FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 安倍政権の危険性2

安倍政権の危険性2
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 最早、その総裁への就任が確定的となった安倍晋三官房長官ですが、やはり、私を含めた多くの人間が懸念していたように、限りなく危険な組閣人事が行われようとしている様子です。

安倍氏人事構想、幹事長に中川秀直氏が有力

 自民党総裁選が8日に告示されたことを受け、当選が確実視される安倍官房長官は、新政権発足に向け、党役員・閣僚の一部人事の検討に着手した。

 来年夏の参院選対策を担い、挙党体制作りの要にもなる幹事長には、安倍氏と同じ森派の中川秀直政調会長の起用が有力だ。閣僚人事では、派閥横断で安倍氏支持の流れを作った甘利明・元労相(山崎派)の再入閣、「再チャレンジ支援議員連盟」会長の山本有二・党経理局長(高村派)の初入閣が検討されている。

 安倍氏は、8日の共同記者会見で、次期臨時国会で首相指名を受けた場合の人事の方針について、「謙虚に、どういう人材がいるかをくまなく見ながら、場合によってはいろいろな意見も聞き、最後は一人で決めたい」と述べた。

 幹事長については、6日の読売新聞などとのインタビューで「(総裁と幹事長の出身派閥を違える)総幹分離は、かつての派閥の論理の延長線上でしかない」と述べ、森派からの起用があることを示唆している。

 安倍氏は「老壮青が力を合わせることが大事だ」と強調するが、党長老らには「中川氏を重要ポストで処遇したい」との考えを伝えている。

 安倍氏は、来年の参院選で与党の過半数割れを防ぐには挙党体制の構築が不可欠と考え、世代や派閥を超えた調整能力を中川氏に期待している。

 以前に安倍氏と距離があった古賀誠・元幹事長、二階経済産業相らの間にも「中川氏に安倍氏とのパイプ役になってほしい」との声がある。

 閣僚人事では、首相官邸の機能強化と絡み、官房長官に、森派から町村信孝・前外相を推す声が強く、安倍氏は自身に近い石原伸晃・前国土交通相(無派閥)や塩崎恭久外務副大臣(丹羽・古賀派)の抜てきの可能性も含めて調整を図る。

 閣僚候補の甘利氏は、安倍選対の事務局長。所属する山崎派会長の山崎拓・前副総裁が「反安倍」の勢力結集を模索する中、早くから派内の中堅・若手を安倍氏支持に振り向けたほか、党政調会長代理として政策の取りまとめにあたった。

 山本氏は今年春、安倍氏が自ら、派閥横断の議連会長への就任を要請した。甘利氏と同様、福田康夫・元官房長官が総裁選出馬を模索していた時期に安倍氏の支持拡大に中心的役割を果たした点を、安倍氏が評価している。

(2006年09月09日 読売新聞)


 バカボン中川氏が幹事長となり、これまで疎遠であった古賀・二階両工作員と安倍新総裁との間を繋ぎ、表向きには国民が喜びそうな威勢の良い言葉を吐きながら、裏では連中の画策した陰謀により、人権擁護法案を始めとする数々の悪法を成立させ、米中を始めとする諸外国に利し、日本を窮地に追い込む外交を展開しようとする。

 現段階においては、麻生氏が外相に留任されるという声も聞かれてはいますが、もし仮に、この噂が覆されたと仮定すれば、このバカボン中川氏の計画は完璧に完成を見てしまうと言えるでしょう。

 また、麻生氏が外相に留任されたとしても、たった1人で連中全ての陰謀を潰すのは殆ど不可能であり、連中の画策する日本売却計画が成功してしまう可能性は非常に高いと言わざるを得ません。

 また仮に、安倍氏の掲げる政権構想、そしてその信条が全て本当であり、彼らを起用しつつも、その考えには反対というのであっても、現在、閣僚に残ると予測されている麻生氏、中川昭一氏、そして次期官房長官を囁かれている町村氏を入れても、次期内閣閣僚入りを囁かれている中で、積極的にこれらと対立を試みてくれそうなのは総理を含めたった4人であり、見事なまでに多勢に無勢と呼べる状況です。

 何とかもう少し人員を補強出来たとしても、隠れ売国奴の雄、バカボン中川が強い実権を握っている以上、せいぜい最低限の売国法案の通過を防ぎ、売国計画の進行を延滞させるくらいが限界であり、とてもではないが、教育の立て直しや、まともな憲法改正などを遂行出来そうもないとしか言いようがありません。



 そもそも、安倍氏が本当に憂国の士であるまらば、如何に長い付き合いの人間であるにしても、バカボン中川の如き隠れ売国奴を重用しようなどとは決してしないであろうという事を、安倍氏を支持されている多くの方々も気付かれるべきであると言えるものです。

 人権擁護法案推進派の男を党幹事長に起用し、人権擁護法案を成立させたくて仕方ない腐れカルトの走狗と手を結び、更には人権擁護法案推進派の雄までもを、その中枢に取り込みかねない内閣。

 私には最早、安倍内閣というものは、次期参院選で苦戦するであろう事なども考慮に入れると、教育基本法改正、憲法改正という多くの保守派が望んでいる事を隠れ蓑にして、人権擁護法案を成立させようと企てている内閣ではないかとすら思えてならない次第です。

 マスコミの馬鹿騒ぎを隠れ蓑として、医療法の改正を始めとする数々の悪法を、大した審議を行う事も無く、国会を通過させた小泉内閣の如くに。

 まして、この人権擁護法案には、与党内の売国奴どもだけでは無く、民主党、社民党、そして共産党に至るまで、基本的には賛成の意を示しているという事も考慮に入れれば、内閣成立後の臨時国会において、教育基本法改正などを隠れ蓑にしつつ、国民の目に触れない内に、この悪法を成立させてしまう可能性は限りなく高いと言えるでしょう。



 外交にしても、安倍氏が親米派、そしてバカボン中川が親韓派、二階工作員が親中派。

 この状態においてバランスの取れた組閣人事とやらを行えば、それは売国奴連中が声高に主張する、日米中の正三角形とやらを作る事に他ならないと考えられるものです。

 ここまで来れば、福田氏が総裁選への立候補を断念した理由の一つが、自身が立候補しようがすまいが、結果として自身が望むような状況は作り出されるであろうと考えたのだとも想像出来ると言えます。

 取りようによっては、自身の辞退により、安倍総理総裁誕生を確定的にした、福田氏の作戦勝ちであると言えるのかも知れません。



 このような安倍内閣誕生が確定的である現状において、我々は絶対にこの危険な内閣から、目を離してはいけないと言えるものです。

 安倍氏の意向が何処にあるにしても、これだけ大量の売国奴を政権内に取り込んでいる以上、その一挙一動が日本を亡国へと導きかねない危険なものであるという事に変わりはないと言えるものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

日本をダメにした売国奴は誰だ!
前野 徹
講談社 (2006/02/21)

主権在米経済 The Greatest Contributor to U.S.
小林 興起
光文社 (2006/05/24)


PR情報
比較表で一目瞭然!選ぶべき光ファイバーのプロバイダーはココだ!
全国の求人情報・アルバイト情報 楽天仕事市場

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
1)「同和奨学金」滞納7億円 兵庫県教委が収納促進員を導入2006/09/08

兵庫県教委が、同和地区の生徒に昨年度末まで貸与してきた「地域改善対策奨学資金」の滞納額が、7億円を超えたことが7日、分かった。返還対象額に対する滞納額の割合は13%で、旧日本育英会奨学金の22%より低いが、県教委は、1000人以上いる滞納者を減らすため、「収納促進専門員」を10月から導入する。
部落解放同盟兵庫県連合会は、「返還を促すことは当然だが、その際同和地区出身であることを周囲に知られないよう配慮してほしい」と話している。
地域改善対策奨学資金の奨学生は、卒業後20年以内に毎年一定額を返還する決まりだが、年々滞納は増加。県教委によると、支給が終了した今年3月末、返還対象の約54億3000万円に対し、滞納は7億2200万円になった。
◆地域改善対策奨学資金 地域改善対策特定事業財政特別措置法に基づき、同和地区の生徒を対象に、月額23,000円-82,000円(2005年度)を無利息で貸与する制度。

1982年度から同法が失効後、経過措置が取られた昨年度末まで、高校は3974人、大学・短大は3175人が貸与を受けた。貸与総額は約101億4000万円で、3分の2は国の補助を受けている。(神戸新聞9月8日)
ーーーーーーーーーーー

2)京都市職員また!またまた環境局…免停中に公用車運転

京都市は7日、環境局市民美化センターの運転手の男性職員(57)が運転免許の停止処分中に公用車を運転していたとして、懲戒免職にしたと発表した。同市では4月以降、職員の懲戒免職が計11人に上り、うち環境局が10人を占める。
市によると、職員は私用で事故を起こし2005年12月26日から60日間の免停処分を受けたが市に報告せず、職員の移動などのため公用車を運転していた。同年7月にも30日間の免停処分を受けていた。
職員は市の調査に「免停中に運転してはいけないという意識が欠けていた」と話したという。
長谷川賢一環境局理事は「不祥事が多発する中、心からおわびする。再発防止を徹底したい」と話した。
京都市は覚せい剤取締法違反など職員の不祥事が相次ぎ、再発防止策と市長ら計77人の処分を8月31日に発表したばかり。
ーーーーーーーーーーーーー
人権擁護法案は期限消滅したこれらの同和対策事業対策法案の費用の原資の担保として破綻しつつある自治体の
証拠隠滅費用の穴埋めや外国人の人権とかいう名目でも地方参政権付与などが含まれ、更に在日への無制限に近い生活保護費用の原資にする目的で制定を企んでるのです。これは決して日本の国の日本国籍を有してこの国土に先祖伝来居住してる日本国民のためなる法案では無い。




2006/09/10(日) | URL | ようちゃん #VmV1yANw[ 編集]
医療機関の負担費用は赤字負債となって地方自治体を襲います。国庫負担補助は外国人に対する負債処理費は7割しか認められていませんから3割ずつが医療機関それぞれに積み増されるのです。

最初から身分証明する手段の無い密航者ですから救急車で救急医療機関へ運ばれてきます。救急患者を見捨てられない医療従事者やそのスタッフの人道的な取り扱いを十分承知してるのです。勿論、その医療費用は「払えない」「最初から払う意志が無い」のですから医療機関の負担費用は赤字負債となって地方自治体を襲います。
アジア地域には恐怖の巨大人口過剰国が2つ、中国とインドがあるのです。それは欧米周辺の環境とは大違いの 怒涛のような人口流入や想像を絶する手段。方法を取る宇宙人に近い異なる思考回路を持つ(犯罪を目的として侵入する、一時滞在、ビザ期限切れなど約束ごとは無視。最初から嘘も方便で通過してしまえば潜り込めたらこっちの物という自己中心主義は当然なのです)まして 恐怖のシナリオは 貧困国では医療が未発達で保険制度が崩壊してたり最初から無いのです。不治の病。 エイズ、慢性疾患を抱えるこれらの外国人が日本へ必死になって辿り着き始めています。不法滞在して、無料の医療介護を受けるためです。異民族間の交友関係など欧米のように人口が1億人以下の旧植民地国からの流入ですでに宗主国の言語を取得してて習慣もある程度習熟してる旧植民地国民の外国労働者ではありません! まったく日本へ流入して来る外国人は条件が違い過ぎるのです。

多文化主義、外国人との共生社会とか外国人労働者受け入れなどと題目は口当たりが良くて人道主義と言う誰も正面切って反対できない錦の御旗を掲げて「人権擁護法案」という受け入れ限定枠が曖昧な特定人種や逆差別を助長する内容は隠蔽して表面だけで国民を催眠術にかける悪魔の法案です。◆世界人口、65億人突破 (世界日報 06/9/7)日本は一億二千八百二十万人と微増で、昨年と同様十位だった。一位は中国の十三億二千三百六十万人、二位はインドの十一億一千九百五十万人。三位は米国の三億百万人で、米は初めて三億人を超えた。世界人口は二○五○年には九十億七千五百九十万人に達する。世界的な国際人口移大動と言う現象は受け入れ対象国が欧米先進国とアジアの日本や韓国などで人口が比較して少ない国々です。特にこれらの国では人身売買国としても不名誉な名指しをされています。
このほか、難民の女性の現状にも触れ、出産可能な年齢の難民女性のうち25%が妊娠しているとして、保護の必要性を指摘した。外国人とのトラブル、不法占拠、不法滞在、数々の難問や紛争が国内で続出する社会を想定して、外国人受け容れ数を増大せよと言う特別な目標で
政府に献金してる団体企業群の背景とがこの人権擁護法案推進団体と一致してる。表でも裏でも、弱者救護、と人権擁護は一体となって我々普通の国民の日常生活を苦しめます。




2006/09/10(日) | URL | ようちゃん #VmV1yANw[ 編集]
足りない拙文に対する補足、どうもありがとうございます。

仰るように、人権擁護法案なるものは、我々日本人を苦しめ、不当に不良外国人、弱者を装う人間を利するものに他ならないと思われるものです。

このような悪法の制定は、是が非にでも阻止せねばならないと思える次第です。
2006/09/10(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
やはり、浪人さんご指摘の通り、壺売り安倍くんは危険な存在でしたね。
よりにもよって村山談話の追認なんて、、
一番タチが悪い。
今まで日韓同時翻訳板などで、ネチズンら憂国の志士が資料を探し歴史検証をして村山談話、従軍慰安婦問題の捏造解明の努力をしてきたというのに。
権力維持の為、党内の権力調整に入りやがった。
以前のコメントにて「安倍政権で日本が崩壊することは無い。」と、書いてしまった事を悔いております。
そのときは、自社さ政権その後の自民党左派政権を念頭に置いて、まさかあの時の様にはならないであろうとの思いでコメントしたのですが、まさか村山談話の追認なんて、、、、、、、、、、絶句。
やはり、安倍は信用できない。
権力維持のため左翼的発言をしかねない危険性がある。
再チャレンジうんぬんは竹中売国奴の経済思想の受け売りにしか感じられないし。
やはり安倍は「老舗を潰す三代目」なのか。

2006/09/10(日) | URL | 1156 #-[ 編集]
利益追求集団自民党の中で、一度党内の権力調整に入ってしまうと、抜け出すのは恐らく不可能な程に困難です。

ここで更に、バカボン、古賀、二階などを重用するような真似を見せれば、それこそ本当に、福田氏が政権を取った時と変わらない惨状になるように感じられます。

安倍氏には出来るだけ早く退陣して頂く事が、今取り得る最良の策ではないかと思える次第です。
2006/09/11(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
麻生氏の外相留任の可能性と、擁護法案の成立阻止に何の相関関係があるのか良く分かりません。

安倍氏と平沼氏が成立阻止に向けて積極的に動いていたことは知っていますが、麻生氏って何か行動してましたっけ。
擁護法案がらみで麻生氏について知っていることといえば、擁護法案推進派の親玉である、古賀氏と長年の盟友関係にあることくらいなのですが。
2006/09/12(火) | URL | たけお #qyXIsP1c[ 編集]
すみません、書き方が悪かったですね。

麻生氏が人権擁護法案の成立を阻止する為に、積極的な行動を取っていないというのは、ご指摘の通りです。

あそこで麻生氏の名前を出したのは、次の政権において、保守側という立場に立って、バカボンや二階のような連中が勢力を拡大していくのを防ぐ力になる人材という意味合いです。

あと、恐らくたけおさんは、麻生氏が古賀氏に近い人間という事から、彼に疑念を抱いておられるようですが、政治家にとっての盟友というものを、我々の常識で考えない方が良いと思います。

小泉氏と加藤氏、安倍氏と亀井氏など、今では犬猿の仲と言える間柄の人間も、過去においては盟友であった事からも分かるように、彼らは政策や政局次第で、付いたり離れたりといった事を、我々一般人では理解出来ない次元で繰り返します。

過去における関係よりも、どのような政策、政局において、距離を近めているのか、或いは離しているのかといった視点で見た方が、情勢を読み誤る事は少ないと私は考えます。
2006/09/12(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/478-08c94da2