FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 真の有志の登場を願う

真の有志の登場を願う
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 北朝鮮というテロ国家そのものである存在が、国連の非難決議を受けたにも関わらず、それを完全に無視して核実験という行動に走ったのを受けて尚、「核実験ならば中露も行っている」などという頓珍漢な理由を付けて、「周辺事態」には当たらないなどと馬鹿な事を口走っていた民主党ですが、どうやらこれは民主党の総意だった訳ではなく、若手議員から異を唱える者が出て来ている模様です。

民主議員有志「周辺事態」で一致 北核実験受け

 民主党の前原誠司前代表ら衆参両院の有志議員十数人は19日夕、国会内で会合を開き、北朝鮮の核実験に関連し、現状は「周辺事態」に当たるとの認識で一致した。

 党外務防衛部門会議で議論を求める方針だ。

 小沢一郎代表、菅直人代表代行、鳩山由紀夫幹事長は17日、周辺事態には当たらないとの認識を確認したが、渡辺秀央参院議員は会合後、記者団に「3人で話して党の決定とするのではなく、きちんと議論すべきだ」と述べた。

(2006年10月19日 産経新聞)


 拉致、偽札作り、麻薬生成という犯罪行為を生業としている凡そ国家と呼ぶに憚られる集団が、核実験という行為に及んだのを受ければ、普通の人間ならば十分に危機と感じるものであり、これを「周辺事態」に当たると認識するのは、至極当然の事と言え、あのような阿呆な事を口に出来るのは、多分世界でも日本の一部の政治家センセーくらいのものでしょう。

 しかもそれを、きちんと党で議論した後に発言していたのならまだしも、頭の三人だけで話し合い、あたかも党の総意であるかのように語っていたというのですから、驚かざるを得ないというものです。

 こんな阿呆な事をやっていた、よくも自民党の批判など出来るものだと、本当に呆れかえらざるを得ないものであり、こんな連中が野党第一党であるとは、最早国辱レベルだとすら感じられるものです。

 民主党の若手議員の有志議員とやらは、早々にクーデターを起こしてでも、腐りきった首脳部を打ち倒し、民主党を再生させるべく動き出すべきだと感じられます。

 今のままの民主党を存続させる事は、単純に税金の壮大な無駄遣いであるというのみでなく、自民党のクソ間抜けさと卑怯さと汚さを覆い隠す、巨大で間抜けなベールとなりかねないとすら思えるものです。



 今の自民党など、創価学会という日本国内における超巨大カルト組織の先兵と手を結び、パフォーマンスで国民の目を逸らしながら次々と悪法を制定させ、狂った経済政策で格差を拡大、固定化させ、国民を塗炭の苦しみに追い込もうとしているとすら思える存在であり、本来ならば、とっくに野党に転落すべき存在だと言えるものです。

 しかし、阿呆の社民党やテロ準備団体共産党は置いておくにしても、野党、それも野党第一党がこの体たらくでは、我々国民は票の持っていき所が無いというものであり、例え腐っているとは言えども、自民党が再生する事に一縷の望みを賭けざるを得ないというものです。

 このような現状は明らかに異常であり、即時にでも打破しなければ、我が国の未来は、まことに暗雲立ちこめたものにならざるを得ないと感じるものであるにも関わらず、それを担える政党、人材がいないとは、まことに嘆かわしいと言わざるを得ません。

 生まれてこのかた、幾度と数えるのも嫌気が差す程に裏切り続けてこられた故、過度の期待は最早出来はしないものですが、それでも、我が国の国難を救う為、志ある人物の登場を期待したい。

 自民党からでも民主党からでも、或いは国民新党、新党日本からでも何でも構わない。

 国民の生命と安全を断固として守り抜き、国民を幸福へと導こうとする事こそが、政治家たる者の職責であるという事を強く噛み締め、今の狂った政界を正そうとする人物が表れる事を、心の底より切望する次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

国家の品格
国家の品格
posted with amazlet on 06.10.20
藤原 正彦
新潮社

最新版 安全保障学入門
防衛大学校安全保障学研究会 武田 康裕 神谷 万丈
亜紀書房
売り上げランキング: 9,965
おすすめ度の平均: 4.71
5 日教組が教えてくれない健全な国土防衛学
5 安全保障タブー視は最早タブー!
5 平和と水はタダではない。


PR情報
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
情報誌★フリペ★web★モバイル★ 4つの"an"でシゴト探し自由自在

    
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
> 自民党からでも民主党からでも、或いは国民新党、新党日本からでも何でも構わない。
 国民の生命と安全を断固として守り抜き、国民を幸福へと導こうとする事こそが、政治家たる者の職責であるという事を強く噛み締め

 全く同感です。
 私は現在「消去法」による自民党支持ですから。
2006/10/20(金) | URL | 百式 #-[ 編集]
 小沢・菅・鳩ポッポの3馬鹿に投票した奴等の顔が見てみたい。もはや3馬鹿が北朝鮮のテロリストそのものに見えてくる。テロリストは嫌いです。理由はわたしのブログを見てくださればお分かりいただけると思います。  
 毎回わたしのコメントへの返答ありがとうございます。浪人さんはかなりの勉強家のようですね。わたしももっと勉強しなければ・・・。ではまた。
2006/10/21(土) | URL | おしゃか #-[ 編集]
今まで、本当の日本の未来を憂いた政党はありませんでした。
そこで、郵政民営化法案に反対した政治家から亀井静香らの小泉憎しの連中を除いた、城内実氏や小泉龍司氏らを中心とした政党を望みます。
愚直なまでに清く正しく日本の国益を追求する、<仮称清貧党>そんな政党を望みます。
2006/10/21(土) | URL | 1156 #-[ 編集]
本当に、政治家という呼称が相応しい人間が、国政の場に非常に少ないという現実は、嘆かわしいとしか言いようがありませんね。

このような現状が、一刻も早く改善される事を、心の底より渇望して已まないものです。
2006/10/21(土) | URL | 浪人 #Q51Om4FU[ 編集]
こちらこそ、度々コメントを頂いて感謝しております。

私如き浅学の徒に対して、勉強家などとお褒めの言葉を頂いて、何やら気恥ずかしく思う次第です。

おしゃかさんのブログ、拝見させて頂きましたが、元自衛官の方だったのですね。

あのようなテロが起こった大きな原因の一つに、日本政府のテロの脅威への備えという、国家ならば当然持つべき視点が抜けていたというものがあり、おしゃかさんがそれを体現したかのような民主三馬鹿トリオをテロリストと同様に感じ、嫌うのも当然かと思います。

まとまった時間があまり取れず、まだ全てに目を通せずにおりますが、あの忌まわしき事件を、自衛官という立場から見た視点で書かれるというのは、非常に興味深いだけでなく、非常に貴重な記録になるものと感じます。

日本人があの忌まわしき事件を忘却し、再び同じような悲劇が起こらない為にも、是非とも書き続けて頂きたく思う次第です。
2006/10/21(土) | URL | 浪人 #Q51Om4FU[ 編集]
郵政離脱組が結集し、新たな政党を立ち上げるというのは、非常に良い案だと思います。

ただ、これはあくまで私的な考えなのですが、清貧は素晴らしい事ではありますが、それだけでは国家の大業を成就させる事は難しいのではないかと思います。

GHQ、コミンテルン、バカサヨク、カルト宗教らに無茶苦茶にされてしまったこの国を立て直すという大業を成し遂げるには、清濁併せ呑む器量を持った人物が必要であり、清貧であるのみでは、最後の決め手に欠けるのではと感じます。
2006/10/21(土) | URL | 浪人 #Q51Om4FU[ 編集]
お返事ありがとうございます。
実は以前は私も度量の広い大人物を、、。と、考えていましたが、小泉前首相の登場と小沢民主党代表の登場によって、考えを改めました。
>小泉前首相の登場、、郵政民営化の成功
小泉前首相は頑固に自説を貫き通した変人でした。郵政民営化など日本国民にとって害悪でしかないことでも、<殺されてもいいんだ。>といって貫き通した。よって国民の支持を得た。
>小沢民主党代表の登場、、国民はそっぽをむいた。
小沢民主党代表は権謀術数では日本の政治家のトップでしょうが、国民の支持は得られていません。
日本人は実は単純バカが好きなのではないですか?
「日本のために!」など一昔前なら恥ずかしくてとても言えなかったことを、言い出してくれている政治家を応援してみたい今日この頃です。


2006/10/22(日) | URL | 1156 #-[ 編集]
>日本人は実は単純バカが好きなのではないですか?

それはあり得るかも知れませんね。

ただ、小泉氏の為政を見ても分かるように、国民からの支持が「あるだけ」では、本当に国家国民の為になるとは限らないと言えるのではないでしょうか。

無論、国民からの支持が高いに越したことは無いと思いますが、それだけではやはり何かが足りないように感じます。

「日本の為に!」と馬鹿正直に突き進む人物には、私も非常に好感を覚えるとは思います。

しかし、真の政治家とは、「日本、そして日本国民の為ならば、自らの手を汚す事すらも恐れない」人物であるように私は思います。

小沢氏が国民からソッポを向かれるのは、国家国民も為に「ケガレ」を演じているというよりも、私利私欲の為に他人の手を汚させる政治家というイメージが強いからではないでしょうか。
2006/10/23(月) | URL | 浪人 #Q51Om4FU[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/524-ce118ae3