FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 中共崩壊後、日本は如何なる道を辿るべきか?

中共崩壊後、日本は如何なる道を辿るべきか?
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 中国が急激な経済成長を続け、軍事力の拡張を続ける中、何故このような記事をアップするのか不思議に思われる方も多いでしょう。

 しかし、どれほどの経済成長をとげようと、軍事力の強化を行おうとも、中国共産党は間違いなく崩壊します。

 中国の経済的台頭、軍事力の拡張は確かに脅威ではあります。

 しかし、共産主義のイデオロギーはすでに崩壊し、宗教的倫理観もなく拝金主義、覇権主義に走り、そのために貧富の差は絶望的なほどに広がってしまい、そしてそれを収束に向かわせるだけの能力もなく、ただ悪戯に反日を煽るだけしか出来ない政府が、現在にいたるまで存在を維持している事の方が奇跡に近く、崩壊しないということは、まずありえないと思われます。

 問題は中共が崩壊した後、我々日本人は「めでたし、めでたし」では、済まされないという事にあります。

 まず、大量の経済難民が発生するだろうという事が予想されます。

 中国の人口は現在約13億人とされていますが、このうち7割が農民であると言われています。

 本来ならば、農民層の大半は土地の所有者で難民にはなりにくいと思われますが、中国は共産主義国家ですので、土地の所有者は中国共産党です。

 まともな国家ならば旧政府崩壊後、土地は均等に再分配されるはずですが、前記した通り現在の中国では倫理というものが完全に破綻していると考えられます。

 恐らくは大戦後の日本などとは比べ物にもならない程の大混乱が起こるであろう事は予想に難くありません。

 13億人の7割ということは約9億人、その約3割が路頭に迷ったと考えても、約3億人の流民が発生することになります。

 その半数が、日本に流れてきたと考えて約1億5千万人。

 今現在の日本の人口とほぼ同等の人間が、一気に押し寄せて来る可能性があり得るのです。

 しかもその大半、もしくはほぼ全員がまともな教育を受けていない可能性が非常に高く、受けていたとしてもほぼ間違いなく、日本語を話すことは出来ないでしょう。

 つまりは我々日本人一人につき中国人一人を、養わなくてはならなくなってしまうということです。

 経済大国と言われている日本ですが、さすがにこれほどの負担をかけられてしまっては、安泰とは言い難いといった所が本音でしょう。

 日本政府は、日中友好などという絵空事に熱心になっているよりも、中共崩壊後、どのような立場、方針でやっていくのか、大量に発生するであろう難民にどう対処していくのか、きっちりと考えていかなければならない時期に差し掛かってきているように思います。

人気blogランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/53-c20a412a
小泉首相が靖国参拝に関して、「戦争で亡くなられた方々にもう戦争はしませんと言いに行っている。これに反対する国内勢力は理解できないし、外国の政府でこれに反発して会談までやめてしまうというのはもっと理解できない」と言及した。この問題は大きなインパクトを持って
2006/01/05(木) | ikeday1な日々