FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 安倍内閣、発足

安倍内閣、発足
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 党幹事長にバカボン中川氏を起用するなど、先行きに不安な点を見せていた安倍新内閣ですが、昨日、その組閣人事が決定し、大方の方向性が見えた状況と相成った模様です。

安倍内閣、発足 官房長官兼拉致問題担当に塩崎氏

 自民党の安倍晋三総裁(52)は26日午後、衆参両院本会議で第90代、57人目の首相に選出された。戦後最年少、初の戦後生まれの首相が誕生、同日夜に自民、公明両党連立の安倍内閣が発足した。

 塩崎恭久外務副大臣(55)を官房長官兼拉致問題担当相に充てたほか、財政再建を担う財務相には尾身幸次元科学技術担当相(73)、総務相に菅義偉総務副大臣(57)を起用した。新内閣の顔触れは、安倍首相の個人的なつながりや総裁選の論功行賞を重視しながら、派閥のバランスにも配慮した布陣となった。

 臨時国会の最優先課題の教育基本法改正を手掛ける文部科学相はベテランの伊吹文明元労相(68)を充て、中国、韓国との関係改善が課題の外相には麻生太郎外相(66)を再任。経済財政担当相に元内閣府政策統括官で政策研究大学院大教授の大田弘子氏(52)を登用した。

 社会保険庁改革を抱える厚生労働相に自民党税制調査会長の柳沢伯夫氏(71)、米軍再編問題に取り組む防衛庁長官に経験者の久間章生氏(65)、経済産業相に甘利明元労相(57)と手堅い手腕の専門家を配置。公明党の冬柴鉄三前幹事長(70)は国土交通相で初入閣した。

 このほか、長勢甚遠法相(62)、松岡利勝農相(61)、山本有二金融担当相(54)、佐田玄一郎行革担当相(53)、高市早苗沖縄北方担当相(45)、参院から若林正俊環境相(72)、溝手顕正国家公安委員長(64)がいずれも初めての入閣。

 安倍氏は閣僚の新たな担当を新設し、山本氏は再チャレンジ、佐田氏が道州制、高市氏はイノベーション(技術革新)をそれぞれ兼任する。

 官邸機能の強化に向け、分野別に首相補佐官5人を置いた。

 北朝鮮による拉致被害者の帰国実現に尽力した元内閣官房参与の中山恭子氏(66)を拉致問題担当として起用。国家安全保障問題は環境相だった小池百合子氏(54)、経済財政は根本匠衆院議員(55)、教育再生は山谷えり子参院議員(56)、広報は世耕弘成参院議員(43)がそれぞれ担当する。

 首相指名の本会議に先立ち、小泉内閣は26日午前の臨時閣議で総辞職。5年5カ月の小泉政権の幕を閉じた。



 安倍内閣の顔ぶれは次の通り(敬称略)。


【総理】安倍晋三 52
【総務・郵政民営化】菅義偉 57(丹羽・古賀)
【法務】長勢甚遠 62(森)
【外務】麻生太郎 66(河野)
【財務】尾身幸次 73(森)
【文部科学】伊吹文明 68(伊吹)
【厚生労働】柳沢伯夫 71(丹羽・古賀)
【農林水産】松岡利勝 61(伊吹)
【経済産業】甘利明 57(山崎)
【国土交通】観光立国=冬柴鉄三 70(公明)
【環境】地球環境問題=若林正俊 72(参院、森)
【官房・拉致問題】塩崎恭久 55(丹羽・古賀)
【国家公安・防災】溝手顕正 64(参院、丹羽・古賀)
【防衛】久間章生 65(津島)
【沖縄北方・少子化】科学技術政策、イノベーション、男女共同参画、食品安全=高市早苗 45(森)
【金融・再チャレンジ】山本有二 54(高村)
【経済財政】大田弘子 52(民間)
【規制改革・道州制】国・地方行革、公務員制度改革、地域活性化=佐田玄一郎 53(津島)
【官房副長官】下村博文 52(森)▽鈴木政二 58(参院、森)▽的場順三 72(民間)
【法制局長官】宮崎 礼壹 61
【総理大臣補佐官】
▽国家安全保障問題担当=小池百合子 54(森)
▽経済財政担当=根本匠 55(丹羽・古賀)
▽拉致問題担当=中山恭子 66(民間)
▽教育再生担当=山谷えり子 56(参院、森)
▽広報担当=世耕弘成 43(参院、森)

※数字は年齢、カッコ内は所属派閥など

(2006年09月26日 産経新聞)


 閣僚の大半を、安倍内閣の誕生に大きく貢献した森派、丹羽・古賀派で占められているなど、論功行賞的な色合いも濃く見えはするものの、大筋では、予測されたものよりはまともであると言えなくもないと思えます。

 安倍氏自身に立場や思想が近い人物ばかりで構成されているという批判も、本来ならばそれが当然であり、1つの内閣に主義・思想に相違のある人間がひしめき合っていたという、今までが異常であったとも言えるものです。

 しかし、古賀氏本人の入閣こそ無かったものの、森派と並んで最多の4人を入閣させた事により、古賀氏の発言力が大きく強まるであろう事は確実であり、総務会長となった同派の丹羽氏、幹事長となったバカボン中川氏、そして国対委員長となった二階駐日本支那工作員など、重要ポストに多くの売国奴が潜んでいる事は否定出来ない事実であり、予断を許さない状況であることには変わりないと言えるでしょう。

 特に、幹事長にバカボン中川氏が就任している事については、大きな不安を持たざるを得ない最大の要因であると考えられるものであり、これがある限りは、安倍氏の真意に関わりなく、売国内閣の様相を呈してくる可能性は非常に高いと言わざるを得ないと感じるものです。



 世間の多くは、ポスト小泉が囁かれ始めた時期の早くから、安倍内閣の誕生に向けて精力的に働いていたが故に、このバカボン中川氏の幹事長就任は仕方のない部分もあるという見方なのかも知れませんが、他ならぬ人権擁護法案推進派の雄であるバカボン中川氏が、何故に反対の声を上げていた安倍氏を総理に担ごうと考えたのかという疑問を考えれば、容易に答えは出て来るものと言えます。

 学歴云々はまあどうでもよいとしても、安倍氏が「政策」について、具体的なビジョンを明確に語った事が無い事からも明らかなように、安倍氏が小泉前首相と同じように、政策についての知識が著しく乏しい事は、例え安倍氏支持の方であろうとも、薄々は感づいている事であろうと思います。

 そしてまた、今回の論功行賞的色合いが強い人事を見ても分かるように、安倍氏が小泉氏とは違い、非常にお人好しで脇の甘い人物である事も、否定は出来ないものではないかと思います。

 つまり、政策に対する知識に乏しく、情にもろく脇の甘い安倍氏に対して、安倍内閣誕生に一役以上買った事を強調した上で、人権擁護法案の問題点とされていた部分は改善したと上っ面で説明し、執行部で強い権限を持つ幹事長、国対委員長の下、議員の多くを抱き込み、安倍氏に対して強く同意を迫れば、安倍氏が党としてこの法案を提出する事を了承する可能性が非常に高くなると、バカボン中川氏、及び公明党やその他の人権擁護法案推進派の連中は考えたのではないかと考えられるものです。

 更に、この内閣が共謀罪の成立に力を入れている事は、自民党自体が公言している事実であり、この2法案が成立すれば、戦前の治安維持法すら可愛く思えるような状況になりかねないという事は、少し考えれば理解し得る事であり、その結果、日本がどのような国に成り果てるかなど、想像するのもおぞましいと言えるでしょう。



 幹事長をバカボン中川氏を名指しで任命したように、安倍氏のバカボン中川氏に対する信頼感は、恐らく我々が考えている以上に大きなものであり、このままで行けば、安倍氏の真意云々など一切関係なく、安倍内閣が売国内閣の路線に乗る事は、既に決定事項ではないかと考えられるものです。

 或いは既に、安倍氏がバカボン中川氏の口車に乗せられ、単なる売国ロボットと成り果てている可能性も決して否定は出来ないと言えるでしょう。

 壺売り人身売買カルトの統一協会の関連団体の集会に、官房長官の肩書きで私人として祝電を送った事を、罪悪であると認識すらしていない御仁ならば、バカボンや創価学会の口車に乗せられ、日本社会を破壊する事を罪悪と感じず、御国の為にやっていると思っていたとしても、何ら不思議は無いと考えられるものです。

 また、如何に閣僚を保守系で固めたとしても、国会議員のコンセンサスが得られなければ、法案をまともに通過させる事は凡そ不可能であり、その議員を動かす鍵は、他ならぬ幹事長であるバカボン中川氏が握っているという事も、忘れてはなりません。

 安倍氏の真意が何処にあるとしても、この内閣が危険な内閣であるという事に早く国民が気付かなければ、早晩、日本社会は崩壊へと向かってしまうと危惧する次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する


安倍晋三の経済政策を読む
藤田 勉
インデックス・コミュニケーションズ


PR情報
情報誌★フリペ★web★モバイル★ 4つの"an"でシゴト探し自由自在
ブロガー必須のツールが登場!ブログの記事を複数のPINGサイトへ一斉配信

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
TBありがとうございました。
今回の内閣は、ご指摘されているように政策立案型、改革推進型には
なっておらず、首相自身も経験不足からすべてを把握し
強いリーダーシップを発揮することは難しいかと思います。
大臣には、その道のエキスパートを置いた上で、サポート要員として
政務次官を配して欲しかったですね。
2006/09/30(土) | URL | PCU広報 #-[ 編集]
こちらこそ、TB,及びコメントどうもありがとうございます。

確かに、非常に中途半端な感が、どうしても拭いきれない顔触れではありますね。

仰る通り、安倍氏の経験不足もあり、官邸主導が成し遂げられるかどうかも、現状では疑問符を付けざるを得ないものです。

明らかな閣内不一致となる人物を置かなかっただけ、多少はマシかとは思えますが、ただマシなだけであって、褒められたものではありませんしね。

ただまあ、閣僚に選ばれた人間の多くは、エキスパートでは無いにしろ、それなりに力量がある人物が多い事も事実ですので、暫くは様子を見る必要があるように感じます。

バカボン潰しだけは、早急に手を打つ必要があると強く感じますが、それさえ上手くいき、安倍氏を上手くコントロール出来る「まとも」な政治家が幹事長に就きさえすれば、何とかなる可能性もあるのではないかと感じます。

本音を言えば、早く安倍氏に退陣して貰いたいところではありますが、あまりに首相がコロコロと変わるのは、内政不安定の強い要因にもなりますし、また、外向的にも好ましくはありませんからね。

政務次官に関しては、仰るように配して欲しかったところではありますね。

恐らくは、官邸主導の妨げになると感じて、配さなかったのでしょうが、首相の経験不足を考えると、各省に知識と経験の豊富なサポート要員が存在している事は、非常に望ましいと思えます。
2006/10/01(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/497-72c3ef77
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <安倍政権>「挙党体制」…「仲良し内閣」 もろさ内包<安倍政権>「挙党体制」…「仲良し内閣」 もろさ内包 (略) 安倍晋三は新閣僚ひとり一人に、「これをやって下さい」とA4判の紙を渡した。そこには「米軍再編」といった具体的な指
安倍首相、自らの給与30%カット・閣僚は10% 安倍首相は26日夜、首相官邸で就任後初の記者会見を行い、歳出削減策について、「『隗より始めよ』という考えの下、私の給与を30%カットする。閣僚の給与も10%カットする」と表明した。 教育改革では、「....
2006/09/27(水) | 憂国、喝!
午前中、幼稚園の教育課題に対応した実践的調査研究合同研修会の案内を送付し、幼稚園障害児教育研修会の開催について起案する。
安倍新総理は徳川秀忠の心境だったのであろうか?小泉大御所様が今だご健在のままで大久保彦左衛門のような奴が周囲に沢山いれば、政がやりにくくってしかたない。そこで無名なイエスマンを配せば、大御所様の呪縛や影響力も排せる事が出来るかと。...
2006/09/27(水) | しっとう?岩田亜矢那
更新が途絶えてしまって本当に申し訳ないです。ところで、今私はとんでもない危機感を持っている。
安倍内閣が発足しました。小泉改革でやり残した数々の課題。安倍首相のもと各大臣が政策立案にも積極的に関わりリーダーシップを取りながら進めて行かなくてはならない重要な時期。今回のメンバーに期待できるか考えてみたいと思います。総理  安倍晋三(無派閥)皆様よく