FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 続・エロ拓さん売国紀行

続・エロ拓さん売国紀行
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 今月5日、北朝鮮に行くなどと、とんでもない勘違いした意欲を燃やしていた山崎拓ことエロ拓さんですが、早くも、そのろくでもない計画を実行し、本日中に起ち、明日にも北朝鮮、平壌し入るとの報が飛び込んで参りました。

山崎拓氏、9日に平壌訪問…核問題など意見交換

 自民党の山崎拓・前副総裁は9日に北京経由で平壌を訪問し、北朝鮮高官と核開発問題などについて意見交換する。

 政府・与党関係者が7日、明らかにした。

 政府関係者は「政府は一切関係していない。訪朝は山崎氏独自の判断と行動だ」としている。

 山崎氏は8日に日本を出発し、北京に1泊する予定だ。

 山崎氏はかねて、「日本も北朝鮮に直接出向き、核問題などについて説得する努力が必要だ」と早期に訪朝し、核問題の解決の糸口を探ることへの意欲を示していた。

(2007年01月08日 読売新聞)


 はっきりと断言させて頂くが、話し合いにより北朝鮮を説得し、核兵器の開発を放棄させる事など200%不可能であり、単なる時間の無駄遣いに他なりません。

 また、縦しんば北朝鮮を一時的に説得し、核開発を放棄するとの言質を得たとしても、これまでの過去の経緯を見れば分かるように、連中が約束を遵守する可能性などは、まず以てあり得ない事だと言えます。

 北では無く、南の方の蛮族集落の方ですが、連中、朝鮮人という民族が、如何に約束を守らない連中であるかという事を、近似の出来事で一つ引用しておきます。

韓国、操業自粛を拒否 ズワイガニ漁民間合意違反

 日韓暫定水域のズワイガニ漁場を交代利用する両国の民間漁業者団体間の合意を韓国側が守らなかった代償措置として、日本側が申し入れていた今月からの操業自粛要請に対し、韓国側は五日までに「受け入れ難い」と回答。違反があった場合の措置については来漁期前の今年秋に検討したい意向を示した。日本側は納得せず、九日から再協議に応じるよう求めた。

 両国の民間漁業者団体は二〇〇一年、ズワイガニ漁場の資源を保護するため、韓国側は十一、十二月の二カ月間、日本側は一月から三月二十日まで操業しないことを申し合わせ、毎秋の取り決めで合意内容を更新。しかし、日本側の利用期には韓国側の漁具が設置されたままになっており、日本側が操業できない状態が続いていた。

 これを受け、大日本水産会など日本側団体は先月二十九日、韓国釜山市で行われた韓国水産会などとの当事者間協議の席上、日本側が操業できなかった期間のペナルティーとして今月一日から二月十九日まで操業しないよう韓国側に求めていた。

 問題を先送りした韓国側に対し、日本側は「到底納得できない」として、九日から十二日まで東京での再協議に応じるよう五日付の文書で通知した。

(2007年01月06日 日本海新聞)


 ヘヴィなコリアウォッチャーにとっては、最早、さして驚く程の事でも無いやも知れませんが、朝鮮人という連中は、このような公式の場で交わされた約束でさえも、容易く、罪悪感の一つも感じる事無く、破る事が出来る連中です。

 このような連中と話し合い、約束を交わそうとする事が、如何に無駄な事であるかという事は、この一例を見るだけでも十分以上に理解出来る事であり、況や、過去の連中の数々の所業を見れば、無意味どころか有害ですらあるという事は明白だと言えるでしょう。

 無論、北朝鮮の犬であるエロ拓さんは、そのような事は十分に心得ており、単純に、北朝鮮に時間的、また、その他の余裕を少しでも与える為、今回のような行動を取ろうとしているのでしょう。

 政府・与党は、今回の行動はエロ拓さん独自の行動であり、政府としての意志は何ら介在していないと発言しているようですが、本当にそうであるならば、一刻も早く、この馬鹿が日本を飛び立つ前に、この巫山戯た行動を止めるべく、動き出す必要があると言えます。

 この万年発情期の色惚け政治屋は、確かに、現在では何の権限、権力も持たない過去の政治家ではありますが、この万年発情期には、政府自民党の元副総裁という、非常に立派な肩書きがある事を、決して忘れてはなりません。

 我が国から見れば、権力闘争に敗れた過去の阿呆な政治家が、存在感を演出しようと、意味も無いのに北朝鮮下りまで出向いたという印象に過ぎないのかも知れませんが、せこい謀略にかけては右に出る者は居ない朝鮮・支那という連中にとっては、この自民党元副総裁という肩書きがあるだけで、全く意味合いが違うものになってくると言えます。

 ここでもし、エロ拓さんが下らない欲から、下らない約束を連中と交わし、その際に、何らかの我が国にとって不利益となる条件を提示してしまえば、連中は、自分達は約束を履行する事はしなくとも、そのエロ拓さんが提示した条件に関してだけは、執拗に、こちらが履行するまで、ありとあらゆる手段を使って要求してくると考えられるものです。

 連中が言い出しそうな言い分としては、「自民党の前副総裁であり幹部である山崎拓氏が、我々と取り交わした約束は、共和国と日本との友好関係を強固なものとする為、必要不可欠なもであるとともに、友誼の印でもある。我々としては、日本が誠意ある態度を示し、この約束を履行し、我々と日本との関係が良化する事を願って已まない」と言ったところでしょうか。

 常識的に考えれば、このような巫山戯た要求など聞く必要は何処にも無く、無視を決め込んでいれば良いとは言えるのですが、我が国には、エロ拓さんの他にも、多数の「媚朝議員」とされる人間が多数存在しており、北朝鮮問題を解決させる為には、まずはこの約束を履行するべきだなどと、頭の痛くなる事を叫び出す可能性は高いと言わざるを得ません。

 縦しんば、そのような連中の巫山戯た口を押さえ込み、馬鹿が豚と交わした約束を反故に出来たとしても、その為だけに、我が国は、使う必要も無い労力を使う事を強いられる事は、避ける事が出来ないと言えるでしょう。

 非常に無念ながら、今までの流れを考えると、このまま、エロ拓さんが北朝鮮を訪問する事は避け難く、その際に、北朝鮮の核放棄の前に、我が国が何らかの「誠意」を示すなどと言った、巫山戯た約束を取り付けてくる可能性は高いと言えます。

 拉致担当相を設立しようが、NHKに対して、拉致報道に重点を置くよう命令しようが、経済制裁を強めようが、このような馬鹿を自由に泳がせ、勝手な行動を取る事を許している限り、拉致・核開発を含む北朝鮮問題を解決させる事など、凡そ不可能ではないかと思える次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

朝鮮民族を読み解く―北と南に共通するもの
古田 博司
筑摩書房
売り上げランキング: 81603
おすすめ度の平均: 5.0
5 秀逸な朝鮮民族論
5 イデオロギーを越えた良書
5 差異を認識するための良書の一つ

別冊宝島『嫌韓流の真実! 場外乱闘編』
中宮 崇
宝島社
売り上げランキング: 42338
おすすめ度の平均: 4.0
5 そこまでお人よしではない
5 実態を知るべき
4 最近の出来事をみると否定しようがない


PR情報
人間学を学ぶ月刊誌 月刊『致知』(ちち)
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
山拓は自民党の中でも加藤等と同様に、存在感が薄いので何とかアピールがしたいだけなのでしょうね。
これ以上売国活動が出来ないように、福岡県の人々にこの男を何とかして頂きたいものです。
2007/01/08(月) | URL | スサノオ #-[ 編集]
「核完全放棄」及び「拉致問題全面解決」しか日本の受け入れ余地はありません。それが今の日本のとるべき唯一の外交方針です。この男、何をしに行くつもりなのか。行くなら勝手に行け、もう帰ってくんな!ってか、もう日本に入れるな!

2007/01/08(月) | URL | 違法廃棄物処理業者 #-[ 編集]
>山拓は自民党の中でも加藤等と同様に、存在感が薄いので何とかアピールがしたいだけなのでしょうね。

これだけでも十分に有害で、我が国にとって迷惑極まりない行為だと思えますが、どうにも、それだけに止まらない、「どす黒い意志」を、このところの一連のエロ拓さんの行動から感じます。

これが、単なるアピール目的の、独断的な行動ならば、まだ何とかなるかも知れませんが、ある特定の人物、または団体の意志が介在していたらと想定すると、事態は最悪の方向に向かう可能性すらあり得ます。

存在感をアピールして、権勢を取り戻したい国賊と、拉致、核を含めた北朝鮮問題を有耶無耶にしたい勢力。

手を結ぶ可能性が無いとは言い切れないように思います。
2007/01/09(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>「核完全放棄」及び「拉致問題全面解決」しか日本の受け入れ余地はありません。それが今の日本のとるべき唯一の外交方針です。

これを覆す事が、今回のエロ拓さんの訪朝の、最も大きな理由でしょうね。

流石に、このような狂った事が実現する事は無いでしょうし、また、実現させるつもりも無いというのが、日本国民の総意だと思いますが、これに揺さ振りを掛けるような行動は、媚朝勢力を一掃しない限り続くという覚悟をしておく必要があるかと思います。

その上で、拉致・核の包括的な解決が得る事のみが、我が国国民の総意であるとの「鉄の意志」を持ち、政府に対して訴え続けていく必要があると考えます。
2007/01/09(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/616-204aeb40
◆自民・山崎氏、9日に訪朝 安倍外交に不信感? (http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/34107/) 自民党の山崎拓元副総裁は7日、9日から北朝鮮を訪問する意向を固めた。8日に出発し、北京で1泊した後、空路平壌入りする予定。平壌には5日間程
 新年になって、またぞろ犯罪国家北鮮が再度の核実験を準備中との報道があり、安倍首相も「日本や国際社会はより厳しい対応措置を取ることになるだろう」と述べている最中、媚中派売国政治家の一角を占める山崎エロ拓が訪朝した
2007/01/08(月) | ステイメンの雑記帖