FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 馬鹿の馬鹿な争いに思う事

馬鹿の馬鹿な争いに思う事
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 自民党支持者にとっても、また、そうでない人間にとっても、嘆息する以外にどうしようもないと言える結果に落ち着いた自民党復党問題ですが、信念も気概の欠片も無い造反議員の面々が、「奴隷誓約書」に署名して復党して終わりかと思われたのも束の間、事態は更に下らない方向へと向かっている様相です。

自民・佐藤議員、小選挙区公認候補の調整問題「前回の党公認候補が優先されるべき」フジテレビ「報道2001」で

 自民党佐藤ゆかり議員は、3日朝のフジテレビ「報道2001」で、同じ選挙区の野田聖子議員ら「郵政造反組」の復党にともなう公認候補の調整問題について、自分が党公認候補として優先されるべきとの考えを示した。
「小泉チルドレン」の佐藤議員と、復党が認められることになった造反組・野田聖子議員の2人が、激しい火花を散らしている。

 3日朝のフジテレビの番組で、佐藤議員は「中川秀直幹事長はですね、『(小選挙区の)現支部長であることは変わりないと。党則にも支部長が次の衆院選挙の公認である』と(話した)」と、小選挙区での公認に幹事長からのお墨付きがあったとアピールした。

 一方、復党願提出直後、野田議員は「同じ自由民主党になりますので、ともに汗をかいていきたいなと思います」とエールを送っていた。

 2005年の「郵政総選挙」で、野田議員への刺客として送り込まれた佐藤議員だが、返り討ちに遭い、選挙区は野田議員が当選、佐藤議員は比例区で復活当選していた。
佐藤議員は「早く、やはり選挙区調整というものを終えて、はっきりさせてあげないと、有権者が一番戸惑うと思います」と話した。

 4日の自民党党紀委員会で、造反組の復党が正式に決まるとみられるが、次の総選挙でどちらが小選挙区支部長、すなわち選挙区公認候補になるのか、「復党後」の火種が早くもくすぶり始めた。

 また先週、委員会の法案採決を無断欠席した佐藤議員は、「(委員の)差し替え手続きをさせていただいておりましたが、そこに不備がございまして、党内でのご迷惑おかけいたしましたことを誠に申し訳なく思っております」と謝罪した。

 欠席中に、公認問題で中川幹事長を訪ねていたことも、その後明らかになり、週明け、党側の対応が焦点となるとみられる。

(2006年12月03日 FNN HEADLINES)


 実に下らない争いと言うか、何と言うか、国政に対する理念や政策上の対立では無く、単に岐阜1区における支部長、即ち次期衆院選における小選挙区から立候補する権利を廻っての争いを、公共の電波を使って繰り広げるとは、実に呆れ果てた馬鹿議員であるとしか言い様がありません。

 政治に権力闘争が付きものである以上、これを「するな」とは言えないものではありますが、そのような事は、内々で行い、外に対しては一応は協力しているように見せる事も、政治家としての配慮であり戦略だろうと思うのですが、このケバいオバサンには、どうも理解が出来ないようです。

 尤も、そのみっともない喧嘩の相手が、国賊・古賀誠駐日朝鮮工作員の子飼いである野田某だけに、これでお互いに潰し合ってくれれば、それはそれで結構な事ではありますが、この連中の給料も我々国民の税金から支払われている事を考えると、非常に腹立たしく思えて仕方がないものです。

 こんな馬鹿議員を2人も当選させた、岐阜1区の人間に多少の文句の1つも言いたいところではありますが、先の衆院選で岐阜1区から立候補した議員を見渡してみては、明らかに選択肢は、この国賊と馬鹿の2つしか無かったと受け取れるものであり、怒りの持って行きようが何処にもありません。




当選氏名党派得票数
野田聖子無所属96,985
佐藤ゆかり自民党81,189
柴橋正直民主党38,349
小川理共産党9,970


 まあ正直、この面子では、目糞と鼻糞と耳糞と歯糞の内から、どれでも好きなものを選んで下さいと言われているようなものであり、如何に正常な判断力を持っている人間でも、選択肢の中に何処にも正解が無ければ、正しい選択などしようが無いと言えるもので、怒りどころか、岐阜1区の方々には、深い同情の念すら湧いてくるものです。

 尤も、この区から立候補している柴橋氏は、自民党馬鹿2人と比べれば、幾らかは「まとも」な人材だと思えるのですが、如何せん年齢が若すぎる事、ネームバリューが無さ過ぎる事を考えれば、よっぽどの政治家マニアか、或いは民主党支持者でも無い限り、彼が選択肢に入らないのもやむを得ないと言えるものです。

 また、候補者の政治理念や政策を伝えるべき腐れマスコミどもも、この馬鹿2人の醜い争いを、面白可笑しく描くのみで、他の候補者の事など殆ど伝えなかったという事も踏まえると、やはり、仕方がなかったと結論付けざるを得ないものかと思えるところです。



 まあ、候補者や選挙のような、過ぎた話はこれくらいにしておくとして、この馬鹿2人の醜く下らない争いが、最悪の場合、あと3年程続くのかと考えると、さすがにうんざりしてきます。

 こんな馬鹿の馬鹿な争いなど、国民に何も益するところなど無いのだから、一切報道しなければ良いと思うのですが、女同士の確執というのは、下世話なマスコミ連中の好み中の好みらしく、テレビは勿論の事、新聞や雑誌も、この馬鹿の馬鹿な争いを、これから先も面白可笑しく書き立てようとする事は間違い無いでしょう。

 これが、政策や理念における対決で、それをマスコミ連中が歪曲して伝えているだけならば、まだ救いようもあると思えるのですが、この馬鹿2人の争いは、純然たる下らない下流における権力闘争であり、我々が傾聴する必要性など、ゾウリムシの糞程にも無い事は明白です。

 私は小泉全否定派ではありませんが、このような下らない争いの種を全国津々浦々にバラ撒いておいて、自分は議員余生をのうのうと楽しんでいるのかと思うと、流石に腹立ちを禁じ得ないところではあります。

 1日でも早く、こういう馬鹿が国政の場に立ち、馬鹿な争いを繰り広げ、国会を2丁目劇場の如くにしてしまわない日が来るよう、与野党共に、もう少しは立候補者の選定を厳しくする事を望むと同時に、有権者、我々国民も、雰囲気やイメージでは無く、候補者の声、政治理念や政策理念を聞いて、常にとは行かなくとも、出来るだけ正しい判断が下せるようにしていきたいものだと思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

職業としての政治
職業としての政治
posted with amazlet on 06.12.04
マックス ヴェーバー Max Weber 脇 圭平
岩波書店
売り上げランキング: 14551
おすすめ度の平均: 4.5
5 第1次世界大戦敗戦後のドイツを憂うマックス・ヴェーバーの声を聞け
5 読むたびに新たな発見。
4 マックス・ウェーバーは近代のマキャベリか?

馬鹿は死んでも馬鹿―富と自由を生む鉄則
西山 啓道
ぶんか社
売り上げランキング: 135571
おすすめ度の平均: 4.5
5 わかりやすい☆
3 読みやすい。
4 そのとおりかもしれない


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
ドクターストップ!?お酒が飲めなくなる前に!エバーライフのカンコウ草
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
こんにちわ!いつも読んでおります。がっ!如何してそんなに、馬鹿、馬鹿、馬鹿と何回も書くのですか?あまり良い気持ちではありませんよ!佐藤、片山議員の採決欠席は、確かに良くないのですが、他の委員は、事務所に連絡ぐらいしてもよかったのではないでしょうか?(甘いのはわかりますが)二人がよく取上げられているので面白くないのが見え見えです。やっかみです。新人議員を取上げている、マスコミが一番悪いと思います。他に伝える事が沢山あるのですから
自民党内の、ゴタゴタはほっとけば良いのです。
2006/12/04(月) | URL | 茶々。 #-[ 編集]
こいつらの選挙区には県庁所在地の岐阜市がはいっているのですが、岐阜市ですら悲惨な状況になっています。 パルコは撤退する、鉄道は廃線があいつぐ、隣の愛知県に転出する者が続出して人口は減少している、という状況です。 それなのにフンガーとユカリは地元民をほったらかして醜い権力闘争をしています。 しかしマスゴミはこういうことを報道しないで、二人の馬鹿女のことをワイドショーのようにおもしろおかしく報道している。 これでは岐阜の人たちがあまりにもかわいそうすぎます。 岐阜の裏金問題に関しては、OBにもカネを返還させることがほぼ決定しました。 ゴム印(公務員)どもが税金を無駄に使ったら現役職員・市議会議員はもちろんのこと、OBにも返還させる前例ができました。 税金をちゃんと払っている国民にとっては、最終的には良い結果になりました。
2006/12/04(月) | URL | おしゃか #-[ 編集]
私の書き方で、気分を害されたのならば、それはどうもすみません。

ただ、仰るように、マスコミが一番悪いというのはごもっともですが、政治理念や政策に関する知識を熟成させる事も無く、他者との協調といったものも一切考えず、マスコミや権力者への阿りばかり上手くこなそうとしている人間に対して、反感や怒りを感じるのは、やっかみなどではなく、ごく普通の感情だと思います。

あと、今回の採決欠席に関しては、それだけを以てこの人や片山某だけを責めるつもりは、少なくとも私にはありませんが、それだけを以て、他の議員や世間から、この2人だけが責められるのも、結局はこの人達の、普段からの驕慢が原因だと考えられるものです。

また、上でおしゃかさんも仰っているように、岐阜1区から選出された政治家2人が、岐阜1区の事をほっぽり出して下らない争いを興じている事は、単なる自民党の内輪の問題に止まらず、岐阜市民にとっての損失にも繋がるものです。

マスコミが面白可笑しく報道する事のみに拘り、この有権者への背徳行為を糾弾しない以上、これを徹底して糾弾しなければ、このような政治ブログをやっている意味など、半減してしまうように感じるものです。
2006/12/05(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
こういう議員がいる限り、次々とそのような都市が現れ、第二第三の夕張のような事件が続きそうで、非常に心苦しくなるものです。

自民党が、岐阜1区において、あくまであの2人のどちらかを擁立するというのならば、せめて、野党が、もう少しはマシな議員を擁立出来ないものかとも思うのですが、小沢氏の沖縄知事選における行動を見る限りでは、少なくとも民主党には期待出来そうもありません。

本当に、岐阜の方々には、同情の念を禁じ得ないものです。

岐阜の裏金問題に関しては、私も良い結果になったと思います。

本来、官の後始末を官がつける事は、至極当然であり、今後、岐阜に限らず、こういう当たり前の事を徹底していけば、根性の腐った役人や政治家どもも、多少は襟を正すのではないかと思います。
2006/12/05(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/577-45dd2643
 今にして思うと、昨夏のあの大騒ぎはこの國に何をもたらしたのか?真剣に考えざるを得ない。郵政反対派12人が復党願 自民、平沼氏受け入れぬ方針 郵政民営化法案に反対して自民党を離れた衆院議員らの復党問題で、平沼
2006/12/04(月) | ステイメンの雑記帖