国内閣総理大臣たる者の責務であると思えるものです。

 それは、所謂A級戦犯と呼ばれている方々も例外では無く、彼らもまた、指導者と兵隊やその他の方々という立場の違いこそあれど、国家の為を思い、国家の為に殉じた存在であるという事に違いは無いと考えます。

 この記事を書いている今、小泉首相が如何なる声明を出すのかは不明ですが、恐らく例の私人・公人問題をかわす為、内閣総理大臣として、英霊の方々に感謝と尊崇の念を表す為の参拝であるとは、口が裂けても言いはしないものと考えられます。

 一体何時まで、このような、過去に日本の為に戦い、命を落とされた方々に、素直に感謝と尊崇の念を表す事が出来ないという、国家、人間として当然の行動が出来ないという、何をどう考えても異常な状況が、我が日本国において続けられるのでしょうか。

 恒例行事の如く、馬鹿騒ぎをする特定アジアの礼儀知らずどもは兎も角、我が国において、他者のこのような行動に対して、馬鹿騒ぎをして英霊の安らかな眠りを妨げている、腐れマスコミに代表される人間たちには、もう一度考えて頂きたい。

 ご自分たちが、何らかの思想信条を標榜し、靖国神社を参拝せぬのは、それらの自由が保障された自由民主主義国家である日本国においては自由であり、私は勿論、誰も靖国神社への参拝を強要しようなどというつもりは毛頭無いものです。

 しかし、それは同時に、思想信条の自由が保障されている日本国において、誰が靖国神社を参拝する事に対して、非難をしたり参拝を中止させたりする権利は、決して誰にもありはしないと言えるものなのです。

 無論、内閣総理大臣という立場の人間は、一般の国民とは違う公的な存在であり、その一挙一動が注視され、議論の対象となる事は当然の事と言えるものである事は確かです。

 しかし、冒頭にも記したように、国家の為に殉じた方々を、国家の指導者が慰霊する事は至極当然の事であり、本来ならば特定アジアの如き外国は無論の事、一般の国民も批判するべき行動で無いと言えるものです。

 アジアの人間の感情を考えろなどと、一見まともらしい常套句を吐きはしますが、先の大戦で命を落とされた方々、そしてそのご遺族の気持ちを考えなくともよいのでしょうか。

 小泉首相や安倍官房長官、そして我が国最大の不良債権である外務省の税金泥棒どもが、特定アジアやその他の国々に対して、明らかに説明不足である事は否めない事実であると言えるものです。

 しかし、特定アジアの馬鹿国家が、何をどう説明しようとも、一切耳を貸そうともしない、とても近代文明国家とは思えない、粗野で野蛮で傲慢な存在であるという事は、この問題に対するその他の国々、台湾やフィリピン、シンガポール、インドネシアなどの反応を見れば、容易に理解出来るものです。

 この問題を、ここで全てを記すつもりは無く、また、ここで全てを記せるような単純な問題ではありません。

 しかし、全ての事実を踏まえ、もう一度考えて頂きたい。

 国家の為に殉じた方々を慰霊する事を非難する事が、如何に非民主的で、非文明的な行為であるという事かを。

 況やそれを、外国が非難したり、その外国の非難に乗じる行為が、如何に卑劣で愚劣で不道徳な行為であるかという事かを。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

だから日本人よ、靖国へ行こう
小野田 寛郎 中條 高徳
ワック (2006/04)

戦争を知らない人のための靖国問題
上坂 冬子
文藝春秋 (2006/03)


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
ブロガー必須のツールが登場!ブログの記事を複数のPINGサイトへ一斉配信

  
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
決まり文句になってしまいましたが、100%の共感を覚えます。

61年まえも暑い日でした。今日と同じように蝉がやかましく鳴いていました。

夜暗くなって、家中の電灯をつけました。警防団の小父さん(海軍兵曹長でした)が飛んできました。14歳だった私が今ならストレスまぎれと言うところでしょうか、「陛下が戦争は終わったと仰有った。文句あるのか」といいかえしまた。

小父さんは黙って帰って行きました。その後どこからもお叱りはありませんでした。
2006/08/15(火) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
ご賛同ありがとうございます。

全ての英霊の方々、戦火に苦しんだ方々、あの戦争、それら全てを未来永劫、日本人が忘れる事無く語り継ぎ、次の時代を作り上げていく事こそ、あの戦争で亡くなられた方々への、本当の意味での慰霊行為であると言えると思います。

無論、腐れマスコミや特定アジアの喧伝する、嘘と虚構に基づいた大日本帝国仮想戦記では無く、真実基づいた歴史をですが。

その為にも、靖国神社は、我々日本人にとって絶対に必要な存在であると言えるように感じる次第です。
2006/08/15(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/455-db5c3973
外国人旅行客のうち、日本人の在台宿泊日数が最長 今年1月から5月まで、台湾を訪れた外国人旅行客のうち、台湾での宿泊日数がもっとも多いのは日本からの旅行客であることが交通部の統計で分かった。交通部統計処が公表した
2006/08/15(火) | The planet earth
小泉首相が、ついに公約を実践して終戦の日に靖国神社に参拝した。 テレビでは早朝から批判一色であったが、彼らも「ご主人様」の支那、朝鮮に対して面目丸つぶれであろう。 その周章狼狽ぶりをとくと見させてもらった。 この日は、支那や朝鮮が、日本のマスコミ、左翼勢力
2006/08/15(火) | 加賀もんのブログ
「いつ参拝してもうだうだ言われるから今日参拝するのが適切だと判断した」ってな、コ
2006/08/15(火) | 愛を知らなければ
やってくれました! 今日は歴史に残る一日になりました私も行っておりました。靖国神社へ!
正確には、小泉総理と同じ日、本日(終戦の日)、2006年8月15日に靖国参拝をして来ました。できれば小泉総理が参拝している時に、私も参拝をしたかったのですが、午前9時頃に、「小泉総理は参拝するだろう・・・」と思っていたので、まさか、それよりも早い午前7時
2006/08/15(火) | 憂国、喝!
 先ほどのエントリーでは、馬韓国の対応に触れたが、次は南北朝鮮の宗主国であるシナの対応である。 シナ大陸を実行支配し、自らを「中華人民共和国」などと恥ずかしげもなく自称する侵略国家を独裁支配する共産党の機関誌「
2006/08/15(火) | ステイメンの雑記帖
小泉純一郎首相の靖国神社、8月15日参拝は、結構ニュースでも取り上げれており、因果関係は分かりませんが加藤紘一さんの自宅が全焼するという物騒なことにもなっていますが、正直、ここまで大騒ぎすることのようにも思えません。(靖国神社などについては、以下に続きま
 空撮~~~~!?って犯罪者かよ!! 公約を守っただけの15日の参拝を、鬼の首を獲ったように大騒ぎのマスゴミ。首相公邸から出て靖国につくまでを、ホリエモンや村上社長よろしく空撮ですよ空撮。阿呆かと。その情報を受け継いで下朝鮮は早速フィーバー。馬鹿かと。 ・....
2006/08/16(水) |  ◆ ケシクズ ◆
[首相靖国参拝]61年目に騒然 祈りの日、賛否の思い交錯 61回目の終戦の日を迎えた15日朝、一段と強まる雨の中、小泉純一郎首相は靖国神社を参拝した。01年自民党総裁選での公約を優先して、任期中最後の8月15日を参拝の日に選んだ首相。その姿を、靖国で、広島
 お盆の間も暦通りの出勤で、昨日は炎天下の仕事で疲れたために記事を書くことも書き
小泉首相、靖国神社に昇殿して参拝 小泉首相は終戦記念日の15日朝、東京・九段北の靖国神社に参拝した。現職首相による終戦記念日の参拝は85年の中曽根康弘元首相以来21年ぶり。小泉首相は就任前に8月15日の参拝を公約していたが、過去5回は時期をずらしていた..
2006/08/18(金) | 浮 世