FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → ホワイトカラーエグゼンプションという狂気

ホワイトカラーエグゼンプションという狂気
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 ここ最近、政府、自民党は、金の亡者「日本経団連」の強い要望の下、「ホワイトカラーエグゼンプション」なる労働者奴隷化法案を押し通すべく、理屈を捏ねくり回している様子です。

 曰く、同等程度の仕事を終えるのに、Aさんは8時間、Bさんは10時間掛かった場合、Aさんの方が要領良く短時間で結果を出しているにも関わらず、支払われる給与としては、現在、労働基準法で定められている1日8時間という枠からはみ出し、2時間の残業をしたBさんの方が多く支払われる事となり、「これはおかしい」という事なのだそうです。

 確かに、この理屈のみで言うならば、明らかに短時間で要領良く仕事を終わらせた人間は損をしているという事となり、ダラダラと余計に時間を掛ける要領の悪い人間が得をするという捻れが起こっていると言えますが、本当に、日本社会全体において、「ホワイトカラーエグゼンプション」なる悪法を成立させねばならない程、このような捻れ現象が起こっているのでしょうか。

 僅かながらも、このような事は起こっていないと言えば、それが間違いである事は確かですが、残業という概念を、ここで言う「ホワイトカラー」の業務から無くさねばならない程に、労働現場が歪んでいるのかと言えば、決してそのような事は無いのは明白だと言えるものです。

 それどころか、長く不況が続いて来た日本社会においては、現行の労働基準法において「1日8時間、週に40時間」という労働時間の規定がある現在でも、「サービス残業」なる悪習が蔓延し、労働者に対して、適正な給与が支払われていない事は周知の事実であると言えるでしょう。

 そのような状況下において、残業代や休日手当などを一切支払いたくない「経団連」の言う事を真に受け、このような悪法を適用してしまえば、我が国の社会がどのような惨状となるかなど、考えるまでも無く分かりそうなものだと言えます。

 経団連、及び自民党曰く、1日8時間、週に40時間働かねばならないという縛りも無くなるのだから、自分自身の時間管理さえしっかりしていれば、逆に労働時間を短縮させる事にも繋がるとの事ですが、どんな立場の労働者であれ、ある程度は「こなさねばならない仕事」というものが存在する以上、そのような方向に導く事が難しい事くらい、この法令を適用するまでも無く、想像する事が可能だと言えるものです。

 つまるところ、色々と理屈を捏ねくり回しているものの、この「ホワイトカラーエグゼンプション」なる法案の目的とするところは、金の亡者、労働者を奴隷としている「経団連」を始めとする企業経営者の支出を減らす事であり、その為に、労働者を、残業代も休日手当も出ない状況で、ひたすらに、馬車馬のように働かそうという事に他なりません。

 ちなみに、経団連の今年のビジョン、通称「御手洗ビジョン」は、正式名「希望の国、日本」というらしいですが、ついぞ先日、「経済財政諮問会議」の民間メンバー、八代尚宏・国際基督教大教授が、「低成長のうえ、国際競争にさらされた企業が総人件費を抑制している中、非正規社員の待遇を正社員に合わせるだけでは、『同一労働・同一賃金』の達成は困難。正規、非正規の待遇を双方からすり寄せることが必要」などと世迷い言をのたまい、正社員の給与をパート並みに下げる事も検討に入れると発表している中、更にこのような、労働者の給与を確実に減らす法案を通した国の一体何処が「希望の国」なのでしょうか。

 更には、我々一般の国民に対しては、今年より定率減税が廃止され、消費税の増税も検討、と言うよりも増税はほぼ決定されており、可処分所得が更に激減の一歩を辿る事が決定されている中、「経団連」を始めとする企業には、減税が行われるという理不尽極まりない事が検討されています。

 私は、コミュニストでは無いので、ただひたすらに「労働者の権利」を唱えるつもりも、個人の資産の構築を否定するつもりも毛頭ありませんが、ここまで、我々一般の国民を徹底的にコケにして、「経団連」を始めとする一部の人間のみが「オイシイ思い」をする政策を推し進める事が、「希望の国」や「美しい国」を作る事に繋がるとは、とてもでは無いが思えないものです。

 また、それでも、これらの政策が、長期的に見れば我が国の再生の一助となると言うならば、歯を噛み締めて我慢もしようと言うものですが、このような狂った政策が為されたその先にあるものなど、一部の資産家と一般の国民との間に、決して超える事の出来ない高い壁の作られた、格差完全固定社会でしかあり得ないと言えます。

 これは、歩んできた道程こそ違いがあるものの、あの驚異の格差大国「中華人民共和国」と同類のものであり、我々、ごく一般の日本人が思い描くところの「希望の国」「美しい国」とは、天と地程も懸け離れたものであると言えるでしょう。

 私は、「内閣官房長官の肩書き」で「私人」として、壺売りカルトの皮を被った犯罪者集団「統一教会」系のカルトの集会に祝電を送った安倍首相が、今は創価学会に押さえ込まれて本当の政治理念を発揮出来ていないのか、或いは、これが安倍首相の正体なのかは知らないし、最早、知りたいとすら思いませんが、何れにしても、「経団連」なる金の亡者の言いなりとなり、このような狂った政策を推し進め、国民を絶望のどん底へと突き落とそうとしている政権を、これ以上に存続させる事が我が国の為になるとは、到底思えないものです。

 昨日、反日カルトの一方の雄である創価学会の走狗「公明党」が、この「ホワイトカラーエグゼンプション」なる悪法を良しとせず、慎重に進めるよう政府に要請したようですが、これが、支持者である信者に対するポーズ、「一応は反対しましたよ」という言い訳をする為のものである事は明白であり、本気で、この政策を止めようとする気が無い事は明白だと言えます。

労働時間の規制外し、法案提出は「尚早」…公明代表

 公明党の太田代表は2日、都内のJR新宿駅前で街頭演説し、一部のホワイトカラー(事務職)を法定労働時間規制から外す「日本版ホワイトカラーエグゼンプション」導入を政府が検討していることについて、「慎重の中にも慎重を期せと言いたい。重大な問題であり、与党の中で協議するシステムを作らなくてはならない」と述べた。

 与党協議会を設置して慎重に議論すべきで、この内容を盛りこんだ労働基準法改正案の通常国会提出は時期尚早との考えを示したものだ。

(2007年01月02日 読売新聞)


 このチンピラ三流カルト芸人集団は、首相の靖国神社への参拝の反対の為には、超党派の「国立追悼施設を考える会」なるものに積極的に参加しており、今回の法案にしても、本当に疑問に感じ反対の意思があるならば、同程度の行動を起こしていて然りだと言えるものです。

 そのような事もせず、街頭演説において「協議するシステムを作らなくてはならない」と発言するに止まっているという事は、体裁として反対のような事を発言しはするものの、これらの法案の提出を本気で止めようなどという気は、まず「さらさら無い」と見て間違いはないでしょう。

 まあ、大体、このような説明をするまでも無く、腐れカルト宗教擬きの反日テロ準備集団の走狗である「公明党」などに期待する事など、腐れカルト宗教擬きの反日テロ準備集団「創価学会」の信者以外には、誰も存在しないとは思いますが。

 話を本筋に戻して、一部の限られた人間を肥え太らせる為、このような狂った政策を実行し、多くの国民が最後の血の一滴までもを吸い上げようとしている政権を、これ以上にのさばらせる事が、我が国を再興させる事に繋がる可能性など、万に一つも無い事は明白です。

 このような政策を推し進めた先になど、前述した「格差完全固定社会」となるか、更にその先に「プロレタリアート革命」が起こるくらいしか、想像する事が出来ないものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

超・格差社会アメリカの真実
小林 由美
日経BP社
売り上げランキング: 355
おすすめ度の平均: 4.5
5 マスコミの報道では分からないアメリカの今を知る本
5 アメリカ社会についての最良の解説書
3 あとがきが惜しいです

マルクス・エンゲルス 共産党宣言
マルクス エンゲルス Karl Marx Friedrich Engels 大内 兵衛 向坂 逸郎
岩波書店
売り上げランキング: 33126
おすすめ度の平均: 4.0
4 やはり歴史的に見て重要な一冊
4 この本の予測は外れたが、依然として名著
3 「社会科学」のトンデモ本―訳者についてですが。


PR情報
人間学を学ぶ月刊誌 月刊『致知』(ちち)
猫オーナー必見!2月22日は猫の日♪
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
あけましておめでとうございます。 本年も宜しくお願いします。
我々低賃金労働者は正規社員と雖も年収400万程で、当然サービス残業は月間数十時間となりこの件に異を唱えれば、生産性を上げなさいとの返事が返るだけです。 生産性が低く、これと言った固有技術も無い製造会社で有りながら間接部門が半数に近い構成では仕方が無いと考えます。 創価さんも赤旗さんも文句も言わず黙々とサービス残業をやっていますよ。 生産性の低い下請け企業はサービス残業云々を言う余裕が無い事を従業員は知っているのです。 サービス残業に文句を言うと残業はつくが本俸がカットされるので年収は同じか下がってしまうのが現実なのですよ。 知足常楽、無求乃安。 と言う事で精神衛生を何とか保っています。 中国の低賃金労働者との競争はきついですね。


2007/01/03(水) | URL | みのやん #-[ 編集]
あけましておめでとうございます。

こちらこそ、本年も宜しくお願いします。

現在の労働現場が仰るような状況である事は、私も重々承知しております。

しかし、だからこそ、今、この「ホワイトカラーエグゼンプション」のような法案を成立させる事は、極めて危険なのです。

ようするに、今、このような条項を含む法案を成立させるという事は、みのやんさんが仰っているような悲惨な労働条件を、「合法」且つ「恒久化」させようとする事に他ならないのです。

日本の企業が国際競争力を持つ事は、確かに日本が生き残っていく上で重要なファクターではあります。

しかし、日本が国家として国際的競争力を維持、成長させるのは、本来的には何の為であるのかという命題を考えれば、このような時期にこのような法案を成立させようとする事が、如何におかしいかという事が、理解して頂けると思います。

この「ホワイトカラーエグゼンプション」なるものは、一見、今まで「公」を顧みなかった日本人に、「公」に奉仕するよう求めるものに見えますが、その実態は、「経団連」を始めとする一部の財界人の「私」の為に、多くの一般国民という「公」が奉仕する為のものなのです。

会社という「公」に「奉仕」する事は、確かに日本人的な美徳の一つかも知れませんが、会社の上にいる一部の「私」に搾取される事を黙っているのは、少し、いや、大きく違うのではないでしょうか。
2007/01/03(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
厚生労働省も舌噛みそうなカタカナで誤魔化そうとするのはやめるべきですね。わかりやすく「事務従事者労働時間無制限延長法」というのはどうでしょうか(笑)
2007/01/04(木) | URL | 練馬のんべ #.GslOXVU[ 編集]
TBありがとうございます。

拙ブログは、TB大歓迎ですので(エロサイト、マルチ関係、明らかに無関係なもの除く)、どんどんとTBしてやって下さいませ。

>舌噛みそうなカタカナで誤魔化そうとするのはやめるべきですね。

「ジェンダーフリー」と同じような発想ですね。

庶民を見下したお役人が考えそうな事です。

名前としては、「労働者恒久奴隷化法案」「日本人奴隷化法案」、或いは、もっと簡潔に「奴隷労働法」「社畜法」などでも良さそうですね。
2007/01/05(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/610-e8d6ee22
安倍首相、女系天皇容認白紙へ 典範改正視野に議論  安倍晋三首相は、政府の「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大総長)が平成17年にまとめた、象徴天皇制の維持を目的に女系皇族にも皇位継承権を認めると
2007/01/03(水) | 新・平成徒然草
 「サービス残業」とは労働基準法、労働安全衛生法違反であり過労死や家庭崩壊にも繋がる反社会的行為であるが、労働者は文句を言えば報復人事に遭う恐れがあるため、リストラで人員が削減されていても否応なく従っているのが現
2007/01/03(水) | ステイメンの雑記帖
本ブログでは先日の記事「家族の崩壊を促進する労働時間規制撤廃には断固反対」で厚生
2007/01/04(木) | 家族がいちばん
経団連が新ビジョン策定 消費税2%上げを提言正月早々胸糞悪くなるニュースだ。↓クリックでランキングチェック
2007/01/04(木) | 某赤い国Life