FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 安倍政権の危険性

安倍政権の危険性
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 次期総理総裁がほぼ確定的となり、保守層から多大なる期待を寄せられている安倍晋三官房長官ですが、予測通りというべきか、早くも危険な様相を呈している模様です。

「率直な反省の中で平和な国造った」安倍氏が歴史認識

 安倍官房長官は7日の記者会見で、先の大戦(昭和戦争)に関する歴史認識について「国民の多くが塗炭の苦しみの中にあり、多くの国々の国民に対して大きな被害を与え、傷跡を残した。そうしたことに対して、(日本は)率直な反省の中で平和的な国を造ってきたとの認識を持っている」との考えを示した。

 その上で「戦争についての歴史的な評価は歴史家に任せるべきだ」とした。任せるべき具体的な対象として「戦争(を始めたの)はどういう原因だったか、どういう相互作用があったか、例えば国策の決定とかかわりがあったか」と例示した。

 戦後50年の1995年に閣議決定した村山首相談話について、「政府の(考えを)内外に対して出したものだ。基本的にその精神を引き継いでいく」と強調した。

 一方、先の大戦に関して中国や韓国が謝罪を求めることに対して、「中国や韓国に(日本に対する)刺激的な言葉を言わせようとしているよこしまな人々がいるのも事実だ」と指摘した。

(2006年09月07日 読売新聞)


 所謂「村山談話」とは、出鱈目の極致ともいうべき、我々日本国民にとっても最も忌むべき文言であり、これを否定せずして、戦後レジームからの脱却も糞も無いと言える代物です。

 これを認めるという事は結局、極東軍事裁判を認める事であり、また、所謂A級戦犯の存在も認めるという事に繋がる事であるとも言えるものです。

 何故ならば、日本に多大なる戦争責任があると嘯いたかの文言を認めるというならば、それは結局、極東軍事裁判を全面的ではないにしろ受け入れたという事に他ならず、それはつまり、所謂A級戦犯という存在を認めるという事に他ならないと言えるからです。

 この「村山談話」を引き継ぐという決定は、安倍氏が自民党議員である以上、仕方がないという側面もあるとは言えますが、戦う政治家を自認される安倍氏が、何らの抵抗もする事なく、これを受け入れるというのは、あまりにも如何なものかと言わざるを得ません。

 如何なる批判の矛先に立とうとも、国民の為に戦うと謳った御自身の著書の文言を、総理就任前から早々と覆して見せるとは、あまりにも国民を舐めてはいないかと思わざるを得ないものです。



 また更には、安倍氏自身の発言ではないものの、安倍氏のご友邦であられる文鮮明センセーの統一教会と並ぶ、我が国の二大カルトの一方の雄である創価学会の政治部門である公明党とも、やはり連立を続けていく様子です。

次期政権も自公連立維持 小泉首相と神崎代表

 小泉純一郎首相と公明党の神崎武法代表は6日の政府・与党連絡会議で、自民党総裁選後の次期政権でも両党が連立政権を維持することを確認した。神崎氏は財政健全化、少子化対策、教育改革、アジア外交について「明確な道筋を国民に示してほしい」とも要請。首相は「自公の信頼関係は非常に大事だ。今後もよろしく」と述べた。

 一方、公明党執行部は次期政権をにらみ、今後2年間の運動方針案を固めた。30日の党大会で正式に決める。この中で、首相の靖国神社参拝について「中国や韓国との首脳間に不協和音を生じさせているのは実に不幸な事態だ」とした。これは安倍晋三官房長官の外交姿勢を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 ただ、2年前の運動方針に盛り込んだ集団的自衛権の行使に反対する記述は削除。集団的自衛権の見直しに前向きな安倍氏への配慮もにじませている。

(2006年09月06日 産経新聞)


 公明党の基本理念とは、即ち「戦後レジーム」そのものであり、これとの連立を維持しながら、「戦後レジーム」からの脱却を目指すなどという事は、ほぼ100%不可能だと言い切れるものです。

 安倍氏が政権構想のお題目に掲げている教育問題の是正にしても、先の教育基本法の改正案を無味無臭なものへと誘おうとした主勢力は、この公明党であり、これを連立与党の片翼としながら、「美しい日本」へと導く教育基本法を成立させる事などは到底不可能だと言わざるを得ません。

 また、憲法改正にしても、現状の改憲反対勢力として最も強力な存在と呼べるのは、この公明党に他ならず、集団的自衛権の行使に反対する記述を控えてはいるにしても、この連中を抱える限りは玉虫色以外の代物が出来得る筈がないと言えるでしょう。

 この公明党なる存在は、安倍氏が掲げる政権構想「美しい国、日本」を実現させるに当たって、最も高い障壁と呼べる存在に他ならず、安倍氏が本気で自身が掲げた政権構想を実現させようと思うのならば、是が非にでも公明党を切る必要があると言えるものです。

 これを行わずして、如何に美麗字句を並べ立てたところで、単なる保守寄せの為の口八丁としか感じられないのは、私に限った事では無いと言えるでしょう。



 政治というものが、お馬鹿な社民党がほざいているような飯事遊びでは無く、厳しい現実の中で行われるものである以上、妥協をしたり、意見の擦り寄せをしなければならないものである事は事実であり、また、何かを実現させる為に、所謂「黒い勢力」とも手を結ばなければならない状況があるという事も確かと言えるものです。

 しかし、政権を発足させるその以前より、日本国内における最大の「黒い勢力」の一つとも言える創価学会の手先との連携を掲げ、戦後日本政治における最大の汚点と言える「村山談話」を引き継ぐと宣言する人間が、日本を「美しい国」へと誘えるだけの信念と理念を持った政治家であるとは、到底思えはしないと言えるものです。

 これは、誰が総理総裁になったところで、自民党政権である限りは、現状では仕方がないと言えるものなのかも知れません。

 しかし、「戦後レジーム」からの脱却を謳う人間が、「戦後レジーム」そのものである談話を引き継ぎ、「戦後レジーム」を日本に広めようとしているカルトの走狗と手を結ぶと政権発足前より宣言するとは、余りにも酷すぎると言わざるを得ないものです。

 可能な限りの抵抗を試みた上で、それでも仕方なくこの結果に至ったというならば、まだ仕方ないと思える節もあると言えるものですが、抵抗を試みる以前の段階において、早々と妥協を始めるなど、最初から政権構想を実現させるつもりなど毛頭無いとしか思えないものです。



 最早、ここに至っては、安倍政権の誕生は確実であり、如何にこのような事を訴えたところで、後の祭りと言えるものなのでしょう。

 後は安倍氏が、ご友邦である文鮮明センセーや池田大作センセーにくだらぬ配慮をして、第二の中曽根にならない事を願うのみであります。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

反日に勝つ「昭和史の常識」
渡部 昇一
ワック (2006/01)

自虐史観もうやめたい!―反日的日本人への告発状
谷沢 永一
ワック (2005/06)
売り上げランキング: 45,972
おすすめ度の平均: 4.33
5 目からうろこ
5 尊敬する谷沢先生ありがとうございます。
3 今ひとつわからない


PR情報
ブロガー必須のツールが登場!ブログの記事を複数のPINGサイトへ一斉配信
情報誌★フリペ★web★モバイル★ 4つの"an"でシゴト探し自由自在

      
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
今日の浪人さんの出題も難問です。

安倍で決まりですが、安倍にどれだけ決断力があるか、これまでの笧(しがらみ)を切り捨てられるかどうかにかかって来ます。

森あたりの意見を入れて、党内の融和なんていいだしたら、それこそ何も出来ない内に退陣ということになりかねません。

前任者同様、意見は意見として言わせるだけ言わすが、決断は自分がする。これが出来るか、それだけの素養経験があるかです。(前任者はいい加減なところが多かったんですが、勘所は押さえました。)

いずれにしても、ルビコンを正に渡ろうとしています。
2006/09/09(土) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
安倍氏が過去の笧を全て捨てきるというのは、かなり難しいのではないかと思います。

良くも悪くも、現政権があれだけ笧を捨てられたのは、小泉純一郎という男の、特異な性質があってこそだと考えられます。

加えて小泉首相には、阿呆な敵の援護射撃がありましたが、小沢一郎は老いたりと言えども、管、岡田、前原のような間の抜けた行動は、まず取らないでしょう。

また、閣僚経験が不足しているのは、両者に通じるところではありますが、小泉氏には、政局争いを戦い抜いてきた経験というものがあります。

安倍氏には、この経験が絶対的に足りないと言えます。

自身の意志を押し通そうと思えば、短命政権に終わらざるを得なく、これを避けようと思えば、飯島某やバカボンのロボットとならざるを得ません。

安倍氏の理念が仮に本物だとしても、非常に危険だという状況には何ら変わりはないと思えるものです。
2006/09/09(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]

ご指摘の「アベ政権の危険性」 小生も全っく同感です。
万感を込めた 賛意を表します。

アベ政権が意図する理念を阻害/妨害する 諸悪の根源は
公明党の存在に有ります。

下記は 以前に 小生が提示させて戴きました 胡散臭いこと
この上無い 公明党の隠蔽された暗部の一端を 
記したものです。

2006/09/15(金) | URL | 暗黒の政治屋 #-[ 編集]

投稿文が しりきれになりました。
追記 致します。

下記の情報は 鋭敏な情報収集力を有する 各位に措かれましては 既に
認識済みの情報と 思われますが.... 公明党 神埼党首の発言です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>塩崎外務副大臣は、今年度の中国向けの円借款について
>日中間で東シナ海の天然ガス開発などの懸案事項をめぐる協議が
>続いていることを踏まえ、年度内の供与決定を見送り
>来月以降に先送りする方針を明らかにしました。

>これについて 公明党 神崎代表は、 中国との間では首脳間との
>交流もできていない。
>そうしたときこそ、政府は円滑に円借款を決めるべきで
>決定を先送りして何の意味があるのか。
>関係改善を遅らせるようなことをすべきでない」と述べ
>政府の対応を批判しました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

何故に 公明党なるものは 恰も 共産党一党独裁国 支那
全人代 (日本の国会に相当する) の代議員であるかの如き 発言を
平然として何らの羞恥心も無く ほざくのか?

上記の 素朴な疑問は 普通の まともな日本人であれば
当然至極である。

上記の 素朴な疑問に答へる為の 情報の片鱗が NET
上に見つかりました。
下記の URL サイト を ご覧下さい。

その キ―ワ―ド は 公明党 = そうかせんべい なる等号式に在ります。

そもそも 公明党なる政党の 売り は 弱者のみかた/差別反対
である筈であるが

所が 弱者のみかた であり かつ 日本国民の 生命/財産を死守すべき
立場にあり乍ら この 日本の 公党もどきは テロリスト/ならずもの
北鮮による日本人に対する 拉致事件に対して 誠に不可思議なことに
拉致の拉の字も発言した事実が 過去に措いて 全っく無い。
果たして この政党は 本当に 日本国の政党であろうか?

尚 日本国民 有権者/納税者は 当該 公党もどき に対しても
分け隔てなく平等に 年間 Total 約 一億円/人 の血税/税金を お支払いしております。

更に 共産党一党独裁国は 核弾頭を搭載した 弾道ミサイル の標準を
日本に向けている 事実が有るが
我が 日本国は 上記の 核弾道ミサイル 等々に依り 恫喝/強迫され
続けている相手国に 是 又 兆円 オ―ダ― の血税/税金を きまい良く 貢いでおります。

又 この 共産党一党独裁国は 日本国民の血税である 兆円オ―ダ―にも
達っする金額が ODA なる美名の下に 付与されている事実を
隠蔽しており中国人民は 罹る事実を 知らされていない。

依って 当然ながら 日本に対する 感謝も無く 寧ろ
憎つくき日本 ....なる怨念/妄念を 反日教育により 徹低的に
叩き込まれ愛国無罪の旗印のもとに 反日感情は留まる所を知らず
増幅の一途を辿るのみである。

共産党一党独裁国に対して こびへつらう 前記の 公明党
神埼発言と同様な発言は 日本の国益追求を 責務とすべき国会議員
政権与党の中にすら少なからず存在するが
何故か 罹る 国会議員どもは この一党独裁国に対しては 只管
平身低頭するのみであり 相手国の問題点を 指摘する事は皆無である。

共産党一党独裁国の 秘中の得意技である 酒池肉林の供応/攻撃に依り
急所を 完璧に掌握されている為か?

普通の まともな日本人の 大多数が認識している 前記の 現実/事実を 無視して この 公党もどき は 善隣友好平和なる 虚しき たわごと
を 念仏の如く 只管 繰り返すのみである。

罹る 上記の 事実より この政党もどき は 日本の為の政党に非ず !! であり
近隣 反日国の為の 代議員が集積した政党であると 断ぜざるを得ない。
正に 日本の国益追求の 義務を放擲した 血税泥棒/税金泥棒である !!

尚 下記の URL サイト は アクセス数が 余り 増大し過ぎますと
NET 内での 妨害工作に依り アクセス 不能状態になる可能性が 有ります
この点に 十分 留意願います。

  http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sokakitacho.htm
2006/09/15(金) | URL | 暗黒の政治屋 #-[ 編集]
情報提供、どうもありがとうございます。

真実だけを書き記して、よくこれだけのものが出来上がるものだと、感心してしいますね。

このような危険を通り越した異常勢力を、これ以上にのさばらせておく事は、自滅へと突き進んでいく事に他ならないように感じる次第です。
2006/09/16(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/477-3943438b
オフイス・マツナガです。TBさせていただきます。springさんのエントリーへの援護射撃。2億2千万円の官房機密費はどこへいったか?というお話です。また、TBがご迷惑でしたら、お手数ですがご連絡ください。