FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 安倍政権発足へ

安倍政権発足へ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 大きな波乱の1つもなく、約6割以上もの票を得て、自民党の新総裁へと就任した安倍氏ですが、その彼が作る新内閣の閣僚の顔触れが今日決定し、その新内閣の真意の一端を垣間見られる事となりそうです。

安倍政権きょう発足…官房長官は「拉致」担当

 自民党の安倍晋三総裁(52)は26日午後の衆参両院の本会議で第90代、57人目の首相に指名される。

 安倍氏はただちに組閣作業に入り、同日夜には安倍内閣が発足する。安倍氏は戦後、最年少の首相となる。安倍氏は、首相官邸主導の政策立案を目指し、派閥均衡にとらわれない人事を行う方針を示している。

 また、新たな担当相を設置することを決め、官房長官が「拉致問題」、金融相が「再チャレンジ」をそれぞれ担当するほか、沖縄・北方を担当する特命相が「イノベーション(技術革新)」担当相となり、少子化、男女共同参画、科学技術、情報技術(IT)、食品安全の各担当を兼務する。

 閣僚人事では、総裁選で2位となった麻生太郎外相(66)(河野派)の重要閣僚への起用が確実視されている。

 安倍氏に近い塩崎恭久外務副大臣(55)(丹羽・古賀派)や、安倍氏の総裁選圧勝に貢献した甘利明・元労相(57)(山崎派)、山本有二・党経理局長(54)(高村派)、尾身幸次・元科学技術相(73)(森派)、佐田玄一郎・衆院議院運営委員長(53)(津島派)、柳沢伯夫・党税制調査会長(71)(丹羽・古賀派)らの入閣も有力だ。与謝野馨経済財政相(68)(無派閥)の横滑りや、安倍氏が臨時国会の最優先課題と位置づける教育基本法改正案を担当する文部科学相に町村信孝・前外相(61)(森派)や河村建夫・元文科相(63)(伊吹派)を起用することも取りざたされている。

 参院の入閣枠2人は、溝手顕正・参院議院運営委員長(64)(丹羽・古賀派)と若林正俊参院政審会長(72)(森派)になる見通しだ。

 安倍氏は、首相官邸機能の強化のため、首相補佐官を定員上限の5人任命し、教育改革などを担当させることにしている。

 公明党の神崎武法代表は25日、安倍氏との会談で、公明党から冬柴鉄三幹事長(70)の入閣を求め、総務相、経済産業相、国土交通相のいずれかのポストで処遇するよう要請、安倍氏も了承した。冬柴氏は国交相への就任が有力視されている。

 一方、25日午後の自民党臨時総務会では、中川秀直幹事長(62)(森派)、中川昭一政調会長(53)(伊吹派)、丹羽雄哉総務会長(62)(丹羽・古賀派)の新三役と、二階俊博国会対策委員長(67)(二階派)、石原伸晃幹事長代理(49)(無派閥)らの人事を了承した。石原氏は党改革実行本部長も務める。


(2006年09月26日 読売新聞)


 大方の予測通り、バカボン中川氏を党幹事長に任命している時点で、既にこの内閣の先行きは暗いと感じざるを得ないものであり、しかも加えて、国対委員長に二階氏を就任させ、大きな権限を与えるという暴挙にまで出るとは、派閥均衡云々以前に、本当に戦う気概があるのか否か疑いの気持ちを持たざるを得ないものです。

 無論、これはあくまで党人事であり、閣僚人事を見てみない事には最終的な判断は下せないものではありますが、少なくとも、均衡人事は止めにしても、功労人事は続けるつもりだと見て取れるものではあります。

 また、小泉内閣時代より山積している多くの問題や、自身の掲げる主要政策にたいして、各担当相を新設されるようですが、無理矢理に担当相を設置したところで、内閣総理大臣その人が本気で取り組まない限りは、物事が本質的に解決しない事は、他ならぬ前任の小泉氏が見事に証明して見せてくれた事とも言え、ここにも一抹の不安を感じざると言えます。

 何にしても、安倍新内閣に対する最終的な判断は、閣僚人事の全貌を見てからと言えなくもないですが、現時点までで十分に不安が消せない仕上がりである事も否めないものではあります。



 まず、功労人事が全く駄目で、絶対にすべきでないものとまで言うつもりはありませんが、少なくとも、党人事や、今現在取り上げられている顔触れの名を見る限りでは、あからさまにそれが行われ過ぎていると感じざるを得ないものです。

 ある程度は仕方がないと言えるものではありますが、それのみ、或いはそれ中心に人事を進めるのならば、結局のところ派閥均衡人事と本質的な部分では何も変わっていないのと同じであり、進化など何もしていないと断じる事が出来るものです。

 小泉内閣にもその側面が強くありましたが、現在までの流れを見る限りでは、より一層その流れに拍車が掛かっていると感じざるを得ません。

 国家・国民の為に戦う政治家を自認されているのならば、閣僚人事においては見事にこの流れを断ち切り、適材適所の人事を展開して下さる事を願わずにはおれないものです。



 まあ何にしても、全ては閣僚人事を見てからの事であり、閣僚人事よりは功労人事に寄りやすい党人事や、マスコミが勝手に予想しているだけの顔触れの情報だけで、この内閣の全てを断じるのは早計かと思われるます。

 安倍新総裁が本当に我が国を愛し、国家・国民の為に戦う政治家であるというのならば、見事に私如きの予測を覆し、適材適所の見事な閣僚人事を成し遂げてくれる事を願わんばかりです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する


心の駅伝―安倍晋三君への手紙
田中 克人
駒草出版 (2006/07)


PR情報
全国の求人情報・アルバイト情報 楽天仕事市場
電子書籍とオンデマンド本で読書の世界が拡がります!『ウェブの書斎』

  
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
『バカボン中川氏を党幹事長に任命している時点で、既にこの内閣の先行きは暗いと感じざるを得ないものであり』

アハハ 鋭い観察眼ですね。
http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/
2006/09/27(水) | URL | イメージ #-[ 編集]
その文と、リンク先の唯物史観に冒された可哀想な文と何か関係あるのでしょうか。

コメントを下さるのは嬉しいのですが、意味が分からない事は控えて下さいね。
2006/09/27(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/496-d39796b3
僕は安倍氏より民主党の小沢氏のほうがいいと思うんですが、安倍氏がどこまでやれるのか期待です。結果悪ければ、きちんと世論が批判してひきずりおろす、ということが大事になると思うんですが、どうしても日本はそういう文化もなく、泣き寝入りだけは文化として残ってる感
平成18年9月26日、第90代安倍晋三内閣が発足した。日本の内閣総理大臣としては歴代5番目に若く、また戦後では田中角栄元総理の54歳を抜いて最年少の総理大臣が誕生した。余談として、歴代首相で一番若く就任したのは初代伊藤博文で44
2006/09/27(水) | 新・平成徒然草