FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 東京都知事選への雑感

東京都知事選への雑感
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 地方における首長を選ぶ占拠において、原則、与党との相乗りはしないと、一聴すると、まともと思えるような事を言っている民主党ですが、その実態はと言えば、擁立する候補を見つける事すら儘ならず、右往左往しているだけにしか見えないというのが、殆どの国民の実感ではないかと思います。

 また、ようやく見つけた擁立候補にしても、基地外国賊政党・社民党や共産党との連携を気にするあまり、政策的に何の共通点も無い極左の元バスガイドさんや、自民党の擁立候補との違いが非常に分かり辛い候補が多かったりと、わざわざ対立軸を立てている意味が良く分からない事が多いと言えるでしょう。

 そして、今恐らく、最も話題に上っている首長選、東京都知事選において、民主党という政党が、如何に戦略も大局眼も無く、その場の思い付き、勢いだけで行動している馬鹿の烏合であるかという事が、より鮮明に、明らかになって来ている模様です。

東京都知事選:民主の候補選び混迷 鳥越氏が断る

 東京都知事選(3月22日告示、4月8日投開票)で独自候補擁立を目指す民主党がジャーナリストの鳥越俊太郎氏(66)に立候補を打診したが、健康問題などを理由に断られていたことが9日分かった。3選出馬を表明した石原慎太郎知事に対抗できる「本命」として期待していただけに、同党の候補者選考は混迷の度を深めている。告示まで1カ月余りと時間切れが迫る中、党内では「勝ちにいくなら菅直人代表代行しかいない」との声も強まっている。

 鳥越氏は福岡県出身で毎日新聞記者を経てテレビの報道キャスターとなり、「桶川女子大生ストーカー殺人事件」報道で01年の日本記者クラブ賞を受賞した。関係者によると、菅氏らが出馬を要請し、鳥越氏もいったんは検討する姿勢を見せたが「(任期の)4年間に責任を持てない」との回答があったという。

 03年の前回都知事選で、同党は告示直前に立候補表明した評論家の樋口恵子氏を支持したが、石原氏に300万票以上の大量得票で再選を許した。今回は与野党逆転を目指す参院選を7月に控え、首都決戦で弾みをつけようと党外からの著名人擁立を目指してきた。

 同党は東京都連のパーティーを開く今月28日を候補擁立のタイムリミットに位置づけ、なお党外からの擁立を模索する構え。しかし、鳩山由紀夫幹事長は8日の講演で「政治家以外でどなたも出馬していただけないなら国会議員の中から選択する状況になる」と述べ、選考対象が党内に移る時期が迫っているとの認識を示した。

 ただ、菅氏は8日の記者会見でも「立候補する意思はない。可能性も全くない」と否定。元NHK解説委員の小宮山洋子衆院議員(58)や元フリージャーナリストの円より子参院議員(60)らの名も浮上しているほか、東京都杉並区の山田宏区長(49)を推す声も保守系議員の間にあるが、決め手に欠ける状況だ。【須藤孝、葛西大博】

(2007年02月10日 毎日新聞)


 まず、何故に、政治家以外、つまるところ所謂「著名人」でなくてはならないのでしょうか。

 確かに、現職の知事で、来る都知事選において3選を狙う石原慎太郎氏は、作家としても、また、故石原裕次郎氏の兄としても、全国的に有名な人間ではありますが、だからと言って、それと対立する候補を、彼に匹敵する程の著名人に限定する必要性などは、何一つ無いと言えるものです。

 寧ろ、本当の意味において、与党自民党との違いをアピールしたいのであれば、全国的な知名度などは無いにしても、東京都議会において、地道に、そして堅実に仕事をこなしてきた都議会議員を擁立し、推薦する方が、やたらと著名人や元官僚などの、地元とは直接関係の無い候補を擁立する方が、余程分かり易いと言うものです。

 彼らは、確かに、石原氏や鳥越氏、筑紫売国奴哲也のように、全国的な知名度などは無く、また、インパクトという点においても劣るかも知れません。

 しかしながら、彼らには、これまで、東京都の都政の為に、額に汗して働いて来たという、一発屋のタレント議員などでは決して持ち得ない、貴重な財産を持っていると言えるものです。

 その点を強くアピールし、知名度やインパクトに欠けるという点は、只管に屈を磨り減らし、都民に対して、自身の政策理念や構想を説いて回るという事が、本来の地方首長選における在るべき姿であり、また、民主党が掲げている、「生活維新」というスローガンにも適ったものだと言えるでしょう。

 そういった努力を厭い、所謂「タレント候補」の知名度、インパクトによって、一発逆転を狙う姿は、非常に浅ましく、そしてさもしい姿であるとしか言い様が無く、如何に民主党が、信用のならない政党であるかという事を、自ら喧伝して回っているとしか言えないものです。

 これで、「我々は自民党とは違う」と主張されても、一体何処がどう違うのか、理解に苦しむ他ありません。

 無論、所謂「タレント候補」を推薦する事自体が悪という訳ではありませんが、それは、あくまで、その人物が主体的に立候補を決断したのを受けて、政策理念や構想が、自身の政党と合致したのを受けて、という条件の下での話であり、最初から、知名度やインパクトを狙って、「タレント候補」候補の擁立に血眼になるなど、以ての外だと言えるものです。

 人選が論外だという点を差し置いたとしても、このような姿を晒している限りは、殆どの国民は、民主党の政治に向き合う姿勢に、真剣さなどは微塵も感じない事は自明であり、自ら進んで、このような政治的自殺行為に勤しんでいる姿は、あたかも餓鬼界の餓鬼どもの様だと言えるでしょう。

 最早、小沢一郎や管ガンス、ハトポッポの主導する民主党などに、一片の期待も出来ない事は言うまでもありませんが、それでも、このところ、特に、この東京都知事選に関しての民主党の一連の動きは、余りにも酷すぎるものであり、無駄だと分かってはいても、苦言を呈さずにはおれないものです。

 東京都民、そして、その他全ての日本国民は、このような、既存政党による政治を、そして、国民を舐め切った態度に、断固として怒りの「NO」を突き付ける必要があると思えます。

 地方行政、そして国政は、一部の政治家のパワーゲームの為では無く、国民の生活と安全、その為に存在しているのだという事を、他ならぬ我々国民自身が強く主張し、腐りきった政治家どもに突き付けるべき時を迎えているように感じられる次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

なぜか誰も書かなかった民主党研究
田村 重信
成甲書房
売り上げランキング: 161856
おすすめ度の平均: 4.5
5 民主党は即刻解散すべし。
2 程度が低い
4 民主党は自分たちが正義だと思っている・・・(;'Д`)ハァハァ

全国アホ・バカ分布考―はるかなる言葉の旅路
松本 修
新潮社
売り上げランキング: 10167
おすすめ度の平均: 4.5
4 知的エンターテイメントの良書
5 これこそ知的エンタティナメント!
5 この本はズバリ「笑える柳田國男」だ!是非、読むべし!


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
人間学を学ぶ月刊誌 月刊『致知』(ちち)
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
石原への対立候補だからって左じゃなきゃいけないみたいな面子ばっか出てきますが(菅・筑紫・鳥越・小宮山・・)その発想がそもそも間違えてると思いますね。だって石原が非難浴びてるのって別に右寄りだからじゃなく金の問題なんですから。
何でその弱味をつかずにわざわざ石原が支持されてる所を対立軸にしようとするのか?わざと負けに行ってるとしか思えません。「右対左」の図式じゃ結局石原に不満のある人も石原に入れちゃうんですよ。
民主党がすべき事は右の候補を出して「汚い右対クリーンな右」の図式にする事です。これなら勝てるかも。
2007/02/12(月) | URL | 大地 #-[ 編集]
ご意見に全面的に同意です。

まあ、日本が世界に誇る「ブーメラン政党」ですから、仕方がないのかもしれませんが、それにしても、余りの戦略性の無さには、呆れて物も言えない程です。

自民党政権にも、不満は積もり積もっておりますが、こんなのが政権与党になってしまったらと考えると、血の気が引いてきますね。
2007/02/13(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/650-768b2bfa