或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップスポンサー広告 → スポンサーサイト

スポンサーサイト
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南京の真実

ブックマークに追加する
トップ政治 → 造反議員、復党へ

造反議員、復党へ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 バカボン中川幹事長が、阿呆にも誓約書なるものに拘ったが為に、多少の混乱はあるかと思われた自民党復党問題ですが、どうやら、大方の悪い予測通り、このまま復党届けが受理されるという流れになりそうです。

自民、平沼氏除く11人の復党内定…今週中にも決定

 自民党は27日夕の役員会で、郵政民営化に反対して自民党を離党した「造反組」の無所属衆院議員12人のうち、平沼赳夫・元経済産業相を除く11人の復党を認めることを内定した。

 12人は同日午前、そろって復党願を石原伸晃幹事長代理に提出したが、平沼氏は郵政民営化支持を表明した誓約書提出を見送った。自民党は今週中にも党紀委員会を開き、11人の復党を正式決定する。今回の復党決定に対しては有権者から賛否両論が出ることが予想され、今後の安倍首相の政権運営などに影響を与える可能性もある。

 平沼氏は27日午後、都内の個人事務所で会見し、「今後は無所属で頑張る。新党を作ったり、どこか(ほかの政党)に行くことはない」と述べ、当面、無所属で活動する意向を表明した。

 自民党役員会では、首相が「平沼さんは残念だが、11人の復党は認める」と表明し、了承された。ただ、青木参院議員会長は誓約書の提出を求めた中川幹事長の対応について、「もっと温かく迎えるべきだ」と批判した。

 中川氏は役員会後の記者会見で、「平沼氏の任期中の復党は考えられないのではないか。信念を貫く政治家だと平沼氏に敬意を払っているが、自民党が信念を曲げることはあり得ない」との見解を示した。

(2006年11月28日 読売新聞)


 野田某の如き、信念の欠片も無い、既得利権の為だけに政治家をやっているような蛆虫は兎も角として、殆ど大半以上の所謂郵政造反組と呼ばれる議員は、曲がりなりにも自身の政治信念を貫いた上での離党であった筈にも関わらず、誓約書なるものに署名し、自身の政治家としての未来を閉ざしてまで復党するとは、実に嘆かわしいと言えるものです。

 確かに、無所属のままでは、自身が有権者と約束したマニフェストが100%実現不能である事や、次の衆院選が苦しくなるなど、不利としか言えない状況に陥る事は必須ではあり、自民党に復党したいという気持ちそのものは理解出来るものではあります。

 しかしながら、如何に元々は自民党員で、基本的な政策理念そのものには大きな隔たりは無いと言えども、自身の主張の正当性を完全に粉砕する誓約書に署名をする事など、政治的信念を完全に無くす行為であると同時に、自身に1票を投じてくれた全ての有権者に対する、重大な背徳行為であると言えるものです。

 確かに、あの郵政選挙も結果を素直に受け取るならば、大きな枠における民意では、国民の多くは郵政民営化を望んでいたと言えるものではありますが、少なくとも、郵政造反組と呼ばれる議員に対して1票を投じた有権者は、郵政民営化に反対をした議員に対して、自らの貴重な権利である1票を投じたという事を、あまりにも蔑ろにし過ぎではないでしょうか。

 例え、最終的な目標が復党であるにしても、少なくとも、バカボン中川幹事長が誓約書なるものを撤回するまでは、徹底抗戦の構えを示してこそ、有権者の代表たる政治家として正しい姿であり、復党するにしても、有権者の理解が得られる行動であったと言えるものです。

 そもそも、自身の政治生命に終止符を打つような誓約書に署名してまで復党するくらいなら、偉そうな事を言い、郵政民営化に反対であった国民を騙すような真似は、最初から慎むべきであったと言えるでしょう。

 このようなモラル、信念の欠片も無い行為こそが、国民の政治不信を呼び起こし、投票率を下げ、結果的に公明党の如き腐れカルトの組織票を持つ政界の塵をのさばらせる結果に繋がるという事を、この連中は少しでも理解しているのでしょうか。

 唯一の救いは、平沼氏が、このような腐れた誓約書に署名する事無く、自身の信念を貫き通した事ですが、流石の平沼氏と言えども、たった一人で自公連立という巨大な組織に立ち向かう事は、限りなく困難だと言わざるを得ません。

 平沼氏が、バカボン中川幹事長の要求した誓約書に署名する事を拒んだ時、一人でも二人でも良いから、たった一言、「私は平沼さんと行動を共にします」という言葉を口に出来れば、或いは事態は一気に良い方面に進んだ可能性もあったというのに、たったの一人もそのような事を口にする議員が居ないとは、余りにも情けなくて、涙も出やしないというものです。

 平沼氏を中心とした5人程度の新党が出来さえすれば、次の参院選の帰趨次第で、自民党、国民新党、そして平沼新党による連立政権という芽があったというのに、この連中の軽薄な行動により、その僅かな臨みすらも全てパーになったと言えます。

 更に、上にも記したように、この連中の軽薄な行動により、国民の政治不信は更に加速し、次の参院選での投票率が下がってしまう事も想定され、そのような事態になれば、創価学会という巨大な組織票を持つ公明党なる腐れ外道が、ますますその力を余す事無く発揮する事となり、連立与党内での発言権を更に強めるという事にも繋がります。

 これは最早、単なる軽薄な信念無き政治家という事に止まらず、如何なるつもりであったにしろ、立派な売国的行動、亡国的行動と呼べるものに他なりません。

 このような時、野党第一党である民主党が、せめてもう少しくらいはまともであったならば、彼らに政権を任せるよう仕向けるという選択肢もあったと言えますが、その民主党は、更に馬鹿に拍車を掛けている様子ときたものです。

反組復党、民主・小沢氏「自民は何でもありの党」

 野党各党は27日、自民党が郵政造反組11人の復党を内定したことを一斉に批判した。

 民主党の小沢代表は27日、大阪市で開かれた党大阪府連の会合で「自民党はその場その場で何でもありの政党だ」と強調した。鳩山幹事長も記者団に「自分の欲で動く政治家ばかりだ。選挙に負けるから戻っておいでよというのは党利党略そのものだ。次の国政選挙で国民が正しい判断をする大きな材料になる。衆院解散を要求すべきことだと思う」と語った。

 郵政民営化に反対して自民党を除名された国民新党の綿貫代表は記者団に「私にも我が党にも関係ないことだ」「(前首相の)小泉さんは郵政民営化は天下の一大事だと言ってやったが、本当にそうだったのか。この結末と合わせて考えれば、後世の人が批判するのではないか」と語った。

(2006年11月27日 読売新聞)


 自民党が何でもありの党だとは、まさしくその通りではあります。

 しかしながら、野党共闘なるものに固執し、イデオロギーを政治的信念も全く別な社民党や共産党と結託し、日米同盟の重要さを説きながら、それに完全に相反する「極左の元バスガイドさん」の応援に精を出したり、教育基本法の改正の必要を認識し、対案を出すという行為までしておきながら、訳の分からない事を言い出して採決拒否をしたり、わざわざ支那下りまで出向き、自国の政府を、支那の政治家と一緒に誹るような真似をして来た小沢くんが言っても、説得力が無いどころか胡散臭いだけと言えます。

 そして、その小沢くんより更に酷いのが、民主党の迷幹事長、鳩山由紀夫ことハトポッポくんで、自民党に議員が復党した事で、「衆院解散を要求すべきこと」だなどと、頓珍漢もここに極まる馬鹿な台詞を吐いています。

 次の国政選挙で国民の判断の材料になるとはその通りですが、その余計な馬鹿が極まったような一言も、国民の判断の材料になるという事を、何故にこの馬鹿は理解出来ないのでしょうか。

 その下に、国民新党の綿貫代表のコメントがありますが、これが「ごく普通」の政治家として正しいコメントであり、自分の行動も省みずに「何でもあり」だの、こんな事を以て「解散」だのと訳の分からない言葉を発すれば発する程、如何に自民党が胡散臭くとも、「民主党よりかは遙かにマシ」と国民が判断するのは自明の理だと言えます。

 正直な話、現時点においては、何を言ったところで、民主党が政権を担える政党だとは思いませんが、ここまで酷いと、流石に呆れ果て、開いた口がふさがらないと言うものです。

 何れにしても、これで、平沼新党の芽は無くなり、与党内における公明党の発言力は増し、対立軸を担う筈の民主党は、九九が出来るのかどうか怪しい程の低レベルと、最悪の状況を迎えたと言えるものかと思います。

 自民党に復党した造反議員も、下らない誓約書に署名した事により、二度と、自らの意見を発する事も出来ず、ただバカボン中川幹事長に忠実な「政治ロボット」と化すであろう事は、先ず間違い無いと思われるものです。

 我が国は今、最悪の状況を迎え、更に、その状況を打破する勢力が居ないという、まさしく絶望の丘に立ち竦んでいるような状況下にあると感じられるものです。

 しかしながら、この状況を打破する為には、我々国民一人一人が、決して諦める事無く、間違っても選挙に赴かないなどという状況を避け、一人でも多く、まともな、信念のある政治家を国政の場に送り出す必要があると言えるのではないかと感じる次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

奪われる日本
奪われる日本
posted with amazlet on 06.11.28
関岡 英之
講談社
売り上げランキング: 1928
おすすめ度の平均: 4.5
5 ああ毎日新聞
5 真の保守派を見た
5 「アメリッポン」への道

職業としての政治
職業としての政治
posted with amazlet on 06.11.28
マックス ヴェーバー Max Weber 脇 圭平
岩波書店
売り上げランキング: 30101
おすすめ度の平均: 4.5
5 第1次世界大戦敗戦後のドイツを憂うマックス・ヴェーバーの声を聞け
5 読むたびに新たな発見。
4 マックス・ウェーバーは近代のマキャベリか?


PR情報
人間学を学ぶ月刊誌 月刊『致知』(ちち)
一週間分の産経紙面を全て配信!【産経NetView】一週間コース誕生!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/570-52a44941
櫻井よしこ氏(ジャーナリスト) 「未履修問題」に思う高校での「未履修問題」は、今の日本の問題を象徴していると感じます。つまり、歴史が軽んじられているということです。学習指導要領で高校の卒業資格の単位と
2006/11/28(火) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
 「国民に聞いてみたい。」 そう言って小泉純一郎前総理が衆議院を解散させ、結果自
2006/11/28(火) | ENJOY AMBITION!!
「民営化反対とは言っていない」復党4人が弁明会見 http://www.yomi...
2006/11/29(水) | Trend Review
昨日エントリーしたかったのですが、朝鮮総連の動きがあったため本日の掲載となりました。最近支那の諸外国を巻き込んだ動きがとても活発なものとなってきております。例に漏れずわが国もその対象。先のAPECの席上、
2006/11/29(水) | 日出処の民
郵政民営化造反議員復党問題については、Trend Review::政策議論を踏絵にするな!~「造反組」復党問題~に書いたので、そちらを参照してもらうとして・・・。郵政民営化なんて、もう既に通ってしまった法案を「踏み絵だ」とか「信念の闘いだ」とか・・・・サル芝居もいい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。