FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 角田朝鮮通信士の総連献金疑惑に関する論考

角田朝鮮通信士の総連献金疑惑に関する論考
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 他国の国民を拉致し、自国の国民を餓えと貧困に喘がせ、他国の通貨や煙草などを偽造し、その金で核兵器を始めとする兵器を開発するという、凡そ国家としてあるまじき行為を繰り返す悪魔の集団北朝鮮の先兵である朝鮮総連なる鬼畜団体より、政治献金を受け取っていたとして批判の的に晒されていた、民主党の角田参院副議長ですが、どうやら、参院副議長という役職は、辞する事と相成った模様です。

角田参院副議長が辞任願提出、政治献金不記載問題で

 民主党角田義一参院副議長(69)(会派離脱中)は26日、選挙資金の政治資金収支報告書への不記載問題などの責任を取り、副議長の辞任願を扇議長に提出した。

 30日の参院本会議で辞任が許可される見通し。角田氏は記者会見で、国会の混乱回避などを辞任の理由に挙げる一方、献金問題の詳しい説明を避けた。現職閣僚らの「政治とカネ」の問題を通常国会で追及する予定の民主党にとっては、大きな痛手となった。

 副議長の後任は、慣例に従って野党第1党の民主党から起用される予定で、江田五月・元科学技術庁長官らの名前が挙がっている。

 2001年7月の参院選で、民主党群馬県連などでつくる角田氏の総合選挙対策本部は総額約2520万円の政治献金を集めたが、政治資金収支報告書などに記載されていなかった。選対本部が在日本朝鮮人総連合会の傘下団体から献金を受けていた疑いも明らかになり、党内で辞任論が高まっていた。

 角田氏は26日午後、国会内で記者会見し、「(資金管理団体などの)3団体には入金はない。(選挙の)陣中見舞いは、当時の県連の会計責任者が処理し、私は関知していない」と改めて疑惑を否定した。また、「県連は昨年6月から内紛状態にあり、会計帳簿、貯金通帳が流出した。説明責任を果たしていないとの批判は甘んじて受けるが、資料が存在しないので説明できなかった」と釈明した。

 その上で、「私が副議長にとどまることで、国会全体の円満な運営に少なからず影響が出る。政治不信を増大させる結果にもなりかねない。断腸の思いで決断した」と述べ、副議長の辞任を表明した。参院議員の辞職は否定した。

 角田氏の辞任について、民主党の鳩山幹事長は26日の記者会見で、「国民に率直におわびしなければならない」と語った。また、「政治とカネの問題の追及が不十分だと問われないようにしなければならない」と述べ、松岡農相、伊吹文部科学相らの事務所費問題などを追及する考えを強調した。

 角田氏は1989年に社会党(当時)公認で初当選し、97年に民主党入りした。04年7月に参院副議長に就任し、民主党会派を離脱した。

(2007年01月26日 読売新聞)


 単純な政治とカネの問題であるのならば、参院副議長辞任だけでも、十分に責任を果たしたと強弁出来なくもありませんが、この事件における最大の問題点は「そこ」では無く、「寄付を記した裏帳簿に、政治資金規正法で寄付を受けることが禁止されている外国人団体で朝鮮総連系の「在日本朝鮮群馬県商工会」(前橋市、50万円)の記載もあった」事であり、これは、参院副議長の辞任程度で済まされる問題では断じてありません。

 これは、何をどのように考えても、売国行為以外の何ものでも無く、政治家としてあるまじき、許されざる行為であると言えるものであり、このような愚行を犯した人間は、参院議長職は無論の事、政治家職も早々に暖簾を下ろすのが筋と言えるものです。

 にも関わらず、この腐れ売国奴の朝鮮の狗は、「私が副議長にとどまることで、国会全体の円満な運営に少なからず影響が出る。政治不信を増大させる結果にもなりかねない。断腸の思いで決断した」などとほざき、議員バッチを外す心積もりは、全く無い様子を見せています。

 また、この事件の発端となった、寄付された個人・団体献金計約2517万円が、同県連や角田氏らの政治資金収支報告書に記載されていない事に関しても、徹頭徹尾、秘書や会計に責任を押し付ける事に終始し、自己の責任を果たそうとする姿勢は、一切示そうともしない始末です。

 仮に、角田朝鮮通信士が語る通り、全て秘書や会計がやった事であるにしても、それらの事を秘書や会計らに任せていたのは、誰あろう角田朝鮮通信士その人であり、雇用していた責任、他者に仕事を任せっきりにした責任というものが存在している事など、特に言及する必要が無い程に明らかな事だと言えます。

 このような責任感の欠片も無い、人間の屑の見本のような人間が国会議員職を続ける事は、国民に対する背徳行為、侮辱行為であるに他ならず、1日も早く、この外道を国会議事堂から叩き出す事こそが、天の理に適う正道だと言えるものです。

 しかしながら、彼の所属していた民主党の親分である小沢一郎くんは、そのような行動を取るつもりは毛頭無いらしく、阿呆の見本のような戯れ言を吐いておられる様子。

参院副議長辞任:小沢民主党代表「潔い決断だ」

 民主党の小沢一郎代表は26日夜、札幌市内で記者会見し、角田氏の辞任表明を「潔い決断だ」と評価したうえで「(私)個人としては(辞任を)大変残念に思っている」と語った。「政治とカネ」の問題に関しては「この国会の前提としてはっきりさせたうえで、政策論議に入っていくことが国民の信頼を取り戻すことになる」と述べ、徹底審議する考えを示した。

(2007年01月26日 毎日新聞)


 全ての責任を秘書や会計に押し付け、自己弁護に終始した挙げ句、資料が無いから調査が出来ませんなどと巫山戯た事をのたまわり、それでも騒ぎが収まらないから仕方なく、参院議長職だけは断腸の思いで辞任したこの平成無責任男の、一体何処がどのように潔いと言うのでしょうか。

 こんな馬鹿未満が潔いのならば、我が国は言うに及ばず、国際社会は「オトコマエ」揃いの、素晴らしく潔い社会であると言えるものです。

 こんな薄汚い腐れ外道の売国奴を許容する腐れ政党が、如何に与党の腐敗を追及したところで、誰一人として真剣に受け止める国民など現れる筈がありません。

 政権の腐敗を追及するべき対抗勢力が腐敗しているなど言語道断であり、このような間抜けな体たらくしか曝せないのであれば、民主党などというものは存在価値が無いどころか、却って政権与党の腐敗を進める悪性の腫瘍と言っても過言では無く、有害そのものだと言えるでしょう。

 民主党内の議員に、僅かでも良識が残っているならば、早々に、民主党を解体するべく動き出す必要があると言えます。

 それが出来ないのであれば、せめて、この腐敗の大本である小沢・管・ハトポッポの三馬鹿、及び、旧社会党系の人非人どもを、党内から一掃するべきだと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

朝鮮総連工作員―『黒い蛇』の遺言状
張 竜雲
小学館
売り上げランキング: 212233

日本をダメにした売国奴は誰だ!
前野 徹
講談社
売り上げランキング: 16773
おすすめ度の平均: 5.0
5 腐りきった祖国を立て直せるのは、我々一人ひとりだ
5 日本を亡国へと導く戦犯総ざらいの名著
5 失ったものの大きさ


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
◆ワレワレニハ、君ノクルマノ値段ガワカル!ガリバー
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
浪人さん、お久しぶりです。

>腐敗の大本である小沢・管・ハトポッポの三馬鹿、及び、旧社会党系の人非人どもを、党内から一掃するべきだと言えるでしょう。

全くもって浪人さんの仰る通りですね。

極左の横路や、岡崎トミ子等といったキチガイと一緒の建物にいればマトモな議員も汚染されてしまいます。若手議員にはもっと積極的になって頂きたいものですね。
2007/01/27(土) | URL | スサノオ #-[ 編集]
トラバ送ったんですが例によって届いてないですね。
とりあえず、このエントリーに対応するのをこっちでも挙げておきました。
また見ておいて下さい。

それとですが、このブログ妙に重いんですよね。
できたらそれを軽くしませんか?
それだけでも随分違うと思うんですがね。
2007/01/27(土) | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
お久しぶりです。

本当に、横路や岡崎トミ子のような基地外さんを大量に抱えながら、国民の為の政治などとのたまわれても、一切説得力は無いですからね。

頭の三馬鹿も、相も変わらずお花畑全開で、安倍政権がミスを犯しても、それ以上のミスで応える始末。

若手や中堅に、一念奮起して頂きたいところですが、どうにも、中々難しい様子です。

もう、一回大敗でもして解党した方が、民主党議員の為にも、我々国民の為にも良いのでしょうね。
2007/01/28(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
朝鮮通信使とは素晴らしい表現!w
http://klingon.blog87.fc2.com/blog-entry-78.html
2007/01/28(日) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
国会議員と教師のレベル低下現象の根は同じ様に思う。
この事は、政界と教育界だけでなく各界共通の現象であり、低レベルの民主主義を超えた真正の民主主義が構築されて適材適所の人材配置が国策として実行できる法整備が必要と思われる。
2007/01/28(日) | URL | みのやん #-[ 編集]
仰る通りかと思います。

ただ一点、付け加えさせて頂くならば、法整備もさることながら、同時に、或いはその前に、国民全体の意識を改革するところから始めねばならぬように思います。

教育にしても、政治にしても、国民の意識という基盤がなければ、如何なる法も無意味になりかねないと考えます。
2007/01/29(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/635-2cccdc20