FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 本当のアジア外交

本当のアジア外交
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 内閣総理大臣閣下の、見事な弱腰屈中外交により、表面上は解決の方向に進んでいるかのように見せかけられていた独裁虐殺国家、中華人民共和国との関係ですが、やはりと言うべきか、ここへ来て、そのような事は絵空事であるという事が明らかになってきた模様です。

麻生外相、中国に抗議へ…EEZ内調査や衛星破壊で

 中国の海洋調査船が事前通告なしに日本の排他的経済水域(EEZ)内で調査活動をしたことや、衛星破壊実験の通報が事後だったことに、日本政府が「不誠実な対応だ」と反発している。

 麻生外相は15日に来日予定の李肇星・中国外相との会談で、強く抗議する考えだ。

 塩崎官房長官は5日午後の記者会見で、4日に発覚した調査船の問題について、「先方から『至急、事実関係を確認する』という反応があったが、その回答がないのは愉快ではない」と中国政府を批判した。外務省幹部は「中国は事前通報制度に基づいて調査するという約束を守ろうとしない。“前科”も数え切れず、今後も起きるなら厳しい措置を取らざるを得ない」と語り、国際海洋法裁判所への提訴も視野に入れて対応を検討する姿勢を示した。

 日本政府は1月の衛星破壊実験についても詳細な説明を求めているが、「納得する回答がない」(政府筋)状況だ。この問題では国際社会も中国に批判的で、政府は米国などと連携して中国側に事情説明を求める構えだ。

 以前からの懸案である東シナ海のガス田開発問題でも、中国は日本の共同開発案への明確な回答を避けており、ここへ来て、日中中間線付近のガス田「白樺」(中国名・春暁)で、中国が単独で生産を始めた疑惑も浮上した。

 昨年10月の日中首脳会談で、冷え込んでいた両国関係が改善されたばかりだが、中国側の出方によっては、関係が再び悪化する可能性も出ている。

(2007年02月05日 読売新聞)


 如何に、「村山談話」なるものを踏襲すると宣言しようが、それを更に上回る嘘出鱈目の極みである「河野談話」を踏襲すると宣言しようが、あの国があの国である限り、こちらの善意、努力虚しく、このような結果が出る事など、火を見るよりも明らかだったと言えるものです。

 こんな下らない茶番の為に、嘘を嘘と分かっていながら踏襲すると宣言し、母国の名誉を徹底的に穢してまで、仕事をする振りをするとは、実に立派なホシュ期待の星の首相閣下であると、感心する次第です。

 更には、こんな基地外軍事独裁国家との友好関係の為に、数少ない本当の親日国家の一つである、台湾との関係を見事にお座なりにしているのですから、本当に、我が国の首相閣下は、外交上手の具眼の士だと言えるでしょう。

 尤も、この件に関しては、今回、支那に抗議をしている麻生氏の外務省も、我が国の新たなる外交戦略である「自由と繁栄の弧」において、見事に台湾をスルーするという超荒技を披露しているのですから、殆ど同罪であるとは言えますが。

 それにしても、この支那という国は、本当に、見事なまでに、一部の屈中馬鹿を除く、殆ど大半以上の人間の予測通りに、我が国を含む国際社会を虚仮にする行動を、次々と取ってくれるものです。

 尤も、それも、支那との関係はこれからの国際社会において重要などと、あの国の抱える問題、あの国の性格などを無視して叫び続ける馬鹿に扇動され、基地外独裁侵略国家との関係を改善しようとしていた我が国首脳のせいとも言えます。

 支那という国は、我が国を始めとする民主主義国家は勿論の事、世界中にあるどの国とも性質を異にする国家であるという事実を忘却し、ただ阿り、友好関係を結ぼうとするなど、愚かと以外に言い様がありません。

 表面上は友好関係を推進しているように見えても、連中を警戒し、その一挙一動から決して目を離しては、我が国は勿論、国際社会全体に重大な問題を引き起こす事など、これまでの歴史が見事に証明している事であり、それを怠った罪は、小錦八十吉よりも重いと言えるでしょう。



 最早、大半以上の我が国国民は、よく理解し認識している事であると思われますが、やはり、あの基地外軍事虐殺国家との友好などは絵空事であり、我が国としては、あの基地外軍事侵略国家の暴走に備え、粛々と、然るべき準備を進めておく必要があると言えるものです。

 その為にも、この基地外独裁軍事国家の「一つの中国」なる詭弁に阿り、疎遠になっている台湾との関係の修復を迅速に進める事は勿論、その他の支那の脅威に脅かされている国家、ベトナムやインドとも協力し、支那への包囲網を築いていく必要があると言えます。

 それこそが、本当の、本来あるべき我が国の「アジア外交」の姿であると言えるでしょう。

 バ加藤さんやエロ拓さんを始めとする屈中売国議員や、大陸特需の恩恵を受け、一般庶民を食い物にしている財界の売国奴どもの詭弁し惑わされる事無く、あるべき姿の外交を展開出来る。

 そのような政権が出来る日が、一日でも早く訪れるよう、我々国民も、売国奴を国会から駆逐し、本当の、我々の代表者を国会に送り出すべく、尽力していく必要があると、強く感じる次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

真実の中国4000年史―侵略と殺戮
杉山 徹宗
祥伝社
売り上げランキング: 183614
おすすめ度の平均: 4.5
5 入門書としては打って付け
5 一つの中国の側面として。
5 中国史の入門書として最適!

敵は中国なり―日本は台湾と同盟を結べ
深田 祐介 金 美齢
光文社
売り上げランキング: 490527
おすすめ度の平均: 5.0
5 日台二人の論客が、なぜ中国が敵なのか対論。説得力あり。


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
ああ絶景かな、飛騨高山温泉 四季彩の宿『萩高山』高山観光ホテル
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/645-8d112e93
 明日は北方領土の日です。 この北方領土問題の背景に、米ソの共同謀議による「北方領土占領」を正当化したヤルタ合意・東京裁判史観があることを改めて指摘しておきたいと思います。 一昨年の9月、ロシアのグリズ
2007/02/06(火) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
4日のエントリで、我が國のEEZ内をシナの調査艦が事前通報と異なる箇所で調査していた事を取り上げた。日本政府はこの一件に関しシナ政府に対して回答と謝罪を求めていたが、ようやく回答が届いた。 だがその内容は全く
2007/02/07(水) | ステイメンの雑記帖
「尖閣近海は通報必要なし」中国初めて対応表明(イザ!) 中国外務省は6日、中国の海洋調査船が尖閣諸島(中国名・釣魚島)近海の日本の排他的経済水域(EEZ)で調査を行ったと日本政府が抗議したことについて、調査は「正当な権利の行使」と反論した上で「日本政府が
2007/02/08(木) | ぱっとんな日々
 ブッシュ政権の対中観が、2/2米中経済安保調査委員会の公聴会で公表されました。 中国はまだ「責任あるステークホルダー」ではなく、不透明な軍拡や人権の抑圧など米国や国際社会にとって深刻な懸念を生む領域が存在するというものです。 2/4には、尖閣諸島・魚釣島西北
2007/02/12(月) | 遊爺雑記帳