FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 三度目の敗戦

三度目の敗戦
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 やはり、と言うべきか、無意味の極みに思われた6ヶ国協議は、北朝鮮に完全に核兵器の開発、保有を断念させる事は勿論、拉致問題を僅かにでも進展させる事も相成らぬまま、北朝鮮が一方的に利を得る形で、一旦の終局を迎えた模様です。

6か国、共同文書採択し閉幕…日朝正常化へ作業部会も

 【北京=瀬口利一、黒見周平】北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議は6日目の13日午後、北京の釣魚台国賓館で全体会合が開かれ、北朝鮮の核放棄に向けた「初期段階の措置」と見返りのエネルギー支援などを盛り込んだ共同文書を採択、閉幕した。

 北朝鮮が60日以内に寧辺(ヨンビョン)の核施設の停止や監視を受け入れる代わりに、他の5か国が重油5万トンを支援し、北朝鮮が施設を無能力化すれば支援規模も大幅に増やすとしている。日朝国交正常化など課題別の5作業部会を30日以内に開催することも盛り込まれた。次回協議は3月19日に開催される。

 「共同声明の実施のための初期段階の措置」と題された共同文書は、北朝鮮の核放棄を盛り込んだ2005年9月採択の共同声明の履行を具体化した初めての文書。06年10月に核実験に踏み切った北朝鮮の核開発に歯止めをかけられるかどうか注目される。ただ、核施設の使用停止(シャット・ダウン)などあいまいな規定も多く、今後の争点に浮上しそうだ。

 共同文書は、第1段階として60日以内に、北朝鮮が寧辺の再処理施設を含む核施設の活動停止・封印や、監視・検証のための国際原子力機関(IAEA)の復帰を受け入れる代わりに、5か国は重油5万トン相当の経済・エネルギーや人道支援を提供し、米国は北朝鮮のテロ支援国指定解除や敵国通商法の適用終了の作業を開始するとされた。

 さらに第2段階で、北朝鮮が核計画を完全に申告し、すべての核施設を無能力化した場合、最大重油95万トン相当を追加支援するとされた。

 一方、共同声明に盛り込まれた〈1〉朝鮮半島の非核化〈2〉米朝国交正常化〈3〉日朝国交正常化〈4〉経済・エネルギー支援〈5〉北東アジアの平和・安全メカニズム――の五つの課題別に作業部会を設置し、いずれも30日以内に第1回会合を開くとされた。初期段階措置の実施後、速やかに6か国外相会議を開くことも盛り込まれた。

 中国首席代表の武大偉外務次官は閉幕式でのあいさつで、共同文書の採択で「朝鮮半島非核化は重要で堅固な一歩を前に進めた」と強調した。

 日本首席代表を務める佐々江賢一郎外務省アジア大洋州局長は13日夜の記者会見で、経済・エネルギー支援について「参加することを表明しているのは米韓中露だ。日本が当面、参加する方針でないことには完全に理解がある」と述べ、重油5万トンの支援に日本は参加せず、他の4か国が負担することを明らかにした。

(2007年02月14日 読売新聞)


 戦略、戦術、個別の駆け引き、全てが無策に等しい状態で、最悪の場合は超法規的措置による北朝鮮への制裁という手段を講じる覚悟も無く協議に望めば、このような結末になる事は当然の成り行きだったとは言え、こうまでも、悪い形で予測を裏切らないとは、全く大したものだと言えるでしょう。

 北朝鮮への経済・エネルギー支援にしても、我が国は当面参加せず、米露中韓の4ヶ国が負担するとありますが、あくまで「当面」と御茶を濁し、拉致問題の完全解決までは絶対に支援に参加しないと断言していない事からも分かるように、これから先の流れ次第では、段階的に支援に参加していく事も十分にあり得る事なのだと推測出来ます。

 現在、我が国の外務省は、北朝鮮への支援に間接的に参加する事はあっても、直接的に参加する事は無いと発表していますが、この場面ですら突っ張り切れない我が国の政府、外務省が、米露中韓の4ヶ国が、我が国が支援に参加しない事に不満を訴え、参加を強要してきた時、それを跳ね返す事が出来るとは、到底思えないものです。

 改めて言うのも腹立たしいですが、これは、我が国の完全敗北であり、ここから一発逆転、拉致問題を含む北朝鮮問題が、我が国が望む解決へと進んでいく可能性は、ほぼ完全に皆無になったと言えます。



 また、更に、米国が、北朝鮮に対する金融制裁を、一部ではあるものの、解除するという報道もあります。

金融制裁解除、30日以内に解決…米首席代表

 【北京=坂元隆】6か国協議の米国首席代表、ヒル国務次官補は13日夜、北京市内のホテルで記者団に、北朝鮮が要求していた米国の金融制裁解除問題を「30日以内に解決する」と中国に伝えたことを明らかにした。

 次官補はまた、共同文書で取り扱われていない北朝鮮のウラン濃縮計画は「非核化の作業部会で論議すべきだ」と指摘。

 米朝関係の作業部会の第1回会合をニューヨークで開き、北朝鮮首席代表の金桂寛(キム・ケグァン)外務次官を呼ぶ考えであることも明らかにした。

(2007年02月14日 読売新聞)


 現段階、つまり、北朝鮮の核放棄が確認された訳では無い段階において、現在、北朝鮮が最も打撃を感じている金融制裁の解除に踏み切るという事は、建前上、朝鮮半島の非核化を謳ってはいても、実質上、北朝鮮が核兵器を保有する事を、半ば容認する方向に動き始めたと言えるものです。

 この辺りも、米国のブッシュ大統領が、北朝鮮を指すにあたって、「悪の枢軸」という表現、あるいは、それに等しい表現をしなくなっていた事からも予測出来たいた事ではありますが、これにより、北朝鮮の核開発、保有の問題も、我が国が臨む解決へと進む可能性は、ほぼ皆無になったと言えるでしょう。

 「アメとムチの外交」なるものは、いざとなれば、有無を言わさず「ムチ」が発動する事が前提で無ければ、その効力を発揮する事はあり得ない。

 そして、我が国は、その決定的な「ムチ」を持ち合わせてはいない。

 この程度の事も理解せず、経済制裁という、あくまで「ムチ」に到るまでの段階的措置を発動した段階で、阿呆の内閣を称賛し、満足した結果が、今回の我が国の完全なる外交的敗北であると言えるでしょう。



 そして、更に問題なのが、今回の共同声明において、「日朝国交正常化」という一文が盛り込まれている事だと言えます。

 安倍首相は、首相に就任する以前、拉致問題は単なる人道的問題に止まらず、国家主権に関わる重大な問題であると発言していた事を記憶しています。

 その国家主権に関わる重大な問題が、完全解決はおろか、解決への糸口すらも掴めていない段階において、「日朝国交正常化」を目差すという事が、一体どういう事であるのか、安倍内閣、そして、それを支持する人間は理解出来ているのでしょうか。

 これは、つまり、我が国とっては、国家主権などよりも、日朝国交正常化の方が重要事項であり、有線されるべき事柄であると、国際社会に対して宣言したに等しい事だと言えます。

 また、今回の6ヶ国協議における合意、採択が、米国の都合によるところが大きいという事を踏まえれば、我が国の国家主権は、米国さまのご都合次第で、あっさりと蔑ろにされる事だと宣言したとも言えます。

 これが売国行為でなくて、一体何が売国行為なのでしょうか。

 全ての日本国民はいい加減に、安倍内閣とは、統一教会、創価学会という我が国における二大反日カルト宗教と連み、我が国を破壊する、紛うこと無き売国奴であると知り、これを引き摺り下ろさねばならないと言えます。

 手後れになる、その前に。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

イケダ先生の世界―青い目の記者がみた創価学会
ベンジャミン フルフォード Benjamin S. Fulford
宝島社
売り上げランキング: 45664
おすすめ度の平均: 4.0
5 三代目(3世)の学会員です
3 関西の学会員です。
1 思わず笑った

日本をダメにした売国奴は誰だ!
前野 徹
講談社
売り上げランキング: 58125
おすすめ度の平均: 5.0
5 腐りきった祖国を立て直せるのは、我々一人ひとりだ
5 日本を亡国へと導く戦犯総ざらいの名著
5 失ったものの大きさ


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
あこがれの一戸建てを手に入れよう!「HomePLAZA」で簡単検索
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
本当にミサイルに搭載可能な核弾頭を北に持たせる事になるかもしれませんね。
おまけに経済制裁解除と、重油95万トンを負担させられる可能性すらある。

支那の暴発すら近年にありえるし、実にマズイ事になってきました。
2007/02/14(水) | URL | スサノオ #-[ 編集]
最悪のパターンとしては、支那の指示の下、北朝鮮が暴発したフリをして我が国を脅かし、それに託けて、支那の軍隊が我が国に侵入してくる事ですね。

北朝鮮が、独立国家とは名ばかりで、その実は支那の傀儡に等しい事を踏まえると、あながち、あり得ないとは言えないように思います。

尤も、このシナリオが発動した場合、最初に狙われるのは、米軍の撤退が始まっている韓国だろうとは思いますが。

ただ、直近の米国の動向を観察していると、場合によっては日本を切り捨てる事も想定している節は十分に感じられ、油断出来る情況では無いように思います。
2007/02/14(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
まあ、安倍政権に私が反対してた訳に浪人様は完全に理解して下さったと思います。
こう言う流れの内閣であった、そう言う事です。

こうなる事はわかっていた。だから私は安倍政権を執拗に叩いていたのです。
ですが、もう半分以上手遅れと言う感じですが。

安倍政権は発足後4ヶ月で日本再生の芽をほとんど全てつみ潰したと言えます。

来年までに多分北朝鮮から請求書が100兆円ほど届くでしょう。
日本人が苦しみ、自殺と諦めの地獄の中に叩き込まれ、朝鮮は楽園になるでしょうね。

もう日本は75%の確率で敗北しましたね。
北朝鮮は核武装も容認、日本だけが負けました。

逆転は至難です。
結局、保守と名乗る連中はほぼ全員がただの白痴だったと言う事です。
2007/02/14(水) | URL | 三輪耀山 #X.Av9vec[ 編集]
  浪人様の憤懣やるかたなき心情がよく伝わってくると共に、いわゆる「ネット右翼」にはショックの大きい記事でしょうね。

  私は麻生首相を希望していたのでショックは軽くてすみましたが、産経新聞や正論を読んで安倍さんが保守本流だと信じていた(騙されていた)人々は、かなり打撃を受けていることと思います。
  しかし、いわゆる反特定アジア系のブログは、安倍氏が拉致問題を盾に抗弁しているところに何とか救いを見いだそうとしているだけで、現内閣を批判しようとしていません。これでは、宗教団体の信者と何が違うと言うのでしょうか(たとえば、先日、安倍氏を批判する記事をトラックバックしようとしたら、「○○○の真実」というサイトには見事に弾かれました)情けないことです。
  政治家に是々非々あるのは当然だということを、わかっていない人間が、右にも左にも多すぎます。

  戦前の大東亜戦争ではないですが、もうここまで追い込まれたら、米国債を放出すると恫喝してアメリカに行動を迫るか、日本自身が核兵器を保有するしかないでしょうね。
2007/02/15(木) | URL | ろろ #-[ 編集]
>安倍政権に私が反対してた訳に浪人様は完全に理解して下さったと思います。

勿論、完全に理解致しました。

>安倍政権は発足後4ヶ月で日本再生の芽をほとんど全てつみ潰したと言えます。

同感です。

ここまで来ると、流石に、暗い気持ちになるのを抑えるのは不可能ですね。

>逆転は至難です。
結局、保守と名乗る連中はほぼ全員がただの白痴だったと言う事です。

残念ながら、仰る通りでしょうね。

ここまで完膚無きまでの敗北を喫しても、多くの国民が怒りに打ち震えているならば、まだ、希望は持てましたが、この期に及んでもまだ、多くの「自称保守」は、安倍ちゃんマンセーをしているのですから、絶望感を禁じ得ません。

まあ、それでもまだ、諦めるつもりは毛頭ありませんが、流石に、直ぐに立ち直れそうにはありません。
2007/02/16(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>いわゆる「ネット右翼」にはショックの大きい記事でしょうね。

それなら、まだ、希望も持てたのですが、どうやら「ネットウヨク」諸氏は、安倍晋三が屈辱的な敗北を、日本国民に味わわせたという事実から目を背け、韓国を馬鹿にしてご満悦に入っている様子です。

もっと酷いのになると、「日朝平壌宣言」や今回の共同文書の中にある、「日朝国交正常化」という文字を意図的に無視して、安倍晋三を擁護するような者まで居る始末です。

ここまで虚仮にされて、まだヘラヘラと安倍ちゃんマンセーをしている自称保守と、平和憲法を馬鹿みたいに拝み倒している馬鹿サヨクと、一体何処に違いがあるのか、彼らの口から論理的な説明が聞きたいものです。

>政治家に是々非々あるのは当然だということを、わかっていない人間が、右にも左にも多すぎます。

それが分かっていれば、政治ブログランキングは、安倍糾弾ブログで埋め尽くされている事でしょうね。

今回の件で分かったのは、結局、彼らの大半以上は、思想や哲学としての保守では無く、単に何かに寄り掛かりたいだけの似非保守、ヘタレ右翼だったという事ですね。

嗤う気にもなれません。

>戦前の大東亜戦争ではないですが、もうここまで追い込まれたら、米国債を放出すると恫喝してアメリカに行動を迫るか、日本自身が核兵器を保有するしかないでしょうね。

現状を打破しようと思えば、それしか道は無さそうですが、ヘタレ右翼の宗主である安倍晋三センセーに、そのような事が出来るとは思えないものです。

何にしても、とりあえずは体制打破。

何か革命主義者染みていて、余り好きな言葉ではありませんが、ここを目指す以外に道は無いかと感じております。
2007/02/16(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/654-2ad648de
昨日、6者協議が不本意な合意文書で終了しました。下記に「救う会」の見解を掲載いたします。ご参照下さい。拉致問題解決なくして支援せず-6者協議 本日、2月13日、6者協議が合意文書を採択し終了しました。合意
2007/02/14(水) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
6者合意 核放棄につなげてこそ(朝日新聞) 北朝鮮が核開発を公然と再開して4年。昨年には核実験まで強行し、危機は深まるばかりだった。それが、打開に向けて一歩を踏み出すことになった。 北京で開かれていた6者協議は、核放棄を目標に関係国が当面取るべき行動をま
2007/02/14(水) | ぱっとんな日々
  政治家の質の低下・・・ということがよく言われます。私はその意見には必ずしも賛成ではありませんが、「これ」を突きつけられたら、頭を抱えてしまうでしょうね。参院選にアキバ系参上…“RPG風HP”に勇者で登場http://www.zakzak.co.jp/top/2007_02/t2007021310.
2007/02/15(木) | 日々是勉強
世界中で貧困や、エネルギー危機、食糧難に喘ぐ小国の皆さんに朗報です!!貴国も核開発に成功さえすれば、これらの全ての懸案が一気に解決です!貴国を巡る関係各国が手厚いエネルギー支援をしてくれまた、「人道的支援」の名目での食料等の援助も得られそれを軍事目的に転
2007/02/15(木) | しっとう?岩田亜矢那