FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → さらば日教組

さらば日教組
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 公務員とは、誤解を覚悟でごく端的に言うならば、「国家」という会社に雇われている従業員であり、少なくとも、その就業時間内においては、雇い主である「国家」の方針に、基本的には従う必要があると言えるものです。

 無論、その国家の命令、方針が、明らかに法律に違反するものであるならば、また話は違ってはきますが、そうで無い限りにおいては、これに従う事は従業員としての最低限の義務であると言えるでしょう。

 しかしながら、我が国においては、このような当然の義務と言えるものを、とある法律を無理矢理に自分勝手な解釈をして、果たそうともしなで来た、実に不逞な職業の人間がいます。

 その不逞な職業とは、言わずもがな「教員」である事は、わざわざ書き記すまでも無く、皆様ご存知の事だと思いますが、この連中は、憲法の「思想信条自由」という文言を盾に取り、文科省、或いは教委からの命令を、悉く無視してきました。

 しかし、ようやくにして、我が国も、腐った教員連中の歪んだ精神を否定し、公務員たる教員が、職務命令に従うのは当然であるという、極めてまともな見解を示したようです。

国旗国歌で「不起訴は相当」議決 「公務員の職務遂行を」と検察審査会

 卒業式などの学校式典で教職員に国旗掲揚時の起立と国歌斉唱を求めた東京都教委の通達などをめぐり、一部の教職員が石原慎太郎都知事らを脅迫と公務員職権乱用罪で告訴・告発し、東京地検が不起訴とした処分について、東京第1検察審査会は「不起訴は相当」と議決した。都教委の通達を「裁量権の逸脱はなく適法」と判断した上で、「公務員であるのだから職務命令に従う立場にあるのは明らか。一般社会ならより厳しい処分を受ける可能性もある」と、異例の指摘をした。

 検察審査会の議決に法的な拘束力はないが、一般国民が不起訴事件を審査する機関の判断だけに、注目を集めそうだ。

 議決によると、同審査会は通達を「法令に基づいて行われた職務行為であり、裁量権の逸脱もない」と判断し、不起訴は相当と結論付けた。

 また、同審査会は都教委通達について、「多少強引さも感じられ、(一部教職員が)強制されたと感じたことも理解できる」とした。しかし、「教職員は公務員であり、明白に違法といえない限り職務命令に従う立場にあるのは明らか。思想良心の自由を侵す行為と主張するのは、公務員の立場を忘れたもの」と申立人の一部教職員を非難した。

 その上で、都教委と一部教職員に「公務員は全体の奉仕者。おごることなく謙虚な気持ちで、職務遂行に全力を挙げてもらいたい」と安定した学校教育の確立を求めた。

 国旗国歌をめぐっては、都職員らが都などを相手取った民事訴訟で、東京地裁が9月、「教職員への強制は違憲」とした判決を出し、都などが控訴している。

(2006年12月22日 産経新聞)


 「思想信条自由」は、基本的人権の重要な一つであり、これが守られなければならない事は確かではあります。

 しかしながら、今回、検察審査会も述べているように、公務員とは「全体の奉仕者」であり、少なくとも、その就業時間内においては、他の職業に比べれば、所謂「自由」が制限される事は当然であると言えるものです。

 それが嫌であるならば、直ぐにでも公務員などという職業は辞めれば良いし、そもそも、最初から公務員になどならなければ良いと言えるでしょう。

 ただ、「思想・心情の自由」という文言が大好きな、「日教組」を始めとする教員連中に一言警告しておくならば、今回、公安審査会が述べているように、民間の企業において、このような手前勝手な条文解釈による我が儘を通そうとすれば、まず間違いなく「解雇」され、司法も、それが当然であるとの見解を示すであろう事は間違いありません。

 そもそも、公務員であれ、民間企業の従業員であれ、何らかの「組織」というものに所属する以上、その個人が持つ「自由」が一定以上制限される事は、当たり前の事と言えるものです。

 「思想・心情の自由」を究極まで求めるならば、殺人思想や軍国思想と言った危険思想までもを認めるという事に繋がり、これを認めるならば、「国家」なるもの、そしてその規定である「法律」なるものまでを否定せねばならず、それが行き着くところは、「無政府」、つまりはカオスの世界でしかありません。

 我々が、一般に認識している「自由」とは、自らの意志で行動し、自らの意志で食し、自らの意志で着飾る事などにあると考えられるものですが、これを守る為には、前述するところの「危険思想」を持ち、それを実行する「自由」を、ある程度は制限せねばならないと言えるものです。

 全ての「自由」を制限から外してしまえば、その「危険思想」を抱く人間が跋扈する事となり、我々は、常に外敵の襲来に怯えながら、自らの意志で自らの「自由」を制限せねばならない事態になると言えます。

 そこに、我々が一般に認識するところの「自由」などは、決してありはしないと言えるものです。

 憲法に書かれているものは、あくまで「思想・心情の自由」ですから、これは話を飛躍させ過ぎとの声もあるやも知れませんが、結局のところ、マクロであろうがミクロであろうが、ある「自由」を守る為には、ある「自由」を制限する必要があるという事自体には、何らの変わりは無いと言えるでしょう。

 それでも尚、その「完璧な自由」を追求するのであれば、それはそれで構いはしませんが、それならば、まず、「日本」という共同体から離脱する事が筋であり、道理であると言えるものです。

 我々は、我々が「日本」という共同体である為の、共通認識としての「自由」を守る為、それを破壊する「自由」を制限し、その為の規定の下で生活を営んでいるのであり、一部のカオス論者の為に、その秩序が破壊される事を良しとするつもりなど毛頭無いという事を、「日教組」を始めとする教員連中にも、いい加減に理解して頂きたい。

 話が長くなってきたので、ごく端的に纏めるならば、「日教組」は、とっとと日本から出て行け、という事です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

いいかげんにしろ日教組―われ「亡国教育」と、かく闘えり
松浦 光修
PHP研究所
売り上げランキング: 111563
おすすめ度の平均: 3.0
1 お話にならない
4 伊勢神宮のお膝元における反日偏向教育の実態
4 特定の思想・信条を前提とした教育はどんなものでも駄目

ホッブズ
ホッブズ
posted with amazlet on 06.12.23
田中 浩
清水書院
売り上げランキング: 143588


PR情報
猫オーナー必見!2月22日は「猫の日」♪
あこがれの一戸建てを手に入れよう!「HomePLAZA」で簡単検索
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
国会議員も「公務員」なんですよねぇ。
本当に売国議員もとっとと日本から出て行ってもらいたいものです。
2006/12/23(土) | URL | 違法廃棄物処理業者 #-[ 編集]
全く以て、仰る通りだと思います。

売国奴は国外追放。

考えれば、当たり前どころか、生命を奪わないだけ、生温い処置だとすら言えるものなのですがね...
2006/12/23(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
こんばんは、ご無沙汰しています。

まあ、私も労働組合の役やってたんでわかってるんですが、会社の従業員は労働組合を使って普通に会社に逆らいますよ。

けどまあ・・・。
一言で言って、日教組とかのやってる事と来た日には、あれは反社会行為ですからね。
彼等にも言い分はあるでしょうけど、国を愛さない自由と言うのは、普通に考えておかしいでしょうにと。

そんな国を愛さない彼等を真似て、子供達も社会を愛さない、自分達の所属する学校を愛さないと言う行為に出るのだから・・・。大変ですわよ。

社会全体への影響を考えても、自業自得のレベルを超越していますしね。
他の国をありがたがって、自国を軽蔑し虐待すら望む教師を真似ているのが社会問題化しているいじめかも知れませんし。

今の教師とは、子供に整合性のある価値観を与えられる存在ではなくなっていますね。

浪人様はそれをカオスと表現なさっておられますが、私は少しだけそれを訂正したいと思います。

Chaos(混沌)ではなくDisorder(無秩序)ではないかと。
混沌はその内在する力を放出した後は秩序に変化します。
けれど、無秩序はただの無秩序でしかない。

無秩序がもたらす傾向こそがアノミーです。
http://study.masm.jp/%A5%A2%A5%CE%A5%DF%A1%BC/

ほぼ間違いなく、社会病であるアノミーの蔓延に、日教組は大きな責任を負っていると思います。

まあ、絶対自覚していないし認めたりはしないでしょうけど。
2006/12/25(月) | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
こんにちは。
成る程、確かに浪人さんのおっしゃるとおり公務員も「従業員」であるからには最低限のものを守って欲しいです。
が、実体は指摘されている【高度な問題】以前の段階で首を傾げたくなる事が一杯あります!
公務員の勤務状況をつぶさに観察していますと、【8時30分】出勤で、きっかり8時30分に来ています。それから仕事の準備をして8時40分ぐらいから窓口処理が始まるとか・・・帰る時も【17時00分】に業務終了なのですが、【4時40分】ぐらいから帰り支度の準備を始めていますよね・・・!???・・・「いまから受付処理してたら終わるの5時(17時)過ぎちゃうから、叉明日来てね・・・」と言った具合に・・・一般の会社でこれをやったら即アウトでしょう!?・・・
叉来年も宜しく御願いします。
よい新年をお迎え下さい!
2006/12/25(月) | URL | ITS下田 #-[ 編集]
ご無沙汰しております。

急に、ブログを閉鎖されたので、何かあったのではないかと、心配しておりました。

一般の会社員も、労組を使って会社に反抗している事は存じておりますが、彼らの場合、ごく一部の者を除けば殆どが、労働条件に関する事柄などで反発しているのであり、社旗を掲げるのを反対だの、社歌は絶対に歌いたくないなどと、「不思議ちゃん」な事を言っている訳ではありませんから、少し種類が違うように感じます。

また、日教組を始めとする連中の行為は、三輪さんが仰るように、明らかに反社会、反国家的な行為ですから、基本的に労働条件の改善を要求している労組とは、やはり、別物ではないでしょうか。

>Chaos(混沌)ではなくDisorder(無秩序)ではないかと。
混沌はその内在する力を放出した後は秩序に変化します。
けれど、無秩序はただの無秩序でしかない。

成る程、カオスでは無くディスオーダーですか。

確かに、そちらの表現の方が、彼らの特性を、ズバリと言い表していると思います。

鋭いご指摘、大変勉強になります。

また、社会におけるアノミーの蔓延に、日教組が大きな責任を負っているとのご意見は、私もその通りかと思います。

1人1人が、自分の持てる権利を、誰に遠慮する事も無く全て行使しようとすれば、他の人間の権利を侵害せざるを得ない事は、自明の理だと考えられるものです。

逆に、他者の権利を全て認め、それを一切侵害しないようにしようとすれば、自らの権利の行使は一切ままならなくなってしまい、身動き一つ取れなくなりかねないと考えられるものです。

だからこそ、この辺の「バランス感覚」を身に付けさせる事こそが、本当の「人権教育」だと思えるのですが、そんな事は一切考慮にも入れず、自分も他人もフルに権利を行使すべきだと教えている事が、三輪さんの仰るところの社会のDisorderを引き起こしているのではないかと考えます。

差し当たっての問題は、そういった事を全く自覚していない日教組もさる事ながら、安倍政権の「教育基本法改正案」が、そういったアノミーの蔓延を食い止めるという事を考えて作られたものかという事ですが、条文を読む限りでは、その可能性は低そうですね。

御用学者のお歴々は、色々と考えては、今回の教育基本法の改正を褒めちぎっていますが、どうにも、ほんの少し、教育における権力を、国家側に引き寄せただけの代物で、根本的な社会病理からの回復には、何らの助力にもなりそうも無いというのが、偽らざる感想です。

まあ、「改正した事に意味がある」との御用学者の言も、多少は理解出来ないでは無いのですが...
2006/12/25(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
確かに、「それ以前の問題」ですね。

私としては、「まとも」な公務員が多数居る事も存じているのですが、全体として、そういう実態がある以上、やはり公務員という存在を責めざるを得ないと感じるところです。

彼らが、「自浄作用」を発揮出来ない以上、我々国民が、声を荒げて連中の態度を戒めていくしかありませんからね。

こちらこそ、今年はどうもありがとうございました。

来年もまた、宜しくお願いします。
2006/12/25(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
日教組の組合員です。こちらに掲載されている記事を見てとても偏った意見ばかりでいやになります。公務員は国家に雇われているから国家の言うことを聞けばよいという考え方実に頓珍漢です。国家は歴史を見ても大いに間違うのです。ですから批判に耳を傾けなければならないし、国の方針を決めるのには慎重でなければならないのです。現場で毎日子どもを見ている教員の意見を聞かず、飲み屋の社長の意見を聞くところからおかしいと思いませんか?ヤンキー先生。まともに学校に行ってなかった者の意見をなぜ聞くのですか?安倍さんのやることはおかしいのひとことです。
2007/07/03(火) | URL | 一教師 #-[ 編集]
>公務員は国家に雇われているから国家の言うことを聞けばよいという考え方実に頓珍漢です。

誰も、一から十まで全て聞けなどとは言ってませんね。

定められた職務くらいは守るのは、公務員だとか何だと以前の問題でしょうに。

>現場で毎日子どもを見ている教員の意見を聞かず、飲み屋の社長の意見を聞くところからおかしいと思いませんか?ヤンキー先生。まともに学校に行ってなかった者の意見をなぜ聞くのですか?

国は意見に耳を傾けるべきなのに、自分達は傾けなくとも良いと?

それとも、元ヤンキーや飲み屋の社長だから聞かなくとも良いと?

いや、素晴らしいセンセイだ、あなたは。

安倍ちゃんがおかしい事、再生会議の面々が胡散臭い事は同意ですが、だからと言って、あなた方日教組が今までして来た事が消える訳では無いんですよ。

それから、普段から「思想信条の自由」を過剰なまでに訴えている人間が、人の意見を偏っているだの何だのとイチャモン付けるのは、何かおかしいなと自分で思いませんか?

くだらないお為ごかしの詭弁に頭を働かせている暇があるのならば、再生会議など必要無いと国民の多くが思えるような教育現場を自分達で作る努力くらいしたら如何です?

そういう自浄作用も無いから、あなた方は非難されているのだという事を、少しは自覚なさい。
2007/07/04(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
お返事ありがとうございました。
<定められた職務くらいは守るのは、公務員だとか何だと以前の問題でしょうに>はいそのとおりです。私たちは定められた職務をしています。毎日、サービス残業を月に20時間はしています。ご存知だとは思いますが、教員には残業手当はないですからね。たくさんの仲間が荒れる子どもやわけのわからない保護者と向き合って、疲れ果てて退職していきます。そんな中でも私たちは、高い組合費を払いながら(15000円ぐらい)平和な日本、弱者が救われる日本、そうした国を作る子どもたちを育てるために日々取り組んでいます。損得で考えたらできるものではありません。
2007/07/04(水) | URL | 一教師 #-[ 編集]
論点ずらしの自己正当化。

そういうのを「自浄作用」が無いと言っているのです。
2007/07/04(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
どこでそこまでひねくれてしまったのか。
まともに議論ができないようですので失礼します。
さようなら
2007/07/06(金) | URL | 一教師 #-[ 編集]
  うちにも殴り込んできました。

  来るなり「君が代は天皇主権の歌、おまえはアホだ」みたいなメッセージを残したのですが、早雲さんのトラバ一発で粉砕されたようです。左翼は物事を表面的にしか理解していないといういい証左です。

>平和な日本、弱者が救われる日本、そうした国を作る
>子どもたちを育てるために日々取り組んでいます。

  はっきり言ってやる。あんたらみたいなキチガイ労働組合員のおかげで、まともな労働運動が誤解されてるんだ。
  国民の支持を得たかったら、ホワイトカラーエグゼンプションや、非正規雇用の増大に反対の声を上げてみろよ。そういうまともな活動をなぜしないんだ?ただの政治団体で、国民の権利を守ろうなどと考えていないからだろう?自分さえ給料がもらえればいいと、どこかで思っているからだろう?
  学力テストを暴力で妨害して、一体どうやって進路指導をやるつもりなんだ?だったら高校大学から入試を全廃するところから始めないとだめだろう?それだけじゃない、勤評闘争も、国旗国歌反対運動もそうだ。あんたたちは、いつもいつもずれてる。呆れるくらい外している。
  いや、わざとずらしているんだろうな。本当に政府や大企業と戦ったら、給料も有給休暇ももらえなくなるくらい、分かっているんだよな。だから、どうでもいい騒ぎを起こして、何か政治的主張らしき戯れ言を吐いている自分たちに酔っている。まあ、あんたらの仲間が職場を放棄しているから、塾が儲かるんだけどね(笑)。そんなの、健全な姿じゃないだろうよ。
  中川秀直みたいな糞政治屋があんたたちを潰そうとしている、そういう流れには与するつもりはないが、一度くらい本気で「自分たち」のためでなく、日本国民のために何か行動したらどうだ?
  
>>浪人様

  お騒がせしました。
2007/07/08(日) | URL | ろろ #2pDzSWe2[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/598-e28ada3f
東京都の日教組教師が、業務命令に従わず、卒業式での国旗掲揚、国歌斉唱を妨害し処分されたことは、多くの方がご存知のとおりであるところだが、 その教師らは自業自得の処分を逆恨みし、東京都知事らを「脅迫」と「公務員職権乱用」で刑事告訴するという暴挙に出ていたの
2006/12/23(土) | 加賀もんのブログ
教職員の特権意識。っていうのかね。これ。職場の決まりなわけでしょう?いやなら辞めればいいんだよ。辞めれば。校則だってしょうがないものたくさん含んでいるだろうに、そういうものについては無条件の服従を強要しながら自分達は決まりは守らないというのは矛盾してな..
2006/12/25(月) | Sopilotez Silly Pit
(西日本新聞より 引用) ---------------------------------------「重大性の認識なかった」 無断掲載で市教委が謝罪 東京都羽村市立小学校の男性教諭(33)が、交通事故や犯罪に巻き込まれた児童の写真を自分のホームページ(HP)に無断掲載していた問題で、...
2006/12/25(月) | 社会・政治
ほとんど、タイトルのひと言で全てなんですが。国旗国歌で「不起訴は相当」議決 「公務員の職務遂行を」と検察審査会(産経新聞)(元ニュースはこちら)(記事引用)卒業式などの学校式典で教職員に国旗掲揚時の起立と国歌斉唱を求めた東京都教委の通達...
2006/12/27(水) | BBRの雑記帳