FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 日韓友好は亡国の呪文

日韓友好は亡国の呪文
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 私は拙ブログにおいて、北朝鮮の核兵器は、我が国にとっては然程に大きな問題では無く、殊更に騒ぎ立てる事は却って国益を損ない、大局的な国策を謝る要因になるのではと提起してきました。

 しかし、これはあくまで我が国、日本にとっての事であり、その北朝鮮と向かい合っている国、即ち韓国にとっては決してそのような悠長な事を言っている状況では無く、国家存亡の危機に関わる程の出来事だと思えるものです。

 以前までのように、米韓同盟がきちんと作用していたならば、それでもまだ韓国が必要以上に追い込まれる可能性も低かったと思えるものなのですが、ご存知のように、今、米韓同盟はまさしく終焉を迎えようとしている最中にあります。

 これはつまり、すぐにとまでは行かないまでも、韓国という国が米国の核の傘から外される事を意味しており、その先に待ち受けているものと言えば、核保有国である北朝鮮と、大きな後ろ盾も無いままに、向き合い続けねばならないという、想像するも恐ろしい未来が、韓国を待ち受けていると言えるものです。

 これらの責任の大半以上は、盧武鉉という名の稀代の基地外大統領にあり、また、その盧武鉉という名の稀代の基地外大統領が長く大統領の座に居続ければ居続ける程、前記したような未来に韓国が追い込まれる可能性は高いと言えるでしょう。

 ここで、その稀代の基地外大統領の発言の一部を引用しておきたいと思います。

  • 「北には核を諦める用意がある。結局のところ、問題は解決される」(2004年04月12日)

  • 「北朝鮮が"核兵器は自衛手段"と主張するのも一理ある」(2004年11月12日)

  • 「金正日総書記長が、韓半島の非核化は金日成主席の遺言だと発言した点に留意している」(2005年006月23日)

  • 「北朝鮮核問題は上手く管理していける」(2006年05月09日)

  • 「北朝鮮が核を保有している事に対し、中国はそれ程深刻に捉えておらず、核兵器の生産技術もそれ程高くないようだ」(2006年08月13日)

  • 「北朝鮮の核実験について無闇に口にすると、多くの人を不安がらせる上、南北関係にも悪影響を及ぼす恐れがある」(2006年09月08日)

  • 「そのような予測(核実験の可能性)は適切ではない」(2006年09月28日)


 あまりにも阿呆が凝縮されたかのような発言に、失笑を禁じざるを得ないものです。

基本的に一国の指導者たるものは、例え可能性が小さいものであっても、常に過剰の一歩手前と言える程の備えをしておくべきと言える立場であると考えられるものです。

 まして、北朝鮮の核兵器の保有は、今回の実験に至るまでも無く、ほぼ真実だと断定されていた事柄であり、国民の生命を守るべき大統領たる人間ならば、このような阿呆な発言を繰り返す事など、僅かな良識があれば出来ないであろうと考えられるものです。

 ちなみにこの基地外整形大統領閣下は、事がここに至って尚、未だにそのような事態を作り出した根源である、悪名高き「太陽政策」を諦めてはおられない様子です。

【核開発】盧大統領「太陽政策を主張し続けるのは困難」

 北朝鮮は9日、朝鮮中央通信を通じて「われわれの科学研究部門は9日、地下核実験を安全かつ成功裏に終えた」と発表した。この発表は、今月3日に北朝鮮外務部の声明を通じて核実験が予告されて以来、6日ぶりに出されたものだ。

 これについては、地質資源研究院が「9日午前10時35分33秒にマグニチュード3.6の地震波を観測した」と発表しているほか、国家情報院も「その地点は、咸鏡北道金策市サンピョン里が有力と思われる」としている。

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は、同日午後に行われた韓日首脳会談後の記者会見で、政府の対北政策が変更される可能性について、「政府もこのような状況で太陽政策だけを主張し続けるのは困難と考える。太陽政策の内容をあきらめるわけではないが、状況が変化してきているのは事実」と述べた。

 金剛山観光および開城工業団地事業を今後も続けていくかどうかを問う質問に対しては、「対北事業の一つ一つに対してコメントはしないので、先立って包括的に述べた内容から理解してもらえればと思う」とし、これらの事業を中断する可能性を示唆した。

 また、盧大統領は、同日夜に米国のブッシュ大統領と行った15分間の電話会談を通じ、北朝鮮の核実験に対する対応措置について協議した。

 ブッシュ大統領は電話会談の中で「冷静沈着に対応する方針だ。友邦国の中では韓国との協力体制を築き上げるのが最も重要だ」という立場を明らかにした。韓米首脳は共に「国連決議を支持する」との点で一致した。

 一方、国連安保理が軍事的対応を含む国連憲章第7章を引用した決議案を採択した場合、韓国政府はどのような立場を取るかという質問に対し、大統領府の関係者は「韓国を含む国際社会の相次ぐ警告にもかかわらず、北朝鮮は核実験を行ったが、このことは実験を行わなかった場合よりも大きな損害をもたらしたという点を明確にする措置であれば、韓国政府は賛成する」と答えた。

 しかし、同関係者は、北朝鮮の核実験と戦時作戦統制権の関連については「基本的に(統制権の)移譲が北朝鮮に対する抑止力に支障を来すようならば、初めから進めはしなかった。現在の状況と統制権を関連付けて考えるのは、論理的に正しくない」とし、統制権をめぐる問題については今後も検討を進めていく方針であることを明確にした。

キム・ミンチョル記者

(2006年10月10日 朝鮮日報)


 我が国の金丸、野中、加藤のといった国賊の類の所業もさることながら、北朝鮮が核兵器を保有し、実験を実地するまでに至った根本的な原因は、まさしくこの「太陽政策」にあると言えるものです。

しかし、この基地外整形大統領閣下は、続けるのが「困難」だとは認めているものの、決して「諦めてはいない」などと、まさしく驚天動地な発言をしているのです。

 私は別に意固地な嫌韓厨ではありませんが、元首がこれ程までに馬鹿な国と、これ以上に積極的な付き合いをする事は、大きく国益を損なう原因となるものであり、我が国は、今すぐにでもこの馬鹿と距離を取り始めるべきだと進言したい。

 せっかく、タカ派で右翼の「主張する外交」を標榜する安倍首相が、嘘出鱈目に基づいた「河野談話」を積極的に認めてまで立て直しの兆しを作ってきた日韓関係ではありますが、このような馬鹿との関係を推進する事は、非常に危険だと言わざるを得ないものです。

 賢明な韓国ウォッチャーには説明するまでの事でもありませんが、米国が、この韓国を完全に見捨てるに至るのは最早既定路線であり、時間の問題であると言えるものです。

我が国政府も、大局的に国益を考えるのであれば、日韓友好などという聞こえの良い幻想はすぐにでも捨て去り、韓国との距離を取る事を考え始める時期に差し掛かっていると言えるでしょう。

 嘘出鱈目に基づいた阿呆な与太話を、政府の公式見解だなどと気の触れた発言を繰り返し、軽い頭をペコペコペコペコと下げ倒している暇があるのならば、少しは情勢というものを大局的に見詰め、国家・国民の為になる事を考えて頂きたいものと、拙に願う次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

「反日韓国」に未来はない
呉 善花
小学館
売り上げランキング: 1,135
おすすめ度の平均: 3.83
3 soozzyさんとは違う立場で
5 拍手!
5 非常にわかりやすい!



PR情報
全国の求人情報・アルバイト情報 楽天仕事市場
あなたと読者を繋げるマルチコミュニケーションアクセサリー!BLOPPA!


テクノラティプロフィール
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
安倍ちゃん始まる前から終わりましたね・・・。
今日の質疑で民主西岡氏に「韓国に行って竹島の話はしてきたのか」「韓国の地方自治体が勝手にわが国の対馬に関して対馬の日を制定しているが抗議するか」等の質問がありましたが、全くやる気なし。対馬の日は知らないそうですし、竹島が武力行使されていてもお互いの智恵を出し合って考えていくというお答えでした。尖閣についてもわが国のものなのでそもそも領土問題にすらなっていないなどとの答え。西岡氏の厳しい怒りも伝わってきましたが安倍ちゃんとにかくぼんくらのほほんと危機意識まるでありません。台湾も大事にしてほしいし、半島にははっきりモノを言って欲しいのに、本当に連日げんなりして失望の連続です・・・。あ~これから更に酷くなるんでしょうね・・・もういやや。
2006/10/11(水) | URL | たくわん #P0/eB2wY[ 編集]
私はもうちょっと深く考えた方が良いのでは、と思います。

現実に責任を負った立場だとあれもこれもいっぺんには行かないと思う。

今までの答弁を切り貼りしないで良く読んでみるとかなり考え込まれたものだと思う、少なくとも小泉時代よりは前進している(従軍慰安婦を述べる時に必ず、いわゆる、とつけたり、回りくどいが実質的には慰安婦の強制連行を否定してたり)

まずは対北朝鮮に集中する戦略だと思います。
対北朝鮮のことを考えたらある程度はしょうがないのでは、安部さんも本心は口惜しくてたまらないのでは。

確かに私も口惜しいがもう少し待っても良いのでは、もうダメだ、というのなら対案は何なのでしょうか。

たぶん総理に麻生さんがなっても中川昭一さんがなっても今の状況ではすぐにこれらのことは覆すことはしないと思います。

私は安倍さんはかなりしたたかなんじゃないかな、と期待しております。
2006/10/11(水) | URL | ほほ~ #-[ 編集]
文鮮明センセーの支援を受けている限りは、韓国に対してまともな行動に出る事など、凡そ不可能でしょうね。

これで次の参院選において、公明党が議席を伸ばし、そのおかげで連立与党の過半数確保などという事になった日には、史上最悪の売国外交が始まる恐れもあります。

本当に、悲惨の極致に近づきつつあるように感じられて、鬱な気分から抜け出せないですね。
2006/10/12(木) | URL | 浪人 #Q51Om4FU[ 編集]
麻生氏が首相でも、中川昭一氏が首相でも、今の状況をすぐに覆す事が出来ないというのは、仰るとおりだと思います。

安倍首相のこれまでの言動が問題なのは、事が前進していないから云々では無く、あいまい作戦でお茶を濁すべきところと、そうすべきでないところを完全に取り違えているところです。

村山談話を完全否定する事は、現状においては確かに不可能かも知れませんが、何もわざわざ、胡錦涛の前で政府として踏襲するなどと、宣言する必要などは何も無いと言えます。

遠回りに従軍慰安婦の存在を否定していると言いますが、当然の事ながら、日本国民も国際社会も、首相の国会答弁の一部始終に、きっちりと目を通すなどという事はしてくれません。

それ故に、完全に否定が出来ないのならば、せめて余計な言質を取られないよう、余計な事は口にしないという事が、現状における最良の選択肢だと言えるものです。

聞く方にも問題がある事は確かですが、それらの質問に対して、のらりくらりと本質をずらして玉虫色に答えてこそ「したたか」と言えるものです。

現在までの安倍氏の発言を見る限りでは、「したたか」に答えているつもりで、余計な事を一言二言付けてしまい、余計な言質を取られ、将来に禍根を残しているだけにしか感じられません。

北朝鮮問題に関しては、恐らく米中でシナリオは決められている可能性が高いものと考えられます。

それ故に、北朝鮮問題への対応というのならば、このような与太話を仮想敵国の前で踏襲すると宣言するよりも、米国と交渉して、シナリオ完遂の折には、拉致被害者を全員帰国させるとの約束を取り付ける事に集中した方が、良い結果が得られると考えます。
2006/10/12(木) | URL | 浪人 #Q51Om4FU[ 編集]
浪人さんの言うとおり、韓国から米軍を完全撤退させるのは時間の問題です。 なんてったって米軍兵士の間では赴任したくない国ワースト三位ですから。 ちなみに一位と二位はイラクとアフガニスタンです。 このままでいけばあと10年以内で大韓民国の名前が世界地図から消えるのは間違いないでしょう。 なのになぜ安倍首相は南ニダーランドの基地外整形男にこびへつらっているのでしょうか。 わけがわかりません。 ではまた。   
2006/10/12(木) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>なのになぜ安倍首相は南ニダーランドの基地外整形男にこびへつらっているのでしょうか。 わけがわかりません。

やはり、偉大なる文鮮明センセーの支援を受けている身では、センセーの祖国を蔑ろには出来ないという事なのではと思います。

どこまでの付き合いであるのかは不明であるにしても、祝電を送ったという事実があり、それを首相の事務所自身が認めている以上、一定以上の繋がりである事は明白ですからね。
2006/10/13(金) | URL | 浪人 #Q51Om4FU[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/514-a3d06fcf
9日に北朝鮮で核実験が行われたそうです…ここ数日テレビのニュースはその話題で持ちきりでしたね。実際は人工的な揺れとそれまでの金正日総書記の発言からほぼ核実験は間違いないとされていますけど、専門家の話によると、まだ本当のところはここ数....
おい、昨日見たか??北朝鮮が核実験を強行したぞ。。ったく何考えてんだよ!!今世界は戦争も少ないし平和なのになんでわざわざそれを崩すようなことするかなー俺はどんな国であろうと核実験は行うべきじゃないと思うし、核兵器を持つこ....
今回の北朝鮮核実験でアメリカが一番恐れているのは、ベネズエラなど反米活動が見られる国に核の技術が渡ってしまうことではないだろうか。
 先の日韓首脳会談のあと、両首脳による共同記者会見が開催されなかったことについて疑問を感じていたが、その原因はやはり既知外ノムたんの斜め上発言のおかげだったようである。日韓会談:大統領「歴史認識」40分論
2006/10/11(水) | ステイメンの雑記帖