FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 存在感の消えていく日本

存在感の消えていく日本
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 米中間選挙において、民主党に大敗した事を受け、なし崩しに北朝鮮ペースに巻き込まれるが如く、再び6ヶ国協議なる北朝鮮の時間稼ぎの為の飯事が再会される運びとなり、来月にも再開かと囁かれていましたが、調整は難航しているらしく、未だ日程は決定していない模様です。

米中朝首席代表が協議 6カ国再開日程は決まらず

 北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の北朝鮮首席代表、金桂寛外務次官が28日、北京入りし、米首席代表のヒル国務次官補、中国の武大偉外務次官と3者協議を行った。中国外務省の姜瑜副報道局長は同日の定例会見で、次回6カ国協議の開催日程は「協議中である」と述べ、まだ決まっていないことを明らかにした。

 副局長は「2カ国の協議も行っている」と語り、ヒル次官補と金次官による米朝協議が行われた可能性を示唆した。

 北京国際空港で金次官は記者団に対し、「ヒル次官補の招待を受けて来た」と言明。「米国との争点はあまりに多い」とする一方、「核実験を通じて米国への防御的措置をとった。これからは(核保有国としての)正々堂々とした地位でいつでも会談する」と語った。

 一連の協議では、6カ国協議の再開日程について詰めの調整を行い、北朝鮮が協議復帰の条件として要求している米国の金融制裁解除の問題を話し合ったもようだ。

 ヒル次官補は同日午前、武次官、韓国首席代表の千英宇外交通商省平和交渉本部長と相次いで協議。千氏と日本首席代表の佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長は同日昼、北京市内で協議するなど活発な話し合いが行われた。

 副報道局長は、ロシア首席代表が訪中する可能性は否定した。

 ヒル次官補は今月21日には、12月中旬に6カ国協議が再開されるとの見通しを示していた。(共同)

(06年11月28日 産経新聞)


 我が国の首相閣下は、北朝鮮の核保有を断じて認めぬと、威勢の良い事を言ってはいますが、米朝二ヶ国の一連の動きを追う限り、我が国の意図などは全く関係無く、ほぼ北朝鮮が望むがままの形に、物事が進んでいるのは間違い無いと言えます。

 そもそもが、このような形で6ヶ国協議の日程の調整が難航している事自体が、北朝鮮にとっては十分な時間稼ぎとなる事柄であり、更に、首脳同士では無いとは言え、米朝2ヶ国協議までもが行われた節があるとすれば、これはまさしく北朝鮮ペースそのものであると言えるものだと思います。

 更に、この6ヶ国協議の日程摺り合わせを、米中朝三国で行っている事からも、次回の6ヶ国協議において、我が国の存在感が前回よりも更に低下する事も、十分に考えられる事と言えます。

 確かに、福島県会津若松市北会津町安良田に松本さんを拉致被害者認定するなど、我が国の内部においては多少は拉致事件も進展が見られはしていますが、この問題を解決させる為には、我が国内部で事を進めるのみでは無く、諸外国、特に、この6ヶ国協議の参加国に強く訴えていく必要があるという事を、我が国政府は理解しているのでしょうか。

 このままの流れで行けば、最悪の場合、拉致問題は国内における首相閣下のパフォーマンスのみで一向に解決せず、6ヶ国協議なる飯事で北朝鮮の時間稼ぎを許し、北朝鮮は名実共に完璧な核保有国となってしまう可能性も、決して否定出来ない杞憂を感じるものです。



 しかしながら、我が国内部の事柄ならば、我々国民の努力によって何とかなる可能性はあっても、国外の事柄となると、我々の努力のみでは如何ともし難く、政府の不甲斐なさには、怒りと失望を感じざるを得ないものです。

 そして、その政府の不作為を追求すべきマスコミはと言えば、我が国の外交努力の足り無さを指摘するどころか、核議論をしようと言い出した麻生・中川両氏を罷免しろだの、郵政造反組の復党に、小泉チルドレンとやらが反対しているだのと、極めて下らないとしか言い様の無い、ワイドショーレベルの報道を繰り返すのみ。

 そして、これを良いことに政治家の連中は、この国難の危機下にあるにも関わらず、我が国を守り、拉致被害者の奪還に勤しむどころか、日々、権力闘争に明け暮れる有様。

 ようやくにして、防衛庁の省昇格法案に成立の目処は付いたものの、これはあくまで国防体制の基本を固める為の第一歩を踏み出した程度の事柄であり、これだけであらゆる危機に対応出来る訳ではありません。

 我が国が核兵器を保有していないから、このような体たらくなのだとの声も聞かれますが、正直、この連中に核兵器という武器を与えたところで、それを戦略的に活用し、事態を打破出来るとは到底思えないものです。

 何とか、この馬鹿どもの目を覚まさせ、まともな外交を展開させていかない限りは、拉致被害者の方々を全員帰国させるという事は、或いは叶わぬ夢ともなりかねません。

 しかしながら、我々は絶対にここで諦める訳にはいきません。

 例え、ごく小さな事であろうとも、我々は、国民レベルにおいて、今出来る事をひたすらに頑張っていき、何時の日か、必ず全ての拉致被害者を奪還出来るよう、努力していく必要があるものだと感じる次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

家族
家族
posted with amazlet on 06.11.29
北朝鮮による拉致被害者家族連絡会
光文社
売り上げランキング: 210940
おすすめ度の平均: 5.0
5 各家族それぞれの思い
5 今、テレビや新聞を通して家族の姿を見ている人全てに読んでほしい
5 全面解決を国民の力で!!

奪還―引き裂かれた二十四年
蓮池 透
新潮社
売り上げランキング: 172712
おすすめ度の平均: 4.5
4 同じ日本人として
5 残酷な運命
5 一気に読みました


PR情報
一週間分の産経紙面を全て配信!【産経NetView】一週間コース誕生!
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!月額263円から!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
先日、妻と二人で映画『めぐみ-引き裂かれた家族の30年』を観てきました。自分にもひとり娘がおりますが、家族の平凡な幸せを再度感謝しました。観ている人ほとんどの人が泣いていました。夫婦で行くと独り¥1000です。観てない人は是非行ってください。残念ながら、人入りが少ないようです。北朝鮮を絶対に許さない!
2006/11/29(水) | URL | yamamoto #-[ 編集]
米朝ペースであろうと、日本の存在感がなかろうと、ようは核問題、拉致問題が解決すればいいのだと思いますが、多くのまともな評論家が述べているように、日本がどのような手を打ったとしても、2年間(アメリカ大統領選の結果が出るまで)は進展しないように思います。だからといって、何もするなと言う訳ではなく、経済制裁でできることは全てやるべきだとは思います。
2006/11/29(水) | URL | けん #JalddpaA[ 編集]
浪人さんが核保有に反対する理由がやっとわかった。 永田町と霞ヶ関の連中があれでは、誰だって不安になりますわな。 彼らの脳みそには戦略どころか、戦術の言葉すらインプットされてないのでしょう。 たかが特亜やアメリカ相手の外交に手こずっているようでは、ロシアやEUには太刀打ちできないのは目に見えています。 特亜、アメリカ、ロシアの外交のやり方はある種ワンパターンだってことぐらい私にでもわかるのに。
2006/11/29(水) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>正直、この連中に核兵器という武器を与えたところで、それを戦略的に活用し、事態を打破出来るとは到底思えないものです。

そうですね。根本的な部分、肝っ玉が据わっていないような人間が、最強の兵器を持っていても無意味だという事ですね。

核問題において、北鮮に好き勝手させてきた米の態度にも腹が立ちます。が、それよりも、自国民を拉致され、更に全国民の生命を脅かす存在が目の前に存在しているのに、いまだに支那朝鮮を擁護する輩(日本人)がいる事実に憤慨します。

核実験後の6ヵ国協議再開などは、米が武力行使をしないと北がなめているからに他ならない。
我国が現実に核武装をしないにせよ、外交戦略カードとしては、これ程役に立つカードはないはず。脳無し韓国は放置して、支那を利用する方策を考える位しか、核、拉致の問題解決は難しいかもしれません。パンチ将軍暗殺計画も含めて。
北は今年の飢饉どうする気なのかな・・・。
2006/11/29(水) | URL | スサノオ #-[ 編集]
タイトルは気にしないで下さい。間違いです。謝
2006/11/29(水) | URL | スサノオ #-[ 編集]
映画、御覧になられたのですか。

しかしながら、このような本当に国民が見るべきと言える映画があるというにも関わらず、たまにTVをつければ「ハリウッド製」の娯楽映画の宣伝ばかり。

CMは仕方がないにしても、ニュースや報道番組などが、本当に報道機関としての自覚があるならば、番組の始めや終わりに、自主的にこのような映画の紹介をしても良さそうに思えるのですがね。

このままでは、マスコミ主導の下、余り韓国を笑ってられないような民度の低い国になるのではないかと、一抹の不安を感じざるを得ないものです。
2006/11/30(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>米朝ペースであろうと、日本の存在感がなかろうと、ようは核問題、拉致問題が解決すればいいのだと思います

これは、全くその通りだと思います。

そして、経済制裁など、出来る事を続けていくべきとのご意見も、至極その通りだと思います。

ただ、経済制裁や、今、日本が行っている程度のものでは、強烈なジャブにはなり得ても、止めのストレートやアッパーカットにはなり得ないものです。

そして、北朝鮮から本気で拉致被害者を奪還しようと思うならば、ジャブのみで無く、打つ打たざるは別にして、絶対にストレートやアッパーカットといったフィニッシュブローを持っておく事が必要となってきます。

フィニッシュブローとは、単純な武力制裁のみでなく、考え方次第では、幾らでもとまではいかなくとも、幾つかは創出する事は不可能ではありません。

私が憂慮するのは、政府が、そのようなフィニッシュブローを創出するべく、自国内における努力、或いは国際社会に対する働き掛けをしている姿が、僅かばかりも見えて来ない事です。
2006/11/30(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
それだけと言う訳ではないのですが、基本的にはその通りです。

核兵器を保持した後は、政府や外務省が努力して諸国を説得すれば良いと言う人も多いのですが、地政学もクラウゼヴィッツもジョミニも六韜も孫子も良く理解出来ていないような連中に、そのような高度な外交が出来る訳がないと思えるものです。

「やるべきだ」と言っても、数学が苦手な人間に、フェルマーの定理を解くのが不可能なように、外交・安全保障のイロハを理解していない人間に、急にそのような任務を与えても、果てしなく壮大な無駄に終わるのは、残念ながら目に見えていると言えるものです。

仰るように、米国や特亜の外交戦術は、非常にワンパターンと言えるものであり、これを軽くいなせるくらいにならなければ、核を持ったところで無意味どころか有害にすらなり得ます。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」といったところですかね。
2006/11/30(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
米国が北朝鮮に対して武力行使をしないであろう事は、我が国も支那も、韓国でさえも気付いている事でしょうからね。

況や、北の将軍様が気付いていない訳など無く、それに関してのみならば、北朝鮮は余裕をコイている事は間違いないかと思います。

問題は、スサノオさんが指摘されているように支那で、この連中に「素直にお願い」しても無駄な事は明白なのですが、やり方によっては、味方に付けるのは難しくとも、日本側に利するように動かす事自体は、不可能ではないと考えられるものです。

しかしながら、我が国もカシコイ政治家や官僚の皆々様は、日中友好は重要と口にするばかりで、少しも支那を利用しようという発想が思い浮かばないご様子ときたものです。

誰か、彼らに、「馬鹿と鋏は使いよう」という先人のありがたいお言葉の意味を、咄咄と説いてやって欲しいものです。
2006/11/30(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/571-aec62d40
本日は、ちょっと韓国に釣られてみました。(笑彼らのようにファビョってみようかと頑張ったのですが、なかなか難しい。どうしたらあんなにファビョれるんでしょ?
2006/11/29(水) | 日出処の民