FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップマスゴミ → 創価と毎日の野望

創価と毎日の野望
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 昨年末より、ネット上で話題に上がっている、インターネット上の名誉毀損やプライバシー侵害に対して、匿名投稿者の住所や名前、連絡先、プロバイダー等を、発信者の同意無しに公開出来るシステムを「社団法人テレコムサービス協会」が協議に入ったとのニュースですが、どうやら、このシステム、そして、それに伴う法案整備を裏で糸を引いているのは、第一報を報じた毎日新聞、そして、そのスポンサーである創価学会であると見て、間違いは無さそうです。

 まずは、こちらを御覧になって頂きたい。

ネット君臨:第1部・失われていくもの/1(その1) 難病児募金あざける「祭り」

◇「また死ぬ死ぬ詐欺ですかw」「NHKキタ---(゜∀゜)---!!!!」…2ちゃんねる上、匿名攻撃

 ◇両親「裸で歩くよう」

 臓器提供者はまだ見つからない。4歳のクリスマスは、米カリフォルニア州の大学病院に近いアパートで迎えた。ネコのぬいぐるみをプレゼントされ「ネコちゃんが来たよ」とはしゃいだ。

 難病の拘束型心筋症と診断された東京都三鷹市の上田さくらちゃんが助かるには、海外で心臓移植を受けるしかない。1億円を超える手術費用は募金に支えられている。

 新聞各紙に「さくらちゃんを救う会」の募金活動の記事が掲載された昨年9月22日朝。インターネット掲示板「2ちゃんねる(2ch)」に家族を中傷する匿名の書き込みが始まる。「また死ぬ死ぬ詐欺ですかw」。「w」は笑いの意味だ。移植の募金はこれまでも「会計が不透明」と批判されてきた。

 NHK勤務の父昌広さん(54)と母和子さん(45)が記者会見で職業を「団体職員」と公表したことも災いした。後でNHKと答えたが、手遅れだった。「NHKキタ---(゜∀゜)---!!!!」と顔文字を付け、はやし立てる。「高給取りを隠して同情を買おうなんて詐欺だな」

 両親が借金などでねん出した3000万円の自己負担を公表しても攻撃はやまない。ローンが残る住宅しかないのに「十数億円の資産がある大地主」と虚偽の情報が書き込まれた。自宅の登記簿や写真もネット上にさらされた。「だまされて募金したので返してほしい」。救う会にはメールや電話が続いた。

 「裸で歩いているような恐ろしさ。眠れない時もありました」。和子さんは家の前で携帯電話のカメラを構えた人影を忘れられない。「親ですから娘が救われるのなら構いません。でも支えてくれる人たちが疲れていくのを見るとつらい」。目が潤んでいた。

   @   @

 年の瀬の東京・渋谷。記者はネット上のハンドルネーム(HN)「がんだるふ」を名乗る男に会った。元大手フィルムメーカー社員。今はイベントプロデューサーという。58歳。募金批判の中心人物だ。

 --募金を払わなければいいだけなのに、なぜ攻撃するのか。

 ◆臓器移植問題は深いのに「かわいそう」で思考停止になっている。募金は物ごいと一緒だ。

 --書き込みには中傷や誤報がある。

 ◆ネット上の罵詈(ばり)雑言はノイズ。被害と感じるのは弱いからだ。

 --匿名での攻撃はアンフェアでは。

 ◆名前は記号。本質は書いた内容にある。

 --実名でも書ける?

 ◆それは書けます。

 --実名記事にしたいが。

 ◆載せないでほしい。「がんだるふ」というネット上の人格でやってきたから。

   @   @

 さくらちゃん一家が渡米する2日前の12月9日夜。新宿の居酒屋で20~30代が中心の男女約100人が忘年会を開いた。全員が2chの利用者・2ちゃんねらーだ。募集の掲示板に記者もHNで登録し、参加した。互いをHNで呼び合う。「どこにいる?」という質問は住所ではなく、よく書き込む掲示板のことだ。

 一連の書き込みをどう見ていたのか、何人かに尋ねた。「あの募金はおかしい」「家を売ればいい」。掲示板の中傷に疑問を感じてはいない。

 ネットでは住人たちが一つの話題に群がり、ときに「悪意」が燃えさかる。彼らはそれを「祭り」と呼ぶ。

   ×   ×

 インターネットの利用者は国内で8000万人を超える。便利さや効率をもたらす一方、私たちはネットに依存するあまり、いつの間にか支配され、何かをなくしてはいないだろうか。ネット社会をどう築けばいいのか、まず第1部は身近な現場から報告する。(2面につづく)

(2007年01月01日 毎日新聞)


 ちなみにこちらが2面、そして、こちらが3面となります。

 また、ちなみに、毎日新聞の1面記事の元となっている「死ぬ死ぬ詐欺事件」ですが、どうやら、毎日新聞が報じている内容は真実から程遠く、見事に歪曲、情報操作されたものであるようです。

参考:さくらちゃんを救う会 検証 - 死ぬ死ぬ詐欺疑惑まとめサイト(非常用)
   募金箱の噂
   トリオジャパンと救う会のミラーサイト

 毎日新聞は、何とか人の情の部分に訴えかけようとはしているものの、3面もの紙面を使っているにも拘わらず、これらの問い掛けに対する明確な回答は何一つしていません。

 無論、世の中の全ての募金が、そのような悪意に満ちたものだとは思いはしませんが、人の善意によって成り立っている以上、このような疑問を投げかけられたならば、明確な回答をする義務くらいは、募金を受ける側、或いは、呼び掛けた側にもあるのではないでしょうか。

 それもせずして、ただ「インターネットは悪」というインプリンティングを行おうとしているとしか思えない記事を垂れ流す毎日新聞、今回の記事からは、残念ながら悪意と陰謀以外は感じる事が出来ないものです。



 冒頭に記したような、通称「インターネット版人権擁護法案」のような代物が無ければ、新春、元日から2ちゃんねる批判とは、毎日新聞も実にアタマの愉快な、マスコミの風上にもおけない馬鹿だ、という事で話は終わりなのですが、そういう提案が為されている矢先に、創価学会の半機関紙状態とは言えども、一応は5大紙の1紙に数えられている大マスコミが、3面もの紙面を使い、このようなネット上の問題を、都合の良い部分だけを切り貼りして、大々的に報道する。

 これが一体、どのような事態をもたらす危険性があるかは、賢明な読者諸氏ならば、考える事も無く理解に辿り着けるであろうと思います。

 まずは、冒頭で紹介した、「インターネット版人権擁護法案」の報道を流し、これに対して、インターネット上において「連中にとって都合の悪い存在」が騒ぎ出し、反対運動を模索、始動し始める。

 そして、それがある程度盛り上がってきたところを見計らい、今回のような報道をして、このシステム、法案に対して反対している連中は、こういう非人道的な、「ろくでなし」ばかりなのだと、世間に対してプロパガンダする。

 現在、インターネットは確かに全国的に普及してはいるものの、インターネットを情報の中核に据えている人間は、まだまだ少数であると思われ、世間全体の影響力という点から見ると、残念ながら新聞社を始めとする大マスコミには敵わないと言えます。

 この点を考慮に入れると、この毎日新聞によるプロパガンダ戦略が成功する可能性は高いと言わざるを得ないものであり、世間全般としては、このような連中がいる以上、そのようなシステム、法案が整備される事も、当然の事であり、多少の自由の制限はあるものの、仕方のない事だろうと考える。

 そして、世論がそういう方向へと流れていっている機を狙い、インターネット犯罪か何かに関する世論調査を行い、国民世論として、そういう法律が導入される事を望んでいるかのような情報操作を施した結果を、再び記事として垂れ流す。

 そして、これを根拠として、来年の通常国会において、この法案の恐ろしさに国民全体が気付かない内に、なし崩しにこの法案を提出し、一気に成立までこぎ着ける。

 つまるところ、こういう流れを連中は想定しているのだろうと思います。

 そして、この一連の流れを読売でも朝日でも、産経でも日経でも無く、毎日新聞がほぼ単独で起こしているのは何故なのかという事を考えれば、このシステム、法案が整備される事を望み、総務省、そして「社団法人テレコムサービス協会」と結託して成立させようと目論んでいるのは誰なのか、という事も、容易に見えてくると言えるでしょう。

 更に、極右評論さんこちらの記事によれば、「社団法人テレコムサービス協会」とやらの会長は、あの反日売国奴の雄「筑紫哲也」と繋がりがある可能性もあるらしく、これが、もし事実だとするならば、このシステム、法案は、創価学会、そして反日サヨクが結託して成立させようとしているという事となり、事態は一層深刻であると考えられるものです。



 世の中には、例え多くの民衆が望まないにしても、秩序の維持の為、社会全体の為、未来の構築の為、作らねばならない法案、システムというものが存在している事は事実だと言えるしょう。

 しかし、歪曲された情報により、何か一つのものを「悪」と断定し、それによって人間の善意、感情を巧みに刺激して利用しなければ成立し得ない法案などが、そのようなものである事など、断じて無いと言えるものです。

 我々は、断固として、このような流れを覆すべく、戦わねばならないと思えます。

 今回の「インターネット人権擁護法案」、そして「人権擁護法案」「共謀罪」の全てが成立した暁には、権力、そして、それを裏で操ろうとしている池田某大センセーに対しては、誰も口答え出来ない社会が待っているとしか考えられないと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

危ない!人権擁護法案 迫り来る先進国型全体主義の恐怖
人権擁護法案を考える市民の会
展転社
売り上げランキング: 61297
おすすめ度の平均: 5.0
5 人権擁護を謳う、人権を守らない法案
5 人権擁護法案により蹂躙される国民の人権
5 知らない間に終わっている日本・・・

イケダ先生の世界―青い目の記者がみた創価学会
ベンジャミン フルフォード Benjamin S. Fulford
宝島社
売り上げランキング: 51289
おすすめ度の平均: 4.0
5 三代目(3世)の学会員です
3 関西の学会員です。
1 思わず笑った


PR情報
どこよりもすぐに現金ゲット!登録簡単!年間費無料!300円から交換可能!
電子書籍とオンデマンド本で読書の世界が拡がります!『ウェブの書斎』
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
創価学会が関連している 新聞は 聖教新聞ではないのですか
2007/01/02(火) | URL | <丶`∀´> #I1LZVtDM[ 編集]
毎日新聞の広告欄の一番の上客は、学会関連の企業、出版社などです。

また、毎日新聞は発行部数の減少などから、慢性的な赤字に苦しんでいるのですが、聖教新聞の印刷を請け負う事により、何とか経営しているという実態もあります(聖教新聞の印刷請負が最も多いのは毎日)。

広告関係では、毎日よりも読売の方が酷い状況なのですが、読売の方は、日本一の発行部数という武器がある為、毎日程には学会への依存度が高くないと考えられます。

つまるところ、毎日新聞の経営は、殆ど創価学会、及び関連企業頼みというのが現状で、直接的に池田大センセーが経営権を握っている訳ではありませんが、それに近い状況下にあると言えるでしょう。

ちなみに、地方紙も毎日に近い状況下にあり、記事を読む際には、ある程度、警戒心を持って読んだ方が良いかと思われます。
2007/01/02(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
もう駄目でしょう
いくらこちら側が正論を言っても向こうが相手にしているのは空気と権力なんですから
日本人は論理じゃなくて空気で物事を決めてしまうので。
2chも確かに最低な書き込みが多いですし
今までがちょっと好き勝手に過ぎたんですよ。
少し将来の話になりますが、外国への移住も視野に入れておいた方がいいかもしれません
政治に無関心で脳天気にパチンコばかりやってるバカな国民ばかりなんですからこの国に未来はありませんよ。
2007/01/03(水) | URL | コレクト #kWDrN2vc[ 編集]
コレクトさんが諦める事を責めるつもりは毛頭ありませんが、私は、まだ諦めたくはないんですよ。

仰るように、日本人は論理より空気で物事を決めがちというご指摘も、今までがやり過ぎだったというご指摘も、その通りだと思いますが、そういう部分も含めて、私は、日本が、日本人が好きなんです。

未来があるかどうかは分かりませんし、このような訴えが、如何程の効果があるのかも分かりませんが、出来るだけの事は、やってみようかと思っています。

諦めるのは、それからでも遅くありませんからね。
2007/01/03(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
匿名投稿の長所と短所を簡単に書きますとこうなりましょう.

【長所】
圧力団体など,報復の恐れがある相手についても投稿できる.
拉致問題を例にとれば朝鮮総連や在日でも批判できる.

【短所】
匿名でのいじめ,誹謗中傷.
同じく拉致問題を例にとれば拉致被害者家族の方々への誹謗中傷がされやすい.

ただ,警察や裁判所からプロバイダへ要請があれば発信元を“逆探知”できる.もっともネットカフェなどではお手上げだが.

なおここで一点注意ですが,発信元のIPやホスト情報は個人情報には該当しません.
(この点を誤解されている方も多いので).

ちなみにネット規制が入るとこの長所短所が逆転しますね.
拉致被害者家族の方々への匿名でのいじめや誹謗中傷はできなくなるが,その一方で圧力団体などへの批判もできなくなる,ということに

はなる.

しかし,ネット規制を企てている勢力を見ると,拉致被害者家族の方々への誹謗中傷をそのままにして,総連や在日への批判だけを潰しに

かかるのではないか!?という気がしてならない.

拉致被害者家族の方々を誹謗中傷から守り,かつ朝鮮総連や在日を批判できるような法整備こそ必要である

関連して保守系サイトでもこんなご意見の方も↓

本郷竹庵様

発信の責任(上)―2007年01月02日08時05分17秒
http://chikuan.asablo.jp/blog/2007/01/02/1086476

発信の責任(中)―2007年01月03日08時02分58秒
http://chikuan.asablo.jp/blog/2007/01/03/1088738

発信の責任(下)―2007年01月04日08時07分22秒
http://chikuan.asablo.jp/blog/2007/01/04/1091004

【拙スレッド】
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=1722&forum=8&viewmode=flat&order=DESC&start=0
2007/01/04(木) | URL | くちべた日本人@保守の,意見の #-[ 編集]
物事には、如何なるものにしても、長所と短所がありますからね。

今回、この法案を推進させようとしている、創価や在日などの連中は、間違い無く、くちべた日本人さんが指摘されている短所の部分を狙っているのでしょうが、もう一つの問題点として、法案をつくる官僚という人種には、その「物事には長所と短所というものがあるという事を理解出来ない人間が多い」という事が挙げられるのではないかと思います。

つまり、物事の短所という短所を、全て是正しようとし、それによって長所が失われる可能性があるという事を、きちんと考慮に入れ、バランスの取れた判断をする事が出来ない。

「人権擁護法案」などにも、そのような節が見られる点が多々あります。

マスコミに関しては、此処が問題点というより、存在そのものが問題であり、国益の損失と化してきてますので、ここで挙げていくと、スペースが足りなくなりそうなので、今回は、やめておきます。
2007/01/05(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
毎日新聞が07年元旦の「ネット君臨」にて全力で擁護していた
「さくらちゃんを救う会」が現時点で抱えている問題点をざっくりあげる
→1億5000万円以上の募金が事実上使途不明金化

■救う会公式サイト 会計報告
・07年9月の帰国以来、現地滞在費の精算をやっていない。
(募金の内訳では現地滞在費500万円を計上)
・未だにデポジット返金の報告がない。
(ロマリンダの過去の事例では帰国から4~5ヶ月以内に返金あり)
・募金活動中に公言していた公認会計士による会計監査をやっていない。
(両親からの3000万円支出や適正に会計が行われた証明がない)
・同じく公言していた医療費の支払い証明も公開していない。
・「さくらちゃん基金」からの支出があったにもかかわらず会計報告がない。
・毎月の事務局経費がひと月以上遅れて報告されるのみ。

■さくらちゃん基金
・決算報告もなく余剰金の金額も不明なまま「さくらちゃん基金」を設立。
・救う会公式サイトで基金設立の報告もないまま、寄付行為を始めている。
(08年6月に計800万円)
・基金の総額や運用方針が全く不明。
・救う会の規約に反して日本移植支援協会と基金を設立している。

さくらちゃんを救う会 会計報告 (さくらちゃん基金の支出報告なし)
http://www.sakurahelp.com/re-contents/kaikei.html
リニューアル前のQ&A(魚拓:会計監査や証拠書類の報告を約束)
http://s03.megalodon.jp/2008-0808-1447-26/www.sakurahelp.com/contents/q-a.html
募金目標額の内訳(魚拓:デポジットと現地滞在費の精算を約束)
http://s02.megalodon.jp/2008-0808-1449-13/www.sakurahelp.com/contents/bokin-uchiwake.html
日本移植支援協会 各団体の基金管理(さくらちゃん基金の報告あり)
http://www.ishokushien.com/kaikeihoukoku/sakurakessan.htm
2008/08/17(日) | URL | ロック #Sts9A5QI[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/608-1549b34b
 年始一番最初に扱う話題は、ネットの可能性に気づけない人たちの話題からです。毎日新聞に限った話ではないのですが、ITリテラシーの低い人ほどITの可能性を過信したり、全否定したりします。今回の企画は、毎日新聞の上層部が
読み・書き・そろばん、これらに加えて21世紀に必須なのは
2007/01/08(月) | MyPersonalLinks+