FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 日韓断交のみが、韓国への処方箋である

日韓断交のみが、韓国への処方箋である
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 東アジアが誇る狂気の基地外大統領、盧武鉉くんが立案した事後法という近現代の法概念を逸脱した狂気の人権弾圧法案、「親日・反民族行為者の財産の国家帰属に関する特別法」が、とうとう、本格的に動き出したようです。

「親日派」財産没収に向け、韓国で調査委が発足

 【ソウル=福島恭二】韓国盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の直属機関、「親日・反民族行為者財産調査委員会」が18日発足し、日本の植民地統治に協力した「親日派」が残した財産の没収に向けた調査が始まった。

 委員会は、盧政権が進める歴史清算政策の一環として、昨年末に国会で成立した「親日・反民族行為者の財産の国家帰属に関する特別法」に基づく組織。委員長の金昌国(キム・チャングク)弁護士ら、法曹関係者9人で構成される。

 調査の対象は、親日派とされる約400人の子孫らが保有している土地などの財産。親日派が対日協力の見返りとして得たかどうかなどを調べる。「親日行為」によって得た財産と認定されれば没収、独立運動の功績者やその遺族の支援金などとして使用される。

 同委員会は、1905年に日本が締結を強要した日韓保護条約(乙巳条約)に、韓国側代表の一人として調印した李完用(イ・ワンヨン)の子孫が、国を相手に勝訴して所有権を確認した土地などの調査着手を決めている。

(2006年08月18日 読売新聞)


 未だ韓国に好意的な感情を抱いている方々にも、是非とも考えて頂きたい。

 このような、明らかに近代の法概念を逸脱した、米国の愛国者法や我が国の共謀罪ですらもまともに見えてくるような、完全に狂気の沙汰以外の何ものでも無いような代物を、国民的な反対もなく推進していけるような国と、本当に友好関係などが築き得るものでしょうか。

 日韓併合、そして先の大戦に関して、我が国と韓国では立場の違いというものがあり、現在のような完全に現代国際社会の不文律に反したものは行き過ぎにしても、複雑な感情や、心情的な反対という意見そのものは認められるものではあります。

 しかし、過去においては、如何に韓国人が詭弁を叫んだところで、朝鮮半島は日本国の一部であり、朝鮮民族が日本国民とされていた事実は変わらないものであり、その中で生き抜く為に、日本に協力した事が罪になるなど、何をどう考えてもおかしいという事は、法治主義社会で生きる人間ならば容易に理解出来る筈の事です。

 また、仮にそれが罪悪であるとしても、戦後61年経った今、過去のそれらの行為を現在の価値基準で裁くという行為が、如何に非文明的で野蛮な行為であるかなど、考えるまでも無く明らかと言えるでしょう。



 過去において、韓国は日本より20年遅れているなどと言われていました。

 確かに、技術や科学、経済などといった表層的な分野においては、日本と韓国の差は過去においては20年、現在ではその差はもう少し縮まっていると言えるでしょう。

 しかし、その技術や経済などを進歩させる人間の精神性というものは、日本と韓国の差は、20年程度の差では無く、100年、200年以上の差が開いているとしか考えられません。

 このような近代法概念、法治主義の意味などというものを、国家全体で全く理解しようともしていない国家と友好関係を築く事など、不可能であるのみでは無く、その努力をする事自体が、我が国にとって有害であるとしか思えないものです。

 少なくとも我が国では、明治建国、明治憲法の制定以来、ここまで法の概念を逸脱したトンデモ法が制定されたという記録はありません。

 あの悪名高き「治安維持法」でさえも、この法の適用により死刑となった共産党員は皆無であり、まして、過去に共産党に出入りした事があるという理由で、逮捕・抑留したりした事実はありません。

 無論、治安維持法により、執拗な取り調べなどから生活を無茶苦茶にされたり、取り調べで特高の取り調べが常軌を逸脱していた事は疑いようが無く、治安維持法が日本史上に残る悪法であった事は間違いありませんが、今回、お目々パッチリ盧武鉉くんが進めようとしている「親日・反民族行為者の財産の国家帰属に関する特別法」は、この治安維持法すらも遙かに上回る、狂気の法案である事は間違いないと言えるものです。



 しかし、当たり前の事ではありますが、如何に近代法の概念を逸脱したトンデモ法であろうとも、これに対して、外国である日本が意見を挟む事は、明らかな内政干渉であり、出来もしないし、また、すべきでもありません。

 日本が、このトンデモ法を制定しようとしている、基地外大統領の国家に対してすべき事は、自由民主主義を重んじる日本は、このような近代法の概念を無視し、過去を断罪しようとしている文化未成熟国家とは付き合えないと意思表示をして、国交を断絶する事であると考えます。

 日韓友好論者の多くは、近隣諸国と友好関係を築く事は重要であり、外交の根幹であるなどと言いますが、近隣にあるというだけの理由から、このような法の意味を理解しようともしない、野蛮な国家と友好関係を結ぶ事は、近所に住んでいるという理由のみで、麻原彰晃や宅間守と仲良くしろと言っているに等しい無茶である事を、いい加減に理解して頂きたい。

 また、朝鮮半島が、我が国の国防にとって重要な位置である事は確かと言えるものですが、盧武鉉くんのような基地外相手に、如何ほどに誠意を示したところで、壮大な骨折り損になるだけという事は、これまでの経緯を顧みれば容易に理解出来るものと言えます。

 盧武鉉くん以後を考えているにしても、盧武鉉くんのような明らかに為政者の素質の欠片も無い愚人を大統領に据えたのは、他ならぬ韓国人自身であり、次は反動から保守勢力が政権を握ったとしても、このままの韓国ならば、遠からぬ将来、同じような過ちを繰り返す可能性は、限りなく大であると言えるものです。

 今、日韓断交を断行する事は、単に日本の為であるのみで無く、韓国人に考える機会を与え、韓国という国家が、成熟した民主主義国家へと成長する為の糧を与える行為であると言えるものです。

 無論これは、韓国が日米の庇護から離されても、支那や北朝鮮から独立を保てればという条件付きではありますが、冷たいようですが、それらの原因を呼び込んだのは盧武鉉くんであり、彼を選出した韓国人自身である以上、仕方のない事と言えるでしょう。

 更に付け加えるならば、仮に今のままで日韓友好なるものを推し進めようとしたところで、思考力や大局を見る力が幼児程も無い盧武鉉くんが、それらを全て叩き壊し、どうにも立ち行かなくなった韓国が、支那に事大し始めて、結局は半島一帯は中華人民共和国の勢力下となる可能性の方が高いと思われるものです。

 日本が一切無駄な労力を使う事無く、韓国という国を救う可能性のある選択肢は、唯一、日韓断交に踏み切る事のみであると感じられる次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する




PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
全国の求人情報・アルバイト情報 楽天仕事市場

      
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
浪人さんが昨日言っておられたように、暴力はいかなる理由があろうとも許されるはずはありませんが、二千年以上お付き合いのある半島の皆さんとはこれ以上付き合いきれないという感じですね。

といってこちらから国交を断絶するというのは、敵にハンディをやるようなもので、いかがでしょうか。

隠岐ー竹島ー壱岐対馬ー済州島から北の出っ張りが、何らかの地球物理学的パワーで日本海にならないでしょうか。

え、なぜ済州島だけ?いえ、なに小学校時代の同級生(女性)がまだ生きていますのでね。
2006/08/19(土) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
確かに、仰るようにこちらから国交を断絶するのは、ハンディを与えるようなものではありますが、これ以上、あの国との付き合いを長引かせては、「盧武鉉くんが馬鹿なことを言ったりしたりする→韓国の官僚や我が国の親韓派と呼ばれる人間が必死で取り繕う」、という事をひたすらに繰り返すのみで、何の進展も見られないまま、結局、我が国が韓国の後始末をしているという未来が思い浮かんでしまいます。

今の内にスパっと切ってしまった方が、多少のハンディを与える事になったとしても、良い結果が得られる可能性が高いように思えます。

ただ、weirdo31さんのように、韓国にご友人がおられる方は、如何に韓国の振る舞いを腹立たしくは思っても、国交断絶となると複雑なのでしょうね。

ただ、今のままにしておく事は、日本は勿論の事、韓国人自身の為にもならないと思えますので、やはりここは、心を鬼にしてでも断交に踏み切るべきであるように思える次第です。
2006/08/19(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
私も、中韓朝三国とは鎖国すべきと存じます。ただし日本から出て行くのは勿論一人10万円つけて奨励します。
2006/08/19(土) | URL | 風来坊 #-[ 編集]
初めてコメントさせていただきます。

それは妙案ですね。私は中韓ともに国交を断交して一度国内の反日感情を見直していただき、日本もまた中国や韓国に対する見方を今一度見直し、正しい視点で彼らの国を見ていくことが必要ではないかと思います。しかし、現状それも難しいのかなとも思いますけど、個人的感情ではやはり断交が一番だと思います。靖国にしても、歴史問題にしても、いくら言っても通り一遍で話の分からない人たちにこれ以上言っても無駄であると思います。何を言っても日本の揚げ足取りに終始し、自分のところの痛いところも棚に上げてよく言えたものだとあきれています。
2006/08/19(土) | URL | かついち #JalddpaA[ 編集]
>今のままにしておく事は、日本は勿論の事、韓国人自身の為にもならないと思えますので、やはりここは、心を鬼にしてでも断交に踏み切るべきであるように思える次第です。<

確かに仰有るとおりですね。次に竹島周辺の海底調査を強行実施するような動きがあれば、抗議と警告を発し、なおかつ意地になって実施するようであれば、自衛艦を出動させると同時に漢城駐在大使を召還し、駐日南鮮大使を追放するぐらいの厳しい姿勢を見せた方が、少しは正気を取り戻すかも分かりませんね。あまり期待はできませんが。
2006/08/19(土) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
10万円つけて推奨するとは、在日の人達に対して、日本から退去するなら10万円を与えるという事でしょうか。

そのような事はしなくとも、「永住許可を20XX年までに取り消すから、日本に残りたい者は国籍を取得しなさい。それ以外の者は強制的に帰国させる」と布告を出せば良いと思われます。

帰国の船代くらいは出して然るべきかも知れませんが、そこに推奨金まで付けるのは、些か過保護なように感じます。

彼らの祖先の大半が、所謂強制労働などでは勿論無く、義務であった徴用でも無ければ、単なる密入国であった事は、疑いようの無い事実なのですから、如何なる心積もりであろうとも、あまり余計な事をするのは、却って蟠りを残すように考えられます。

日本人は後ろめたい事があるから、在日朝鮮人の帰国に際して金を握らせたなどと、韓国ならば言いかねないですから。
2006/08/19(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
今のままで付き合い続けていく事は、我々日本人には勿論、支那人や韓国人にとっても、あまり良い事とは言い難いですからね。

一度離れて、お互いがお互いを冷静に見詰めなければ、問題の根本的な解決などは、あり得ないように感じられます。

それでも彼らに改善が見られなければ、そのまましばらく無視し続けても、我々日本は大して痛くは無いですからね。
2006/08/19(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
それ位の事をしてくれれば、税金の払い甲斐もあると言えるものなのですが、weirdo31さんが仰るように、今の日本政府、まして安倍-中川(秀)ラインでは、絶対に無理でしょうね。

流れている噂によると、小泉政権最悪の癌と言える、飯島某も、政府内部に残る可能性が高いと言われていますし。

次の次に期待しつつ、例え小さくとも布石を打ち続ける事が、今、我々に出来る精一杯と言ったところでしょうか。
2006/08/19(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
日韓断交ですか、、、!?
大賛成です。!!!
隣国同士が仲が悪いことは地政学的に致し方ないことですが、インドVSパキスタンとかイランVS旧イラクなど世界中隣国同士で断交状態はどこでもあります。
むしろ、理性ある政治家によって臨戦状態が常に回避されているのが現状でしょう。
しかし、ノムヒョンなどは理性ある政治家とは到底言えず、むしろ危機的状況を作り出す大きな赤ん坊でありましょう。
そして、半島の政変に備えて、あえて韓国と距離を離し日本の経済安全保障を図る、という意見に大賛成です。
2006/08/20(日) | URL | 1156 #-[ 編集]
隣国同士は大体仲が悪いという事実を、我が国の国民の多くが理解していないというのも、日韓関係というものを拗らせている一因でしょうね。

何時だったか、田中さんちの馬鹿娘が、「地政学的に隣国と仲良く出来ないのは異常だ」と発言しているのを見かけた時には、思わず吹き出しそうになってしまいました。

盧武鉉くんもさることながら、我が国の政治家の頭の悪さにも、頭痛がしてくる思いです。
2006/08/21(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2006/08/23(水) | | #[ 編集]
韓国を植民地にする事の方が、無意味かつリスクの高い行為かと思います。 安易な過激論は、身の破滅にしか繋がり得ません。
2006/08/24(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/459-da7732c0
 支持率が低下しまくりの基地外大統領こと飯嶋酋長。やつに限らずあの国の指導者が自分が苦しくなったとき繰り出す常套手段が「反日」であるのは自明であるが、かの基地外が今までの歴代酋長とちょっち違うのが、法の遡及適用
2006/08/19(土) | ステイメンの雑記帖
拙者はあまり朝鮮史に詳しくないが、日韓併合の真実韓国史家の証言(チェ・キホ著/ビジネス社)を読んで、韓国の親日派知識人の苦悩を垣間見た気がする。 日本の強みは長い歴史の蓄積と経験だと確信する方は、一日一押人気ブログランキングをクリック願います。