FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 踏みとどまれるか安倍晋三

踏みとどまれるか安倍晋三
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 昨日、一昨日と、国賊・管ガンスや社民党のお花畑らに押し切られ、村山談話、そして河野談話と、出鱈目の極致に基づいた与太話を踏襲するなどと愚かな発言をしていた安倍首相ですが、ようやくにして踏み止まるに至った様子です。

「A級、犯罪人ではない」 首相、小泉答弁を“修正”

 安倍晋三首相は6日の衆院予算委員会で、極東国際軍事裁判(東京裁判)で裁かれたいわゆる「A級戦犯」について、「国内法的に、戦争犯罪人ではない」と明言した。「戦争犯罪人だという認識がある」と答弁した小泉純一郎前首相の見解を修正した形だ。首相は、就任前は否定的だった「村山談話」や「河野談話」について、国会論戦で「政府として受け継いでいる」と述べるなど持論を封印していたが、ようやく「安倍色」が出た形だ。(阿比留瑠比)

 岡田克也・民主党元代表「占領下において東京裁判の結果を受け入れたわけだから、国内法に優先する。(A級戦犯は)日本における犯罪者と言わざるを得ない」

 首相「法律によって裁かれていないにもかかわらず、首相として、政府として、この人が犯罪者だというべきではないのは当然のことだ」

 6日の予算委で、岡田氏はA級戦犯や東京裁判について首相を追及したが、首相も譲らず、激しい論戦となった。

 岡田氏は、小泉答弁を引用してA級戦犯を戦争犯罪人だと認めるように執拗に迫ったが、首相は「A級戦犯とされた重光葵元外相はその後、勲一等を授けられている。犯罪人ならばそういったことは起こりえない」と反論。さらに「(法なくして罪なしとする)罪刑法定主義上、そういう人たちに対して犯罪人であるということ自体、おかしい」と語気を強めた。

 A級戦犯として有罪判決を受けた人物では、重光氏(禁固刑7年)のほか賀屋興宣氏(終身禁固刑)も釈放後、法相に就任している。

 民主党内も、野田佳彦元国対委員長が自身のホームページで「刑罰が終了した時点で受刑者の罪は消失するというのが近代法の理念である。すでに『A級戦犯』として絞首刑になっている7人の人々も同様に解するのが自然だ」としており、意見が割れている。

 岡田氏がサンフランシスコ講和条約や日本が東京裁判を受け入れたことを「A級戦犯は戦争犯罪人」の論拠としたことに対しても、首相は次のように反論した。

 「国際法の一般的な解釈においては、講和条約が結ばれた段階で戦争裁判の効力は未来に向かって失う」

 戦犯の位置づけでは、昭和26年11月に当時の大橋武夫法務総裁(現在の法相)も参院法務委で「国内法においてはあくまで犯罪者ではない」と述べている。

 首相は、これまでの国会論戦で、さきの大戦への認識や慰安婦問題でこれまでの政府見解を踏襲する考えを表明し、自民党内の保守派を失望させている。これは「中国訪問を控えて歴史認識について踏み込んだ発言をするのは無理」(周辺)との事情があるためだが、A級戦犯に対する認識で小泉前首相の発言を踏襲した場合、靖国問題への波及は必至とあって持論を展開したようだ。

(2006年10月07日 産経新聞)


 昨日のエントリーにて、このまま行けば所謂A級戦犯と呼ばれる方々を、犯罪者として完全に認めるにまで至るのではないかと危惧していましたが、祖父である岸信介元首相の事もあり、ここでようやくにして踏み止まるに至ったようです。

 私は今でも、安倍氏の弱さ、脆さ、迂闊さ、そして勝負勘の無さなどを憂慮しており、また、統一協会との関係や、地元の事務所が朝鮮玉入れ関係である事、黒い団体との関係の噂が絶えない事などから、彼がこれ以上、我が国の宰相を続ける事に反対であるという立場には変わりはありませんが、今回の発言のみにおいては、大いに安倍首相を評価したいと思います。

 祖父である岸信介首相の名誉にも関わる問題である以上、安易に譲歩する訳にもいかないという理由があったにせよ、これまでの自民党の流れを考えれば、たったこれだけの事を言うだけでも、ある程度以上の決意が必要であった事は間違いなく、また、日本国の首相として、彼ら昭和殉職者を犯罪者では無いと発言した事は、僅かながらでも流れを取り戻す切っ掛けにはなると言えるものです。

 ただし、今回の安倍首相の発言が、ある程度以上の決意が必要であったものとは言えど、決して大きな前進どころか、小さな前進ですらも無く、単純に交代を踏み止まった事に過ぎないのも事実です。

 そもそも、築地に立ち聳える腐れ売国プロパガンダ結社の連中が、無理矢理に火を熾し騒ぎ立てるその前までは、日本国内において彼ら昭和殉職者を犯罪者と見なす動きなど殆ど無く、戦争責任者ではあるが犯罪者では無いなどとの見解は、至極当然、当たり前の事であったと言えるものです。

 ここで踏み止まったという事自体は立派ではありますが、その前に村山・河野という二大国賊の戯言を、事もあろうに中韓との首脳会談前に追認したという、超S級の罪が消える訳では無いという事を、安倍首相にはよく肝に銘じておいて頂きたい。



 何にしても、全ての勝負は明日から始まる支那との首脳会談であり、これをどう乗り切るかにより、安倍政権への最終判断をするべきだと考えられるものです。

 まだ政権は発足したばかりであり、最終判断まで下すのは拙速と考える方もおられるやも知れませんが、これまでの質疑応答や所信表明などを見ても分かるように、安倍首相が勝負所を理解していない事や、答え難い質問に対する流し方などを全く身に付けていない事などは明らかであり、その上に外交でまで明らかな失態を犯すような真似をする人物に我が国の行く末を任せるのは、チンパンジーに核のボタンを磨かせるくらいに危険だと思えるものです。

 我々国民は、これまで以上の緊張感を持ち、明日の日中会談を見守る必要があると考えられます。

 狡猾な中国共産党の連中は、間違いなく今回の安倍首相の訪中に際して、これまで以上にありとあらゆる罠を張り巡らせて待ち構えている事は間違いなく、ほんの些細な失言であろうとも安倍首相が漏らすような真似をすれば、鬼の首でも取ったかの如くに大きく肥大させ、喧伝するであろう事は間違いありません。

 ここで安倍首相が、昨日までの質疑応答のような愚かしい発言をしてしまえば、そこから一気に支那のペースに巻き込まれ、忌むべき土下座外交が再会される可能性は非常に高いと言えるでしょう。

 安倍首相が軽々しい発言をし、安倍内閣が終わりの始まり内閣になってしまわない事を、切に願って已まない次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する


反日教育を煽る中国の大罪―日本よ、これだけは中国に謝罪させよ!
黄 文雄
日本文芸社
売り上げランキング: 156,474
おすすめ度の平均: 4.67
5 あーあ恐ろしか
5 いい加減に過ちを認めよう
4 日中友好に未来はあるのか?


PR情報
産経NetViewは産経新聞の朝刊をパソコン上でご覧いただくサービスです
電子書籍とオンデマンド本で読書の世界が拡がります!『ウェブの書斎』

      
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/509-e16f327a
 ここのところ国会の論戦(?)などをみていると歴史認識や年金・社会保険にばかり話題が集中しているようですが、安倍首相が掲げた「美しい国」をつくるテーマとして教育の再生が謳われています。その教育改革に早くも暗雲が
2006/10/08(日) | なめ猫♪