FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 宇宙戦艦地球号と中国共産党

宇宙戦艦地球号と中国共産党
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 人類が地上に創り出したコキュースト、中華人民共和国が、自らの矛盾と破綻を覆い隠さんが為、またぞろ更なる言論統制の強化へと乗り出した模様です。

中国、外国通信社の配信を規制

 【大紀元日本9月10日】中国当局は10日、外国メディアが中国国内においてニュースや写真、画像などを配信する場合、国営通信社・新華社の許諾を得るなどを規定した「中国駐在外国通信社報道管理法令」を発布、「国家安全を脅かす」報道に強く釘を刺した。法令は新華社を通じて発表され、即日施行された。

 法令では、新華社は中国で配信された外国メディアのニュースを検閲し、法令に抵触するとみなされる内容は削除できるとし、同社の裁量権を強化した。今後は、同社の同意がなければ、海外ニュースや写真、画像などは中国で販売することはできない。

 新華社が外国メディアの営業許可を一年ごとに見直し更新することになる。報道が法令に抵触した場合、メディアは警告され、内容を修正することになる。好ましくない報道をしたり、直接ニュース配信先を展開したりなど、法令違反の場合は、営業許可の停止か取り消しとなる。

 また、外国メディアは、民族感情を煽ったり、人種差別やカルトや迷信行為など、「国家の安全を脅かす」報道をしてはいけないとしている。国家の統一(台湾問題)や主権、領土保全を侵す報道も罰則の対象となる。

 この法令は、香港やマカオ、台湾にいる通信社にも適用され、国家財政情報などを規制した1996年4月に出された法令に替わるものである。1997年中国に帰還された香港は、当時結んだ中英間の規定により民主体制の言論自由を有している。台湾も1949年以来、自主的な管理をしてきた。

 新華社は通信各社に申請文書提出を求めているが、既存の通信社には再提出すべきかどうかは明らかにしていない。

 同社によると、この報道規制は「報道の健全性と秩序の推進」のためであるとしている。

 法令には、外国通信社の国内利用者は国内情報元を明らかにすることを求められており、「外国通信社の知的所有権保護」のために報道の再配布を禁じている。また、新華社の職員が相応しくない申請に報道許可を与えたり、外国メディアの報道の検閲を怠った場合、その職員らも処罰されるとしている。

 今年初めに、中国当局は天災などの緊急報道などを当局の許可なしで報道した場合、罰金や懲役など厳しい処罰を科すという法案を提出していた。

 観測筋では、2008年の北京オリンピックを前に国内メディアと海外メディア報道を規制する方向であると言う。

(2006年09月10日 大紀元時報)


 自由と人権が保障されている我が日本国内において、今以上の自由と人権を求めて活動されているらしい、頭の愉快なサヨクのオニーサン・オネーサン方は、何時も口を揃えて、この自由と人権の欠片も見当たらない全体主義国家との友好を唱えておられるようですが、一体、この異常国家の現状を、如何様に捉えておられるのでしょうか。

 本当に人類の繁栄の為に、自由と人権を求めて活動されているならば、首相の悪口を言おうが、国家元首を口汚く罵ろうが、先の大戦の犠牲者が眠る施設を罵ろうが、逮捕どころか注意もされない我が国で騒いでいるよりも、すぐ側にあるこの人権弾圧国家に乗り込んで、支那民衆の自由と平等の為に命を賭けて戦ってこられては如何かと思う次第です。

 まずは、この非人道集団に弾圧され続けている大陸の民衆を救わずして、日中友好も糞も無いと思えるのは、私に限ったことでは無いと思えるものです。

 この外道どもを一言も非難する事も無く、安全な日本国内において、「ヘーワ、ジンケン、ケンポーキュージョー」と楽しげに騒いでいるだけで、まるで自分を聖者のように思いこめるその愉快な思考回路をしている限りは、サヨクの言説を信じる人間など、未来永劫、減少する一方だと言えるでしょう。



 また、謎の新興宗教「9条真理教」の熱心な信者の多くは、併せて宇宙戦艦地球号とやらの乗組員だと言い張るエコロジストを兼ねておられる方も多いようなのですが、これにもまた、彼らの言動に矛盾を感じざるを得ないと言えるものです。

 私は何も、環境などどうでも良いと言っている訳では無く、寧ろ、我々人類がこの先も繁栄していく為には、地球環境を守る事は絶対に必要な事であると思っています。

 この問題において、私が矛盾を感じる点は、今、この地球上で最も環境を破壊しているのが、他ならぬ彼らが好意を寄せている中華人民共和国であるという点です。

中国、河川の6割“深刻な汚染” 当局内部資料流出

 【上海=前田徹】中国全土の河川の6割が水銀など危険な重金属や農薬で汚染され、こうした水質悪化が疾病の8割、さらには病死の3割に関係していたと指摘した中国食品薬品監督管理局の内部資料が明るみに出た。また、重金属による汚染面積は2000平方キロメートルにもおよび、汚染地域を含む経済先進都市周辺での食の安全に内部資料は強い疑問を投げかけている。日本はすでに野菜の残留農薬規制を強めているが、ほかにも中国から安い食品を輸入していることから今後、対応を迫られそうだ。

 資料は4章に分かれ、問題の汚染実態は第3章に書かれていた。

 それによると、産業廃棄物による深刻な汚染は中国全土の河川と湖の6割におよび、残りの河川もまだ軽度ながら汚染が進んでいる。さらに農産物に影響のある全潅漑(かんがい)用水の2割が規制基準を大幅に上回る水銀に汚染されている。水質汚染が関係したとみられる症例は全疾病の8割、病死の3分の1にのぼり、2004年以降、幼児の頭が巨大化する奇病が汚染地域で次々に確認されているという。

 体内に残留しやすい有毒重金属による汚染危険地域は(1)天津、北京など渤海沿岸工業地帯(2)上海など江蘇、浙江省の華東工業地帯(3)珠江三角州と呼ばれる華南工業地帯-の3カ所に集中し、汚染面積は2000平方キロメートルに及んでいる。

 また、中国の化学肥料の年間使用量は4100万トンで、その結果、黄河や長江、珠江を経て流れ込んだ無機窒素が中国近海の赤潮の主な原因になっていると内部資料は断じている。毒性の強い農薬使用で汚染された土壌を元に戻すのに最長で33年間が必要という。

 加工食品についても作業員による衛生管理の質が悪く不衛生としたほか、偽ブランド食品の安全性に特に問題があると警告している。衛生より利益優先のため、重さをごまかすのに牛や豚に水を注入したり、大量の食塩を食べさせるなどのほか、ペンキの材料など極度に毒性の強い添加物や防腐剤を使用するケースが多いと、その危険性を指摘している。

(2006年09月09日 産経新聞)


 我が国の環境に対する取り組みも、まだまだ不十分と言えるものではありますが、それでも、この地球の癌と比べてマシどころか、世界的にもトップクラスと言える状況です。

 ここで油断をしてはならないのは勿論ですが、少なくとも、政府の役人や政治家も、この取り組みを広めようと、それなりの努力はしていると言えるでしょう。

 無論、今以上の努力をしていく事は必要と言えますが、宇宙戦艦地球号の乗組員のお歴々の如くに、殆ど騒音公害クラスに喚き散らさねばならない状況では無いと言えるものです。

 却って、宇宙戦艦地球号の乗組員の皆様が懇意にしている中華人民共和国ですが、これははっきり言って、ぶん殴ってでも環境の大切さを教え、環境保護の精神を叩き込む必要があると思える状況です。

 まだまだ努力不足ではあるものの、一応は官民力を合わせて環境保護に乗りだそうとしている我が国において、騒音公害を撒き散らしている暇があるのならば、1秒ごとに地球を死へと追い遣ろうとしているとしか思えない大陸に出向き、エコロジーのエの字も知らない中国共産党の連中に、波動砲でも浴びせてきては如何かと思える次第です。



 確かに、支那経済が異常な早さで成長している事は事実であり、また、我が国の経済とも、密接に関係してきている事は間違いないと言えるものです。

 しかし、その成長は明らかに歪な成長であり、かの格差大国米国すらも上回る、超格差大国へと向かおうとしているものです。

 加えて、上に取り上げた人権無視の言論統制が布かれた状況や、周辺国家どころか世界全体にまで影響を及ぼす程の環境破壊という要素まで持っているこの国と、これ以上に密接な関係を持つという事は、間接的な人権弾圧、環境破壊に他ならないと言えるものです。

 人類の恒久的な平和、そして地球環境の保護を真剣に考えるのであれば、まずはこの中国共産党なる人類が生み出した徒花を、何としてでも崩壊せしめる必要があると言えるものです。

 もしもサヨク諸氏が、上辺だけの口八丁や自己正当化の為でなく、本当に自由と人権を希求し、地球環境を守りたいと思うのであれば、まずは、この人類史上最悪の破壊集団を糾弾する事から始めては如何かと思う次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

本当の中国を知っていますか? ――農村、エイズ、環境、司法
山本 秀也
草思社 (2004/03/30)
売り上げランキング: 9,592
おすすめ度の平均: 4.43
4 読み物としても良い出来
4 現代中国の暗部と伝統回帰の動き
5 世界も気づきはじめる本当の中国

大地の咆哮 元上海総領事が見た中国
杉本 信行
PHP研究所 (2006/06/22)


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!

      
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
まったくその通りだと思い、初めてのコメントをいたします。

悲惨な国の実態を知りつつ、眼をつむり、自由を謳歌できる環境をいいことに、それを保障する国家の体制を批判し、不自由国家を賛美するのだから、能天気としか言いようがない。

保守が日々の変革を心がけ、革新勢力が改革を拒むのが日本の姿であるということは、日本はすでに完成された理想国家なのだろうか。それとも、日本の憲法は世界に誇る不磨の大典だと信じているのなら、世界の市民同志に呼びかけて、日本国憲法普及推進運動を展開すべきだろう。
2006/09/11(月) | URL | 田舎のダンディ #-[ 編集]
保革の逆転現象が起こっているというご指摘は、まさしく的を得ているものであると思います。

日本の伝統を保守する為には、醜悪に歪んだ現状を革新するしか手段が無い程に、我が国はおかしくなってきているのでしょうね。

日本国憲法に関しては、まことに仰るとおりですが、彼らの阿呆さ加減を目にしては、世界の左翼も鼻で笑うしかないでしょうね。

左翼というのは、我が国に限らず理想主義的な人間が多いものですが、現実を全く見ずに、理想なのかどうかすら定かではない戯れ言を喚いている連中など、我が国のサヨクくらいのものでしょうからね。
2006/09/11(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
コメントとトラックバックをさせていただきます。
ほとんどを田舎のダンディさんと浪人さんに書かれてしまっているためコメントがありません^^;

が、日本をこれからまともな国にするには、一人ひとりの努力が必要なのだと当然ながら思っています。
理想主義で現実を見ない者・・・それはおっしゃる通り、日本でしか通用しない「反日左翼」だけだと考えます。
2006/09/11(月) | URL | 彩庵 #w4Ib0zSU[ 編集]
初コメ失礼します。

最近では、こんなお花畑の環境活動家の地球市民どもの一部が、アメリカ憎し(或いは原子力への生理的嫌悪)のあまり、地球温暖化の否定に走ってる模様です。

彼らの幼稚な陰謀論と、シンパシーを持つ相手の悪いところは全く見えないお目出度さには、ただただ呆れるより他ありませんね。
2006/09/11(月) | URL | Passerby #-[ 編集]
日本をまともな国に立て直す為に、我々1人1人が努力していかなければならないというご意見は、私も強く賛同するところです。

国家が健全である為には、左翼やリベラルと言われる勢力も、本当は一定数以上は必要なのですが、我が国のサヨクは、そのような本来的な役目も果たせない程に低レベルですからね。

何処の国にも、あのような連中はいるのでしょうが、我が国の左の大半がアレというのは、ある意味保守や右翼にとっても不幸と言える事なのかも知れません。
2006/09/12(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
初めまして。

そういえば、原子力に関しても彼らは、反米感情からかお花畑爆弾を炸裂させていましたね。

地球温暖化を抜きにしても、現状において最もクリーンで効率の良い発電施設が原発である事は間違いないと言えるものであるにも関わらず、ただ反対しているだけの彼らの頭は、本当に悲しい程に哀れと言わざるを得ませんね。

確かに他の発電施設を遙かに凌駕する危険を孕んでいる事は事実ですが、あのように現実も見ずに反対だけをしているよりも、危機管理能力を高めるよう注力していく方が、よっぽど建設的だと感じる次第です。
2006/09/12(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/480-c9cae77b
中国:新華社発表、『外国通信社の中国領土における報道情報についての管理法令』(大紀元)  【大紀元日本9月11日】 中国当局は10日、外国通信社が中国国内においてニュースや写真、画像などを配信する場合、国営通信社・新華社の許諾を得るなどを規定した『外国通信社の中
2006/09/11(月) | 日々思ふこと