FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ教育 → 苛めとは犯罪である

苛めとは犯罪である
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 昔からよくあった些細な意地悪程度なら兎も角、現在の教育現場で問題となっている「苛め」の大半以上は、まず間違いなく「犯罪」と断定出来るものであり、これを本当に解決しようと思うのならば、「苛め」の「加害者」を、子供として認識するのを止めなければならないと言えます。

 つまり、この「苛め」を子供間の問題として捉え、あくまで内々に解決しようなどと考えている限り、この問題が解決へと向かう事などあり得ないと言えるものであり、例え子供であろうとも、これを「犯罪」として刑事罰を与える方向へと持って行く必要があると考えられるものです。

 しかしながら、やはりと言うべきか、この人達は、未だにその発想にすら辿り着いておられない様子です。

いじめた生徒は出席停止に…教育再生会議が緊急提言へ

 学校でいじめによる自殺が相次いでいる事態を受け、安倍首相直属の教育再生会議(野依良治座長)は25日、いじめ問題に対する緊急提言を来週にもまとめ、公表する方針を固めた。

 都道府県や市町村の教育委員会に対し、〈1〉いじめた児童・生徒に出席停止など厳しい対応を取る〈2〉深刻ないじめ問題が起きた場合に備え、緊急に学校を支援する態勢をつくる――ことなどを求める。

 同会議は来年1月に中間報告を作成する予定だが、自殺問題を重く見て、法改正などが不要の緊急対策を早急に打ち出すことにした。文部科学省も速やかに対策を講じる考えだ。

 学校教育法では、「児童の性行不良で、他の児童の教育に妨げがある時」は、市町村教委は保護者に対し、その児童の出席停止を命じることができると定めている。具体例として、傷害、心身の苦痛、財産上の損失などを与える場合を挙げている。

 しかし、近年、出席停止の件数は年間40~50件程度で推移しており、言葉などによるいじめで出席停止になるケースはあまりなかった。今回の提言では、暴力行為がなくても、明確ないじめがあった場合、厳格に出席停止命令を適用することを求めることにした。

 福岡県で中学生が自殺した問題では、担任教師の不適切な言動がいじめを誘発したとされることを踏まえ、いじめに加担した教員の懲戒処分も提言する。教員の懲戒は主に体罰、セクハラ、交通事故などが対象だが、懲戒処分基準の見直しを教委に要請する。

 さらに、いじめ問題が発生した学校に対し、教委から緊急支援チームを派遣し、保護者への説明や児童・生徒の「心のケア」などの面で教員をサポートする態勢を整えることも求める考えだ。

 提言には、いじめがあった場合、地域住民や学識経験者からなる学校評議員会に対して報告を義務づけることや、学校教育法で定められている「体罰」の解釈見直しを検討することなども盛り込む予定だ。

(2006年11月25日 読売新聞)


 所詮、安倍センセー直属の諮問会議程度に、本当にこの問題を解決する糸口を見つける事など、どだい最初から無理なのかも知れませんが、ここまで悪質化している問題に、「出席停止」などという発想は、余りにも貧困な発想で笑うに笑えないというものです。

 一応は、暴力などが無かったとしても、明らかに「苛め」があった場合、この罰を与える事が出来ると、1ミリ程度は前進してはいますが、この「苛め問題」が複雑化する要因に、大人側からは「苛め」なのか「遊び」なのか判別し難いという事がある事を、カシコイ教育基本会議の方々は忘れておられるのでしょうか。

 この事を踏まえるならば、このような罰を与える基準を少し見直した程度では、結局のところ、現在の基準である傷害、心身の苦痛、財産上の損失などが起こらない限り、発見するのが困難という問題点が何ら解決されず、結局、同じ所から動いていないのと変わらないと言えます。

 また、更には、現在の親、保護者の低レベル下を考えると、仮に早期発見して「出席停止」の処分を下したとしても、それを不服として保護者が学校を訴えてくる可能性も否定出来ません。

 そして、それを嫌がった教師が、せっかく発見した「苛め」を放置し、結局、傷害、心身の苦痛、財産上の損失といった事が起こるまで、何も処置が下されないという事態も、十分に想定出来るものです。

 罰則基準の見直しも必要な事ではありますが、同時に、「苛め」を早期発見出来るシステム作り、基準のみでなく、罰則そのものの厳罰化、そして、「苛め」を見過ごした教員に対する罰則作りも進めていかなければ、物事に進展が無い事は明々白々だと思われるものです。

 そしてまた、基準を下げるのは良いですが、この処分を下した時、加害者側の保護者が、やたらと不服を訴えて来ないよう、ある程度は基準をハッキリさせておく必要があると考えられます。

 教員が「苛め」と判断して処分を下したは良いが、それらの大半以上に対して、阿呆な保護者が「ウチの子は遊びのつもりだった」などと因縁を付けてきた時、明確な基準が無ければ反論のしようがないと言うものです。

 また同時に、この基準をハッキリと定めておかなければ、本当に遊びだったものを、教員が間違って処分してしまうという事が起こる可能性も、十分以上にあると言えるでしょう。



 そして、冒頭に示した私の見解に繋がりますが、仮に、この基準の見直しで、「出席停止」の処分を下すようになっても、幾度停学になっても、酒、煙草、喧嘩を繰り返す生徒がいるように、結局、処分が解けた後、再び隠れて「苛め」を繰り返す可能性は、非常に高いと言わざるを得ません。

 結局のところ、現状でこの「苛め」を少しでも減らそうとするならば、この「苛め」が「犯罪」である事を社会が認定し、それを犯した生徒に対して、厳格に刑事罰を与えていく事が最も近道だと考えます。

 そもそも、傷害を犯したり、他者の心身に苦痛を与えたり、他者の財産を損失させたりする事は、現状でも立派な犯罪と言えるのですから、発見次第、教師であろうとも他の大人であろうとも、直ぐに警察に連絡する事を義務づければ良いだけの話です。

 無論、加害者側にも言い分がある事は認めますが、それは法廷、或いは取り調べにおいて主張すれば良いだけの話であり、現在のように、その前段階において加害者の言い分を聞き、それを認め、「出席停止」程度の処分で済ませるのは、問題の解決に繋がらないのみでなく、加害者の精神の育成という観点からも、非常に悪影響を及ぼすと考えられるものです。

 子供であろうが何であろうが、悪は悪として断じ、然るべき厳罰を与える事こそが、被害者の救済に繋がるのみでなく、結局は加害者の救済にもなると私は考えます。

 これを曖昧にして来た事こそが、現在の教育現場の腐敗の大きな一因だと言えると思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

教育再生!―これで子供は救われる
戸塚 宏
ミリオン出版
売り上げランキング: 62322
おすすめ度の平均: 4.0
4 過激な正論

少年の「罪と罰」論
少年の「罪と罰」論
posted with amazlet on 06.11.26
宮崎 哲弥 藤井 誠二
春秋社
売り上げランキング: 258336
おすすめ度の平均: 4.0
4 保護主義過ぎず、でも守るべきことも


PR情報
独自ドメイン、容量1GBで月額1890円から!詳しくはこちら!
あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選び
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
一番悪いのはいじめた側のクソガキども。 未成年といえども12歳になればやっていいことと悪いことの分別はついているはず。 それに集団でよってたかっていじめてるんだから、誰がどうみても確信犯。 もし大人がこれをやれば100%刑務所行きなのに、中学生なら出席停止。 日本の法体系は罰則規定が甘すぎる。 このクソガキどもはどうせ矯正なんかできっこないから、学校に復帰したってお礼参りをするだけ。 だったら二番目に悪いクソガキどもの親を徹底的に罰するのみ。 反対するのは解同を中心とする左巻きの連中だけ。 クソガキどもの親は解同のみなさんとお友達ですから。 
2006/11/26(日) | URL | おしゃか #-[ 編集]
全面的に同意です。

少年法の抜本的な改正、更には、それに付随する、保護者への刑罰というものも、考えていく必要があると言えそうですね。
2006/11/26(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
少子化でじめっ子もじめる子も大事な子供に代わりが無いが余りにも無責任な親が増えて野放しに育て揚げてる子供と温室に入れて育てた子の対立構図からも逸脱してる。其処へ持ってきて左翼系生き残りの残党が日教組に潜り込む。所が時間が左翼の戦闘手法を変えざるを得なくなり、エロ教師が暴走し始めてる。日本ほど、平和主義が偽善の代名詞になった国だと左翼の安保、全共闘、ポスト全共闘の所謂「宮台真司」を偶像視する的な援助交際をツールに使う生き方の左翼路線を見抜いていた。。(暴力的なラディカルな破壊行為は瞬間的には心地よくてもずっとやって入られない!)から大道的なパフォーマンスとフリーセックス、援交へと移った。20代後半になると身体的にも暴力破壊は辛くなる。セックスが常識の部分に反するから自己否定を強いるセクトに代わって敷居が低いサブカル左翼が増える。>と喝破しています。つまり日教組に潜り込んだ左翼達が猥褻行為をする、痴漢行為、盗撮をする教師が頻繁にテレビを賑わせる行為をしてるので分かる。新旧左翼の無責任な期待の複合体が「宮台真司」という偶像の周囲に出来ていた事に気ずくのが遅かった。ジェンダー・フリーに名を借りて教室で人形で性行為やコンドームの使用方法を実践的に指導する。男女混合学級名簿、教室の更衣、騎馬競技という非常識が許されてた。援助交際はフリーセックス路線の究極の形態の実践をしており、本来の家族制度の破壊を目指してる。「自己否定」の行き着く先がフリーセックスのラディカルな実践が出来ないフィギュアとかメイドに消えるオタクが下流社会を形成してる。此処まで来ると「下流のオタク」は誰が見てもラディカルで辛い生活実践してるとは思えない。ご当人達は結構辛い事をやってるつもりなんろうが・・・。
30年前の東大生の労働者の風体を真似てた自分の「アイデンティある教養」と決別して勉強しない事が自己否定と見えただろうが、今ではこれとそっくり同じ東大生の労務者風の服装を見ても何とも思われない。駄目連系、オタク系、東大卒ニートも誰も「自己否定」してる左翼様とは思えない。何だか自堕落に溶解されてゆくような左翼のなれの果てが今日なのでしょう。ジエンダーフリーと環境に優しい社会、差別は止めて一人一人の人権を大切に、世界の人々と友好の輪を目指す社会とか・・耳に心地よく響きます。
2006/11/27(月) | URL | ようちゃん #VmV1yANw[ 編集]
かなり自己溶解した教師が増える所以です。おまけに日教組は聖職者を否定して 教師も労働者だと規定した。だからデモ闘争には過剰反応して全国から元気な旧体質を維持してる者を動員して国会前で居座る。教師には権威が無くなってるから、もともな指導力は無いのです。
2006/11/27(月) | URL | ようちゃん #VmV1yANw[ 編集]
いじめ問題とはズバリ教師の質の低下にあると思います。
いじめを現認したらその場でいじめっ子にゲンコツを喰らわせられない教師<大人>がほとんどでしょう。
親としての大人も同じ、近所の大人も同じでしょう。
中学校法では無いが、小学校法では「しつけ」を教えることになっており、悪いことをしたら叩いて叱ればいいのだ。
左翼教師は子供も一人前の人格として認める思想があり、「何でも話し合いで解決」の癖がある。
しかし、子供にその場を言葉で切り抜ける悪い癖をつけてしまう。
右も左も教えられない教師が教育基本法改正反対など笑止千万である。<通学時、歩行者は右、自転車は左を守ってる中学生がどれだけいるか?通学監視の教師は注意すらしない!>
しかしながら、教育基本法改正論議が起きてからいじめ自殺が増えたのはなぜでしょう?
今まで現場から上がってきてなかったんですかね?
2006/11/27(月) | URL | 1156 #-[ 編集]
浪人様、おはようございます。今日朝鮮総連の関係先に家宅捜索が入ったようです。売国政治屋と一緒に一斉摘発してほしいものです。
2006/11/27(月) | URL | スサノオ #-[ 編集]
鋭いご推察、まさにその通りかと思います。

この人達、教育再生会議とやらの面々の問題点は、そういった現実があるにもかかわらず、それらを考察に入れようともせず、ただ、その場限りの対応、つまりは罰則の適用範囲を広げるなどといった事で、この問題を解決しようとしている事だと思います。

恐らく、根本にメスを入れる事は、文科省の権限拡大に繋がる事が避けられず、それによる世間からの批判を恐れて、このような中途半端な解決案でお茶を濁そうとしているのだと思いますが、このような事では教育再生はおろか、その場しのぎになるかすら怪しいと思えるものです。
2006/11/27(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>左翼教師は子供も一人前の人格として認める思想があり、「何でも話し合いで解決」の癖がある。
しかし、子供にその場を言葉で切り抜ける悪い癖をつけてしまう。

まさしく、その通りかと思います。

ものの分別がつかない子供に対しては、大人が毅然として「悪いことは悪いこと」と教えてやる必要があるものです。

>しかしながら、教育基本法改正論議が起きてからいじめ自殺が増えたのはなぜでしょう?

教育基本法、及び教育改革の議論が起きてから、「苛め」や「やらせ」、「履修不足」などが急に取り沙汰されて来たのは、どうも、官邸と文科省の内輪揉めにより、本来なら漏れない筈だった情報が、「どこからか」漏れている様子です。

こういう隠蔽されていた闇が出て来る事自体は良いと思うのですが、教育という分野を扱うに際して、権謀詐術をやたらと駆使するのは、流石に品性を疑わざるを得ないところではあります。
2006/11/27(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
いよいよ、総連に対するメスも深く入り込んでいっているようですね。

この際なので、総連は勿論の事、全ての在日朝鮮人を、強制的にでも「痴情の楽園」に送り返してあげれば良いと思います。

彼らも、連日、「家族に会わせろ」などと座り込みをしているのですから、望み通り、家族に再会、それどころか家族と同居出来るようにしてやる事は、実に人の道に適った措置だと思いますね。

それくらいの事をバシッとしてくれれば、安倍氏を多少は見直すんですけどね。
2006/11/27(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
理不尽ないじめを許さない!
下記“南京家応仁”様の掲示板でいじめ被害者への支援を訴えていますので応仁様にお断りした上で転記させていただいております.なお今回に限り私のリンク先は署名掲示板です.

【引用元】
http://6216.teacup.com/taniguti/bbs?CID=479

【引用開始】
▼長野県「丸子実業高校生いじめ自殺」戦いページ
http://blog.livedoor.jp/yutatakayama/archives/50932423.html

▼署名掲示板
http://8703.teacup.com/ouninn/bbs?

北海道滝川市内の小学校で首をつって自殺した6年生女児や福岡の男子中学生いじめ自殺のことが大きく取り上げられていますが、高山様のご長男であった長野県立丸子実業高校一年生バレーボール部の男子生徒 高山裕太君が去年の12月6日、自室で首つり自殺しました。
裕太君は中学生の頃から喉の病気で”嗄声”でうまく話すことができず、そのため高校に入ってから、バレー部の先輩からからかわれるなどのいじめを受けていました。中学の時にはからかわれることはありませんでした。
声の物まねなどをされて、嫌だったとノートに書いた手紙や遺書がいくつもあります。先輩からハンガーで殴られる暴力も受けていました。
学校、県教育委員会へは生前裕太君とお母様でいじめをやめさるように訴えましたが、事実を認めず、何も助けてもらえないどころか、担任やバレー部の顧問や部員やその父母や教育委員会、校長らがみんなで嫌がらせをいじめを隠蔽するために3ケ月も行なわれてきました。そんな中裕太君はうつ病になり自殺をしました。
そして裕太君の死後も校長やバレー部員から酷いいやがらせを受けています。
現在、校長を殺人罪と名誉毀損罪で告訴しています。
また事実の調査もせずにいじめも暴力もなかったと教育委員会は認定したのを受け、2006年4月に事実を解明するために教育委員会や、学校、校長らを相手にお母様は民事訴訟を起しました。
この裁判中のなか2006年10月30日にバレー部の顧問とバレー部員のいじめや暴力をしていた生徒を含む30名が、お母様に対して3000万円を要求するといった、加害者が被害者を訴えるという異例な状況になっています。
この不条理は許せません。
どうかみなさんの支援をお願いします。
この事件の詳細は上記のブログをご覧ください。

以上が、裕太君のお母様から応仁に頂いた情報提供です。
http://www.jtg.co.jp/book/

2006/12/09(土) | URL | くちべた日本人 #-[ 編集]
ご紹介のサイト、拝見させて頂きました。

また、掲示板にも書き込みをさせて貰おうと思ったのですが、何故かエラーが出て書き込ませて貰う事が出来ませんでした。

苛め自体も勿論許せませんが、その後の加害者の保護者、学校側の理不尽さにも、強い怒りを覚えざるを得ないものです。

このような理不尽な苛め、事件の被害者を一人でも少なくする為にも、高山君のお母様には、是非とも頑張って頂きたいと思います。
2006/12/10(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/567-64c5ae18
いじめた生徒は出席停止に…教育再生会議が緊急提言へ 記事の中で 学校教育法では、「児童の性行不良で、他の児童の教育に妨げがある時」は、市町村教委は保護者に対し、その児童の出席停止を命じることができると定めている。具体例として、傷害、心身の苦痛、財産上の損
2006/11/26(日) | blog of tomocky
かもしれない('A`)北海道夕張市が無責任で無能な責任者のせいで破綻しました。夕張市と同じ様な状態にある市や区はまだまだあるでしょう。('A`)
2006/11/26(日) | 勝手なニュース
昨夜緊急的なエントリーを行いましたが、私は以前より、現代の慢性的に悲壮感が漂う社会背景には、教育問題に起因するところが大きいと感じております。愛国心が社会ひいては家族への強い絆に結びつき、我が国の将来の発展に寄
2006/11/27(月) | 日出処の民
「ある浪人の手記」管理人様 浪人様、「たかしズム」のたかしです。 まずはあなたのブログ掲示板に、幾分「挑発的」な「営業書き込み」を致しましたことをお詫び申し上げます。実はこれから申し上げることに、あなたのお考えをお聞かせ願いたいと思っています。お書き頂