FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 安倍内閣による国家崩壊が始まった

安倍内閣による国家崩壊が始まった
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 ホシュ期待の星とされる安倍晋三内閣総理大臣閣下が、嘘偽りに基づいた荒唐無稽な与太話、「河野談話」を認めてまで改善させたとされる日韓関係ですが、大方の予測通り、いや、予測を遥かに上回り、完全に無意味どころか、今後の展開に重い暗雲となり付き纏ってしまう結果となりそうです。

南北事業継続か「決議に抵触せず」と韓国 米は不快感

 【ソウル=久保田るり子】韓国政府は15日、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議採択に関して「安保理の決定を歓迎し、支持する」との声明を発表した。だが、金剛山観光や開城工業団地の南北経済協力は決議には抵触しないと判断し、当面は中断しない方向だ。これらの対北事業では巨額の現金が北朝鮮に直接流れるため、米国は不快感を示しており、今後、米韓間に軋轢(あつれき)を生むことも予想される。

 核実験発表後の盧武鉉政権は、北朝鮮の要求を最大限に受け入れてきた金大中前政権からの「太陽政策」の功罪を問われ、国民世論から政策見直しを迫られてきた。だが、対北融和政策は盧政権の根幹にかかわる。金剛山、開城両事業の中断は盧政権の自己否定となる。このため、核実験発表直後にはいったん「見直しの必要性」を認めた盧大統領も現在は結論を先送りしている。

 国連での協議で中露両国が厳しい経済制裁を留保したことで韓国の融和派は力を得た形となっており、青瓦台(大統領府)や与党ウリ党幹部から「金剛山、開城両事業は継続」との声が強い。政府決定はこれからだが、当面は継続される公算だ。金剛山、開城両事業を運営する旧財閥、現代グループ「現代峨山」の尹萬俊社長は17日に訪朝する予定だ。

 米国は「北朝鮮に恩恵を与えるすべての支援プログラムは再検討されるべきだ」(バーシュボウ駐韓米国大使)と、強い懸念を示してきた。両事業で北朝鮮に流れる現金は年間約2000万ドル(約24億円)にのぼる。対北制裁決議は「核ミサイル、大量破壊兵器計画に寄与し得る物資、技術」を禁止しているが、専門家は「現金こそ、このカテゴリーに入る」と指摘する。

 米韓間では貨物検査(臨検)、大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)に韓国が参加、協力するのかも課題になる。米国が主導するPSIにはオブザーバー参加した韓国だが、現状で最も警戒しているのが南北の軍事的な衝突だ。南北対話は7月のミサイル発射後に中断しており、これ以上の関係悪化を回避したい韓国としては臨検やPSIへの参加には消極的だ。

 国連決議であいまいな表現となっている部分については「日米との連携」より「南北関係」を選択する方向だ。

(2006年10月16日 産経新聞)


 先頃の訪韓において、議論の本筋から離れて日本批判を繰り返した阿呆の盧武鉉くんに対し、安倍氏が不愉快さを示した事を取り、日本は土下座外交から脱却したとお花畑な事を言っておられる御仁もいるようですが、そこまでの逸脱行為を目前で示されれば、かの悪名高き「村山富市元首相」でも無い限りは、恐らく歴代首相の誰もが怒りを示したであろうと考えられるものです。

 今までにそのような事が起こらなかったのは、日本の歴代首相に気概が無かったからと言うよりも、歴代の韓国大統領の中に、盧武鉉くん程の度を超した「ど阿呆」がいなかったからというだけであり、日本云々は特には関係ないと言えるでしょう。

 そもそも、「工場」としての価値があり、更には現在急成長の途中で、投資価値があると勘違いされている支那とは違い、日韓会談などは決裂したところで、少なくとも自民党支持基盤の一つである財界からは、それ程の文句は出なかったであろうと考えられるものです。

 つまり、安倍首相に本当に「主張する外交」を展開する気概があったのならば、少なくとも日韓会談においては、もっと強気の議論が展開出来たと考えられるものです。

 結局のところ、先頃の日韓外交において安倍首相がもたらしたものと言えば、真っ赤な嘘に基づいた「河野談話」を踏襲するなどと国際社会に喧伝した挙げ句、これからの外交、安全保障において、韓国という重い荷物を背負わねばならない羽目になっただけと言えるでしょう。

 多くの保守派ブロガー、言論人の方々が、今回の外交は現状において出来得るだけの事をしたとして、一応は成功と言い張っていますが、私にはこの結果が成功と呼べるものとは、とてもではないが思えないものです。



 引用した記事にあるように、米韓関係は悪化の一途を辿り、恐らくはこれから先も、急激な回復をする事などは決して無いと言えるものです。

 仮に、次期韓国大統領選においてウリ党が敗北し、保守政権が確立されたとしても、失った信用を取り戻す事は容易では無く、それを取り戻す前に、噂の「幸せ回路」を全開にした韓国人達自身により、再び反米政権が樹立される確率はかなり高いと考えらます。

 それよりもまず、現状の盧武鉉政権には、米国が完全に韓国を見捨てるのに十分な程に任期が残っているのです。

 議院内閣制を布いている我が国においては、馬鹿がトップに就いてしまったとしても、内閣不信任案という伝家の宝刀を繰り出し、亡国への歩みに待ったを掛ける事が出来る可能性がありますが、大統領制を布いている韓国においては、そのような手段も取りようが無く、馬鹿を元首に据えてしまっても、任期一杯までは堪え忍ばざるを得ません。

 馬鹿は馬鹿での節度や恥を知っている馬鹿ならば、自分で辞任するという可能性もなきにしもあらずと言えますが、韓国が世界に誇る至高の馬鹿である盧武鉉くんが、そのような常識的な感覚を有している可能性は絶対にゼロだと考えられるものです。

 更に加えて、この盧武鉉くんという歴史的な馬鹿は、国民や官僚の換言を聞く事すらもせず、ただひたすらに亡国への道筋を一心不乱に進み続ける、最低最悪の輩でもあります。

 全てを総括するに、韓国がこれから米国の「敵」となって行くであろう事は疑いようが無く、そのような国と、現状において関係修復に踏み出した事は、今度は我が国が「北東アジアのバランサー」を気取らねばならない可能性が出て来るとも考えられるものです。

 これを外交的勝利と見なす事は、とてもではないが私には出来ない事です。



 Web上、そして現実の論壇においても、安倍氏の一連の行動を擁護する声は非常に多いですが、これまでの行動の何処をどう切り取っても、日本の為になるような事などは何一つしているとは思えないものです。

 そうすると今度は、まだ始まったばかりなのだから見守るべきだとの声が聞かれますが、総裁選前に壺売りカルトの集会に祝電を送り、首班指名の前に三色鬼の親玉のところへ挨拶に伺い、就任早々「村山談話」「河野談話」という日本二大与太話を踏襲すると宣言し、支那に大絶賛され、韓国というお荷物を背負い込む事を確定付けた人間を、これ以上見守る価値があるとは、私には到底思えないものです。

 この期に及んで、未だ安倍氏を擁護している方々は、いい加減に気付くべきだと言いたい。

 この政権の正体は決して真性保守政権などでは無く、保守を装った真性亡国政権であるという事を。

 安倍首相の本心や本当の思想信条などは、私の窺い知れる限りではありませんが、仮に安倍氏が本当に保守思想の持ち主であったとしても、戦略眼も知識も知恵も無い人間では、凡そ国家国民を救う事などは決して出来はしないでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

「反日韓国」に未来はない
呉 善花
小学館
売り上げランキング: 1,135
おすすめ度の平均: 3.83
3 soozzyさんとは違う立場で
5 拍手!
5 非常にわかりやすい!

東アジア「反日」トライアングル
古田 博司
文藝春秋
おすすめ度の平均: 5
5 読みやすく、明快な指針を提示する
5 東アジアの反日という独善を喝破した、我が日本の戦闘的マニュアル
5 この本の主張が通説になりつつある


PR情報
電子書籍とオンデマンド本で読書の世界が拡がります!『ウェブの書斎』
経営、起業、ビジネスに役立ちます。『経営者向けHTMLメールマガジン!』

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
全くおっしゃる通りです。韓国に関しての安倍ちゃんの入れ込みは常軌を逸していると映ります。何度も「大切な隣国」と言い、夫人を使って韓国に心酔しているかのような宣伝工作をし、夫婦揃って韓国語でご挨拶。イタリア行ったらイタリア語でフランス行ったらフランス語で話すとは思えません。国連事務総長になったハンがまた日本に対して謝罪しると言って国連の私物化がはじまりましたが、政府として意見していない。いつまで好き勝手暴言妄想言わせて放置しておくのか腹がたってしかたありません。中川酒氏の核議論についても中国大使等との会談ですぐに否定。中国にゆさぶりをかけたり常任理事国入りに使うなど「議論する」というだけでも、政治的に有効なカードとなるいいチャンスなのに。結局昔のじぃサン達の手法を踏襲する楽な政治方針なのか、なんだか本当に連日ストレスが増すばかりでがっかりです。ここまであれこれ就任前と発言が異なると信用できませんね。。
2006/10/18(水) | URL | ぱぁ #P0/eB2wY[ 編集]
安倍首相を擁護する方の多くは、安倍氏は自身の信条よりも、現実的な判断の方を選択したのだと仰っていますが、安倍氏の一連の行動は、政治的限界に挑もうとすらしていないように感じられるものばかりです。

朝日新聞に「ホッとした」などと言われる人間に、今の状況を覆せる何かを期待するなど、お玉杓子が白鳥になるのを期待しているようなものにしか感じられません。

しかもこれらの所業を、「戦後レジーム」から船出する為に「戦う政治家」である事を表明した人間がやっているのですから、これまでの歴代首相が同じ事をしてきた事よりも、遥かに罪は重いと感じられるものです。
2006/10/18(水) | URL | 浪人 #Q51Om4FU[ 編集]
初めまして、維新の志士、西郷隆盛です。

こちらの記事・コメントのどちらにも頷けるものがたくさんあります。安倍氏自身の家族の血統、そして夫人の血統、そして統一教会との親交、住吉会との親交、パチンコ業界からの多額の献金、夫人の創価学会員であるとの情報、これらを総合すると、答えは簡単に出ます。

「朝鮮半島国家と癒着するのは当然」であり、自らの先祖や妻の先祖のいる半島を敵に回すとは思えませんし、統一教会と住吉会との親交から拉致被害者を真剣に取り返す政策を実行するとは、到底思えません。

世間一般はパフォーマンサー安倍に騙されるかも知れませんが、民主党の森XXXとかいう議員が週刊誌の記事をネタに質問をした時に「安倍は怒っていた」と聞きます。(動画・TV報道は見ていませんが)怒ったという事が異常な行動だと思います。

事実無根なら・・・「事実無根」・「根拠を示せ・証拠を出せ」で済む筈です。それにも関わらず「安倍氏怒る」というタイトルでYOU TUBEにも多数の動画がアップされています。これらは、安倍は怒ったのだから事実無根だろう、という憶測・推測を一般大衆が持っても仕方ありませんが、怒らずとも平然と、淡々と、ことに当たれば済むことです。

以上のことから、こちらに書かれている記事とコメントの殆どに僕は同意できますし、安倍が日本を崩壊させることに精力的に加担する「媚中・媚韓」政策を推進する中心人物であると断定します。

追伸:僕の推測の一翼を担うものに「中共の610オフィス」の存在があります。ナベツネが云々とか色々言われますが、僕にすれば610に何か特別なネタを握られたのかもしれない?と勘繰っています。

それらが相まって、総合されて、反日政治家「安倍新総理」が誕生したものと思います。

最後に:彼は右翼でも、民族主義者でもなく「パフォーマンサー」です。

駄文失礼しました、維新の志士:西郷隆盛でした。
2006/10/20(金) | URL | 西郷 隆盛 #0jmurjLk[ 編集]
民主党の森某の質問に対して、怒りを顕わにしたという点には、私もいささかの疑問を感じていました。

あの記事自体は恐らく与太記事以外の何ものでも無いと考えられ、あのようなものを国会の質疑に持ち出してきた民主党の馬鹿さ加減には閉口ものですが、仰るようにあんなものは「証拠を示せ」の一言で片付けられるものであり、怒りを示す必要性など何もないと感じられるものです。

あの記事の後も、安倍氏と北朝鮮の黒い噂を書き立てる記事は続出しており、その殆どが与太記事であるにしても、そこから何らかの胡散臭い真実に近づかれる事を恐れているのではないかと感じられます。

即座に法的措置を取らないのも、その胡散臭い真実を塗り潰す工作に、安倍氏、及びチーム世耕が梃摺っているのではないかと考えられます。
2006/10/20(金) | URL | 浪人 #Q51Om4FU[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/520-87cbf14e