FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 靖国の否定は文明破壊論である

靖国の否定は文明破壊論である
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 先帝陛下の御言葉とされる、例の富田氏によるメモ書きが発見されて以来、首相による靖国神社への参拝を慎重に考える声が高まっていたものの、去る8月15日に、小泉首相が参拝を敢行した事により、僅かながら世論に動きが見られた様子です。

首相の靖国参拝、「支持」53%…読売調査

 読売新聞社は、小泉首相が終戦記念日(8月15日)に靖国神社を参拝したことを受け、15、16の両日、緊急全国世論調査(電話方式)を実施した。

 首相の参拝を「支持する」は「どちらかといえば」を合わせて53%、「支持しない」は計39%だった。

 それぞれの理由を聞いたところ、支持する人では「首相が戦没者を慰霊、追悼するのは当然」が35%で最も多く、「不戦の誓いになる」31%、「中国や韓国の反発でやめるのはおかしい」25%が続いた。

 支持しない人では、「中国や韓国との関係が悪化」41%、「A級戦犯が合祀(ごうし)されている」27%、「政教分離の原則に反する」16%の順だった。

 小泉首相は今回の参拝について、<1>中国、韓国の反発で中止するのはおかしい<2>A級戦犯ではなく、戦没者の追悼が目的<3>政教分離を定めた憲法20条違反ではなく、「心の問題」――と説明した。これについて、「納得できる」は計59%で、「納得できない」計35%を上回った。

 中国、韓国が首相の靖国参拝に強く抗議していることについて、「納得できる」は計33%、「納得できない」が計57%だった。

 しかし、中国や韓国との関係悪化を「心配」する人が計54%と過半数を占め、「心配していない」は計41%だった。中国、韓国の反発には違和感があるが、関係悪化を懸念する国民の姿がうかがえた。

 一方、次の首相の靖国参拝については、「賛成」が計43%、「反対」が計39%だった。

(2006年08月16日 読売新聞)


 内政問題においては、中途半端な似非改革を竹中・世耕・猪瀬などのCIA工作員主導の下に行ってきた小泉首相ですが、今回の行動は、彼が在任中に行った事の中で、最も評価に値する行動であったと考えられるものです。

 無論、今回の彼の行動の根拠としては、最後までブレなかった首相という姿を国民に見せたいという、一種の英雄願望的なものや、安倍氏に禅譲するにあたっての戦略的意味的なものが大きかったのであろう事は間違いないものであり、彼が靖国神社という存在の本当の意義、そこへ首相という国家を代表する人間が参拝するという事の本当の意義というものを理解していた可能性は低く、諸手を挙げて賞賛すべきものでは無いとも言えます。

 しかし少なくとも、彼の今回の行動により、多くの日本国民が、そのような事の意義を考えるに至ろうとしているのは間違いの無いことであり、その意味において、今回の彼の行動は、十分に評価に値するのではないかと考えられるものです。



 未だに支那や韓国が反対するから行くべきでないとか、或いは正反対に、支那や韓国が反対するからこそ、連中の内政干渉を許さない為にも断固として行くべきだなどと言った、小さな視点からこの問題を論じている方々にも、この機会に是非とも再考して頂きたい。

 この問題に外国を絡めて論じる事は、靖国神社で眠られている英霊の方々は無論、その他、先の大戦において亡くなられた全ての方々、そして先の大戦を戦い生き抜かれた方々、或いは直接的には関与していないものの、戦時中を生きてこられた全ての方々というものを置き去りにした、愚劣で醜悪な思考であるという事を。

 宗教の違いなど多々の問題はあれど、現在において日本国の戦没者の追悼施設は靖国神社なのであり、そこに、日本国民の代表として内閣総理大臣の地位にある者が参拝する事は、当然の事であり、個人の心の問題などではなく、義務であると言うべきものであります。

 これは先の大戦を聖戦と評価する人間、或いは国家の罪悪だと評価する人間に関わらず、ただ戦没者を国家として慰霊する行為を純粋な目で見詰めれば、容易に理解出来る筈の事と言えるものです。

 また、その国家として、先の大戦において日本の為に勇敢に戦われ、命を落とされた方々、或いは無念にも戦火に巻き込まれ、命を落とされた方々を慰霊する行為を、外国が非難したり、或いは論じるにあたり、その外国を絡めたりする行為が、如何に野蛮で非文明的であるかという事など、霊性というものを理解できない憐れなアカ以外の人間ならば、容易に理解出来る筈の事と言えるものです。

 また、その非難をしている支那・韓国に対して、日本国、日本国民として取るべき行動は、今、彼奴等が行っている、外国の慰霊行為に対して声高に非難を叫ぶという行為が、如何に野蛮で下品な行為であるか、そしてそのような行為は、少なくとも近現代の文明社会においては、明確なルール違反であるという事を教え諭す事であり、彼らの言い分の是非を語る事自体が、文明社会の不文律を壊してしまおうとする、価値の多極化する国際社会に対する背徳行為であるという事を、理解しなくてはなりません。



 そしてまた、この問題を論じるにおいて、所謂A級戦犯と呼ばれる方々の合祀を問題にする事も、あまりに法の概念、法の意味というものを理解していない、非文明的な行為であると言えるものです。

 あの忌まわしき極東軍事裁判の是非を論じるまでも無く、彼らは日本国において、すでに赦免され、名誉回復が為された存在であるという事を理解出来れば、少なくとも日本国における戦犯なる存在は、靖国神社には1人も祀られていない事など、論じるまでも無く明白と言えるものです。

 仮に100歩譲って、あの忌まわしき極東軍事裁判を正当なものとして受け入れるとしても、既に赦免され、名誉回復された昭和殉職者を戦犯扱いし、不当に差別して、分祀するべきだなどと論じる事は、過去に犯罪を犯したという理由で、居住している人間に対して立ち退きを求めるという行為に他ならないと言えるでしょう。

 これを声高に叫んでいる人間の多くが、犯罪者にも人権があると普段から論じておられる、左翼思想の人間であるというのは、あまりにも可笑しすぎると言わざるを得ないものです。

 社民党やその支持者の方々が、本当は人権など鼻糞程にも重んじていない、よゐこちゃんを気取りたいだけの偽善者集団である事は重々承知の上ではありますが、ここまで自己の主張の整合性というものを無視されると、同じ日本人として恥ずかしいとしか言いようがありません。



 靖国神社の是非や、靖国神社の在り方を論じる事は、思想信条、そして言論の自由を許された我が日本国においては許されている事であり、如何に自身と違う考えのものであろうとも、これを非難しようなどというつもりはありません。

 しかし、日本国において、日本国の英霊、或いは戦没者の慰霊、慰霊施設を論じるのであれば、まず、日本人としての立場に立ち、日本人として論じるべきであると言えるものです。

 少なくとも、支那や韓国を始めとする外国が、日本国の慰霊施設に対して意見を言うことは明確なルール違反であり、況やその尻馬に乗ろうとする行為など、日本人云々以前の人間失格と言える存在と断じる事が出来るものです。

 この問題に外国を絡めるという行為は、日本国、そして日本人に対する冒涜であると同時に、人間が築き上げてきた文明社会に対する冒涜、そして、多極化していく国際社会に対する背徳行為であるという事を、いい加減に理解して頂きたい。

 日本人が日本国において、先人に対して如何なる慰霊の方法を取るかは日本人自身が決める事であり、これに対して外国が非難をする事は、国際社会の多様性を認めない非文明人の思想であり、それに賛同するという事は、文明の個性を否定する全体主義者の思想であると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

だから日本人よ、靖国へ行こう
小野田 寛郎 中條 高徳
ワック (2006/04)

戦争を知らない人のための靖国問題
上坂 冬子
文藝春秋 (2006/03)


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
情報誌★フリペ★web★モバイル★ 4つの"an"でシゴト探し自由自在

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/08/20(日) | | #[ 編集]
神道の起源は、弥生時代の原始宗教です。

戦前は、これが国家宗教であった為、宗教法人化する必要が無かっただけです。

旧日本軍が民衆の扇動に神道を使った事は確かですが、それを以て神道を否定するならば、キリスト教もイスラム教も仏教も否定しなければなりません。

宗教を国家が利用する事は、神道に限らず、歴史上に多数に存在します。

あと、完全に無宗教の追悼施設などというものは、論理的に存在のしようがありません。

追悼や慰霊と言った行為そのものが、宗教的行為である事を理解出来れば、そのような提案が、如何に馬鹿げているかは分かる筈です。

ついでに言わせて頂けば、誰も戦前の形の国家神道を復活させようなどとは言っていません。
2006/08/21(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
いい加減A級戦犯という言葉を日本人が使うの
やめませんかね?
大室さんみたいな考えを持ってる人間が如何に多いか靖国問題でかなり浮き彫りになったのが分かりました。無知なる故に右でも左でも無く(それが良いというわけでは無く)めちゃめちゃな歴史観でごちゃごちゃになってる人が沢山います。
私としては日清日露辺りからでも、当時のアジア圏の状態、状況をもっと勉強して、ABCD包囲陣、ハルノートに至る経路、それがどれぐらいとんでもない要求だったのか。単なる軍国主義の侵略戦争と名付けられてしまった簡単には定義付けれないあのあまりに壮大な大東亜戦争というものをもっと勉強して欲しいと願います。断片的にマスコミ情報で靖国とかだけを取り上げるからおかしくなり、理解出来ない人間が多い。
2006/08/22(火) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
大室さん神道とは日本人のアイデンティティです
大東亜戦争の戦犯=靖国ではありません。
無神論者の典型的な考え方ですね

あまりにもでたらめな意見なのでちょっと
びっくりです。どうもあなたのは白人主義者からの脱却左翼というわけの分からない主張です。
日本人のアイデンティティの否定と自虐史観では
白人至上主義からは逃れれませんよ?
2006/08/22(火) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/08/23(水) | | #[ 編集]
それだと、天照大神という神話にまつりたてた
時の権力者から否定し、その後の日本人の
思想というものが全否定、破壊になりますが?
絶対神では無く象徴というカミ(漢字では無い)
それを利用してきたのは何も明治だけではないですよね?明治維新はいい加減な連中の無謀な改革と見てるかもしれませんが、あれは奇跡の改革と言われてます。調べるとかなりドロドロしててびっくりしますが、戦争、改革とは得てして奇麗事ではないと気づきます。

少なくとも独裁国家で無い限り、国が一丸となり
戦争、改革するには何かを利用するのも止むを得ないんじゃないかと
聖戦の名の下というのがアメリカも得意技じゃないですか。
話ずれてますが、明治維新以降敗戦までの日本の否定はあまりにも暴言かと思われます。
その時代の日本人の精神、思想というのは
現代からは同じ日本人として想像も付かないことではないでしょうか。秀吉の朝鮮成敗とはまったく趣旨が違うと思うんですが。
2006/08/23(水) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
A級戦犯という呼び名を止めようというご意見は、非常にごもっともだと思うのですが、このような文章を書くとき、読んでくださる方に分かり易くしようと思うと、便宜上使わざるを得ないのです。 ここによく来て下さる方々ならば、本来正しい呼び名である、昭和殉職者と呼んでも通じるのでしょうが、あまり歴史に詳しくない方々には、やはり通じ難いのではと考えられます。 何か、通じ易く名誉を損なわない呼び名があれば良いのですが。
2006/08/24(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/08/24(木) | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/08/25(金) | | #[ 編集]
A級戦犯→戦争責任者
琉球→沖縄
太平洋戦争→大東亜戦争

どうせA級って言っても何人いるのかも知らない人ばっかだしそういう奴らほどTVとかでも得意げにA級戦犯という言葉を連呼する。
戦争責任者というのはヒトラーという意味ではなく。
大室さんの人格を問うのも失礼な話ですが、
あなたのコメントから漂う雰囲気は、日本も気にくわない、アメリカも気にくわない、世界はゴミどもばかりだからぶっ壊し合え!という自己嫌悪から来る他の全否定、ハルマゲドン的な考えが伝わるのですが・・・。ロシアのコメントとかも見ると・・。粘着してるわけでは無いのですが。
すいません名前書かなくて。

2006/08/26(土) | URL | 不空絹索観音 #-[ 編集]
えと、ポツダム宣言ももっと理解したほうが
良いと思いますよ。
かなり典型的な無知の恥さらしてますそれ・・。

ポツダム宣言の受諾に伴う日本の国際的地位について十分に研究していた外務省の萩原徹条約局長は、次のように反論した。

 「日本は国際法上、条件付終戦、せいぜい有条件降伏をしたのである。何でもかんでもマッカーサーのいうことを聞かねばならないないという、そういう国として無条件降伏をしたのではない。」

今回二人で言い合ったのも縁なので色々勉強してみてください。私も無知なのが文章でお分かりかと思いますが・・。
というか南京事件とかまで言い出さないでしょうね・・。
2006/08/26(土) | URL | 不空絹索観音 #-[ 編集]
宗教がその時代により、表層的な姿を変質させていく事は、何も神道に限った事では無く、世界中の何処にでもある事です。

そんな事を言い始めれば、プロテスタントはキリスト教とは異質な、後生の人間によって作られた邪教という論法も通用する事になります。

ポツダム宣言に関して言えば、それを「受け入れた」時点で、そもそも無条件降伏では無くなります。

無条件降伏ならば、そのようなものの受け入れ云々以前に降伏しているべきであり、ポツダム宣言の受諾が降伏の条件ならば、それは立派な有条件降伏であると言えます。
2006/08/26(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
戦争責任者とすると、所謂A級戦犯とされている方々の他にも数多く存在し、その方々との区別がし難くなるように思われます。

そもそもA級戦犯とされている方々の中にも、戦争責任者とは言い難い人も存在します。

やはり残念ながら、現状でこのようなブログで昭和殉職者の事を書こうとすれば、「A級戦犯」という言葉を何処かに使わざるを得ないと感じます。
2006/08/26(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
確かに仰る通りです。ABC一緒くたとして受け取られる可能性もありますし・・。
私が無理に反抗してる所もあります。
ただ、理解してる上で便宜上の言葉として使ってるというのならいいのですが、大衆はそうでない人が多い気がしてならないのです・・。A級戦犯という言葉に疑問すら持たないというか。
私の願いとしてはあえて昭和殉教者などの言葉を使っていただいて、「?何?昭和殉教者って?」と疑問を持ってもらって自分の力で調べる→歴史の再認識ということをもっと色々な人がしていってくれればと。でも、昭和殉教者とか使ったら使ったで「こいつ右だよ」って言う連中もでますけどね・・。
私の戯言という事で失礼しました・・。
このサイト来たばっかりでずらずら書いて失礼しました。ROMして勉強させていただきます。

しかし大室さんもう言いませんけど、2006/08/24(木) 20:35:37 のコメントとか唖然とさせてくれますね・・。煽るわけじゃ無いんですけど、ちょっとこれは・・・あまりにひどくて言葉にならないです・・・。

2006/08/27(日) | URL | 不空絹索観音 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/08/27(日) | | #[ 編集]
非常に悲しい事ながら、一部を除いた多くの日本国民は、GHQの愚民化政策により、自分で調べて考えるという事すら、しようともしない人間が多数となってしまっています。

ようやくにして、支那朝鮮が危険な存在である事に、気付き始めた程度で、米国が同盟国であると同時に、危険な存在でもあるという事に、殆どの日本国民は気付きもせず、無邪気に親米を唱えているというのが現状です。

A級戦犯という存在を作り上げた米国に阿りながら、日本にはA級戦犯などと呼ばれる存在はいないも何もないと思えるのですがね。
2006/08/27(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
WGIPに染まっているのは、明らかに貴方の方だと思えるのですが。
2006/08/27(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
そうなんですよ・・・。
むしろ知らないというのがえらいみたいな態度しますし・・・。人殺しした先祖よりも俺たちは戦争なんてしてないから優秀だとか・・。で、軽く討論するとマスコミから得た様な情報と自虐史観をかき混ぜてイメージ討論でクッテかかって来るのが現状ですね・・。

私もそれを言うと理屈コキとアホ扱いされるかと思って言わなかったんですが、A級戦犯のみとしての代わりの言葉が日本にないという事は、それらは存在しないと言う事なんですよね。A級戦犯という言葉を使ってる事自体が(こればっかりに拘ってるわけでは無いのですが、今回はこれにしぼって)私はGHQ洗脳に染まってますと言ってるようなもんだと認識して欲しいですね。

わざわざご返答有難うございました。
次回からコメントする時は荒れない様に気を付けます。
2006/08/27(日) | URL | 不空絹索観音 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/08/28(月) | | #[ 編集]
あっいえ、言葉が足りなかったかなと思ってたんですが、8/27 22:14分のコメントは大室さんに宛てたのではなく私が、友達とか別のサイトで討論した時に感じた事です。後は、TVとか本の討論で感じた事です。何の歴史認識も持ってないのに(持っていてもあまりにも浅い)靖国参拝が否か応かなどの討論など何の意味も無く
イライラさせてくれる大衆性に憤りを感じてまして。(私は全て分かってると言ってるわけでは無いですよ。むしろ真実を追求すればするほど分かってないと感じます)

GHQ洗脳が解けるのはおそらくきっかけを他力から得てその後自力で追求していくしかないかと思いますね。ご飯食べながら入って来るような情報では無く、やはり真実の追究という努力を日本人一人一人がして行かなくてはこれからの国際関係、日本の進むべき道、選択は見えてこないでしょうね。

いろいろお騒がせしました。
2006/08/28(月) | URL | 不空絹索観音 #-[ 編集]
寧ろ、洗脳を洗脳と思わせない事にこそ、米国という国の本当の恐ろしさを垣間見れます。

日教組やプロ市民団体にしても、反米を行っている筈が、何故かGHQ史観を広め、日本の米国依存を強めていっている、というパラドックスが起こっています。

私の目には、保守も右翼も左翼もアカも、米国の掌で踊っている猿にしか見えません。

親米、反米云々以前に、全ての事象を是々非々で考えるという事を覚えなければ、日本が米国の51番目の州になりかねないという危惧を、覚えざるを得ないものです。
2006/08/29(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
ですよね。原爆で壊滅させていただいた所に大量の物資支援「マッカーサーさん有難う」
その後雪崩の様に入って来た映画音楽ジャンクフード「アメリカ人てかっこいい~」「こんな人種と戦争した俺達が悪い」
彼らのうまい所は完全に骨抜きにして後はほっといても、勝手に自分らで争ってくれる様に仕向けるのが絶妙ですね。黒人も麻薬漬けにしていただて随分納得されてる様で。沖縄にアジア圏牽制の基地置いて、アジア同士でいがみ合っててくれれば安心してイラクにちょっかい出せるというものです。最近、さんまのコカコーラのCM観てゾッとしましたよ・・。アメリカ人と踊りながら「コッカコーラを飲もうよ~」実に天晴れでした。
今日本屋行った時に小林よしりんの「いわゆるA級戦犯」という本見つけたのでパラパラ立ち読みしてたら、最近私が抱いてた憤りそのまんまでした・・。「漫画という分かり易い方法で少しでも考えてくれる人が増えるといいな」と思ったのですが、逆に代弁的には嬉しくは感じたんですが「大東亜戦争というものを考えた時にたったこれだけの事すら1冊の本として言葉を費やして伝えなくてはいけないのかと・・」ちょっと落ち込みました。多少なりとも正しい歴史認識が出来るまで一体どれだけの本を大衆は必要とするのかと。
2006/08/29(火) | URL | 不空絹索観音 #-[ 編集]
本にしても、真面目に読んでくれれば良いのですが、サヨクの健気な努力により、反米=馬鹿という世論が、完璧に出来上がってますからね。

状況は苦しい一方と言わざるを得ません。

せめて、我が国のサヨクが、もう少しでもお利口だったなら、状況はまだマシだったのかも知れませんが...
2006/08/30(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/09/03(日) | | #[ 編集]
何か貴方と話していると、盧武鉉くんの顔が浮かんできて仕方がありません。

HNの後ろに、@盧武鉉とか付けて見ては如何ですか。
2006/09/03(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
 
2006/10/16(月) | URL | <丶`∀´> #GxAO5jdM[ 編集]
あなたが歴史を断面的にしか見れない、憐れな羽虫の類だという事は十分に理解出来ましたので、これ以上、そのオモロイ持論を展開したいのでしたら、御自身でWebかブログを立ち上げて、そこでやって貰えないでしょうか。

私も別に、暇でしょうがないからこのようなブログをやっている訳ではありませんので、あなたのような会話の成り立たない輩相手に、時間の無駄遣いはなるだけしたくありません。

ついでに言わせて頂くと、他人の土俵で相撲を取ってばかりいると、無い品性が更に無くなっていきますよ。
2006/10/17(火) | URL | 浪人 #Q51Om4FU[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/457-2ca0cccb
これまで、靖国訴訟は何回と無く、繰り返され、違憲との見出しでマスコミが報じてきましたが、これは「傍論」にすぎず、本判決では合憲とされる場合が多数でありました。しかし、彼らは証拠にも無く何度も訴訟を行い、傍
2006/08/18(金) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 2006/10/25追記。 8月17日、東京新聞でこんな世論調査結果が発表されました。※共同通信社実施 次期首相参拝 44%が『反対』(東京新聞)http://www.tokyo-np.co.jp/00/sei/20060817/mng_____sei_____001.shtml(※なぜかリンク切れ10月現在) 共同通信社の記事(10
2006/10/25(水) | 黄昏さんのウワゴト