FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 基地外経営者からの果たし状

基地外経営者からの果たし状
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 新しい働き方だの、少子化対策にも繋がるだのと、如何に綺麗事を並べ立てようとも、「ホワイトカラーエグゼンプション」なるものが、そのような効果を現すことなど無く、少なくとも、この法案を推し進めようとしている連中の狙いは、決してそのような事では無い。

 その事を、他ならぬ「労働政策審議会委員」のメンバーの一人が、吐露された模様です。

【労働者へ果たし状】人材派遣ザ・アール奥谷禮子社長、「過労死は自己管理の問題」と労働者批判 労基署は不要とも

 人材派遣企業、ザ・アール奥谷禮子社長が「週刊東洋経済」最新号で、 労働者の過労死などをめぐる労働環境について、労働者側に問題があるという見解を示した。

 これは9日発売の「週刊東洋経済」2007年1月13日号に掲載されたもので、 奥谷氏はインタビューの中で、「格差社会と言いますけれど、格差なんて当然出てきます。 仕方がないでしょう、能力には差があるのだから」「下流社会だの何だの、言葉遊びですよ。 そう言って甘やかすのはいかがなものか」と、労働者の収入格差を是認した。

 また、過労死問題について、「だいたい経営者は、過労死するまで働けなんて言いませんからね。 過労死を含めて、これは自己管理だと私は思います。ボクシングの選手と一緒」と 独自の見解を述べた上で、「自分でつらいなら、休みたいと自己主張すればいいのに、 そんなことは言えない、とヘンな自己規制をしてしまって、周囲に促されないと休みも取れない。 揚げ句、会社が悪い、上司が悪いと他人のせい。ハッキリ言って、何でもお上に決めてもらわないと できないという、今までの風土がおかしい」と、労働者側に問題があるという考えを示した。

 さらに同氏は労働基準監督署が不要であると述べ、「『残業が多すぎる、不当だ』と思えば、 労働者が訴えれば民法で済むことじゃないですか。労使間でパッと解決できるような裁判所を つくればいい」と私案を披露した。

 同氏は、日本航空退社後82年にザ・アールを設立。1986年、女性初の経済同友会会員として 注目を集め、2001年には日本アムウェイの経営諮問委員に就任するなど社内外で幅広く活動してきた。 現在は同社社長のほか、ローソンや日本郵政の社外取締役を務める。(ブルーベリーうどん)

(2ちゃんねるより引用)


 この奥谷氏の意見が、我が国の経営者の意見の総意という訳では無く、また、そうあっては欲しくはありませんが、少なくとも、この「ホワイトカラーエグゼンプション」なるものを、積極的に推し進めようとしている連中の頭の中が、このようなものである事は、恐らく間違いは無いと言えるでしょう。

 こういう人間が、現在、労基法を破って労働者に「サービス残業」させている現状を、改めるどころか「合法化」させてしまい、それを「恒久化」させ、あまつには、その結果、「過労死」するような事が起こっても、使用者としての責任を免れて、「自己責任」で片付けようというのが「ホワイトカラーエグゼンプション」だと言えます。

 このような悪法を、現状でも「サービス残業」で給与に労働が反映される事は無いのだからと、半ば諦め気味に考え、積極的に賛成では無くとも、是認する姿勢を示している方々は、この奥谷という言葉をよく読んで、もう一度考えて頂きたい。

 こういう、自己中心的で他人の立場、痛みを欠片も理解出来ない人間に、労働者を時間に拘る事無く自由に拘束出来る「ホワイトカラーエグゼンプション」なるものを与えれば、我が国の労働現場、労働者の立場というものが、一体どのようなものになるのか。

 そしてまた、同時に、このような悪法を成立させようとしている安倍政権を支持している方々にも、本当に安倍政権をこれ以上に続けさせて、我が国にとって益するところがあるのか、もう一度自問して頂きたい。

 国家の崩壊とは、何も、外からの攻撃のみによって起こるものではありません。

 如何に、防衛庁を防衛省に昇格させ、集団的自衛権の適用範囲を問い直し、外からの襲撃に備えたとしても、このような我が国国民を奈落に突き落とすような経済、労働政策を繰り返せば、どんなに技術力や経済力がある国であろうとも、早晩、自壊をする事は自明の理と言えるものです。

 国家とは、国民という存在にとっての「家」であり、断じて「政府」そのものでの、「政府」の持ち物でも無い。

 「政府」とは、国民が「家」である「国家」を効率良く運営する為、一定の「権力」を付与された存在でしか無いという事実を踏まえれば、現在の安倍政権による、国民から搾取し、政府と一部の人間が潤おうとする経済政策が如何に狂っているかという事は、容易に理解出来る筈の事だと言えます。

 これは、我が国から多大なODAを毟り取ろうとする支那・朝鮮の行為と同様のものであり、我が国を部下・家来と見なす米国と同じ目線であり、「反日行為」と呼べるものに他なりません。

 何度も繰り返しになりますが、この「ホワイトカラーエグゼンプション」なるものは、我が国の労働現場を壊し、我が国の経済を破壊し、延いては、我が国そのものを壊しかねない悪法中の悪法だと言えます。

 これを是認、容認する事が「保守」である事など、決してあり得はしないと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

思想の英雄たち―保守の源流をたずねて
西部 邁
文藝春秋
売り上げランキング: 448986
おすすめ度の平均: 4.0
5 保守思想
1 ニーチェが保守。初めて聞いた!!
5 15人の思想家との対話と戦後日本を超えて

国民の歴史
国民の歴史
posted with amazlet on 07.01.12
西尾 幹二 新しい歴史教科書をつくる会
産経新聞ニュースサービス
売り上げランキング: 110404
おすすめ度の平均: 3.5
1 この先生はもはやつくる会とは関係ありません!
5 分厚いですが、読む価値はあります
4 準備不足丸出し


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
出品するだけでギフト券GET!お得なオメガオークション
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
この奥谷何某と言う人物は、政権与党の支持母体「カルト教の隠れ信者」と言う話ですね。ですから、カルト教の意向を反映した発言らしいです。
2007/01/12(金) | URL | パトリオット #-[ 編集]
某ネズミ講の関係者だとは聞いていましたが、「カルトの隠れ信者」でもあったのですか。

とすると、カルトの走狗がこの法案に反対しているのも、ホワイトカラー労働に従事する信者に対するポーズで、本音では、この法案を成立させようと考えていると見て、間違いないかも知れませんね。
2007/01/13(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
おはよう御座います。
この「奥谷○子」なる人物は、私もTVでチラッとインタビューのシーンを拝見しましたが、コメントの内容は言うに及ばず、その目つきの悪さ、獣性、搾取主義的傾向に悪寒を感じました。即刻、「人類」というカテゴリーがはずして欲しいとすら思った人物ですね!
安易に乱立され続ける派遣業者の一部には「大陸系資本」が最近目立ってきているらしいので、注意を要しますね!・・・会社が法改正によって簡単にに設立可能となった背景には、何か「大陸系資本」の思惑と関係があるかも・・・!?
この「ホワイトカラーエグゼンプション」ですが、私は少しうがった見方をしてまして、よく見かける米国企業等の事を考慮に入れた経営的コストの削減が主たる導入目的だという事には異論はないのですが、もう一つの導入の背景として、金融関係業者への支援があると思います!?・・・というのも、収入が下がれば当然「貸し付けを行う業者」が潤う訳ですので、表向きは米国企業の意向に目を向けさせ、「真のねらい」への批判をかわす政治戦略ではないでしょうか!?
今年も宜しく御願いします。
2007/01/13(土) | URL | ITS下田 #-[ 編集]
こちらこそ、今年も宜しくお願いします。

>収入が下がれば当然「貸し付けを行う業者」が潤う訳ですので、表向きは米国企業の意向に目を向けさせ、「真のねらい」への批判をかわす政治戦略ではないでしょうか!?

成る程、そのような可能性も、確かに考えられますね。

まあ、何れにしても、我が国、そして国民にとっては、ろくなものではありませんから、成立は阻止せねばならない事には変わりありませんね。
2007/01/14(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/620-a3b6ae1b
  今回 「ホワイトカラー・エグゼンプション」法案 が 先送 り されたのは、このままだと 統一地方選や参院選で与党が炎上する事が見え見えだからだ! よって、それら 選挙によって与党が勝利 でもしようものなら、その後の 臨時国会で法案提出 が見え見えだし、 一度成立
「ホワイトカラーエグゼンプション」なる奇怪な横文字が最近ニュースや新聞紙面を賑わしていますなあ。内容はというと何のことはない、要は従業員が自分自身の裁量で労働時間を決め仕事をすることができる代りに、残業代は