FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 戦略無き外交の醜態

戦略無き外交の醜態
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 然したる進展も無く、無意味に終わるであろう事が、大方に予測されていた6ヶ国協議ですが、やはり、北朝鮮の駄駄っ児外交に振り回されるに終始し、このまま、北朝鮮ペースで終局を迎える事と相成りそうな予感です。

「見返り」で6か国協議難航、大枠合意へ修正案準備か

 【北京=福島恭二、黒見周平】北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議は4日目の11日、北京の釣魚台国賓館で、議長国・中国と米朝などの2国間会合や首席代表会合が開かれ、合意文書採択を目指して詰めの討議が行われた。

 北朝鮮が「初期段階の措置」を取る見返りとして大規模なエネルギー支援を明記するよう求めていることから、協議は難航。中国は譲歩を求めたが、北朝鮮は態度を変えなかった。中国は12日を期限として大枠合意を目指している模様だが、最終的な合意の成否は北朝鮮の出方次第となっている。

 米国首席代表のクリストファー・ヒル国務次官補は11日夜、宿舎のホテルで記者団に「明日が最終日になるだろうと中国が通告してきた」と述べ、中国が12日を事実上の期限とみなしていることを明らかにした。

 日本首席代表の佐々江賢一郎・外務省アジア大洋州局長も11日夜、「情勢は依然厳しい。明日になれば、議論が収束に向かうのか、そうでないのかはっきりするだろう」と述べた。同局長はこれに先立つ同日午前、「過剰・過大な期待を北朝鮮が持っていることが問題で、それを考え直さない限り合意は難しい」と強調した。

 北朝鮮の要求についてロシア首席代表のアレクサンドル・ロシュコフ外務次官は同日、「重油と電力を合わせた支援」だと言明。協議筋によれば、北朝鮮が200万キロ・ワットの電力、年間200万トンの重油など「法外な」要求を次々に持ち出しているという。

 中国が当初提示した合意文書の草案では、北朝鮮が60日間以内に寧辺の5000キロ・ワットの実験用黒鉛減速炉など核施設の稼働停止・封印、国際原子力機関(IAEA)による監視などの「初期段階の措置」を受け入れるのと同時に、他の5か国はエネルギー支援を行うとされていたが、北朝鮮は支援の開始時期、規模、期間を明確にするよう要求。ほかにも、米国の金融制裁解除、テロ支援国リストからの除外などを求めているという。

 一方、別の協議筋は11日、中国が対立点を棚上げした大枠合意を目指して、修正案を準備している模様だと述べた。ロシュコフ次官は、12日の協議次第では「合意文書がまとまる望みはある」と述べた。

 修正案が出された場合、北朝鮮が初期段階の措置を取るのに応じて、他国がエネルギー支援を行うとの原則だけを定め、具体論を作業部会での討議に先送りするものとなる可能性が高い。ヒル次官補は「(細部は)作業部会に委ねた方がよい」と強調した。

 作業部会は、2005年9月採択の共同声明に盛り込まれた課題別に、朝鮮半島の非核化、北朝鮮への経済・エネルギー支援、北東アジアの安保協力、日朝関係正常化、米朝関係正常化の五つの設置が有力。

(2007年02月12日 読売新聞)


 はっきりと言ってしまえば、現在、米国は、イラン、イラクなどの中東における問題に掛かりっきりであり、北朝鮮などに構っている余裕は無く、それを、金正日は完全に見透かしている。

 我が国による経済制裁、米国による金融制裁は、赤貧国家である北朝鮮にとって、確かに痛手ではあるものの、支那や韓国などが、裏から手助けをしている限りは、少なくとも、政権内部や軍中枢の人間が困窮極まるという事も無く、これだけで、政権が崩壊する可能性などは極めて少ない。

 つまるところ、核放棄をしない事によるデメリットというものが、日米政府が主張しているよりも、現実には遙かに小さく、このような情況では、核放棄する事により、核保有する事よりも大きなメリットを呈示しない限り、北朝鮮が核保有を放棄しないのは自明だと言えるでしょう。

 にも関わらず、我が国政府は、あくまで日米連携による北朝鮮問題の解決という手法に固執しており、独自の経済制裁こそ行っているものの、そこから先の明確なビジョンは、何一つ無いというのが現実だと言えます。

 これらの問題の解決にあたり、武力の行使という唯一にして最も有効な手段を、憲法において自ら封じている以上、仕方がないと言える面も確かにありますが、そうであるにしても、日本が主導・牽引し、米国を含む国際社会全体を追従させる。

 この程度の気概も無く、更には戦略も持たず、協議において北朝鮮の主張を黙って聞き、それは出来ないと発言するに終始する受けの姿勢を取っていて、この問題が解決する筈など決して無いと言えるでしょう。

 また、今現在においては、国際社会としては、我が国政府が、北朝鮮問題、特に拉致問題に、精力的に取り組んでいると解釈し、積極的とまではいかないまでも、それなりの協力をする姿勢を見せてはいますが、このまま、ただ北朝鮮の言い分を聞き、それに対して反応するだけという態度を取り続ければ、やがては、我が国は口先だけで、本当に拉致問題を解決する覚悟などは無いと、受け取られてしまう可能性もあると言えます。

 国際社会は、口先だけで、実際の行動を伴わない国など、決して信用もしないし、また、そのような国になど、小指一本の力さえ、決して貸しはしない事でしょう。

 独自の経済制裁などと言っても、船舶の入港禁止、贅沢品の禁輸措置、資金移転の禁止。

 この程度の制裁で、本当に北朝鮮が崩壊するなどと呑気に信じているのは、60年も平和の中に安住してきた日本人くらいのものであり、その他の国は、この程度の事で、一国家が崩壊に到る事があり得ない事など、常識中の常識として理解しています。

 更には、船舶の入港禁止措置に伴う、北朝鮮船舶への臨検行為が、憲法の制約上出来ないなどと寝惚けた事を言っているのですから、既に、現在でも、多くの国々は、日本は本当に北朝鮮問題を解決させるつもりがあるのか、訝しんでいると言えるでしょう。

 ここまで笊で、戦略性の無い外交を続けていては、如何に多くの国民が、北朝鮮に対する強い態度をと望んでも、国際社会全体の流れにおいて、何処かで妥協を迫られるのは目に見えていると言えます。

 安倍政権を支持している、40%前後の人間が、何故に、このまま空虚な主張しているつもりの外交を展開している政権に、この問題を含めて、我が国の舵取りを任せて良いと思っているのか、甚だ疑問に思う次第です。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

インテリジェンス 武器なき戦争
手嶋 龍一 佐藤 優
幻冬舎
売り上げランキング: 244
おすすめ度の平均: 4.5
4 聞き慣れないカタカナを利用している真意
4 一般人にも役立ちます
4 ムネオってw

外交敗戦―130億ドルは砂に消えた
手嶋 龍一
新潮社
売り上げランキング: 3325
おすすめ度の平均: 4.5
3 各国の重要人物の貴重な発言と考えを知ることができました
5 すごい!
5 緻密に再構成された日本外交の失敗


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
モテオヤジ増殖中!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
国会で菅ガンスの追及に遭い、村山、河野の馬鹿談話を認め、極東軍事裁判を受け入れるとほざいた。更に祖父の岸信介氏を愚弄する発言までするとは、信念など微塵もないということか?もうこの時点で完全に呆れ果てました。

北朝鮮問題ですが、今の政府のこのだらしなさでは、だらだらと年数が過ぎ、結局ミサイルに搭載可能な核弾頭を数個所持する事になり、拉致問題はますます解決の道は遠くなる。それだけでなく日本を脅し、あらゆる事を要求してくる。

このような悪夢が現実になってしまう恐れがあります。
2007/02/12(月) | URL | スサノオ #-[ 編集]
仰る通りの展開になる可能性は、十分にあり得るかと、私も思います。

駄目だ駄目だとは思っていましたが、このところの安倍政権の一連の動きは、表面上こそ、強気の態度を貫いているように装っているものの、その実は、前政権と殆ど変化が無い程の惰弱なものであり、呆れ果てるしか無い程です。

この、北朝鮮問題を含む外交問題にしても、問題が山積している内政問題にしても、解決の糸口を掴む為には、安倍政権の早期の退陣以外には無いと感じております。
2007/02/13(火) | URL | 浪人 #-[ 編集]
  贅沢品輸出禁止、15の企業と1個人の送金停止・・・こんなの、経済制裁ではありません。

  ときに、北朝鮮に対して日本が本当に強気に出られない真の原因は、南北朝鮮が一体化していることにあるのではないでしょうか。
  たとえば、パチンコ業界からの送金ひとつを取ってみても、業界の半分を占める韓国系からの送金も相当程度含まれているというのが実情でしょう。しかし、政府は朝鮮総連におためごかしの手入れはしても、韓国民団に対しては完全に目をつぶっています。
  また、いわゆる朝鮮籍から韓国籍への国籍変更は至極簡単に行えます。(参考http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/24189/)核実験を行ったら変更希望者が三倍になった・・・在日朝鮮人にとっては、南北は自由に行き来できるのです。それも、もともと彼らは「朝鮮」という一つのかたまりなのだから、当然です。
  さらに、韓国の軍拡です。韓国は、陸軍の通常兵力を減少させる代わりに、F-15Kに見られる空軍力や、潜水艦や揚陸艦といった海軍力を異常なペースで増強しています。陸軍118万の北朝鮮軍と、見事なまでに「役割分担」ができているような気がするのは私だけでしょうか。
  このような事実から見るに、すでに南北は一体化しているのです。
  それにも関わらず、わが安倍政権は、北のみをスケーブゴートとして、自分たちと様々な利権を通じて昵懇になっている南側の人間を生かそうとしているように思えて成りません。首相の嫁が韓流ドラマ狂いなのも、なんとかして南側の人間のイメージダウンを防ごうという策の一環ではないかと思われます。
  安倍政権が在日韓国人利権と手を切れない限り、北に対して本気になれないという今の状況は変わらないと思われます。なんとかして、在日利権と距離を置いた内閣を組織せねば、我々は南でも北でもない「朝鮮」に破れることになるおそれが強いのです。

  それにはまず、維新政党新風に保守の票を集めて、自民党内の真の保守派が活動しやすい環境を作ることでしょう。新風に、某学会や統一教会の息がかかることも防がなくてはいけませんね。
  自分も、新風に入れます。近々、応援の記事も書きたいです。多少の不満はあろうと、ここしか支持できる政党がありませんからね。
2007/02/13(火) | URL | ろろ #-[ 編集]
御返事が遅れて、どうもすみません。

>ときに、北朝鮮に対して日本が本当に強気に出られない真の原因は、南北朝鮮が一体化していることにあるのではないでしょうか。

かなり鋭い、核心に迫ったご指摘かと思います。

そして、北をスケープゴートとし、南のイメージアップを計ろうとしているというご指摘も、全くの同感です。

>安倍政権が在日韓国人利権と手を切れない限り、北に対して本気になれないという今の状況は変わらないと思われます。

こちらも、全く以てその通りかと思います。

そもそも、安倍センセーの最大のスポンサー一つである、統一教会の文鮮明と、金正日の父親、金日成は義兄弟の関係ですからね。

少しでも、本気になるつもりがあるならば、まず最初に、統一教会との関係を絶っていなければおかしいというものです。

>それにはまず、維新政党新風に保守の票を集めて、自民党内の真の保守派が活動しやすい環境を作ることでしょう。

私も、現状においては、これしか活路は無いように思います。

そして、そこから、政界全体を巻き込んだ再編を起こし、それを、出来る限り混乱させる事無く完遂し得れば、希望の光を大きなものに変えていけるかも知れないと考えています。
2007/02/14(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/652-bdc41d6d
朝日の記事なので何処まで信用できるのか分かりませんが、アメリ...
2007/02/12(月) | もののふのこころ
北朝鮮の核停止、見返り支援で合意へ 6者協議 2007年02月13日15時15分 北朝鮮の核問題をめぐる6者協議で議長国・中国は13日未明、北朝鮮が寧辺の核施設の稼働を停止させ国際原子力機関(IAEA)の査察官復帰受け入れな
6カ国協議が妥結…核施設‘閉鎖’に重油5万トン、‘不能化’なら95万トン追加支援(中央日報) 北朝鮮が6カ国協議で、重油5万トンを受ける条件で核施設を‘閉鎖(shut down)’することに合意した。また韓国・米国・中国・ロシアの4カ国は、北朝鮮が核施設
2007/02/14(水) | ぱっとんな日々
2月8日から北京で開催されていた北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議ですが、2月13日午後、釣魚台国賓館で全体会合が開かれ、北朝鮮の核放棄に向けた「初期段階の措置」と見返りのエネルギー支援などを盛り込んだ共同文書を採択し閉幕しました。共同文書は、北朝鮮が60日以
2月8日から北京で開催されていた北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議ですが、2月13日午後、釣魚台国賓館で全体会合が開かれ、北朝鮮の核放棄に向けた「初期段階の措置」と見返りのエネルギー支援などを盛り込んだ共同文書を採択し閉幕しました。共同文書は、北朝鮮が60日以
みなさんご存知のように 北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議が 「合意文書」をまとめ
2007/02/15(木) | 続「とっつあん通信」
北朝鮮に拉致された増元るみ子さん(当時24歳)の母校、鹿児島