FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ経済 → 残業代ゼロ、少子化対策になる訳無い

残業代ゼロ、少子化対策になる訳無い
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 法案に対する賛否は兎も角として、「ホワイトカラーエグゼンプション」なるものが労働時間の短縮に繋がる訳などが無い事だけは、誰が考えても容易に理解出来る事であり、また、それ故に、これが少子化対策の一助になど決してなり得ない事も、誰が考えても理解出来るところだと思われます。

 このような言い分は、この悪法を是が非にでも通し、「サービス残業」を合法化、恒久化しようとする「経団連」の連中の出鱈目に過ぎず、この法案の成立の結果、待ち受けているものは真逆のものである事など、ほぼ全ての国民が理解している事であると言えます。

 しかしながら、我が国の宰相、安倍晋三くんは、まだ、このような出鱈目の見本のような大嘘が、国民に通じるなどと考えておられる様子です。

残業代ゼロ 首相「少子化対策にも必要」

 安倍首相は5日、一定条件下で会社員の残業代をゼロにする「ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入について「日本人は少し働き過ぎじゃないかという感じを持っている方も多いのではないか」と述べ、労働時間短縮につながるとの見方を示した。さらに「(労働時間短縮の結果で増えることになる)家で過ごす時間は、例えば少子化(対策)にとっても必要。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を見直していくべきだ」とも述べ、出生率増加にも役立つという考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「家で家族そろって食卓を囲む時間はもっと必要ではないかと思う」と指摘。長く働くほど残業手当がもらえる仕組みを変えれば、労働者が働く時間を弾力的に決められ、結果として家で過ごす時間も増えると解釈しているようだ。

 ただ、連合などはサービス残業を追認するもので過労死が増えるなどとして導入に猛反対している。このため、夏の参院選をにらんで与党内でも慎重論が広がっている。

 しかし、首相は通常国会への法案提出については「経営者の立場、働く側の立場、どういう層を対象にするかについて、もう少し議論を進めていく必要がある」と述べるにとどめた。

(2007年01月05日 朝日新聞)


 他の各紙は、政府が「ホワイトカラーエグゼンプション」の次期国会への提出に慎重姿勢を示していると記し、この首相の発言を伝えているのが捏造・歪曲を生業としている朝日新聞だけとあって、政府から批判の声が上がるやも知れぬとの僅かな希望を抱き、とりあえず1日待ってみたのですが、そのような動きらしきものも見られないところ、どうやら、首相が、このような節の発言をした事は真実である様子です。

 残る可能性としては、安倍首相が、「経団連」の売国奴どもの嘘出鱈目を無垢に信じ、この「ホワイトカラーエグゼンプション」で全体的な労働時間が短縮し、家で過ごす時間が増加し、結果として少子化対策にも繋がるなどと思っているとも考えられますが、この場合、事態は更に最悪だと言えます。

 何しろ、我が国の舵取りをする政府の最高責任者である内閣総理大臣閣下が、このような政治、経済の素人でも嘘と直ぐに分かる出鱈目を信じているのですから、我が国の労働現場は更に悪化の一途を辿り、延いては更なる経済の悪化を呼び起こし、その結果、少子化は更に加速化していく事は確実と思われるからです。

 何れにしても、我が国の内閣総理大臣閣下殿が、政治を行うに際して、国民の方向を全く見ていない、或いは、一般の国民というものを全く理解していない事は確実であり、この先、我が国の経済や労働状況が良い方向に進む可能性は、残念ながら低いと言わざるを得ません。

 流石に、次期国会において、この「ホワイトカラーエグゼンプション」を含む新労基法が提出される事は、参院選での大敗北を恐れる「守旧派」、「抵抗勢力」と呼ばれた政治家たちにより食い止められる事とはなりそうですが、「慎重姿勢」とはつまり、何時かは成立させる事を前提として姿勢であり、予断を許さない状況に変化は無いと言えるでしょう。



 しかしながら、経団連の売国奴や、経済政策がトクイな安倍センセーは勿論の事、このような狂った労働政策、経済政策に対して、誰一人として、まともな忠告をしようとする政治家・官僚が居ないというのは、まことに悲惨な状況だと言えます。

 労働者の労働時間を短縮させたいのならば、仮に、この「ホワイトカラーエグゼンプション」にその効果があるとするにしても、このような回りくどい事をするよりも、労働基準法にある労働時間の遵守の違反の罰則を強め、規定時間外労働賃金を現在である2割5分以上5割以下から、5割以上にでも上げてしまえば、殆どの労働現場から残業は無くなります。

 そして、今回、経済がトクイな安倍センセーが「ホワイトカラーエグゼンプション」が必要な根拠として挙げておられる「少子化問題」ですが、これの解決の為には、単純に労働者が家庭で過ごす時間を増やすだけでは効果は出ず、国民が安定して生活を送れる経済状況を作り出す必要があると言えます。

 それは、つまり、景気を回復させるという事ですが、現在のように、一部の上層の景気だけが良化しているだけでは、いざなぎ景気を追い越そうが、或いは、100年好景気が続いたとしても、意味など何も無いと言えます。

 国民全体が景気が良くなったと実感し、明日の生活に不安を感じなくなって始めて、少子化対策なるものを始めなければ、如何に税金を投入しようとも、教育を充実させようとも、専門家の意見を聞き回ろうとも、単なる徒労に終わる事は明々白々だと言えるものです。

 それでは、その国民全体が景気が良くなったと実感出来る程に、我が国の経済を回復させる為に何をすれば良いのかと言えば、定率減税の廃止や、消費税の増税などでは無く、恒久的な所得税、法人税の減税だと言えるでしょう。

 よく、現在の政府の経済政策を学者先生が批判する際に、レーガノミクス、つまりはレーガン米元大統領の政策における実例を持ちだしますが、何も、そのような小難しい話をするまでもありません。

 所得税の減税をすれば可処分所得が増え、可処分所得が増えれば消費が増え、消費が増えれば、それを賄う為の生産が必要になり、その生産を賄う為には雇用が必要になり、雇用が増えれば、労働者の価値が上がり、その所得が増え、所得が増えれば税収は増し、国庫は潤う事となる。

 これだけで十分でしょう。

 政府が増税が必要と主張する根拠は、財政の再建の為には税収の増加が不可欠というものなのですから、この減税政策は経済を回復させるのみならず、財政赤字を無くす事にも繋がります。

 挙げたついでなので、法人税の減税にも触れておきますが、何故、こちらも減税すべきかと言えば、現在、企業が大幅なリストラを行ったり、労働者に「サービス残業」を強要したり、挙げ句には、「ホワイトカラーエグゼンプション」なる「労働者恒久奴隷化法案」を通せとまで要求しているかと言えば、つまるところ、「国際競争力」を維持する為という事になります。

 そこで、この「法人税」の減税を実施すれば、現在、企業に掛かっている負担は小さなものとなり、わざわざ、労働者苛めのような真似をしなくとも、「国際競争力」を維持出来る事に繋がります。

 また、この「法人税」の減税を大幅なものとすれば、現在、安い労働力を求め、支那に出向いている企業も、総合的に我が国で活動する方が益するところが大きいとなり、多大なリスクの伴う支那から撤退する機会となり、我が国の雇用は、更に促進される事となります。

 これにより、所得税の減税によってもたらされた景気の好循環は、更に加速度を増し、国民が好景気を感じる度合いは、更に大きくなると言えます。

 更に、この「法人税」の減税を行い、企業の負担を小さくする事により、わざわざ批判を喰らいながら、この「ホワイトカラーエグゼンプション」なるものを成立させる必要も無くなり、良い事ずくめだと言えるでしょう。

 大体、自民党は現在、「小さな政府」をつくると公言していますが、「小さな政府」の成立には「減税」が必要不可欠であり、「減税」の実施無くして、「小さな政府」の成立などあり得ないのですけどね。

 我が国の税率が、異常に低いという場合を別にして。

 つまるところ、労働条件の良化も、少子化に歯止めを掛けるにも、財政赤字を無くすにも、一番早く、そして確実な方法は「大幅な減税」を実施する事であり、経団連の阿呆に乗せられ、「ホワイトカラーエグゼンプション」を成立させたり、消費税を増税させたりする事では、断じて無いと言えるものです。

 経済がトクイな安倍センセーは兎も角として、政府自民党、経済官僚の中に、こんな簡単な事さえ提言出来る人間が居ない事は、まことに以て、我が国の不幸であると言わざるを得ないでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

ウエクサ・レポート 2006年を規定するファクター
植草 一秀
市井文学
売り上げランキング: 67780
おすすめ度の平均: 4.0
5 日本を司る人達
5 要点が的確で理解しやすい本
1 占い師の経済評論

さらば小泉 グッバイ・ゾンビーズ Say Good-bye to Zombies
ベンジャミン・フルフォード
光文社
売り上げランキング: 101344
おすすめ度の平均: 4.0
4 テレビみててもはいってこない内容かな?
5 一般庶民が目覚めるための必読の本
3 結論は、納得できる部分が多いが・・


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
ドクターストップ!?お酒が飲めなくなる前に!エバーライフのカンコウ草
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
ありがとう、浪人様。
保守層のブロガーで、私の言いたい事を本当に理解してくれる数少ない人達の一人が貴方です。

ずっと以前からそうだったですがね。
貴方の様な知己を得た事だけでも、私はブログをやって来た意味があったのだと思いますよ。

このホワイトカラー・エグゼンプションは安倍政権の致命傷になりかねない愚行であり、もしもこれを断行するならば安倍政権に致命傷を与える以外のリカバーができない事でもあります。

本当に金ぴかの悪政・悪法ですから。

改憲を控えた大事な時に、短絡的にこう言う愚行を行ってしまうと言うのは、安倍晋三の政治家としての器の小ささを証明していると思います。

保守派ブロガーはほとんど全てこの件についてスルーです。
結局は保守派と言うが、安倍自民マンセーのイエローが揃っていると言う事でしょう。

今護憲派のブロガーに対して、理念闘争を止めて、疲弊した日本国民の救済を訴えかけています。
保守、革新共に潮目を変えるべき時期に来ていると私は思うのです。

政府主導の反日を許さない。保守の面目はここにあると思います。
共にできる限りの事を致しましょう。
私は貴方を常に応援しています。
これからも共に頑張りましょう。
2007/01/07(日) | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
過分なお褒めの言葉、まことに恐縮する次第です。

私の方こそ、三輪さんのブログを拝見させて頂かなかったら、気付けなかった事、知り得なかった事数多く、感謝の念に堪えません。

浅学無才の身ではありますが、出来る限りの事を、共に頑張っていきたいと思います。

>改憲を控えた大事な時に、短絡的にこう言う愚行を行ってしまうと言うのは、安倍晋三の政治家としての器の小ささを証明していると思います。

全く同感です。

改憲、教育基本法の改正などが何故必要であるかと言えば、全て国の為、国民の為である筈ですし、また、そうでなければなりません。

しかしながら、次期参院選において改憲の是非を問い、自身の任期中において改憲を実現すると言っている最中に、このような悪法中の悪法を通そうなどと画策すれば、安倍氏、政府の意図が何処にあるかは別にしても、多くの国民は、改憲は政府の為に行うのだろうと感じる事になります。

この事は、単純に安倍政権に打撃を与えるに止まらず、改憲派全体が、そうした政府の意図の下で動き回る集団であるとの印象を与え、延いては保守や右翼全体が、単なる体制派であるとの印象を与えてしまう事になりかねません。

これは、安倍氏の意図が何処にあるにしても、保守・右翼潰し以外の何ものでも無いと思います。

>保守派ブロガーはほとんど全てこの件についてスルーです。

単純に経済問題には触れない、或いは経済問題は苦手という方もおられますので、一概には言えないところですが、結局、根無しの自称「保守」、三輪さんが仰るところの「イエロー」が多いという事なのでしょうね。

或いは、政府が放つ悪法の一撃が、北や支那の核と同じくらい、或いはそれ以上に、「日本」に大きなダメージを与えるものであるという事が、単純に理解出来ないのかも知れませんが...

>政府主導の反日を許さない。保守の面目はここにあると思います。

全くその通りだと思います。

これが出来ないのならば、それは保守などでは決して無く、ただの体制派に過ぎないと思います。

1人でも多くの保守、いや日本人が、この事に気付いてさえくれれば、現在のおかしな、そして危険な流れを食い止める事も可能になるのではないかと考えます。
2007/01/07(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
少々遅れましたが明けましておめでとうございます。

え~……新年早々なんかの聞き間違いとか言い間違いとかそういう失言の類ではないのですね?
どんな「風が吹けば桶(以下略)」理論ですか。

まあ、彼とそのブレーンが労働法を知らないのかそれとも意図的に無視しているのかは定かではありませんが自分が成立させようとしている法律の内容を理解していないという点で政治家としての素質が疑わしくなります。
まあ、確かに貧困にあえぐ国で少子化問題というのはあまり聞きませんが。

というか、まず経済政策の基礎理論になっている「上が潤えば下もそのお零れにありつける」という説は保有資産に応じた社会還元が暗黙の義務となっている米国でこそ成り立つ理論であって「金が入れば入るだけ溜め込んでしまう」我が国ではただの「富の占有」にしかならないのではないでしょうか。

それと、個人的には三世で銀の匙咥えて生まれてきたような安倍総理が内政面で「一般国民のため」の改革をする訳無いと思っています。
彼のやろうとしている事はどちらかといえば彼の大好きなオジイサマ世代への「復古」に近いのではないでしょうか。
彼の思い描く理想がどんなに素晴しい物であれ、少なくとも懐古主義は政治家が最もしてはいけないことの一つではないかと思われます。
2007/01/07(日) | URL | Kronos #wJFip.Ek[ 編集]
あけましておめでとうございます。

>自分が成立させようとしている法律の内容を理解していないという点で政治家としての素質が疑わしくなります。

同感です。

素人に、家を建てさせようとしているようなものですからね。

それも、1億人以上が居住する巨大な家を。

>まず経済政策の基礎理論になっている「上が潤えば下もそのお零れにありつける」という説は保有資産に応じた社会還元が暗黙の義務となっている米国でこそ成り立つ理論であって「金が入れば入るだけ溜め込んでしまう」我が国ではただの「富の占有」にしかならないのではないでしょうか。

基本的には、その通りかと思いますが、ただ、米国においても、完璧に成り立っているとは言い難い状況であるように感じます。

循環している資金そのものが余りにも巨大な為、目を眩まされがちですが、彼の国の経済格差状況は、支那を笑えない程に酷いですからね。

これは結局、一番上では無くとも、どこかの階層で経済の循環が止まっているという事ですから、これにより、一部の「本当にやる気の無い人間」を除くほぼ全ての米国民が、利益を享受しているとは言い難いように感じます。

>彼のやろうとしている事はどちらかといえば彼の大好きなオジイサマ世代への「復古」に近いのではないでしょうか。

私の感じるところでは、彼は、そこまで明確なビジョンを持っている訳では無いように思います。

確かに、懐古主義的な一面や、祖父への畏敬の念というものは、言葉の端々に感じられはしますが、そこへ到達する為に必要なものすら、多分、何一つ持ってはいないでしょう。

況や、未来に到達する為の方策など、何一つ持ち合わせてはいないと思います。

彼の著書である「美しい国へ」も一読しましたが、結局、彼がどのような政策を実行し、どのような国をつくりたいのか、非常に曖昧模糊で抽象的で、とても政治家の本とは思えませんでしたから。
2007/01/08(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/615-c907f4ff
安倍内閣の最大の穴とは何か?それは安倍内閣が一切国民の生活に関心が無い事であろう。小泉政権では「痛みに耐えて構造改革」と言うスローガンが受け入れられた。小泉純一郎は良くも悪くも国民を信じさせる力を持って
ちょっと前までオクノ総研総裁オクノ氏のBlogを読んでいた。文章からにじみ出るシニカルな視点が好きであったが、最近は全く更新されなくなってしまって残念である。このBlogもいつまで続くかわからないが。なお、このオ
2007/01/07(日) | 最高の知識
ニュースそのものはさほど珍しくない申告漏れのニュースだが、私の周辺では地域がら、何かとこの会社の話題をよく耳にするので記事を起こしてみた。(共同通信より 引用) ---------------------------------------N電産、69億申告漏れ 子会社との移転価格めぐり2...
2007/01/08(月) | 時事評論