FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 寄生虫と売国マスコミ

寄生虫と売国マスコミ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 去る今月の13日から15日に掛けて、半島北部から我が国に不法入国して来た寄生虫が、我が国の北朝鮮に対する制裁に対して、日朝平壌宣言に反するだなどと、冗談にもならない戯れ言をほざく集会を行っていた事は、以前のエントリーにも記しましたが、またぞろ、我が国に不法入国して来た寄生虫が、我が国の法案について、何やら訳の分からない事を喚いている様子です。

改正教育基本法:コリアンNGOセンター、成立受け声明発表/大阪

 「改正教育基本法」が与党の賛成多数で成立したことを受け、民族教育の権利確立や、人権保障などに取り組む「コリアNGOセンター」(大阪市東成区)は16日、「改訂教育基本法成立にかかわっての声明」を発表した。

 教育基本法の審議が、在日コリアンをはじめとする多民族・多文化の子どもたちの教育や人権について「なんら触れられないまま進んだ」と批判。「改訂法では『愛国心』や『郷土愛』を徳目として位置づけており、多民族・多文化の子どもたちの存在がさらに軽んじられ、これまで以上に萎縮(いしゅく)を強いられないかと強い危惧(きぐ)を抱いている」としている。

 その上で今後、学習指導要領や教育振興基本計画など、関連法規の改定論議では「日本政府も批准する国際人権諸条約の趣旨を踏まえた人権教育や多民族・多文化共生教育」を位置づけることを要望。その中で、「愛国心や郷土愛が強調されることのないよう」求めた。【中村一成

(2006年12月17日 毎日新聞)


 何故に、我が国の教育基本法について、我が国の国民でも無い、半島から不法入国して来た寄生虫風情が口を挟まねばならないのか、全く以て理解の範疇を超える行動であり、我が国の法体系に不満があるならば、とっとと母国に帰れという以外に、我々からの返答を得られる事など決して無い事に、寄生虫諸氏にも、いい加減に気付いて頂きたい。

 多民族、多文化も糞も、そもそも、我が国の法を作る、改正するにあたり、我が国の国籍も有していない人間に、我が国、及び国民が気遣わねばならない理由など、何一つ無いと言えるものです。

 百歩譲って、気遣うにしても、それは、法を作る側、即ち、我が国が決める事であり、部外者に過ぎない他国人が口を挟む事など、ルール違反も甚だしいと言えるものです。

 これは、決して「差別」などでは無く、国家が、自国民と他国民を分ける事は至極当然の「区別」であり、その程度の事も理解しようとせず、感情の赴くままに、好き勝手に我が儘な事を喚き散らしている事が、日本国民が在日朝鮮人を毛嫌いしてしまう一番大きな要因であるという事に、いい加減に気付かねばなりません。

 仮に、朝鮮人では無くとも、日本国では無くとも、このような手前勝手な我が儘を喚き散らす手合いは、世界各国何処へ行っても、嫌われ者の寄生虫としか扱われはしないと言えるでしょう。



 また、このような分際も弁えられない寄生虫が喚き散らしていたとしても、それを、あたかも正しい事のように報道するのは、責任ある報道機関として如何なものかと思ったのですが、毎日新聞、しかも、日本売国記者協会の中村イルソンくんとあっては、宜なるかなというものです。

 しかしながら、如何に創価学会に身も心も売り渡した、朝鮮プロパガンダ紙一歩手前の毎日新聞という事を、我々は知っているとしても、国民の多くは、未だそのような事を知らないというのが現実です。

 このような手合いが、「多民族・多文化共生」などという耳障りの良い言葉を並べ立て、我が国のかたちを、これ以上に破壊しようとしていく事を、日本国民として、これ以上見過ごす訳にはいかないというものです。

 インターネット、ブログなどの普及により、マスコミの信用度は落ちてきていると言えども、やはり、未だに、大半以上の国民にとっては、テレビ・新聞という既存のマスメディアは重要な情報源であり、これを野放しにしておく事は、今回騒いでいる寄生虫どもを野放しにしておく事よりも危険と考えられるものです。

 寄生虫が喚き立て、それを、売国メディアが、さも正義の行動であるかのように報道する。

 我々日本人は、このような歪んだ構図を、一刻も早く是正していかなければ、我々の先人が育んできた、文化と伝統と歴史に溢れる我らの国を、寄生虫に明け渡してしまう事になりかねないと憂慮するものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

「反日マスコミ」の真実
西村幸祐
オークラ出版
売り上げランキング: 1387
おすすめ度の平均: 5.0
4 中国人窃盗団に対する報道姿勢が変な朝日
5 日本国最大の不幸は・・・
5 驕った権力者

「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質
田久保 忠衛 桜田 淳 小堀 桂一郎 中西 輝政 佐藤 欣子 長尾 一紘 百地 章 西岡 力 櫻井 よしこ 平沢 勝栄
小学館
売り上げランキング: 16209
おすすめ度の平均: 4.0
4 日本だからこそ起きた問題
4 目から鱗


PR情報
どこよりもポイントがもらえる!登録簡単!年間費無料!300円から交換可能!
あなたのサーチが医療を変える!ヘルスコープ・ドットコム
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
はじめまして。独眼竜と申します。素敵なブログですね♪参考になりました。また遊びにきますね~応援ぽちっ!
2006/12/18(月) | URL | 優良情報商材レビュー 独眼竜 #-[ 編集]
さあ、そろそろ逆襲開始とでもいきますかね。 まずはマスゴミあたりからいきますか。 マスゴミの弱点→いくら公益云々とはいってもしょせんは民間企業にすぎないので、スポンサー企業からの広告費がなければやっていけないこと。 まずは朝日・毎日あたりに全面広告を出したスポンサー企業の不買行動からってところかな。
2006/12/18(月) | URL | おしゃか #-[ 編集]
毎日のスポンサーの殆どは創価系企業ですから、不買運動の意味は二重にあると思えます。

ただ、反面、それ故に、我々が不買運動を行っても、毎日のスポンサーがゼロになる可能性は低いと言えますが、毎日が完全に創価に乗っ取られ、毎日聖教新聞となってしまえば、まともな国民は、殆ど誰も購読しないでしょうから、結果オーライと言ったところでしょうか。

何にしても、創価、マスコミ、在日。

この連中は、徹底的に叩いていく必要があると言えるでしょうね。
2006/12/19(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
パチンコという賭博場を消滅させるだけで、我が国はかなりよくなるはずだ。

ぜひパチンコ撤廃を呼びかけていただきたい。
2006/12/20(水) | URL | 楼主 #-[ 編集]
仰る通りかと思います。

それで、全てが解決とはいかないとは思いますが、パチンコを我が国から無くすだけで、我が国の風俗、治安は、かなり良くなると考えられます。

問題は、代替の娯楽施設ですが、私の考えとしては、カジノを国営で運営し始める事を検討すべきかと思っています。

今の状況のままで、カジノ運営を民間に開放すれば、現在のパチンコ業者や暴力団を利するばかりとなってしまいますが、国営ならば、その危険性はまずありません。

風俗に関しても、国営ならば、警察と綿密に連携を組む事が可能で、完璧には無理でも、少なくとも現在よりは改善させられるものかと考えられます。

また、その国営カジノによる利益を、福祉や社会保障に回せば、増税などする事無く、現在のものを維持、或いは、今以上に充実させる事も不可能ではないと考えられます。

この件に関しては、ある程度考えを纏めたものを、その内アップしようかとも考えています。

とりあえず、私の考えとしては、パチンコの撤廃と、代替施設、つまりは国営カジノの設立を、並行して考えていくべきかと思っています。
2006/12/20(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/592-ca4821f2
 暫くストップしていた犯罪国家北鮮の核問題をめぐる6カ国協議だが、始まる前から北鮮は我が國に対して「参加資格がない」だの戯言をほざいていたが、会議がスタートした途端かましてくれたようである!北、核実験再開
2006/12/19(火) | ステイメンの雑記帖