FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 柳沢発言と馬鹿野党に対する論考

柳沢発言と馬鹿野党に対する論考
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 「女性は子供を産む機械、装置」と、女性蔑視と言うよりも、既に気が狂っているとしか思えない発言をされた柳沢伯夫厚労相に対して、当然の事ながら、野党から批判の声が上がっている模様です。

柳沢厚労相「機械」発言、野党が一斉批判…辞任要求も

 野党各党は28日、柳沢厚生労働相が「(女性は子供を)産む機械、装置」と発言したことについて、「厚労相として許されない発言だ」と一斉に批判した。

 共産、社民両党は厚労相の辞任を要求する考えを明らかにした。29日から本格的に始まる今国会の論戦にも影響を与えそうだ。

 関係者によると、柳沢厚労相は27日に松江市で開かれた島根県議の会合で講演し、「(女性という)産む機械、装置の数は決まっている。あとは1人頭で(多くの子供を産むように)がんばってもらうしかない」と発言した。厚労相はその場で「機械と言ってごめんなさい」と謝罪し、「産む役目の人」と訂正した。

 柳沢氏は28日、記者団に「少子化問題はわかりにくいので、モノの生産に例えて機械などという表現を使った。適切でないと気づき、言い換えた。女性を蔑視(べっし)する考えは全くなかった」と釈明した。

 これに対し、民主党の鳩山幹事長は28日、都内で記者団に「女性に大変失礼な発言だ。女性に『がんばってもらうしかない』という発言も責任逃れで、厚労相として子供を産み育てやすい環境を作ってこなかったことが問題だ」と批判。社民党の福島党首は同日、党本部での会合で「最低の発言だ。このような閣僚がいる内閣は是認しがたい」と強調した。29日にも辞任を求める文書を厚労相側に提出するという。共産党も「絶対に許されない発言だ。厚労相としての資格に欠ける。辞任に値する」とのコメントを発表した。

 一方、自民党の中川幹事長は28日のフジテレビの番組で「発言を言い直している。釈明したと理解している」と述べた。ただ、公明党からは「穏当でない発言だ。気を付けて欲しい。首相が注意すべきだ」との声も出た。

(2007年01月29日 読売新聞)


 途中で気付き、言い直したとしても、無意識にそのような言葉が口をつくという事は、即ち、基本的には人間を「機械、装置」として認識していると考えられるものであり、女性に限らず、人間をそのように捉えている人間が、「厚生労働省」という機関の長である事など、絶対にあり得ない事だと言えるでしょう。

 これを徹底非難し、柳沢氏を厚労相の座から引き摺り下ろす事は、国家・国民の為に必要な措置であると言えるものですが、同じく、国民を「機械、装置」と認識しているであろうと考えられるバカボン中川幹事長殿は、やはり、柳沢氏を弁護している様子です。

 党の幹事長という立場があるにしても、言い直したから釈明と解釈出来るとは、流石は自民党のスキャンダル王であり、次に控える、自身のスキャンダルに備えて、予防線を張っているようにも感じられます。

 何れにしても、こういう連中が、閣僚、与党幹部という重職中の重職に就いている事は、まことに国家・国民にとって不幸な事であり、出来得るだけ早く、このような人間を政治の中枢部から駆逐する事は、火急の課題だと言えるでしょう。

 さて、今回の「女性は産む機械、装置」という発言もさる事ながら、経団連の腐れ売国奴と手を結び、「ホワイトカラーエグゼンプション」なる「日本人奴隷化法案」を成立させるべく躍起になっていた柳沢氏を大いに批判し、辞任にまで追い込む事は必要であり、良い事ではあるのですが、それを批判している連中が連中であるだけに、一抹の不安を感じざるを得ないところもあります。

 何しろ、中川昭一政調会長や麻生外相が、日本も核兵器、核武装というものについて、議論を進める時期に来ているのではないかという節の発言をしただけで、閣僚、党幹部として許されざる発言だなどと寝言をほざき、辞任を要求、聞き入れられなければ不信任案を提出するなどと、殆ど「言論の府」を否定していると言っても過言ではない行動にまで出ている連中が、全く同じテンションで、今回の柳沢厚労相の発言を批判しているのです。

 事の顛末を良く理解している人間ならば、こんな馬鹿野党の批判があろうがなかろうが、今回の柳沢厚労相の発言は容認出来ないものと考えると思われますが、事の顛末を良く理解していない人間が、馬鹿マスコミがこれらの一連の流れを面白可笑しく編集したものを目にした時、この発言の意味も良く理解せぬまま、何時もの野党の馬鹿騒ぎの一端と捉える可能性は、決して無いとは言えません。

 そうなると、人間を「機械、装置」と捉えている人間が、人間が生活を営んでいく上で非常に重要な健康と労働を司る「厚生労働省」の長という職責を担っているという、今回の事件における本質的な問題が、国民全体に理解される事も無いまま、非常に曖昧な形で決着を迎えてしまう可能性は高いと考えられるものです。

 それもこれも、何でもかんでも与党を批判していればそれで良いと、愚かにも程がある戦略に固執している馬鹿野党と、何でもかんでも面白可笑しく報道し、数字さえ稼げればそれで良いと、歪んだ市場主義に囚われている腐れマスコミのせいであるのですが、このような状態は異常であり、非常に懸念されるものであると言えます。

 今回の件では、安倍内閣というものが如何に狂った内閣であるかという事と同時に、馬鹿で間抜けで愚かな野党と、国民の敵そのものであるマスコミ連中を何とかしなければ、政府、自民党、延いては政界全体を是正する事は、非常に難しいと言わざるを得ないという事も、これまで以上に明らかになったと言えるでしょう。

 選挙権の放棄、即ち、投票に行かないという事が、最も重大な問題である事には変わりありませんが、惰性を以て、既成政党に投票し続ける事も、この歪んだ状態を長引かせる、重大な問題であると考えます。

 このような狂った政界を浄化する為には、全く新しい風というものを、澱んだ国会の中に送り込む必要が、是が非にでもあるのではないかと、強く思われる次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

日本をダメにした売国奴は誰だ!
前野 徹
講談社
売り上げランキング: 74175
おすすめ度の平均: 5.0
5 腐りきった祖国を立て直せるのは、我々一人ひとりだ
5 日本を亡国へと導く戦犯総ざらいの名著
5 失ったものの大きさ

吉田松陰一日一言―魂を鼓舞する感奮語録
川口 雅昭
致知出版社
売り上げランキング: 1603
おすすめ度の平均: 5.0
5 魂を鼓舞する名辞366句
5 公と私について


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!月額263円から!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
これは意識レベルの問題ですよね。女性を「生む機械」と発言した柳沢だが、口がすべったとか、本音が出てしまったという問題ではない。国を率いる立場にありながら、現在の人間の福祉(幸福)の方向性や現状認識ができていないということを、この発言が示しています。QOL(Quality of Life=生命の質)の向上が叫ばれ、人をモノとしてではなく、「ひと」として向き合っていこうという現状認識から、かけ離れた、つまり先端の考え方から10年も20年も後を歩いてきているようなジジイを、この国が大臣に選んでしまっていたということ。残念でなりません。
http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/
2007/01/29(月) | URL | りょう #-[ 編集]
確かに「機械」発言はかなりヤバい部類の発言なのでしょうが、社民党のオバハン方があそこまで躍起になって噛み付いてばかりいると逆効果もいいところです。多分「生物学的に見ればそうだよな」と「機械」発言を受け止めてしまっている人も居るのではないでしょうか。
むしろ、女として不良品(別に『機械』云々ではなく)だという自覚でもあるんではないかと……

ともかく、相手の失言の揚げ足を取るのは政治家としては二流ですが、それすらできないという政治家モドキのなんと多いことか。
そういう所が永久野党たる所以でしょうか。
2007/01/31(水) | URL | Kronos #wJFip.Ek[ 編集]
最先端も糞も、今だろうが一昔前だろうが、このような認識をした人間が、国家の大臣、それも厚生労働大臣であるというのは大問題でしょう。

ところで、リンク先のサイト、拝見させて頂きましたが、こういうあからさまな国民の敵が大臣を担っている事を「残念」で済ませ、特に何ら国民に害をなしている訳でも無い天皇陛下、及び御皇族の方々を、訳の分からない理屈を捏ねて批判するとは、実に滑稽な倒錯。

「福祉国家」とやらを目指すのならば、どちらを徹底的に批判すべきかなど、考えなくとも分かりそうなものですがね。
2007/01/31(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>社民党のオバハン方があそこまで躍起になって噛み付いてばかりいると逆効果もいいところです。

全くその通りかと思います。

正直、あの連中の批判は、柳沢氏にとって「助け船」以外のなにものでも無いでしょうね。

過剰反応が問題点を覆い隠すという事が、あの連中には理解出来ないようで、毎度の如くに馬鹿騒ぎを繰り返して、またも問題を有耶無耶にしてくれそうな気配です。

>相手の失言の揚げ足を取るのは政治家としては二流ですが、それすらできないという政治家モドキのなんと多いことか。

全く以て、嘆かわしい現状だと思えます。

しかしながら、そういう「政治家擬き」が選挙に当選しているという事には、更に深い我が国の病理を感じるものです。

やはり、比例代表制などという制度は、一刻も早く廃止すべきだと言えるでしょうね。
2007/01/31(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/637-d4c74a23
厚労相が問題発言をしたそうですね。「女性は産む機械」とはひどいものです。 女性に対する侮辱と、命の軽視といえます。 柳沢氏は「これからの年金・福祉・医療の展望について」と題し約30分間講演。出生率の低下に言及し「機械って言っちゃ申し訳ないけど」「機...
2007/01/29(月) | まめ人通信
柳澤厚労相は 今国会で法案提出が見送られた 「日本版ホワイトカラー・エグセンプション」 を 財界の意を受け強力に推進 してきた。その人物が今度は 女性を「機械」呼ばわり するとはな ~┐(´д`)┌ ヤレヤレ佐田前行革相といい、松岡農水相といい、久間防衛相といい 安
(2/3 21:00追記)今回柳沢大臣発言批判の先頭に立っている野党議員は拉致事件で北朝鮮擁護の政治家ばかり!!真の狙いはこれを隠れ蓑にした拉致問題潰しではないのか?以下に連中の暴言を示す(拉致がらみでないものもありますが).辻元清美は「9人10人返...