FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 寄生虫の断末魔

寄生虫の断末魔
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 在日朝鮮人と呼ばれる人間の殆どは、当時の貧しさから我が国に密入国して来た人間、或いはその子孫であるという事は、既に知る人ぞ知る事実では無く、大半以上の日本人が知る「衆知の事実」となってきました。

 また、ごく一部のそうで無い在日朝鮮人にしても、「徴用」、つまりは、当時、日本の一部であった朝鮮半島の住民としての「義務」で来た人間であり、決して、在日朝鮮人が大声で叫ぶような、「強制連行」なるものの犠牲者では無いという事も、多くの日本人が知るところであります。

 しかしながら、この基地外テロ準備団体の連中は、どうしても、その事実を認めたくないようです。

総聯東京都本部、警視総監に申入書

13~15日、「緊急アピール」再び

 朝鮮に対する度重なる制裁の矛先が在日朝鮮人に向けられている。この現状を日本の市民に訴えるための「緊急アピール」が13日~15日にかけて再び行われた(写真)。

 13日には国会前での座り込み、ビラ配布と平行して、総聯東京都本部・朴潤基副委員長、同胞生活部・兪元部長、総聯渋世支部・金有讃委員長、女性同盟東京都本部・成英順副委員長、東京青商会・鄭斗徹幹事長を代表とする30余人の抗議団が警視総監への申入書を持ち警視庁へ赴いた。以下申入書の全文。

 さる11月27日、警視庁公安部は「薬事法違反容疑」で在日本朝鮮人総聯合会東京都本部と渋谷・世田谷支部、祖国訪問新潟出張所の事務所など7ヶ所、また12月3日には在日本朝鮮人総聯合会東京都本部職員と在日本朝鮮東京青年商工会職員の自宅2カ所に対する強制捜査を行いました。

 そもそもこの事件における「薬事法違反容疑」とは、あくまでも医薬品の購入、販売にかかわることであり、同胞女性と医師間の薬の購入、譲渡に関していえば朝鮮総聯は、何の関係もありません。

 それにも関わらず百数十人の機動警察と捜査員を動員し、在日本朝鮮人総聯合会東京都本部と渋谷・世田谷支部を強制捜査し、数日後には職員宅にまで押し入り「容疑」となんら関係の無い物を押収したことは、法を逸脱した不当捜査であります。

 今回の事件が、日本政府と警察当局による朝鮮民主主義人民共和国に対する「圧力政策」の一環としてなされた朝鮮総聯と在日朝鮮人に対する政治的弾圧であるということは、明白であります。「法の下での平等と差別の根絶」をうたい、法治国家を標榜する日本でこのような国家権力の濫用は決して許されてはなりません。

 結成以来朝鮮総聯は国内法を遵守し、朝・日友好親善と地域社会の発展に尽くしてきました。また、私たち在日朝鮮人は、日本の朝鮮植民地支配によりやむなく日本に居住するようになった人々とその子孫であります。

 朝鮮民主主義人民共和国に対する「制裁」、朝鮮総聯と在日朝鮮人に対する圧力と人権侵害は、明らかに朝・日平壌宣言に反するものであります。

 私たちは、警察当局が今回行った強制捜査の不当性を認め、真摯に謝罪し、二度とこのようなことが起こらないよう対処することを求めると同時に、被害を被った朝鮮総聯関連機関と在日朝鮮人に対して十分な賠償をなすことを強く要求するものです。

2006年12月13日

在日本朝鮮人総聯合会

東京都本部常任委員会 委員長 朴昌吉

(2006年12月15日 朝鮮新報)


 余りに基地外染みた文章で、何処から突っ込んで良いのかすら分からない代物となっているどころか、怒るべきものなのか、或いは嗤うべきものなのかすら不明な、理解不能の見本のようなものになっております。

 よくもまあ、これだけ嘘と出鱈目を、恥ずかしげもなく並べられるものであると、感心さえしてしまう程と言えるでしょう。

 在日朝鮮人の中には、所謂「反日」を捨て、日本の社会と共存しようとしている人間も居るとの事ですが、本当に、日本人社会との共存共栄を求めるのであれば、口先だけで友好を求めるのでは無く、この基地外テロ準備団体に代表されるような連中を、まずは自分達自身で糾弾していく必要があると思えるものです。

 如何に、一部の在日朝鮮人が、口先で「反日」を捨てた、日本社会との共存を求めると主張しようとも、このような連中が、このような行動を取る限り、「はい、そうですか」と信用出来る訳がない事など、至極当然、当たり前の事と言えるものです。

 在日朝鮮人自身が、自浄作用を働かせ、この基地外テロ準備団体のような連中を糾弾し、排除していかない限り、在日朝鮮人と我々日本人との共存などは、絶対にあり得ないものだと言えるでしょう。



 さて、最早、肝心なのか、どうでもよいのかすら分からないものとなっている中身についてですが、全てに突っ込みを入れていくのは、果てしない時間と労力の無駄に思えるので、要点を2、3に絞っていく事にします。

 まず、冒頭でも触れた「日本の朝鮮植民地支配によりやむなく日本に居住するようになった人々とその子孫であります」との戯れ言についてですが、そもそも、「強制連行」なる言葉は、戦後に何処ぞの基地外が作り出した造語であり、戦前、戦中において、そのような言葉は存在していません。

 存在しないものによって連れて来られた人間などが存在する筈が無く、このような基地外染みた事を言えば言う程、自分達が如何に胡散臭い集団であるかを喧伝している事になるという事を、一体、何時になれば気が付くのでしょうか。

 また、もし仮に、本当に「強制連行」とやらで連れてこられたのだとしても、戦後、朝鮮に帰国する為の船は何便も出航しており、それで帰る事は、幾らでも出来た筈と言えるものです。

 当時の法を破って、勝手に半島から渡航してきて、勝手に自分の意志で居着き、帰る機会が与えられても、当時の貧しい半島に帰っても得るものが無いと、愛国心、愛郷心の欠片も無い判断をして居残った利己主義者の分際で、偉そうな事をほざくなど一億年早いと言うものです。

 次に、「結成以来朝鮮総聯は国内法を遵守し、朝・日友好親善と地域社会の発展に尽くしてきました」との戯れ言についてですが、確か、私の記憶が確かならば、朝鮮総連なる団体は、日本国内にその活動拠点を置きながら、日本の法律よりも、北朝鮮の法を重んじると、堂々と宣言していたと思われるものです。

 そのような連中が、「国内法を遵守し」などとは、あまりにも面白すぎて、乾いた嗤いしか出てこないというものです。

 それとも、ここで基地外テロ準備団体「朝鮮総連」がここで言っている「国内法」とは、我が国の国内法では無く、北朝鮮とかいうテロ国家の国内法の事なのでしょうか。

 何れにしても、我々日本人としては、「寝言は寝て言え」としか言い様が無いものです。

 そして、最後に、「朝鮮民主主義人民共和国に対する『制裁』、朝鮮総聯と在日朝鮮人に対する圧力と人権侵害は、明らかに朝・日平壌宣言に反するものであります」という戯れ言についてですが、平壌宣言に最初に明確に違反したのは、基地外テロ準備団体である朝鮮総連が崇める、金正日なる腐れ外道に他なりません。

 金正日なる外道が、ミサイル実験、そして核実験を行った段階において、既に平壌宣言なるものは空文化しており、本来ならば存在している事自体がおかしいと言えるものです。

 それでも、どうしても、この平壌宣言なるものを有効化したいと思うのであれば、まずは、金正日マンセーの朝鮮総連自身が、北朝鮮で肥え太っている金正日なる豚の化身に、ミサイル、核実験を行った事を地に頭を擦り付けて謝罪し、二度とあのような馬鹿な事をしないと血の誓約書を書かせると共に、拉致した全ての日本人を帰国させるよう説得してくるべきだと言えるでしょう。

 総括する必要があるのかどうかすら疑問ですが、とりあえず、我々日本人の意見を纏め、この基地外文書に返答するならば、「寝言は寝て言え、嫌なら痴情の楽園に帰れ。寄生虫が」といったところでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

在日・強制連行の神話
鄭 大均
文藝春秋
売り上げランキング: 7291
おすすめ度の平均: 4.5
4 「在日・強制連行」は捏造。実態は「自主的移民」
5 目覚めよ、大韓民国
5 結局の所

在日の地図 ~大韓棄民国物語
山野 車輪
海王社
売り上げランキング: 2130
おすすめ度の平均: 4.5
5 日朝の歴史をのぞき見る
5 移民と祖国
5 考える為の地図


PR情報
ドクターストップ!?お酒が飲めなくなる前に!エバーライフのカンコウ草
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
不法潜入者に帰化を認めてはならない。不法者は犯罪者。温情で帰化を認めても日本に仇をなす。成りすましジャーナリスを見よ。佐高信、本多勝一、辺見庸、筑紫哲也。半日在日を早期駆除を願う。
2006/12/16(土) | URL | 日本人 #-[ 編集]
浪人さんが仰るように、「従軍慰安婦」もそうですが、「強制連行」などありませんね。

そもそも昭和14年(戦前)に100万人程度だった内地に住んでいた朝鮮人は、昭和20年には約200万人まで膨れ上がった訳ですが、その内の大半が内地に職を求めて渡航してきたり、土木事業等の募集に応じてやってきた者ですからね。

だから「強制連行」、いわゆる「国家総動員法」における「徴用令」で連れて来られた朝鮮人は殆どいない。しかも「徴用令」が半島で実施されたのは、昭和19年9月~昭和20年3月までの、わずか7ヵ月ですよね。

内地で昭和14年4月に「徴用令」が実施されたのに、半島での実施が遅かったのは、内地に自主的に渡って来る朝鮮人が後を絶たなかったからです。更に当時、日本では、朝鮮人の内地移住は日本人の職を奪うとして、制限されていた位です。

畢竟、自主的に職を求めてやって来たり、不法入国をした輩が、やれ人権だの、保障だのと、寄生虫の分際でほざいているに過ぎない。という事ですね。

朝鮮人は我国にとって寄生虫であることは明白なだけでなく、世界でも様々な迷惑を振りまく、嫌われ者です。   
これが実態→http://www.geocities.jp/yotsta/

さっさと追い出さないと、我国の腐食は進むばかりです。
2006/12/16(土) | URL | スサノオ #-[ 編集]
こんばんわ。
リアルな世界だけならまだしも、最近ではネットの方の世界でも大陸系の工作員は猛威を振るって来ていますね!
アルファーブロガーと呼ばれる人の一部が、実はオウム=大陸系の情報工作員である事が暴露されましたし、S学会にいたってはmixiのサークルの一部を堂々と占拠して情報工作活動を行っている始末です!
特に最近目立ってきたのは、出発時は純粋な日本人による(?・・・)単なる体制批判の個人ブログだったものが、いつの間にか大陸系工作員のプロパガンダにうまく誘導されて、彼らに利用されているブロガーが多くなってきています!これも大陸系工作員の周到な作戦のなせるわざですがが、我々も注意しなければなりませんね。
ブロガーには、自身についての状況分析能力も必要と思います。
2006/12/16(土) | URL | ITS下田 #-[ 編集]
私としては、決して帰化を認めるべきではないとまではいきませんが、現在の、在日朝鮮人に対する帰化の条件は、明らかに甘過ぎるとは思えます。

せめて、他の外国人に対する「それ」と同程度にしなければ、不公平そのものであるというだけでなく、スパイ・工作員を好んで受け入れているという結果にも繋がっていますからね。

無論、条件を厳しくしたからといって、そういうものが無くなるという訳ではありませんが、せめて、然るべき処置だけは、政府の責任としてしていくべきかと考えます。
2006/12/17(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
韓国人に対する、国際社会の見方が非常に厳しいものである事は有名ですが、私としては、その事を嗤うよりも、韓国という国の国際社会の認知度が低い故に、それを東洋人一般、或いは日本人として捉えられないかと、憂慮を感じます。

「アイムザパニーズ」の件もありますしね。

また、先のワールドカップにおいて、阿呆で見栄っ張りの韓国が、表記を「コリア・ジャパニーズ」とさせた事により、コリア、つまりは韓国を、日本の一地方と勘違いしている外国人も多く存在しているようです。

外務省は、コリア、韓国と我が国は全く別の存在であり、一切関係はありませんと、国際社会に対してアピールしていく必要があると考えます。
2006/12/17(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
私自身は、ネットゲームも余りやらず、mixiにも加入しておりませんので、直接目にした事はありませんが、双方ともに相当酷い事は耳にしております。

また、体制批判ブログが、何時の間にか「中韓応援ブログ」と化しているいうのも、その通りかと思います。

ただ、これに関しては、大陸、半島の工作員の仕業よりも、「セコウしてますか?」大センセーによる、政権維持の為の広報作戦に引っ掛かっている面の方が、大きいように感じます。

大陸・半島に利するような事ばかり言っている人間が、安倍政権を批判すればする程、一般の国民は、安倍政権は正しい事をやっていると勘違いしてしまいますからね。
2006/12/17(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/590-3c875126
('A`)えっと、まず状況を把握できていません・・・本当に良く分からないのですが・・・とりあえず文章をよく読んでみます。
2006/12/17(日) | 勝手なニュース
 笑えるニュース:北朝鮮の国家事業としての保険金詐欺 には笑った。
2006/12/17(日) | 溶解する日本
さて関連情報です。12/5にエントリーした記事にも書きましたが、実績づくりの後に行うべき拡販戦略の現段階で発表できる確定実行スケジュールです。是非、皆様のご協力で本書を成功へと導きたいので応援をお願いいたします。12/17(日)読売新聞朝刊12/21(木....