FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 我が国が謳うべきは中国共産党政権の崩壊

我が国が謳うべきは中国共産党政権の崩壊
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 毎度おなじみ、狂気の人権弾圧ジェノサイダー集団、中国共産党の無数の非道行為の内、現在露見している中で最も国際社会の非難に晒されているものの一つが、法輪功学習者に対する拷問・虐殺、そして彼らに対する臓器狩りですが、これらの問題に対して国連人権委が、ようやくにして、中止を求めての働き掛けを本格化させた様子です。

国連人権理事会:中国代表団、臓器狩り反論で規定破りの要求、会議一時中断

【大紀元日本9月24日】国連人権理事会第二回会合が9月18日からジュネーブで開かれ、各特別調査官からの年次報告を受け、審議した。20日と21日の二日間にわたり拷問問題に関する報告と討論が行われ、中国で拷問が普遍的に存在し、法輪功学習者に対する臓器狩りの問題が俎上にあげられた。それに対し中国代表団は、規定時間より倍の発言時間を要求、議長に拒否されたが強硬に要求したため、会議が十数分間にわたり中断された。

 20日の拷問問題の報告では、特別調査官のマンフレッド・ノーワック氏が昨年11月21日から同年12月2日までの中国における調査結果を発表、中国では拷問が普遍的に存在、反体制者、法輪功メンバー、少数民族などに組織的に行われていると報告した。ノーワック氏は中国現地で人権状況調査を実行できた初めての国連調査官。

 翌21日、カナダ外務省太平洋局元局長のデービッド・キルガー氏が、生きている法輪功学習者を対象とした中国の臓器狩り問題を提出、それの調査結果を発表した。中国当局による法輪功への拷問・虐待の残酷さは、人間の想像を超えているとキルガー氏が指摘した。

 中国代表団は発言の際、規定時間の倍の6分間を強く要求した。それに対し、議長は「会議の規定は、すべての国に平等に対処することであり、任意に変更することができない」と拒否、会議の進行をみて、会議が終了する前に中国代表にさらに2分間の発言時間を与えることは可能と説明した。しかし、中国代表団は議長の説明に納得せず、6分間の発言時間を強硬に要求し続けた。結局、十数分間の交渉を行った末、議長が会議を5分間中断すると決定。

 要求が認められなかったため、中国代表団は規定通りに3分間の反論を行い、生きている人の臓器を強制摘出する告発を完全否定するとともに、中国は法治国家であり、(臓器狩りが行われていると)告発された蘇家屯の病院はごく普通の病院で、西側のメディアを招いて内部観覧させたことがあるなどと弁明した。しかし、今年3月の告発に対して、中国当局が公に反論したのは、その3週間後で、現地の軍内部関係者などの証言によれば、その間、この病院の地下の巨大な防空壕に監禁されている人的証拠や、物証はすべて移転、処分されたという。

 キルガー氏は、「臓器狩りの告発を独立調査する前に、調査団は中国大使館に、現地での調査を行うための入国ビザを申請したが、拒否された」事実を明らかにした。海外の新唐人テレビや、「希望の声」ラジオ局、大紀元時報などのメディア関係者も、各地の中国在外公館に現地での独立調査の許可を求め、入国ビザを申請したが、すべて拒否された。

 キルガー氏は、カナダのマタス人権派弁護士と連携して、今年7月上旬に中国の臓器狩りを独立調査した報告書を公表し、「すべての(18種類の)証拠を詳しく検証した結果、我々の調査結論は、法輪功学習者の臓器を生きたまま摘出するのは、紛れもない事実であり、本人の意思に反する、法輪功学習者を対象とした、この大規模な臓器狩りは常に存在し、未だに行われていると我々は信じる…」「いかなる人々もこれらの証拠を分析すれば、我々と同じ結論にたどりつくはずだと確信する。これらの証拠を総合して出した結論について、否定される余地がない」と述べた。その後、両氏は、豪州や、ニュージーランド、英国、米国などを歴訪、各国政府と政界関係者に、報告の結論を訴え続け、国際社会が行動を起こし、中国で進行している前代未聞の臓器狩りの犯罪を一刻も早く制止するよう呼びかけている。今年中に、両氏は韓国や、日本にも訪問する予定で、中国と隣接するこの両国の政府や国民に対し、正義の声をあげるよう求める構えだという。

(2006年09月24日 大紀元時報通信)


 現在までに、少なくとも渡しが知る限りにおいては、阿呆の枢軸である米国ブッシュ大統領に悪の枢軸呼ばわりされた国々、即ちリビアやキューバ、北朝鮮やイランといった国々でさえも、ここまで大々的かつ徹底的に、一部の団体に属する人間に対して執拗に弾圧を繰り返してはいません。

 また、ここでは法輪功学者に対するそれのみに対して言及していますが、チベットや東トルキスタン、内モンゴルの所謂漢民族から見た異民族に対しても、同様の非道な弾圧行為を繰り返している事も、支那をよく知る人間の間では有名な公然の秘密と言えるものだと思います。

 法やモラルなどが未だきちんと確立していなかった時代は別として、少なくとも近現代において、このような一部の団体や民族に対して徹底して弾圧を行った集団など、ナチスドイツ以外には存在していなかったと記憶しています。

 この基地外虐殺団体、中国共産党の馬鹿広報か何かが、我が国の首相が靖国神社へと参拝する事に対して、ヒトラーの墓を参るようなものだと寝惚けた妄言を吐いていましたが、何の事はない、この連中こそが、今尚ナチスドイツの狂ったイデオロギーである一民族至上主義的な考えを振り翳かざし、ホロコーストすらも甘っちょろく見える程の大虐殺を進行させていると言えるものです。

 私は私自身の考えとして、過去の日本の大陸に対する戦争が、侵略的意図を含んでいた事を否定はしませんが、少なくとも、この連中の如くには勿論の事、ナチスの如くに特定の民族に対して、ここまでの異常行為を行った事実は断じて無いと、心情的云々では無く、歴史資料を見る限りには確信するものです。

 この連中の一連の行動を見る限り、この連中自身がナチスの民族至上主義を模倣、寧ろ強化したような基地外だからこそ、あのような妄言を吐くに至るのだと確信する次第です。



 国連人権委なる団体が、人権を傘に着て利権を貪る外道集団である事は周知の事実であり、この連中の言う事が信用ならないという事は、私も強く感じるものではあります。

 しかし、今回、人権委が追求している、この中国共産党の非人道行為は、少し近現代の支那や中国共産党の実態について勉強した人間ならば皆が知るところであり、安全保障委員会が中東に行っているそれのような、特定の戦略に基づいたいい加減なものでは無いと断言出来るものです。

 寧ろ、このような非道な行為をしている外道集団を放置し、核の平和的運用を謳っているイランに対してのみ、制裁の声を国際的に広めようとしている姿にこそ、国連という団体の胡散臭さを強く感じられてならないものです。

 北朝鮮問題にしても、如何に対外上は不仲を装ったところで、北朝鮮の後ろにこの外道集団が付いている事は疑いようの無いものであり、北朝鮮への制裁に対して、この連中の協力を得ようなどという途方も無く無駄な行為を行っている時点で、少なくとも国連という団体として、北朝鮮問題に真剣に取り合おうとしていなという事は明白と感じられるものです。

 また、イランにしても、先頃イスラエルと諍いを起こしたヒズボラにしても、連中に武器供与を行っているのは他ならぬこの中国共産党という連中であり、中東問題にしても、根本的解決を目指すのであれば、イランに制裁などと茶番劇染みた事をしている前に、この連中の行動を封じ込めるのが先決だと言えるでしょう。

 世界の恒久的な平和を希求するならば、まず叩くべきは、この中国共産党という連中に他ならないと断言出来るものです。



 そしてまた、今回、国連人権委は今回のこの行動に際して、支那に隣接する我が国、そして韓国に対して正義の声を上げるように求めてきています。

 しかし本来ならば、我が国こそが率先して、この隣国の非道行為に対して最初に正義の声を上げ、徹底的に糾弾して国際社会に対して、この外道集団の行いを糾弾して改めさせる為に協力を求めていくのが正しい姿だと思えるものです。

 日中国交回復した当時ならば、相手方に遠慮して、余り大きな声でそのような事が言わないという政治的配慮も理解出来ないではないですが、国交回復して既に30年以上経つというのも関わらず、我が国が率先してこのような行為に対して糾弾の声を上げていないというのは、自由民主主義を掲げる国家としては余りにも恥ずべき行為だとしか言いようが無いものです。

 それどころか、未だに連中の一連の非道行為から目を逸らせて、日中関係は外交上最重要のものであり、その為には相手の嫌がる事はすべきでは無いなどと、良心の欠片も無く口にする蛆虫どもには、激しい怒りと嫌悪感を感じずにはいられないものであり、政界、財界、民間全てを含めて、日中友好論者なるものは全て人間の屑であると断定出来るものです。

 そもそも、この腐れ外道どもが大陸において覇権を確立したのも、戦前の我が国政府の行動に原因の一端があるものであり、我が国は、この連中の非道なる行いを激しく糾弾し、崩壊せしめる責務を負うものであると感じられるものです。

 我が国が謳うべきは、空虚な日中友好などでは無く、中国共産党政権の崩壊、そして、そこからの支那の人民の解放ではないかと思える次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する


中国共産党に消された人々
相馬 勝
小学館 (2002/03)
売り上げランキング: 157,442
おすすめ度の平均: 4.5
5 全体主義国家としての中国
4 チャイナ・ウォッチャー暦20有余年の記者が書く中国民主化運動リポート。


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
全国の求人情報・アルバイト情報 楽天仕事市場

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
アムネスティのこの行為は、単なるアリバイ工作でしょう。この団体は金のある所にゆすりたかりをするだけ。今まで日本にばかり要求を突きつけても、「先に中国に言えよ」と突っ込まれていたので、しかたなく形だけ中国に言っただけでしょう。

おそらく、これから日本に対するゆすりたかりを一斉に攻撃してくるとおもう。 
2006/09/24(日) | URL | ニジンスキー #-[ 編集]
単なるアリバイ工作というのは、まさしく仰る通りでしょうね。

ただ、私が情けなく思うのは、日本の政治家は常日頃から国連外交などと口酸っぱく言っているのに、国連がこのように日本に有利になり得る発言をした時に、その尻馬に乗って一気に攻勢に出ない事です。

日中友好だなどと綺麗事を並べ立てたところで、支那の共産党が我が国の安全保障にとって最大の障害である事は疑いようが無く、連中の勢力を封じ込める事は、我が国にとって至上命題と言えるものです。

例えアリバイ工作にしても、せっかく国連が連中の行為を非難しているのだから、日本としては例え無理矢理にでも、それを言質にとって共産党を責めそやし、連中が勝手な動きを取れない方向へと持って行くべきと思えるものです。

しかも、日本が騒ぎ立てる事により、国際社会の目が支那の異常な人権弾圧に一斉に向けば、今回のものが単なるアリバイ工作であるにしても、これからも人権委が支那に対して糾弾をし続けなければならない事態に追い込む事にも繋がり、それは国連人権委の日本に対するゆすりたかりを減じる事にも繋がり、まさしく一石二鳥となるものと考えられます。

また、それが単なる国益追求の為の行動であるにしても、結果的には共産党の弾圧に苦しむ支那の民衆の為にもなる事は明白なのですから、躊躇する理由など何処にも無いと言えるでしょう。

このような状況を見る度に、日本には外交が無いという言葉が、しみじみと身に沁みて悲しくなってきます。
2006/09/25(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
100%同感です。ただ一点だけ

>そもそも、この腐れ外道どもが大陸において覇権を確立したのも、戦前の我が国政府の行動に原因の一端があるものであり、<

原因の一端はないとはいいませんが、蒋介石の国民党と、宋美麗の色香に迷った(今風に言うとハニーとラップ)に引っかかったローズベルトの米民主党にその大半があります。

浪人さんも勿論分かっていっておられますが。
2006/09/25(月) | URL | weirdo31 #-[ 編集]
勿論分かってます。

米民主党は責任の一端どころか、ソ連のスターリンと並び、明らかにこの基地外政権を誕生させた主犯ですからね。

出来れば連中に責任を取って貰いたいものですが、基本的に国益至上主義で無責任の見本のような連中が、きちんと責任を取るなんて事は多分無いのでしょうね。

仮に責任を取ったとしても、米中戦争とかを起こして事態を更に悪化させたりするのがオチといったところでしょうか。

まあ、それが所謂普通の国なのかも知れませんが...
2006/09/25(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
ご無沙汰しておりました。
貴 ブログに措ける 共産党一党独裁国に対する
ご意見に賛同致します。


少なくとも共産党一党独裁国は脅威である。

共産党一党独裁国により 核弾頭を搭載した 弾道ミサイルが
対日本に 照準を合わせられている事は 厳然たる事実である。

是を 脅威と言わずして 何ぞや?
己の こめかみに 拳銃を突きつけられた状態で顔を青ざめて
しどろもどろに 是 ....是は 脅威では無い ....と言うが
如しである。

戦後 60有余年以上に亘り 何ら 抗うすべも無く
近隣 反日三国の いやがらせ/恫喝/悪罵の限りを尽くされても
尚 対抗手段も無く 平身低頭 絶え難き屈辱を耐へ 普通の まともな
日本国民により 営々と築き上げてきた血税より キャッシュ.マシン
宜しく 少なくとも 兆円オ―ダ-を裕に凌駕する 血税が ODA
等々なる美名の下に 簒奪を受け続けてきた事実が
日本の戦後史であるが

今や 此の種の朝貢外交は 何ら役立たず 飽く事無き 反日教育は
ますます燃え盛り かの国の反日感情は 止まること無く 再生産
されていることは明白である。

罹る一党独裁国に依る事象は 少なくとも 共産党一党独裁国体制が
継続する限り 未来永劫に続行されることは必定である。

その強烈/苛烈を極める 反日行動は 何れ静まるのでは …… 言々なる
共産党一党独裁国に対して 平身低頭/こびへつらう 一部の国会議員ども
即ち 一党独裁国 全人代の代議員では? と間違える程の発言を マスゴミ/T.V 等々に しゃしゃり出て 己は日本国民/有権者の血税を貪る
身で在り乍ら 何らの羞恥心も無く ほざく輩の存在を放逐する行動を
最早や実行する段階に至つている。
(所謂 チャイナスク―ルの超優等生? 「カトウ」 が その典型例である) 

日本国民/有権者とは 何と 温厚/従順な 気質/国民性で在る事か ……

今や 日本国政府 並びに 害務省による 得意技である 朝貢外交を
好い加減に卒業し 毅然とした対等外交に邁進することを希求する次第である。

下記は 共産党一党独裁国の 対日 基本政策の一端を 象徴的に例示する情報である。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

歴史問題を対日外交圧力の重要カードと位置付けた
江沢民前国家主席
人民日報「靖国神はアヘン」
 中国共産党機関紙の人民日報は23日付紙面で、昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示していたとされるメモが見つかったことに関し、靖国神社は日本の「軍国主義者」が大衆を洗脳するために使う「アヘンだ」と批判する署名論文を掲載した。
 人民日報は、昭和天皇の発言について「A級戦犯の合祀に強烈な不満を示したものだ」と指摘、「メモが明らかになったこの機会に、日本は天皇の真意を真剣に受け止め、軍国主義の芽を摘み取るべきだ」などと警告している。
 中国各紙は日本で天皇が不快感を示したと伝えられて以来、小泉首相の靖国参拝自粛を迫る記事を繰り返し報じている。
[2006年7月23日19時9分]

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/

「対日 歴史問題、永遠に言い続けよ」江沢民氏、会議で指示

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060810i111.htm?from=main1
2006/09/27(水) | URL | 暗黒の政治屋 #-[ 編集]
お久しぶりです。

中国共産党の反日姿勢が、戦略的な目的で行われている事は既に明白にも関わらず、そこから目を背けさせようと必死なマスコミや、見えない聞こえないを必死で続けている媚中議員の連中には、怒りを通り越して呆れてしまいますね。

そんなに支那が好きなら、早く日本から出て行って、支那に永住でもして欲しいものです。
2006/09/27(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/493-ede6df59
国連人権理事会:中国代表団、臓器狩り反論で規定破りの要求、会議一時中断http://www.epochtimes.jp/jp/2006/09/html/d29284.html【大紀元日本9月24日】国連人権理事会第二回会合が9月18日からジュネーブで開かれ、各特別調査官からの年次報告を受け、審議した。20日と21
2006/09/25(月) | 【時事とコピペ】