FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 中国共産党がまた馬鹿を宣伝してます

中国共産党がまた馬鹿を宣伝してます
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

「中国社会は安全」91% 国家統計局が治安意識調査

 中国国家統計局が10日発表した社会治安に関する意識調査結果によると、国民の91.9%が「安全」または「基本的に安全」と答えた。

 逆に「安全でない」との回答はわずか8.1%で、中国国内で深刻化する治安悪化の実態を必ずしも反映しない結果となった。

 治安に影響を与えていると感じるのは、デモや暴動などの「社会秩序の混乱」が31.9%でトップ。次いで強盗、殺人などの「刑事事件」が30.9%、増加傾向にある「交通事故」は28.2%だった。

 公安省によると、昨年上半期に起きた殺人は1万1000件、強盗は15万7000件。今月9日には北京で8歳女児のバラバラ殺人が発覚するなど、凶悪事件が相次いでいる。

(01/10 18:17 産経新聞)

 言論統制国家の意識調査などに、如何ほどの信憑性があるというのでしょうか。

 このような、便所の落書き以下のものを発表して、「そっかぁ、中国って安全なんだぁ」などと思う、馬鹿がいるとでも思ったのでしょうか。

 こんなものを見て喜ぶのは、一部の頭の可哀想なサヨクの方々くらいのもので、大多数の正常な人間には、鼻をかんだちり紙程度の価値もありません。

 政治宣伝の重要性は理解しているのでしょうが、いかんせん手法が十九世紀くらいのまま、進歩できていないといった所が、激しくイタイです。

 善良な日本人である私から、中国様に御忠告させてもらうとすれば、これ以上くだらない事ばかりやっていると、世界中に馬鹿が露呈してしまいますので、いいかげん大人しくしてた方がいいですよ。

 本当に。

人気blogランキング

にほんブログ村 政治ブログへ

やがて中国の崩壊がはじまる
ゴードン チャン Gordon G. Chang 栗原 百代 渡会 圭子 服部 清美
草思社 (2001/10)
売り上げランキング: 4,711


スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
もう中国はイカレてますね。
そもそも、北の金と仲良しの国ですから如何しようもありません。
まともに、考えるだけ損した気分になります。

話は変わりますが、左サイドバーにいらっしゃる方は、私も尊敬している方。
気が合いそうですね(^◇^)
2006/01/11(水) | URL | KNTY #-[ 編集]
トラックバックを見て爆笑。こんな社会のどこが安全なんでしょう?
2006/01/11(水) | URL | レッドキラー #-[ 編集]
>KNTYさん
中国は共産党政権が続く限り未来はないでしょうね。
そのことに早く中国の国民が気付けばいいのですが...

坂本竜馬は私が人生の師と仰ぐお方です。いつか私も彼のようになれたらいいなぁと思っています。

>レッドキラーさん
絶対にどこも安全ではないと思われます。
日本の周りはこの国を筆頭に、本当の馬鹿ばかりなので頭が痛くなってしまいますね...
2006/01/11(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/64-f9cfa286
1月7日、中国甘粛省北部の民楽の裁判所で農業の男が自爆、裁判所長や共産党幹部ら計5人が死亡、22人が負傷した。 中国では、一党独裁下での司法の腐敗や不備に対する庶民の強い不満が根強く、最高人民法院長(最高裁長官)も6日に改革の必要性を認める発言をしたばか
2006/01/11(水) | One And Only
人気プログランキングに参加しています。最近の韓国の行動は、戦後の自由史観というものを戦前の清国への属国意識を元に、北朝鮮の共産主義というか、李氏王朝時代の李王と、両班との独裁優雅生活一般庶民切り捨て政治と共に、清国という宗主国におもねる事大思考なのかも知
 1月10日付日経新聞朝刊2面の記事によると、中国外務省の崔天凱アジア局長が日中局長級会議で「日本のマスコミは中国のマイナス面ばかりなぜ書くのか。日本政府ももっとマスコミを指導すべきだ」 と述べ、日本側に中国報道について規制するよう要請したとか。 ....