FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ防衛 → 支那と台湾

支那と台湾
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 我が国にとって、今現在、最大の直接的な脅威は何であるかと言えば、毎年二桁の軍事費の伸びを見せる、中華人民共和国という基地外独裁国家であると言えるものです。

 拉致した我が国の国民を帰さず、ついには核武装にまで、一応は成功した北朝鮮との声もあると思われますが、北朝鮮という国が、実質上は支那の属国であり、連中が如何様に動くかは、結局は北京の共産党政権の意向次第であるという事を踏まえれば、結局は、この脅威は支那という脅威の中に内包されているとも言えるでしょう。

 今現在、我が国の自衛隊の装備は、世界最高峰と呼んでも差し支えの無い程のものであり、性能だけで考えれば、支那の装備などは歯牙に掛けない程ではありますが、敵基地攻撃能力を有さないという制限があるという事を考慮に入れれば、万が一、連中と交戦に入った時、防戦一方にならざるを得ません。

 そうなると、支那の最大の武器である膨大な人口というものは、究極のアドバンテージとなってくると想定されるものであり、これは、ある意味では、核兵器や化学兵器といった大量破壊兵器よりも、大きな脅威であるとも言えるものです。

 また、今現在においては我が国が圧倒的に優位な通常兵器の性能にしても、近年の軍事費の異常な拡張により、その差は徐徐に、そして確実に狭まって来ており、このまま行けば、支那は、核兵器や化学兵器といった、国際的に大きな批判を受けるような兵器を使うまでも無く、我が国を侵略し得る国になる危険性は大だと言えるでしょう。

 そのような自体に到る事を防ぐ為には、我が国自身が自主防衛能力を高めねばならない事も当然ながら、同時に、我が国と同じく、支那の存在を脅威と感じている国との、連携を強化していく必要性があると言えます。

 その国の最たる候補とは、言うまでも無く、近隣諸国において数少ない親日国家である台湾ですが、この台湾も、今現在、陳水扁総統の身内のスキャンダルにより、政権への支持率が低下の一途を辿り、外来政党である国民党に、政権を奪われる危機の最中にあると言えます。

 馬英九氏が総統となり、国民党政権が誕生したからと言って、直ぐ様、第三次国共合作と相成り、台湾が支那に吸収合併される事となる可能性は、流石に低いとは考えられますが、少なくとも、これが、我が国と台湾との関係に、暗い影を落とす事は必至であり、出来得る限りは、防ぎたい事態であると言えるでしょう。

 しかしながら、我が国政府は、そのような情況を危機と感じ、日台の関係を強固なものにしようとするどころか、台湾との距離が縮まる事により、支那との関係が悪くなる事を過度に恐れ、台湾に対して、我が国からのメッセージを送るという事を、意図的の怠っているというのが現状だと言えます。

 国際社会の原理原則上、我が国政府が、直接的に民進党政権を支持すると表明する事は不可能であるにしても、米国共和党が我が国にするように、民進党と我が国政府との対話、意見交換などの活動を活発に行う事により、台湾国民に対して、我が国政府と民進党との蜜月さをアピールし、間接的に民進党をバックアップする程度の事は、最低限の外交戦術の一環として、積極的に行っていくべきだと言えるものです。

 現在、米政権は、支那との経済関係を重視するあまり、台湾を半ば見捨てる方向へと動いているように見受けられますが、我が国が、対米追従の一環として、同じ方向に動く事は、余りにも、危険極まりない行為だと言えます。

 先の大戦の終結後、米国が、台湾を保護する方向に動いたのは、大陸における利権を手放すまいとして、国民党を保護していた事の延長線上、及び、共産主義国家となった支那、そしてソ連からの防護壁としての役割を期待しての事であったと考えられます。

 つまり、冷戦が終結した今となっては、米国にとって、台湾は、過去ほどの価値が無くなってきた。

 また、未だ共産党の独裁国家であるとは言え、支那が、その市場を世界に向けて解放しているとなれば、わざわざ、国土も人口も少ない台湾を保護し、支那と対立するよりも、有耶無耶の中で、支那からの利益を吸い取っている方が、米国にとっての利益になるという事でしょう。

 しかしながら、この事が、そのまま我が国にも当て嵌まるかと言えば、それは絶対に否であると言えます。

 過去から現在に至るまで、幾度も主張されてきた事ですが、台湾の存在が、直接的に国家の安全保障に関わらない米国と違い、我が国にとって台湾は、数少ない近隣における親日国家であるに止まらず、国家安全保障上の、重要な生命線であると言える存在です。

 この事は、台湾が支那の影響下に堕ちたその瞬間、我が国のシーレーンもまた、支那のその手に堕してしまい、我が国の艦船は、支那の許可が下りない限り、自由に航海する事すら儘ならなくなってしまうという事を考えれば、容易に理解出来る事だと言えるでしょう。

 そしてまた、我が国の船舶が、支那の許可を得なければ自由に航海する事すら儘ならないという事は、国家安全保障上の問題が生じる事と同時に、通商上においても、大きな問題が発生すると言えます。

 極論で言ってしまえば、台湾が支那の影響下に堕するという事は、即ち、我が国は、国家安全保障、通商、延いてはそれに伴う経済活動においてまで、支那にその手綱を握られるという事であり、これは、我が国も、支那に堕する事に他ならないと言えるものです。

 我が国政府に、少しでもアタマのマトモな人間が居るならば、直ぐにでも、現在の外交戦略を改め、台湾を独立した主権国家であると認識、表明すべきだと言えます。

 あの基地外軍事独裁国家を相手にしながら、日中友好だなどと戯れ言を口にしていられるのも、台湾という存在があるからこそであるという事を、我が国政府、外務省は脳髄に叩き込む必要があると言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

台湾は日本人がつくった―大和魂への「恩」中華思想への「怨」
黄 文雄
徳間書店
売り上げランキング: 231872
おすすめ度の平均: 4.0
5 君も滅びゆくのか最後の親日国家・台湾
3 台湾親日知識人への素朴な疑問

中国の核戦争計画―ミサイル防御(TMD)、核武装、日本・台湾同盟、の提唱
中川 八洋
徳間書店
売り上げランキング: 560371
おすすめ度の平均: 5.0
5 中国の核戦争計画
5 本のタイトルではなく・・・
5 戦争や軍隊を知らずして政治・歴史を語るなかれ


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!月額263円から!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
ご観点を同意しません。わが国にとって、アメリカとテンポとあわせなければいけないと思う。もしアメリカの経済圏に入らないと、中国の経済圏に所属しなければいけない。中国が数千枚核兵器を持って、その中、遠距離ミサイルも数千枚を持ち、アメリカの二百箇所を消滅できるし、中距離ミサイルも数え切れないほどを持っているので、わが国を消滅する同時に、遠距離ミサイルを通してアメリカへ脅威できる。従い、わが国は完全にアメリカの保護を依頼しなければいけないので、わが国にとって、中国とアメリカの二国から、どちらを選択して同盟国しなければいけない。わが国が自主で外交する能力がぜんぜん持っていません。台湾問題について、それがアメリカと中国との対抗なので、わが国が手を出さないほうがいいと思い。そうしないと、わが国がアメリカの
犠牲品になら得るを得ない。アメリカは日本と台湾の為、中国と核兵器戦争するはずがない。
2007/02/11(日) | URL | <丶`∀´> #-[ 編集]
>わが国が手を出さないほうがいい

上の方、日本にとっての台湾の地理的重要性をご存知ないのかな?支那人民軍に完全に台湾が蹂躙されたら、台湾の次に沖縄が狙われるだけでなく、日本のエネルギー生命線、群島航路帯にも多大な影響を及ぼします。だから日本は無視出来ません。

それから「アメリカの二百箇所を消滅」って、どこからそのような数字が出てきたのやら・・・。米軍基地のある場所を含めてですか?米国本土に届く長距離弾道ミサイルはそんなに保有していませんよ支那は。「枚」って?「発」ではなくて?

浪人さんに申し訳ないとは思いましたが、あまりに気になったものでコメントさせて頂きました。
2007/02/12(月) | URL | スサノオ #-[ 編集]
米「中国に懸念」 不透明な軍拡、経済

ワシントン=古森義久】米中経済安保調査委員会が2日に開いた公聴会で、中国はまだ「責任あるステークホルダー(利害保有者)」ではなく、不透明な軍拡や人権の抑圧など米国や国際社会にとって深刻な懸念を生む領域が存在するとするブッシュ政権の対中観が公表された。

 ブッシュ政権のこの対中観は、ジョン・ノリス国務省中国部長により表明された。証人として登場したノリス部長はまずブッシュ政権が対中関係での標語の一つにしている「責任あるステークホルダー」という基準を提起し、「米国政府の見解では中国は現在、『責任あるステークホルダー』にはなっておらず、そうなる方向へ中国を導くことが米国側の政策の中心だ」と述べた。

 ノリス部長は中国が「責任あるステークホルダー」になるためには現在よりもオープンで透明で民主的となり、米国に平和、安全、繁栄をもたらしたグローバル・システムを強化し支持せねばならない、と証言した。

 同部長は中国のこの「責任あるステークホルダー」としては適切ではない行動としてまず軍事力近代化の名の下での軍拡をあげ、とくに台湾海峡近くでの部隊やミサイルの集中的配備への懸念を表明した。同部長は中国の軍拡に関して(1)軍事増強のペースや規模、戦略について透明性がまったく欠け、近隣諸国や米国に不安定感を与える(2)衛星攻撃兵器の使用と衛星の破壊に関連して十分な意図の説明をしていない-という諸点を強調した。

 ノリス中国部長は、米中関係の経済面での中国の行動は「責任あるステークホルダー」の要件に反するとして、中国は(1)貿易、投資、通貨政策などの各面で米国の政府や企業の扱いが公正ではない(2)世界貿易機関(WTO)の規則を順守していない(3)とくに偽造品、模造品を大幅に許容して、知的所有権を侵犯している-などと証言した。

 ノリス部長は「中国の人権抑圧や宗教の自由の抑圧も中国を『責任あるステークホルダー』にすることを阻んでおり、このままだと2008年の北京オリンピック開催にも影響が出る」と述べ、中国当局が最近、国内のジャーナリスト、インターネット利用活動家、弁護士、宗教活動家、社会活動家らに対し監視や威嚇、逮捕などを増していると報告した。

(2007/02/05 02:57)

http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070205/usa070205002.htm
2007/02/12(月) | URL | K・SHAW #-[ 編集]
我が国の為に、支那と核戦争をする筈が無い米国との同盟を守る為に、わざわざ、我が国にとって、支那と向かい合う際に、有益な仲間となり得る台湾を切り捨てるべきとは、非常に倒錯したご意見ですね。

あと、成りすましは良くありませんよ。
2007/02/12(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
気になさらないで下さい。

私も、構ってはいけないと思いつつ、つい、構ってしまう悪い癖がありますから。
2007/02/12(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
日本政府も、このくらいの事は言って欲しいものですね。

最も、支那を警戒し、口喧しく批判せねばならない立場であるのに、「脅威になりつつある」だなどと、御茶を濁す程度の事しか言えないようでは、憲法を改正したところで、国家・国民を守れる存在になれるとは、到底思えないものです。
2007/02/12(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
http://times.hinet.net/SpecialTopic/2008_vote/candidate.jsp
 2008 総統大選 新聞特輯

  民主進歩党 候選人

   總統候選人

    謝長廷先生

     學歴:
      成功高級中學初中部
      台北商業職業學校
      台灣大學法律系
      律師高等考試第1名
      日本京都大學法學碩士
      日本京都大學博士班課程結業
      韓國東洋大學榮譽博士
      美國哈佛大學資深研究員
2008/03/17(月) | URL | 韓国の栄誉博士 #zbT7meO.[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/651-39bd9fc0
  安倍晋三首相に対する支持が、当初より弱まりつつあるようです。安倍不支持40%超、支持を逆転http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/070129/shs070129003.htm>FNN(フジニュースネットワーク)が27、28の両日に>実施した「政治に関する世論調査」で、安倍内
2007/02/11(日) | 日々是勉強