FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 北朝鮮問題、元の木阿弥へ

北朝鮮問題、元の木阿弥へ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 北朝鮮核実験という暴挙により、事態は一気に進展するかとも思われた北朝鮮問題ですが、やはりと言うか何と言うか、事態は元の木阿弥になろうとする兆候を示している様子です。

> 北朝鮮「6か国協議」復帰、無条件で月内にも

 【北京=杉山祐之】中国外務省は31日、北朝鮮の核問題を巡る6か国協議に参加する米国、北朝鮮、中国の3か国の首席代表が同日、北京で非公式会合を開き、同協議を近く再開することで合意したと発表した。

 協議が再開すれば、昨年11月の休会以来となり、北朝鮮が追加核実験に踏み切る危機も当面は遠のくことになる。協議は早ければ、11月中にも再開される見通しだが、米朝間の基本的な対立が解消されたわけではなく、難航は必至だ。

 北朝鮮が10月9日に核実験を実施して以降、国際社会は北朝鮮に対し、国連安全保障理事会の決議に基づく制裁を実施する一方、同協議への無条件復帰を求めてきた。この日の合意で、北朝鮮の核問題の焦点は、再び6か国協議再開に向けた駆け引きへと移る。

 6か国協議の米首席代表のクリストファー・ヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は記者団に対し、「北朝鮮は6か国協議復帰へ条件はつけなかった」と述べ、米国が求めていた無条件での復帰を受け入れたと述べた。また、「11月か12月に再開できる」と年内再開の見通しを表明。さらに、「北朝鮮の追加核実験は本日の会合開催(の趣旨)と完全に矛盾する」と語り、当面の実験実施はないとの見方を示した。

 北朝鮮が復帰の条件にしていた米国による金融制裁の解除については、「作業部会をつくる用意がある」と述べ、協議再開後に新たに作業部会を設置する考えを明らかにした。また、昨年9月の6か国協議の共同声明を履行することを確認。米中は北朝鮮を核保有国と認めないことを明確にした。

 31日の非公式会合は、中国の呼びかけで行われた。3か国による非公式会合のほか、米朝や米中の2国間会合も行われた。ただ、ヒル国務次官補は、「北朝鮮が求めている米朝協議ではない」として、6か国協議の枠組み内で行われるとの従来の立場を強調した。その上で、今回の非公式会合について、「先週末、中国側からライス国務長官に打診があった」と述べた。

 非公式会合には、ヒル次官補のほか、北朝鮮の金桂寛(キム・ケグァン)・外務次官が出席。中国の武大偉・外務次官も同席した。3者は6か国協議の継続について、「率直かつ突っ込んだ意見交換」を行ったという。

 今回、米朝が中国の仲介を受け入れる形で、協議再開で歩み寄ったのは、かつてないほどの中国の圧力を前に、これ以上の対中関係の悪化を避けたいとの北朝鮮の判断が働いたと見られる。また、米側にもイラク問題を抱え、当面は中国の外交努力に頼らざるを得ない事情があったからだ。

 中国外務省の劉建超・報道局長は、これに先立つ同日の定例記者会見で、「6か国協議の再開そのものが、現在の朝鮮半島情勢を緩和させるためのスタートとなる」と語った。

(2006年11月01日 読売新聞)


 以前より何度も言っているように、この6ヶ国協議なるものは単なる事態の引き延ばしの為の時間潰し以外の何ものでも無く、このようなものを幾数回数えたところで事態に何らの進展が見られない事など、火を見るよりも明らかだと言えるものです。

 ブッシュ大統領の任期内に何とか中東のケリを付けたい米国と、実質的植民地にして先兵である北朝鮮を出来るだけ現状で維持したいという支那の思惑は、核実験というものがあってもやはり変化など無く、今回のような結果に帰結したのであろう事は間違いありません。

 また、国連における制裁決議に渋々ながらも賛成の意を示し、制裁に前向きであるかのような発言をしていた支那ですが、やはり多くの予測通り、北朝鮮に対する支援など止めようともしていない様子です。

対北朝鮮、原油・食糧援助に変化なし…中国・報道局長

 【北京=杉山祐之】中国外務省の劉建超・報道局長は31日の定例記者会見で、北朝鮮に対する原油、食糧支援について、「エネルギーや食糧面での困難の克服を手助けするものだ」と説明したうえで、「この政策にいかなる変化があるとも聞いていない」と語り、民生支援は従来通り継続するとの立場を強調した。

 エネルギー支援に関連しては、ロイター通信が中国税関総署統計として、9月の中国の対北朝鮮向け原油輸出量がゼロだったと伝えており、北朝鮮が7月に行ったミサイル発射に関して、中国が圧力をかけたとの観測も出ていた。また、1~9月期の輸出量合計は、前年同期比6・8%減の36万9643トンだった。

 民生支援の継続に関し、中朝経済関係に詳しい政府系研究機関の専門家は、「冬になれば暖房が大問題になる。原油支援を止めれば、北朝鮮の指導者ではなく、一般民衆が非常に厳しい状況に置かれる。食糧支援も同じだ。支援を停止すれば、大混乱が起こり、状況はより悪化する」と語った。

(2006年10月31日 読売新聞)


 先頃の安倍首相の訪中により、頑なであった中国共産党の態度にも軟化が現れ始め、北朝鮮に対する制裁にも前向きな態度を表し始めたのだと、あたかも政府御用人であるかの如き発言をしていた人間も多くいましたが、「村山談話」だの「河野談話」だのという、一種の都市伝説的な嘘出鱈目に基づいた与太話を踏襲するとまで確約して、結局この始末なのだから全く安倍氏の外交手腕も大したものと言えるでしょう。

 また、先の核実験により、米国も北朝鮮問題に真剣に取り組み始めるであろうと、余りにも楽観的過ぎると思われる観測を出していた人間も多数いましたが、今回の米国の行動からも理解出来るように、米国は中東の解決を遅らせてまで、北朝鮮問題に真剣に取り組もうなどという気は更々ありはしないと考えられるものです。

 今回の北朝鮮による核実験が恐らく失敗したというのも大きいですが、仮に核実験が成功していたとしても、現実として米国までその核兵器を運搬する手段を北朝鮮が有していない以上、米国が北朝鮮を相手に本気になった確率は低いであろうと考えられるものです。

 そしてまた、今回のこの米国の動向は、日米同盟なるものが強固な抑止力には成り得ても、仮に朝鮮半島、或いは台湾海峡において有事に至った際、有効に機能するかどうかという疑念を抱かざるを得なくなるものとも言えます。

 口先で「核の傘」は有効だと言うくらいは容易い事ですが、本当に北朝鮮が暴発し核兵器の使用を断行したとき、その反撃に核を用いるかどうかは国務長官の一存で決められる事では無い事は明白であり、大統領の決断、そしてそれを後押しする民衆の同意が必要である事は言うまでもありません。

 それでも、共和党政権、ブッシュ政権であるならば、まだ一縷の望みはあったとも言えるものですが、民主党政権ならばどうなのかと言えば、まず間違い無くミジンコ程の可能性も無いであろうと考えられるものです。

 そして、今回の6ヶ国協議の再開という事実を以て、その可能性は飛躍的に高まったという事を、我々日本は深く受け止めねばならないと言えるものです。



 今回のこの6ヶ国協議の再開という事実を以て、我が国と米国、或いは支那との連携などというものが、如何に胡散臭い絵空事であったかという事が証明され、これから我が国は、揶揄でも比喩でも何でも無く、本当に一国を以て北朝鮮と立ち向かわねばならないという事を、厳粛に受け止めねばなりません。

 これまでも先に挙げた二国は勿論、国連も含めてほぼ全ての国と、連携が上手く取れていたとは言い難いものですが、これからはそれ以上に厳しい事態の連続であろう事は想像に難くないと言えるものです。

 もしも首相就任時に、支那や韓国のような絶対に我が国との協力に前向きにはならない馬鹿の巣窟では無く米国に赴き、北朝鮮問題への積極的な協力を要請しておいたならば、ノリがカルい事だけが取り柄のブッシュ大統領ならば、或いは別の展望が開けていた可能性も大だったのかも知れません。

 もしも、国連において制裁決議が採択されて直ぐに、現在のように周辺事態なのかどうかなどというくだらない議論で時間を潰す事無く、制裁を一気に強化させ、船舶臨検も断行する覚悟を表明していれば、国際社会の流れにも加速を与え、もう少しはマシな状態へと誘えたやも知れません。

 しかしながら、このような事態に至るであろう事は、安倍晋三という戦略眼も決断力も無い男を内閣総理大臣に任命した時より、ある程度は予測出来た事であり、ある意味においては当然の帰結と言えるものなのでしょう。



 しかしながら、当然の事ではありますが、我々はこの事態を以て、どうにも立ち行かなくなったと立ち止まる訳には決していきません。

 如何に今差し迫った驚異ではないとは言え、このまま北朝鮮の核兵器、そしてミサイルを放置するという事は、近い将来において我が国に多大なる被害を及ぼす可能性がある事であり、今、何とか手を出せる内に、解決への糸口を掴んでおく必要があると言えるものです。

 そしてまた、それ以上に、未だ北朝鮮に拉致され祖国の地を踏めないでいる我らが同胞を、我々は何としてでも救い出す必要があると言えるでしょう。

 我々一人一人の力など非常に小さなものであり、国際情勢はもとより、一人の政治家を動かす事すら困難である事は言うまでもありません。

 しかしながら、我々一人一人がバラバラに好き勝手主張するのでは無く、北朝鮮、延いては支那の驚異より祖国を守るべく、邪悪な北朝鮮により拉致された同胞を救い出すという目的の為に団結し、正道に基づいて主張をし続けたならば、それはやがて大きなうねりとなり政治を動かし、国際社会の流れを動かしていけるものだと信じたい。

 「国が諸君のために何をしてくれるかを問うな。 諸君が国のために、 何を為し得るのかを問うて欲しい」

 我々が今為すべき事は、政府に期待をしてただ安穏としている事などでは無く、政府を北朝鮮問題の総括的解決に向けて突き動かす為に、草の根から声が枯れるまで叫びを上げ続ける事に他ならないよ思える次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

日本防衛のあり方―イラクの教訓、北朝鮮の核
江畑 謙介
ベストセラーズ
売り上げランキング: 79,685
おすすめ度の平均: 4
4 エンターテイメントとして読みました。

奪還―引き裂かれた二十四年
蓮池 透
新潮社
売り上げランキング: 107,154
おすすめ度の平均: 4.45
5 残酷な運命
5 敵は日本に多い。
5 言いたいことが全てだとは思えない。


PR情報
自分だけの1台を見つけよう!『カーセンサーnet』
電子書籍とオンデマンド本で読書の世界が拡がります!『ウェブの書斎』

      
テクノラティプロフィール
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
ポチ保守の方たちは、いちど自衛隊員(現役・退役両方)に本音で聞いてみろって。 日米同盟なんか無条件で信用してる人なんかいないから。 まあ反日日本人なんかはポチ保守以下の扱いだけど。 自分の国のことは、まず自分でケツ拭けるようにしなきゃ。
2006/11/02(木) | URL | おしゃか #-[ 編集]
全く以てその通りだと思います。

というか、自衛隊員の方々に限らず、日米同盟が盤石だなどと思いこんでいるのは、「ポチ保守」か「お花畑」のどちらかしか居ないと思われます。

仰るように自国のケツは自国で拭けるようにならねば、同盟なるものが本来的な機能を果たす事などは、決して無いと思われるものです。

「ポチ」や「お花畑」諸氏にも、早くその事に気付いて頂きたいものですね。
2006/11/02(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/538-b865a368
 核実験の発表以来、既知外国家北鮮は孤立を深めており宗主国様からも(少なくとも表面的には)制裁を食らい、今や応援団は同類のノムたんだけという事態に陥っている。 そういう朝鮮民族の愚行に対し、この星が怒りを示し
2006/11/01(水) | ステイメンの雑記帖
中国、韓国、北朝鮮との関係等々、アジアにおける社会・政治関連の記事をこちらに寄せてください。
2006/11/07(火) | 共通テーマ