FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 役立たずの民主党への雑感

役立たずの民主党への雑感
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 このところ、辞任した佐田前閣府担当大臣を皮切りとして、政治家の事務所経費を廻る問題が噴出している様子ですが、所詮、金の問題に関しては、自民党と一つ穴の狢である民主党が強い追求など出来得る筈も無く、辞任された佐田氏の他は全て有耶無耶に終わり、政治資金法を改正して終わりとなりそうな様相です。

備品費:政治団体が高額支出…不透明、領収書不要

 閣僚らの政治団体の不明朗支出問題で、焦点となっている「事務所費」だけでなく、「備品・消耗品費」でも、高額な報告をする団体が相次いでいる。事務所費と同じく明細や領収書提出の義務がない経常経費にあたるが、松岡利勝農相の後援会は2年連続で1300万円以上を計上し、金田勝年前副外相のように、2000万円以上を報告した団体もある。政治家間の額面差も大きく、不透明感は否めない状況だ。【青島顕、竹中拓実、篠原成行】

 松岡農相の「松岡利勝後援会」は05年に1343万円かかったと報告。この後援会は04年にも1435万円を計上した。

 内訳などの毎日新聞の問い合わせに関し、松岡氏の事務所は「本人が海外出張中であり、今の段階では答えられない」とコメントした。

 金田前副外相の資金管理団体は05年2205万円、04年1505万円、03年2315万円だった。内訳の説明を求めたが、事務所は「東京と地元秋田を含めて活動している。ガソリン代など適切なものだ」とコメントするのみだった。

 資金管理団体が03年に1353万円で、05年も936万円だった遠藤利明副文部科学相の秘書も「車なども持っている。政治資金規正法にのっとった内容の支払いを計上したもの」と内訳の説明に応じなかった。

 総務省に資金管理団体を届け出た閣僚12人の05年の備品・消耗品費の平均は372万円となっている。この資金管理団体に限った比較では麻生太郎外相が924万円でトップ。松岡農相の資金管理団体は742万円だった。

 政治資金規正法施行規則の定めにより、車など100万円を超える動産を取得した場合は収支報告書に記載する必要があるが、松岡、金田、遠藤3氏の団体の05年分の該当欄に記載は無い。

 ▽備品・消耗品費 政治資金規正法施行規則によると「机、椅子、ロッカー、複写機、事務所用自動車等の備品の類(たぐい)及び事務用用紙、封筒、鉛筆、インク、事務服、新聞、雑誌、ガソリン等の消耗品の類の購入費」。事務所費に比べて定義が明確だが、領収書添付や細目の記載は不要。ただし、価格が100万円を超える動産を取得した場合は資産の欄に記入し、「自動車」「絵画」「応接セット」などの品目と数量を記載する必要がある。

 ◇高級車記載漏れ、報告書を訂正…正甘利経産相の団体

 備品・消耗品費をめぐるルーズな報告もあった。甘利明経済産業相の資金管理団体は、04年に購入した高級乗用車を政治資金収支報告書に記載していなかった。甘利氏の事務所は12日、毎日新聞の指摘を受け、総務省で報告書の訂正手続きを取った。事務所は「うっかり記載を怠った」と説明している。

 甘利氏の事務所は04年の収支報告で「備品・消耗品費」を918万円と記載。衆院選があって一般的に経費がかかるとされる前後の03、05年より500万円以上高い、不自然な記載となっていた。

 毎日新聞が指摘したところ、事務所は467万円の高級国産乗用車を購入したためと説明。しかし「100万円超の動産」を報告するよう求めている収支報告書の資産欄には記載をしていなかった。秘書は「指摘されるまで気づかなかった。ただ、記載の方法なども分かりにくい」と話した。

 ◇領収書不要の仕組みがブラックボックス

 岩井奉信・日本大教授(政治学)の話 「事務所費」や「備品・消耗品費」に領収書が不要という仕組みは、事実上、政治活動費の付け替えを生んでいる。政治資金規正法の成立後、裏金が作れなくなったため、一部の政治家は表の項目を使って巨額な金をねん出するようになった。同法は金の収入についてはチェックするが、使い方について厳しく監視することが想定されていない。まさにブラックボックスの役割を果たしていると言え、原則的に細かな支出まで領収書を添付させるように法改正することが必要だろう。

(2007年01月14日 毎日新聞)


 まじめな話、ここまで問題が大きくなれば、法的に問題があるかは別にしても、政府与党を攻撃する事は実に容易であり、次期通常国家において、内閣不信任案を提出するという噂が出て来ても不思議ではないと思えるものです。

 何しろ、「核議論」が必要と発言しただけで、辞任を要求したり、外相不信任案を提出しようとしたりするのですから、それよりも、現実的な目の前にある切実な問題であるこちらに対して、それくらいの手段を講じようとしないというのは、実に不可解な事だと言えるでしょう。

 しかしながら、冒頭にも記したように、野党の筆頭である民主党は、口先では綺麗事を如何に並べ立てようとも、所詮は自民党と一つ穴の狢であり、しかも、現在の民主党は「自民党金権政治」の象徴とも言える「経世会」の落とし子、小沢一郎氏を代表としているのですから、そのような対応などする筈がありません。

 そして、大方の予測通り、その「金権政治」の落とし子である小沢くんも、佐多氏や松岡氏、伊吹氏、中川昭一氏と同じような疑惑が持ち上がってきています。

小沢氏、事務所費4億…前年の10倍に急増

 民主党の小沢代表の資金管理団体「陸山会」が2005年の政治資金収支報告書に事務所費約4億1500万円を計上していたことが13日、明らかになった。

 事務所費は04年が約3800万円で、05年は10倍以上に急増した。

 政治資金収支報告書によると、陸山会の主な事務所所在地は東京都港区のマンション。05年に世田谷区内に計約3億6500万円の土地と建物を購入した。

 小沢氏は13日朝、「秘書の宿舎を建てた。架空の計上をしたり、付け替えをしているのとは全然違う」と語った。小沢氏の事務所は、宿舎建設費以外の詳細について「不動産購入の手数料や世田谷区内の事務所の借地料だ」と説明した。

 鳩山幹事長も同日、「全く問題ない」と記者団に語った。

 民主党は25日召集予定の通常国会で、伊吹文部科学相、松岡農相らの事務所費を巡る不透明な会計処理を追及する方針だが、与党側も小沢氏の事務所費の説明を求める可能性がある。

(2007年01月13日 読売新聞)


 民主党は、この他にも、松本剛明政調会長が同様の疑惑を持たれており、他にも多数、同じような事をしている議員がいる事は想像に難くありません。

 結局は、ハトポッポ大センセーが何時ものように調子に乗って馬鹿発言を繰り返さず、道義だの何だのと訳の分からない事を発言するに止め、政治資金規制法の改正が必要などという発言に到ったのも、これ以上、、問題追及の流れが拡大し、傷口が広がるその前に、この問題を終わらせたいという事なのでしょう。

事務所費問題で「法改正見直しが必要」…民主幹事長

 民主党の鳩山幹事長は13日午前、伊吹文部科学相、松岡農相らの高額の事務所費問題に関連し、「政治資金規正法の透明性を高めるため、通常国会で法改正をすることが必要だ」と都内で記者団に述べた。

 具体的には、現在は内訳・領収書が不要な事務所費などに関し、「領収書添付の義務づけが必要だ。(報告する)金額も5万円以上が適当かという問題はある」と語った。

(2007年01月13日 読売新聞)


 実に、想像通りというか何というか、下らないとしか言い様がありません。

 一応は、来期の通常国会において、松岡農水相らの会計処理について言及すると言ってはいますが、非常に下らない茶番劇以外の何ものでもないものが繰り広げられ、貴重な法案審議の時間が無駄に食い潰される事となるのは、残念ながら間違いはないと思われるものです。

 本当に、問題の根本原因を追及するべく、これらの事で質問を繰り返すならば、必要であり重要な事かも知れませんが、ポーズの為に、このような事をするなど時間の無駄以外の何ものでもありません。

 こんな馬鹿で間抜けな税金泥棒が、如何に高尚なお題目を並べ立てたところで、我々国民が信頼して、政権を交代させるなどという事が出来る筈も無く、それどころか、こんな体たらくならば、存在している意味があるのかどうかすら怪しいと言えるものです。

 あくまで予想ではありますが、今年も民主党の馬鹿どもは、自民党問題が発覚してもそれと同様、或いはそれ以上の壮大な自爆を繰り返し、国民の期待と信頼(あるのかどうかは不明)を裏切り続け、自民党の売国政策が審議通過、可決するのを助け、間接的に我が国を亡国へと近づけていくのでしょう。

 民主党議員の中に、本当に我が国を正そうと志す人間がいるのであれば、早急に、小沢、管ガンス、ハトポッポの売国三馬鹿トリオの支配する、自民党の悪い部分だけをコピーした政党と袂を分かち、新たな政党を立ち上げるか、或いは、既存の別の政党に移籍するべきだと思います。

 「二大政党制」の是非は置いておくにしても、今現在の自民党と民主党で、まともな「二大政党制」の時代が来る事など、まずあり得はしないと断言出来るものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

職業としての政治
職業としての政治
posted with amazlet on 07.01.14
マックス ヴェーバー Max Weber 脇 圭平
岩波書店
売り上げランキング: 25653
おすすめ度の平均: 4.5
5 第1次世界大戦敗戦後のドイツを憂うマックス・ヴェーバーの声を聞け
5 読むたびに新たな発見。
4 マックス・ウェーバーは近代のマキャベリか?

自民党 迂回献金の闇 日歯連事件の真相
東京新聞取材班
角川学芸出版
売り上げランキング: 200264


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!月額263円から!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/622-a1584b5b