FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 日中友好なる詭弁に対する論考

日中友好なる詭弁に対する論考
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 先頃の北朝鮮による核実験を受けて以来、これまでの慎重な姿勢を一変させ、対北朝鮮制裁に積極的な姿勢を示すなど、明らかに支那の態度が変化して来ている事を受け、政府は無論の事、我が国における災厄の大本であるマスコミ連中も挙って、日中友好ムードなるものを作り出そうと躍起になっている模様です。

日中首脳合意:「戦略的互恵関係」は日本側考案の言葉

 安倍晋三首相と中国の胡錦涛主席が今月8日の会談で、日中両国の関係改善のキーワードとして合意した「戦略的互恵関係」との文言は、中国側が最近多用している「ウィンウィン」(共に勝者になる)との表現をもとに日本側が考案していたことが関係者の話からわかった。

 「戦略的互恵関係」は2国間問題にとどまらず北朝鮮対応やエネルギー問題など国際的課題も含めて関係改善を図る意味をこめた言葉。発想したのは日本側。中国が日中関係改善に向け用いていた「ウィンウィン」に注目したが、日本語でこれに該当する適当な単語が見当たらない。中国語では「共贏」(ゴンイン)という言葉があるため日本語で「ウィンウィン」、中国語では「共贏」と使い分ける案が浮上したが、中国の武大偉外務次官が「互恵ならその意味が出る」と知恵を出し、日本側も了承して「互恵」に落ち着いた。

 「戦略的」は、従来は主に同盟国間で使われてきた表現だが、外務省は中国が米国やロシアなどとの外交関係でやはりこの言葉を多用していることに着目した。チャイナスクール(中国語研修組)の中堅外交官が「戦略的という言葉をぜひ使いましょう。中国側も喜ぶはず」と提案、会談を前に根回しした。98年の日中共同宣言では、両国関係は「友好協力パートナーシップ」とされている。【佐藤千矢子】

(2006年10月26日 毎日新聞)


 しかしながら、先頃話題となったチベット僧の虐殺事件などから分かるように、如何に美麗字句を並べ立てたところで、中国共産党という連中の本質は残虐な独裁国家のそれであり、自由と民主主義を標榜する我が国とは、何をどうしても並立出来る存在では無いと言えるものです。

 何らかの目的を遂行する為、一時的に手を結ぶような事はあり得るにしても、本質的に友好関係を築くような事は不可能であり、寧ろ、そのような事は愚の骨頂とすら呼んで差し支えの無いものであり、百害あって一理無しと言えるでしょう。

 ここ最近の北朝鮮に対する制裁に積極的な態度を示している事にしても、単純に北朝鮮というチンピラが余りにもオイタが過ぎる為、これ以上に掻き回されるのを嫌った中国共産党というマフィアが、黙らせる為に動き出したという事に過ぎない、或いは、北朝鮮の始末について、米国と何らかの話がついた為、重い腰を上げただけに過ぎないと言えるものです。

 露国のプーチン大統領が、北朝鮮制裁に待ったの声を掛けているようですが、これにしても、米中の間で勝手に密約が進められ、自国に何らの利益ももたらされない事に腹立てた、プーチン大統領の怒りの声とも受け取れるものです。

露大統領「北朝鮮は交渉の用意」

 プーチン・ロシア大統領は25日、北朝鮮が核実験を行った問題で、北朝鮮側は安全保障など自国の国益が維持されることを条件に「交渉プロセスに戻る用意」を示していると表明、事態を打開するため核問題をめぐる6カ国協議を再開するべきだと訴えた。テレビ中継による国民との会見番組で答えた。北朝鮮に対しては国際社会による一方的な制裁強化ではなく、北朝鮮との交渉により解決を求めるロシアの外交姿勢を鮮明にした形だ。

 会見で大統領は、北朝鮮の核実験実施に懸念を示す一方で、北朝鮮が核実験を実施した理由について「(6カ国協議の)すべての交渉当事者が正しい口調で対応したわけではなかったからだ」と述べ、米国の強硬姿勢を暗に批判。北朝鮮を追い込むべきでないと強調した。(共同)

(2006年10月25日 産経新聞)


 何れにしても、この問題において支那が我が国の助力になろうとなど思っている可能性は皆無であり、北朝鮮問題解決の為にも日中関係の構築をなどという意見は、夢見る夢子ちゃんの戯れ言に他ならないと言えるでしょう。



 私は別に、日本人と支那人は潜在的に敵対関係であり、友好関係を築く事など絶対に不可能であるなどと、凡そ聞き分けの無い駄々っ子のような事を言っている訳ではありません。

 文化や道徳観の違いなどから、多少の難しさはあるのそても、個人単位で日本人と支那人が友好関係を築く事は十分に可能な事であり、そこから輪が広がっていけば、日中友好というものも論理的には可能だろうと考えます。

 しかし、それはあくまで支那の政府、今ならば中国共産党政府が「まともな政府」ならばという前提の話であり、今の中国共産党政府のような、残虐な独裁政治を行っている政府などとは、国家単位での本当の友好関係などは決して築けない、築くべきでは無いと言っているに過ぎません。

 今現在、北朝鮮の暴虐な独裁政治体制も北朝鮮問題の一環とされていますが、この中国共産党という連中の為政は、その北朝鮮の独裁政治などよりも遥かに過酷で残虐なものであるという事を、日中友好と楽しげに叫んでいるクソ馬鹿どもは、少しでも理解しているのでしょうか。

 また、米国が北朝鮮への金融制裁の根拠としている、北朝鮮による国家ぐるみの犯罪行為にしても、この中国共産党によるものと比すれば遥かに可愛いものであり、支那との友好を進めるその前に、連中の国家犯罪を非難し、即時に中止させねばならないと思えるものです。

中国臓器狩り:BBC「報道は事実に基づいている」、中国当局の捏造報道説を否定

 【大紀元日本10月25日】英国BBCの北京駐在記者が中国の移植手術を行う病院の潜入取材報道し、臓器移植は中国では巨大産業と化している実態を伝えたが、中国当局の政府メディア新華ネットは、中国衛生部の報道官の発言を引用し、今回のBBCの報道を暗に批判し、捏造報道と非難した。この一件について、本紙記者はこのほどBBCの報道事務局に真相を確認した。BBCのスポークスマンは、今回の報道について、情報の事前審査を行っており、報道は事実に基づいていると回答し、捏造報道説を否定した。

 BBCの報道では、同局の記者は、父親が肝臓移植を必要としている一般人を装い、天津市の移植手術を行う病院を訪れた。病院側から、適合する肝臓の手配は約3週間を要するとし、肝臓移植に掛かる全費用は約94,400米ドル(約1100万)で、臓器の出所は死刑囚であるとの説明を受けた。

 一方、中国当局の政府メディア新華社のホームページ「新華網」では10月10日、中国衛生部の報道官の発言を報じた。

 この報道官は、「一定の影響を持つある海外メディアの記者が患者の家族と扮し、中国のある病院で状況の調査を行ったと称しているが、その記者は、虚偽な人物を捏造、作り上げた発言を報じ、中国での臓器移植に深刻な問題が存在するとの結論を出した。非常に無責任な報道である」と非難した。また、その記者は放送の前日に、この報道官を独占取材し、中国で臓器移植の管理法を実施した後の状況などについて、説明を受けたが、報道の中で、この内容について触れなかったとし、「同メディアは、情報を捏造し、悪意にわが国の司法制度を攻撃している」と強く非難した。

 捏造説について、本紙記者はBBC報道事務局のポール・ラスムセン(Paul Rasmussen)氏とスポークスマンを取材した。

 BBCのスポークスマンは、「この報道は、中国の司法制度を攻撃するためのものではなく、単純に臓器売買に関する報道であり、これは民衆が非常に関心を持っている問題」と述べ、BBCの報道製作の原則は、事実と真相に基づき審査を行い、情報の正確性を最大限に追求することと説明、「中国の臓器売買に関する今回の報道の内容は、十分な事前審査を受けていた、事実に基づいている、我々はこの報道を支持する」と強調した。

 一方、BBCの記者は放送の前日に、中国衛生部の報道官を直接取材し、中国で臓器移植の管理法を実施した後の状況などについて、詳細な説明を受けたという。報道の中で、中国での臓器移植の管理が強化されているとの内容に触れなかったと批判したことについて、大紀元のコラム作家・王一峰氏は、「BBCの記者は、中国当局の関係者から、中国での臓器移植の管理強化について、一時間以上も説明を受けたが、その後、患者の親族を扮して病院でおとり調査をした。報道の中で、中国当局の説明を伝えなかったのは、恐らく、BBCは中国当局の説明を真実と受け止めていなかったからだろう」と指摘した。

 中国当局の矛盾する反論

 中国衛生部(日本の厚生省に相当する)の黄潔夫・副部長が昨年7月に、国際保健機構(WHO)のマニラでの会議の席で、中国での臓器移植の提供者の大半は死刑囚であると初めて認めた。一方、臓器狩りの告発が出されてから3週間後の今年3月28日に、中国当局の秦剛・報道官は定例記者会見で、「中国で死刑囚が臓器移植のドナーとして使われているうわさは、真っ赤な嘘であり、中国の司法制度に対する悪意の攻撃だ」と発言した。しかし、9月27日のBBCの報道の翌日、秦剛・報道官は前回の発言を覆し、中国での死刑囚による臓器提供を認め、司法機構の審査を経て、死刑囚本人の同意を得ていると説明した。

 中央指導部の発言が二転三転し、矛盾していることから、臓器狩りの疑惑は深まるばかりである。(記者・任子慧、施宇)

(2006年10月25日 大紀元時報)


 本当に友好を望むのならば、表面の綺麗な部分だけを賛美したりするのでは無く、このような部分に苦言を呈し、改めさせてこそ、本当の友好関係というものが構築していけると思うのは、私だけに過ぎないのでしょうか。

 如何に他国の事と言えども、このような非人道行為の数々に目を閉ざし、美麗字句を並べ立てなければ成り立たない友好関係など、単なる自己欺瞞の自慰行為にしか過ぎないとしか、私には思えぬものです。



 総括するに、現在の支那における政府である中国共産党なる連中は、凡そ人間とは思い難い非人間的な連中の集まりであり、我々日本国民にとって忌むべき存在であるのみでなく、支那に住まう人間にとっても害悪であり、延いては人類全体にとって忌むべき存在であると言えるものです。

 このような人間を人間とも思わない連中と友好関係を結ぶなどという事は、少なくとも生命の価値を知っている人間の取る行動では決して無く、連中による独裁体制が崩壊せぬ限りは、日中友好などというものは絶対に成り立たない、成り立たせるべきではないものと言えるでしょう。

 このような現状から目を背け、無邪気に日中友好などを標榜する人間など、単に我が国にとって国賊であるのみで無く、中国共産党の連中と一緒に支那人やチベット人などを虐殺している、人類に対する背徳者であると言っても過言では無い存在と言えるものです。

 本当に日中友好なるものを目指すのであれば、多額の援助を支那人を虐殺し続けている共産党政府に送ったり、虐殺集団の親玉と笑顔で握手する事を直ぐに中止し、支那に住まう民衆を圧政と虐殺で苦しめ続けている中国共産党という連中の一党独裁支配を早急に崩壊せしめるべく、連中の非道行為を世界に発信し、国際社会と力を合わせて糾弾していくべきだと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

中国共産党に消された人々
相馬 勝
小学館
売り上げランキング: 157,442
おすすめ度の平均: 4.5
5 全体主義国家としての中国
4 チャイナ・ウォッチャー暦20有余年の記者が書く中国民主化運動リポート。

マオ―誰も知らなかった毛沢東 上
ユン チアン J・ハリデイ 土屋 京子
講談社


PR情報
電子書籍とオンデマンド本で読書の世界が拡がります!『ウェブの書斎』
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び

  
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する

NET情報に鋭敏/俊敏な 本 板 参集者 各位に置かれましては
既知の情報である 可能性が有りますが

これは ひどい !! ........の一語である。

正に 残虐非道なる共産党一党独裁国の 実体が白日の下に 暴露されたと
言える事象である。

この一党独裁国と お隣りの テロリスト/ならずもの/ごろつきの
ご両者は 残酷無比/残虐非道に かけては甲乙 付け難いことは
過去に措ける 数多の情報より自明ですが

罹る 人権蹂躙の限りを尽くす 共産党一党独裁国が 数年後に
“世界人類の平和の祭典”と称する オリンピック開催国とは ?????

例に依って 例の如く 「公正中立」を自称する 日本偏向放送協会(NHK)を
筆頭とする 日本の“マスゴミ”の大多数は この事実を 日本国民の眼より
隠蔽し 当該 近隣 反日国の ご機嫌を損なうものとして “だんまり” を
決め込むものと思われる。

若し 世界情報隠蔽国の “ランキング” を調査した場合は 日本は
間違い無く 低位のレベルの国で有る事が 確実である。
唯一の救いは NET の存在にあること自明である。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>中国の人権蹂躙映像が世界へ
          亡命少年僧ら射殺
> 【北京=福島香織】9月末に中国チベット自治区とネパールの国境近くで亡命を試みたチベット尼僧(25)や少年僧(15)らが、中国の国境警備隊の銃撃を受け少なくとも2人が死亡した事件の映像が世界中で放映され、国際社会を騒然とさせている。
 北京五輪を控え、「和諧(わかい)(調和のとれた)社会」構築という胡錦濤政権が提唱する“理想”の陰で行われている中国の人権蹂躙(じゅうりん)に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)も調査を開始、米国などが非難の声を上げ始めている。
 映像はルーマニアの登山家、セルゲイ氏が偶然撮影したものをルーマニア民放局が14日に放映。その後、日本を含む各国でも放映され、米国の動画投稿サイト「ユーチューブ」などインターネットの映像配信で世界中を駆け巡っている。
(10/22 02:18)

> ニューヨークに本部を置く人権団体「中国人権」によると、9月30日に、中国チベット自治区から ネパールにナンパラ峠を通って亡命しようとした約70人が中国人民解放軍に銃撃され、少なくとも 尼僧1人が死亡、数人が負傷した。

42人がネパールにたどり着いたが、子供を中心に一部が中国 側に
拘束されているという。

人権団体は、この事件に関して12日、米国や各国が中国軍の殺害に 公式に抗議すること、ネパール政府が亡命チベット人に保護を与えるよう各国が関心を示すこと-
などを求める声明を発表した。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

http://www.youtube.com/watch?v=MeXS_F3vgJU


http://www.sankei.co.jp/news/061013/kok011.htm
2006/10/31(火) | URL | 暗黒の政治屋 #-[ 編集]
この映像は私も拝見しました。

衝撃的な映像ではありますが、更に恐ろしいのは、かの大陸においては、これが珍しい事では無く、ほぼ日常的に同じような事が行われている可能性が非常に高いという事です。

あの映像において、まるで猟でも楽しむかのように、チベット人を射殺している支那兵を見れば、まず間違いないものと考えられます。

日本人はこの事実をもっと強く認識し、今現在の支那、つまりは中国共産党などと友好を深める事が、如何に人道に反した異常な行為であるか、きちんと考えねばならないと思える次第です。
2006/11/01(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]

わざわざの Res.に感謝致します。

下記の追記をさせて下さい。


投稿済みの 一党独裁国に 纏わる情報に関連するものを 追記致します。

下記 URL 情報は NET 界に措いては “知る人ぞ 知る”
画像情報です。

僅か 17年前に発生した かの有名なる 共産党一党独裁政権を
守護する為の 勇名を馳せる人民解放軍に依る所業です。
所で この人民解放軍なる名称は 何かの間違いでは?
人民虐殺軍 又は 人民屠殺軍が 正式名称では?

尚 下記 URL は画像情報 故に 転送速度が重いことに留意願います。
更に 気の弱い方は クリック を ご遠慮下さい。

http://www.boxun.com/hero/64/52_1.shtml
 http://www.geocities.jp/hlaasa3/tyu1.html
 http://www.cnd.org/HYPLAN/yawei/june4th/indexC.html
2006/11/01(水) | URL | 暗黒の政治屋 #-[ 編集]
ご紹介のページ、拝見させて頂きました。

下の二つは以前に見た事がありますが、一番上のリンク先の画像は未見で、中国共産党という連中の非道さ、残虐さを再認した次第です。

下の二つにしても、何度見ても胸くそが悪くなるものであり、やはり中国共産党という連中だけは、絶対に許すべきでは無い存在だと改めて思います。

このような連中との友好関係を推進しようとしている人間は、自分が一体どういう事を言っているのか、本当に理解しているのでしょうかね。

理解していないとしたら、余りにも頭が悪すぎるものですし、故意犯だとするならば、これは中国共産党の連中と同じく、許されざる存在だと言えるものです。

どちらにしても、親中派なる連中は、中国共産党の連中と同じく、この世界に害悪をもたらすだけの存在にしか過ぎませんがね。
2006/11/02(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/532-0f6b6a4b