FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 安倍新総裁の誕生と日本の行く末

安倍新総裁の誕生と日本の行く末
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 昨日、午後、大方の予測通り、安倍晋三内閣官房長官が全体の約6割の票を獲得し、自民党総裁、即ち日本国の内閣総理大臣に選出されました。

安倍氏、総裁選に圧勝…自民党第21代総裁に選出

 自民党総裁選は20日午後、党員票の開票と党所属国会議員の投開票が行われ、安倍晋三官房長官(52)が第1回投票で全体の66%の票を獲得し、麻生太郎外相(66)、谷垣禎一財務相(61)に圧勝した。

 その後、党本部で開かれた党大会に代わる両院議員総会で、第21代総裁に選出された。安倍氏は、臨時国会が召集される26日の衆参両院本会議で、第90代、57人目の首相に指名され、同日中に新内閣を発足させる見通しだ。

 安倍氏は初の戦後生まれの総裁で、首相としても、戦後では田中角栄・元首相の54歳を抜いて最年少となる。

 今回の総裁選は、小泉純一郎首相(党総裁)の任期満了に伴って行われた。安倍氏の総裁任期は、2009年9月30日まで。

 議員票403票と党員票300票のうち、議員票1票が無効となり、有効投票総数は702票。党員投票率は61・5%だった。安倍氏は、国会議員の267票と党員197票の計464票を獲得。麻生氏が136票(議員69、党員67)で2位となり、谷垣氏も102票(議員66、党員36)を集めた。

 安倍氏は所属する森派以外からも幅広い支持を得て、無効1票を除く402票の66%を占めた。党員票でも42都道府県で最多得票となり、都道府県ごとに3~12票割り当てられた「持ち票」計300票の66%を獲得した。

 安倍陣営は「国会議員票、党員票ともに70%以上」の目標を立てていたため、「やや伸び悩んだ」との受け止め方もある。

 麻生氏は20%近い得票で2位となり、重要閣僚などに起用されるとの見方が強まっている。谷垣氏も100票を超える票を集めたことで、「2人とも、『ポスト安倍』に希望をつないだ」との声が出ている。

 安倍氏は両院議員総会であいさつし、「理想の炎、改革のたいまつをしっかり受け継いでいくことを宣言する」と決意を表明。その後の記者会見で、党役員と閣僚の人事について、「25日に党執行部の構成を決定したい。26日に組閣する考えだ」と述べた。

 党幹事長には、安倍氏に近い森派の中川秀直政調会長の就任が有力になっている。また、甘利明・元労相や山本有二経理局長、溝手顕正参院議院運営委員長、若林正俊参院政審会長らが入閣する見通しだ。

(2006年09月21日 読売新聞)


 本当の本心を言えば、私如きの危惧など見事に全てが外れて、安倍新総裁が日本の為となる政治を展開してくれるのが一番なのですが、狂気の反日壺売りカルト集団との癒着、それが発覚した際のあまりにも誠意に欠ける対応、人権擁護法案推進派の雄で隠れ売国奴のバカボン中川氏との蜜月など数々の事柄を考える限り、見事に予測を良い意味で裏切ってくれる可能性は低いと言わざるを得ないと感じる次第です。

 竹中平蔵財務破壊大臣が辞任を表明した事により、多少の明るい兆しが見えてきたとも考えられますが、その後任が明らかな税金泥棒で、また、安倍氏自身の発言では無いものの、次期参院選において、今期限りで引退を表明しているプロ野球、日本ハムファイターズの新庄選手の立候補を匂わせるなど、人気取りだけのポピュリズム政治が引き継がれる可能性も濃厚に感じられるものです。

民、新庄選手に出馬打診 来年の参院選比例代表

 自民党の久間章生総務会長は15日、プロ野球北海道日本ハムファイターズの新庄剛志選手に来年夏の参院選比例代表での立候補を打診していることを明らかにした。

 出馬交渉に関し「今季限りの引退を表明しているので人を介して感触を探っている。今のところ色よい返事はもらえていない」と難航を認めた上で、「プレーも日常生活も明るく、みんなの気持ちを集めてくれそうな人だ」と期待感を示した。党本部で記者団の質問に答えた。

(2006年09月15日 産経新聞)


 新庄選手は難色を示しており、これが実現する可能性が低いとは言えますが、内政、外交、安全保障と、難題が富士の山の如くに高く山積し、まさしく艱難の事態と呼べる事態にも関わらず、このような阿呆を絵に描いたような発想が出て来る時点で、既に万死に値すると言っても過言では無いと言えるものであり、この体質を安倍政権が受け継ぐとしたら、次期参院選において自民党が歴史的な敗北を見る事も十分以上にあり得ると言えるでしょう。

 寧ろ、このような国民を舐めきった発想を続けるならば、敗北の憂い目に遭わせる事が、我々国民の義務であると言えるものとも感じるものです。



 また、小泉首相の悪のりから誕生した、猪口邦子フェミジェンダー悪の枢軸特命担当大臣は、多くの良心的な国民の期待を裏切り、議員辞職をする心づもりが無い事を表明しています。

「全力投じ、自己研鑽したい」 猪口氏、議員辞職せず

 猪口邦子少子化担当相は19日午前の記者会見で、竹中平蔵総務相が小泉純一郎首相の退陣に伴い参院議員を辞職する意向を表明したことに関連して自身の進退を問われ、衆院議員を辞職する考えはないことを強調した。

 猪口氏は「わたしは国民、有権者に少しでも役立つ決意で学界から転出している。政治家として全力を投じ、自己研鑽(けんさん)したい」と述べた。

 国際政治学者の猪口氏は昨年9月の衆院選で、自民党の比例代表東京ブロックから立候補して初当選、同年10月の内閣改造で閣僚に起用された。

(2006年09月19日 産経新聞)


 日本に女性差別など一切存在しないなどと、八木某氏の如くに断言するつもりはありませんが、それを国が音頭を取って推進するなど狂気の沙汰であり、まして、現在のように、明らかなジェンダー原理主義者にその舵取りを任せる事などは、国を滅ぼそうとしているとしか考えられないものです。

 また、少子化問題は確かに我が国の抱える大きな課題の一つではありますが、国が如何に喚いたところで、急激に出産率を高める事などは凡そ不可能であり、対策を講じるならば、少子化を防ぐ事よりも寧ろ、少子化、そして人口が減少した日本で、如何にして現在のGDP、生活水準を維持するかを講じるべきだと言えるものです。

 そのような事を僅かにも理解していないフェミジェンダー統一原理教信者に、この問題を任せても解決などを見る可能性はゼロから動きようが無い事は、火を見るよりも明らかであり、安倍政権がこの問題を如何に扱うかは注目すべき点だと考えられるものです。

 安倍氏が猪口某をこのポストに留任させるようならば、安倍氏もまた小泉氏と同じくフェミジェンダー思想に冒されている危険性が高いと考えられるものであり、この問題においても、安倍政権で進展する可能性は低いと考えられるものです。



 そして、安倍政権が亡国の政権となるか否かの最大の焦点は、小泉政権における悪の枢軸、飯島某秘書官が、閣内に残留するか否かにあると私は見ています。

 この男が如何に悪辣かつ非道な亡国の輩であるかという事は、GOOGLE先生に聞くか、若しくは国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」メールマガジンでも読んで頂くとして、この男をどうするかにより、安倍政権の行く末も透けて見えてくると考えられるものです。

 現在、安倍氏に近いとされる人物の多くは、飯島某氏が安倍政権に残留する可能性は低いなどと語ってはいるものの、これまでの安倍氏の新政権運営に関する発言などを読み解く限りでは、少なくとも安倍氏本人は、飯島某氏を首相補佐官として残そうとする意志があるとしか思えないものです。

 そして、そのような事態に至れば、小泉氏よりも更に知識も経験も無い安倍氏が、欲望の権化である飯島某氏の思い通りに動いて日本を更なる艱難に導こうとする事は確実と考えられるものであり、ここに更に、安倍政権の誕生に大きく貢献したとされるバカボン中川氏、二階工作員の思惑などが絡めば、想像するもおぞましい事態に陥る事間違いなしと言えるものです。

 そして更に、ここに池田大作センセーと文鮮明センセーの思惑が絡むであろう事は最早決定事項であり、安倍氏がそれらを纏めきれるだけの力量を持っている可能性は限りなく低く、憲法改正、教育基本法改正以前に、日本は未曾有の危機に襲われてしまうと感じられて仕方がないものです。

 この中で、現状で安倍氏自身の手で排除する事が可能なのは飯島某氏のみであり、これも排除出来ないならば、安倍政権が渡しの予測通りに亡国の政権となる可能性は高いと言わざるを得ないものです。



 こうなれば本来ならば、政権交代が一番望ましいと考えられるものですが、その政権交代の相手が、小沢一郎氏率いる民主党では、とても根本的な解決になるとは思えないものです。

 一番望ましいシナリオとしては、次期参院選において、大きく負け過ぎずに自民党が敗北し、安倍氏が機能不全となった国会を立て直す為に辞任し、そこで民主党と相談した上で、もう少し手腕に長けた人物にポスト安倍として政権を担って貰うというものです。

 余りに大きく負け過ぎると、民主党は恐らく自分たちと最も考えが近い人物、つまりは福田康夫氏の総裁就任を要求してくるものと考えられ、これは出来得るならば避けなければならないものと言えます。

 福田氏ならば、飯島某氏のロボットにはならないものと考えられますが、元々は福田支持だった二階工作員や古賀工作員の発言力は更に増大し、加えて、福田氏と理念を共有する公明党は更に勢力を強め、ここに元々福田氏自身特亜贔屓である事も考慮に入れれば、どのような政権になるかなど、言うまでも無い事でしょう。

 我々にとって最も望ましいのは、前記したシナリオの末に、麻生氏がポスト安倍として自民党総裁に就任される事に他ならないと考えられるものです。

 今回の総裁選において、麻生氏が136票を獲得し、二番手となった事は、僅かながらもその為の明るい兆しと考えられるものです。

 大敗北となれば、民主党側の発言力が増大し、前記した福田総裁というシナリオが実現してしまうと考えられるものですが、僅かな敗北、与党が僅かに過半数を割ってしまう程度の敗北ならば、民主党も総裁選において二番手の人間が総裁に就き、自身の意見を聞き入れるという条件付きで、何とか手を打ってくる可能性は十分にあると言えるものです。

 安倍氏が閣僚人事において、バカボン中川、二階、古賀を重要ポストに就け、飯島某氏を首相補佐官として官邸に残すようならば、少なくとも渡しは、この方向で動きだそうかと考えている次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

主権在米経済 The Greatest Contributor to U.S.
小林 興起
光文社 (2006/05/24)

小泉純一郎と日本の病理 Koizumi's Zombie Politics
藤原 肇
光文社 (2005/10/21)
おすすめ度の平均: 4.05
5 藤原肇著 『小泉純一郎と日本の病理」
5 「まっとうさ」の復権
5 未来をどうするか真剣に考えさせられる本


PR情報
電子書籍とオンデマンド本で読書の世界が拡がります!『ウェブの書斎』
スクープ記事が満載!お好きな記事を一本ずつ購入できる!Digital週刊ポスト

      
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/490-bf83b5f9
国旗国歌:都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決 画期的な判決に大喜びの弁護団=東京地裁前で21日午後1時40分、堀和世写す 入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を強制するのは憲法で保障された思想・良心
2006/09/21(木) | 新・平成徒然草