FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 日本人総奴隷化法案、見送りへ

日本人総奴隷化法案、見送りへ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 サービス残業を恒久的に合法化し、その結果、労働者が死に至るような事が起こったとしても、「自己責任」の一言で全てを終わらせ、企業責任を免れるのは勿論の事、労災認定すら下ろさないようにする悪魔の法案「ホワイトカラーエグゼンプション」、正式名称「日本人総奴隷化法案」を、次期通常国会に提出される事が、どうにか免れられる事となった模様です。

残業代ゼロ制:法案提出見送りへ 政府・与党

 政府・与党は15日、事務系社員を対象に現行の労働基準法に基づく労働時間規制から除外し、残業の概念をなくす「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション」制度の導入を盛り込んだ労働基準法改正案について、次期通常国会への提出を見送る方向で最終調整に入った。自民党幹部が同日夜、明らかにした。

 この幹部によると同日、法案の説明に来た厚生労働省の幹部に対し「もう終わった話だ」と伝えたという。公明党幹部も同日夜、「政治判断だが現状では提出は困難だ」と語った。

 同制度は管理職一歩手前の事務職(ホワイトカラー)のサラリーマンを対象に、労働基準法に基づく1日8時間などの労働時間規制を除外し、成果などを基に賃金を支払うもの。自民党幹部は「こんな法案を提出したら自民党に反対でない人も敵に回ってしまう」と指摘しており、今年最大の政治決戦となる今夏参院選を前に、サラリーマンに抵抗の強い法案を出すのは得策ではないと判断したとみられる。【衛藤達生】

(2007年01月16日 毎日新聞)


 しかしながら、これによって、このような悪法が成立してしまう事を完全に防げたという訳では無く、あくまで、次期参院選を睨み、次期通常国会への提出を見合わせたに過ぎず、油断は禁物だと言えるでしょう。

 「政治判断だが現状では提出は困難だ」という腐れカルト党の議員の発言からも分かるように、政府・与党は、この法案を成立させる事を諦めた訳ではない事は明白だと言えます。

 我々は、今後も、政府の国民への背徳行為を監視し、法案の提出の見送りなどでは無く、このような悪法を完全に廃案とするべく、声を荒げて戦っていかねばなりません。

 また、この他にも、例の「インターネット版人権擁護法案」こと「プロバイダ責任制限法 発信者情報開示関係ガイドライン(案)」など、政府主導による日本国民への弾圧行為以外の何ものでも無い法案を、現政府は大量に通過させようと、手ぐすねを引いて待っている状態です。

 「年次改革要望書」にある通りに我が国を改造し、米国と一部財界人、そして与党議員だけが富み、一般の国民を家畜以下としようとする政府による「反日行為」を止める事は、国民たるものの義務であると言えるでしょう。



 昨年、9月、安倍政権が誕生した時、多くの保守層は、本格派保守政権の誕生として、安倍総理総裁の誕生を喜んでいました。

 一見、安倍氏は、その保守層の期待に応え、教育基本法の改正、防衛庁の省への昇格と、それなりの仕事をしている風にも、受け取れなくはないとも言えます。

 北朝鮮への対応にしても、前政権とは違い、それなりの行動はしていると言えるでしょう。

 しかしながら、保守を自認する方々には、ここで一度立ち止まり、冷静に、安倍政権の所業を見直して頂きたい。

 確かに、教育基本法は改正されはしましたが、多くの保守層が望んでいた「愛国心の明記」「不当な支配云々という文言の削除」「宗教的情操の涵養の明記」など保守層が望んでいた事などは何一つ叶えられてはおらず、殆ど、「とりあえず変えました」程度の意味しか為してはいません。

 それに伴う教育改革も、殆ど英国の猿真似に近い状態のものしか挙げられていないのが現状。教育再生会議とやらも、苛め問題に掛かりきりで、未だ本題には取り組めてはいません。

 防衛庁の省への昇格も、それ自体は目出度い事ではありますが、それに伴う法整備は延々として進んではおらず、現状では、唯単に「自衛隊の海外派遣」が本来任務になっただけで、防衛庁の省昇格の本来的な目的である「日本国、日本国民を守る」という事柄は、お座なりにされているに近い状態だと言えます。

 北朝鮮問題にしても、本気で解決を目指すのであれが、北朝鮮の豚将軍、金正日と義兄弟の関係にある文鮮明のカルト宗教団体・統一教会系の集会に祝電を送った事実に口を噤んでいるような人間が、本当にこの問題を解決出来るとは、少なくとも、私には思えぬものです。

 そのような状態のまま、政府の権限を異様に強める法案を次々と提出、成立させようと企て、国民生活の基盤を壊すような経済政策をひたすらに推進させている内閣を、このまま支持する事が、果たして「日本を保守する」事に、本当に繋がるのでしょうか。

 保守の人間にも、それ以外の人間にも、もう一度、よく自問して頂きたい。

 このような、自身の権限を強める事には躍起になるものの、その頭の中には国民の「こ」の字も無いような内閣に、まさしく艱難の秋にあると言える我が国の命運を、本当に託して良いのかという事を。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

思想の英雄たち―保守の源流をたずねて
西部 邁
文藝春秋
売り上げランキング: 450732
おすすめ度の平均: 4.0
5 保守思想
1 ニーチェが保守。初めて聞いた!!
5 15人の思想家との対話と戦後日本を超えて

保守思想のための39章
保守思想のための39章
posted with amazlet on 07.01.16
西部 邁
筑摩書房
売り上げランキング: 262884
おすすめ度の平均: 3.5
5 保守思想
1 ただの反動思想。保守などいまどき流行らない。ポストコロニアルが全盛なのですけど。
4 現代保守思想のバイブル


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
人間学を学ぶ月刊誌 月刊『致知』(ちち)
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
こんにちは。
安倍首相についてですが、確か首相就任直後の国会答弁だったと思いますが、民主党の西岡氏の「竹島問題」についての質問に対して、最初は「そういう問題自体が存在しておりませんから・・・」と知らぬ存ぜぬ作戦だったものが、数分後には「竹島問題は重大な問題ですから今後慎重に対処してまいります・・・」という発言に変わったのをNHKの国会中継で見ました。
(領土問題という国の根幹をなす問題に対してさえ無関心だという事でしょうか!?・・・)
数分もたたないうちに態度が180度方向転換する人も珍しいというか、怖い感じがします!日本国民は歴史上、最も貧弱な首相を誕生させてしまったのかも知れませんね。
2007/01/16(火) | URL | ITS下田 #-[ 編集]
とにかく安倍首相は国民にとって頼りにならない事はわかりました。もう少し様子を見ようと言う人もおられるようですが、
もう当てにする気は失せました。
コイズミを本気で継承するようですので、そんな人はいりません。日本の為になる事を第一に考える政治家でないといけません。アメリカ追従でないと、抹殺されてしまうのでしょうか?
どうも、腑に落ちません。
2007/01/16(火) | URL | sesiria #flPMGraQ[ 編集]
祖父である岸元首相や周りの人間の影響から、保守思想の表層的な部分に影響を受けてはいるものの、結局は、思想の中心となるべき柱が無いという事なのでしょうね。

欧州のマスコミが、先頃の安倍首相の訪欧を冷淡に書いていたのも、その辺を見透かしていたのかも知れません。
2007/01/16(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>もう少し様子を見ようと言う人もおられるようですが、もう当てにする気は失せました。

既に、三角合併は解禁され、医療法が改正されるなど、外資への日本売却は、本格的に始まってしまっています。

これ以上、様子を見続けていては、手遅れになるという事を、日和見主義者たちにも理解して頂きたいものですね。

>アメリカ追従でないと、抹殺されてしまうのでしょうか?

可能性はあり得ますが、それよりも、そうなる事を過度に恐れている「チキン」と、目先の利益に魂を奪われた「売国奴」ばかりという事なのでしょうね。

我が国の政治家どもは。

不平等条約改正の為、心血を注いだ明治の政治家たちを、少しは見習って欲しいものです。
2007/01/16(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/624-cea0d663