FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ特亜 → 止まらない屈朝売国外交

止まらない屈朝売国外交
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 口先では威勢の良い事を言っているものの、その実は、拉致問題を含む諸々の問題への解決の道筋が明確に示された訳でも無い、圧倒的に北朝鮮に有利な共同文書に合意し、屈辱的な敗北を味わうと同時に、国際社会に向けて、我が国の意地とプライドはこの程度のものですよ、と喧伝する羽目になるという結果に終わった6ヶ国協議ですが、北朝鮮は、その採択された共同文書を更に歪曲し、自身に有利なようにしてしまおうと目論んでいる様子です。

「核臨時停止で重油100万t」北朝鮮が勝手な解釈

 【ソウル=平野真一】北京で開かれていた6か国協議で13日に採択された共同文書について、北朝鮮が同日、自らに都合のいい一方的な解釈を打ち出し、早くも履行に暗雲が差している。

 共同文書は、北朝鮮が核放棄に向けた措置を取らない限り、大量なエネルギー支援を得られない仕組みになっているが、北朝鮮は核施設を「臨時」に停止しただけで100万トン供与の合意を取り付けたと主張しているためだ。北朝鮮が支援規模に文句をつけ、合意を履行しないための布石でないかとの見方が出ている。

 共同文書は、北朝鮮が核放棄に向けて取るべき措置を2段階にわけ、〈1〉60日以内に核施設の活動停止・封印と、国際原子力機関(IAEA)による監視・検証を受け入れれば、他の国は重油5万トンを支援〈2〉さらに核計画を完全に申告し全施設を使用不能にすれば、最大95万トンを支援する――としている。

 だが、朝鮮中央通信は合意数時間後の13日夜、「協議で各国は、(北)朝鮮の核施設の稼働臨時中止に関連して、重油100万トン相当の経済・エネルギー支援を提供することにした」と伝えた。

 これについて米国首席代表のクリストファー・ヒル国務次官補は14日、北京のホテルで記者団に、「北朝鮮のメディアは十分な情報を得ていないことがあるが、北朝鮮の代表団は合意内容を十分理解している。あまり心配していない」と述べ、北朝鮮側は核施設の停止を解体に向けた措置と承知しているとの見方を強調した。

 だが、韓国・西江大の金英秀(キム・ヨンス)教授は、〈1〉別の解釈を持ち出すことで合意の拘束力を弱める〈2〉履行にはさらに討議が必要であると米国に思わせる〈3〉北朝鮮上層部に対し有利な合意であるかのように宣伝する――との意図があると分析。「北朝鮮が合意をそのまま履行する見込みは薄い」と見る。

 この背景には、今回の協議で議長国・中国が最初に出した草案と、採択された文書で、文言に違いがある点がある。草案では「第1段階で5万トン、第2段階で95万トン」と完全に区別がつけられていたが、北朝鮮が受け入れを拒否。このため最終的には、「第1段階で5万トン、第1段階と第2段階で計100万トン」と表記された。北朝鮮はこの点を突いて意図的に曲解しているわけだ。

 北朝鮮は2005年9月の6か国協議で共同声明が採択された際も、核放棄後を想定して盛り込まれた「軽水炉の提供問題」という文言について、「軽水炉提供が核拡散防止条約(NPT)復帰の条件」と独自の解釈を翌日に表明している“前歴”がある。

(2007年02月14日 読売新聞)


 まあ、記事中に書かれているもの以外にも、北朝鮮には数々も「前科」がある事については、既に広く知られている事柄であり、然して驚くような事では無いと言えるでしょう。

 流石に、米国がこのような歪曲された解釈を受け入れ、北朝鮮が核施設を「臨時」に停止しただけで、100万トンの重油の支援を開始する可能性は低いと思われますが、少なくとも、このように解釈出来る余地が残されているという事は、これを口実にして、支那や韓国が北朝鮮に対して支援を始める事を、日米外交当局は容認したとも理解出来るものだと言えます。

 更に最悪のパターンを想定すれば、この歪曲された解釈を北朝鮮による公式の解釈と位置づけ、核施設を「臨時」に停止したにも拘わらず、日米からの支援が無いという事を口実として、北朝鮮は再び核の開発を始め、今度こそ、実用に耐え得るものを作り上げる可能性もあると言えるでしょう。

 そうなった時、そのような流れとなった責任を、我が国以外の6ヶ国協議の参加国、即ち米露中朝韓の5ヶ国が、一体何処に、そうなった責任を求めてくるでしょうか。

 答えを言う必要性は無いかと思いますが、まず間違い無く、そのような運びになった責任は、拉致問題に固執して、北朝鮮への援助を行わないと決めた我が国に被せられ、謂れのない因縁を吹っ掛けられ、最悪の場合、その時点で残されている支援を、全て我が国が被るべきとの論調が出て来る可能性すらあると言えます。

 勘違いしないで頂きたいが、私は何も、だから、我が国も北朝鮮に対する見返り支援に、今からでも参加すべきだなどと、何処ぞの最大野党のような寝惚けた事を主張したい訳ではありません。

 此処で問題であるのは、共同文書にそのような抜け穴的解釈をする余地があり、更に、それを口実として、北朝鮮が、この共同文書にある事柄を破棄する可能性が十分にある事は自明であったにも拘わらず、この文書の採択に、そのような条件の下で合意した、圧倒的なまでの外交センスの無さだと言えるものです。

 政府は、我が国の置かれている立場には、米国は勿論、他の6ヶ国協議への参加国、露中韓も理解を示していると強弁していますが、この4ヶ国にしても、北朝鮮が、今回採択された事柄を、素直に履行する可能性が無に等しいと認識している事は、まず疑いようが無いと考えられます。

 つまるところ、米露中韓の4ヶ国は、今回採択された事柄の第一段階が履行され、5万トンの重油の支援を行った後、この歪曲された解釈を口実に、北朝鮮が再び駄々を捏ね始めた時点で、全ての責任を我が国に押し付け、残りの支援分を、我が国1国に押し付けようとしていると考えられるものです。

 ここで、このような下劣な策を弄した米露中韓4ヶ国よりも更に腹立たしいのは、安倍政権は、そのような流れになるという事を十分に承知の上で、今回の共同文書の採択に、条件付きで合意した事が間違いないという事です。

 何故ならば、北朝鮮が、今回採択された事柄を、そのまま履行する可能性が皆無に等しい事など、他の6ヶ国協議の参加国は勿論、一般の日本国民ですらも完全に理解している事柄であり、如何に、外交下手の我が国外務省と言えども、その程度の事が読めなかった可能性は、まず無いと言えるものです。

 にも関わらず、このような条件下で、共同文書の採択に合意したという事は、即ち、そのような流れの中で、我が国が、そのような立場び置かれる事を、政府、そして外務省は、甘んじて受け入れたという事に他ならないと言えるでしょう。

 しかしながら、だからと言って、ここから、北朝鮮に対する支援に、我が国も遅蒔きながら参加すると表明するような事をすれば、我が国の最高責任者である内閣総理大臣が、「国家主権に関わる事柄」だと宣言した事柄を、その時の都合であっさりと妥協する、どこまでも愚かで間抜けな国家なのだと宣言する事に他なりません。

 つまり、安倍政権は、「行くも地獄、帰るも地獄」の袋小路に、わざわざ好んで、我が国を入り込ませたのです。

 未だに安倍政権をマンセーしているホシュの方々にお聞きしたいが、このような売国行為に他ならない行動を取る内閣と、貴兄らが最も忌み嫌う村山内閣とに、一体、如何ほどの差があると言うのでしょうか。

 常識的に考えれば、安倍内閣なる存在が、村山内閣に匹敵する、戦後史上最大級の売国内閣である事は、最早、疑いようの無い事実だと言えるものです。

 自らを保守だと認識し、ほんの僅かでも国を憂える心があるのならば、例え今からでも、この戦後最大級の売国内閣を糾弾し、一刻も早い退陣を迫るべきだと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介
宮崎 学 近代の深層研究会
同時代社
売り上げランキング: 200012

日本をダメにした売国奴は誰だ!
前野 徹
講談社
売り上げランキング: 81800
おすすめ度の平均: 5.0
5 腐りきった祖国を立て直せるのは、我々一人ひとりだ
5 日本を亡国へと導く戦犯総ざらいの名著
5 失ったものの大きさ


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!月額263円から!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
>安倍政権は、「行くも地獄、帰るも地獄」の袋小路に、わざわざ好んで、我が国を入り込ませたのです。

仰る通りですね。流石は国賊小泉に扈隋していただけの事はある。私も最近、保守系のブログに、小泉、安倍政権の米国追従路線の批判を書いたら即座に削除されました。

このような人達は米が絶対的存在であり、日本を見放す事は有り得ないとでも思っているのでしょうか?かなり危険な妄想だと思います。

日本にはまず、例え日米安保が破棄されようと、自国だけであらゆる難局に耐えれる国民意識の形成が必要ですね。それが国力の増強に繋がります。

とは言うものの、あまり思いたくはありませんが、もう手遅れかも・・・。イカン!また悲観的になってしまいました。
2007/02/15(木) | URL | スサノオ #-[ 編集]
>私も最近、保守系のブログに、小泉、安倍政権の米国追従路線の批判を書いたら即座に削除されました。

彼らは「保守」では無く、ホシュ、或いはヘタレウヨクだと言う事でしょう。

残念な事ですが。

>このような人達は米が絶対的存在であり、日本を見放す事は有り得ないとでも思っているのでしょうか?

そのように考えている人間も、多数居るようですね。

サヨクが、憲法九条を聖書かコーランの如くに崇め奉るように、米国を絶対的な権威にして、我が国の友人だと、無邪気に信じている。

他に寄り掛かって、自分の足で立とうとしない人間を、普通は保守とは言わないのですがね。

彼らは、それすら理解が出来ないようです。

>とは言うものの、あまり思いたくはありませんが、もう手遅れかも・・・。イカン!また悲観的になってしまいました。

私も、結構悲観的になってしまっていますね。

まあ、お互い、出来るだけ早く、前向きになれるよう努力していく事にしましょう。
2007/02/16(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
批判ばかりでは何の意味も値打ちも無い、拉致問題をどう考えているのか、明確に答えてもらいたい。
2007/02/17(土) | URL | y.taki #-[ 編集]
拉致問題を含む北朝鮮問題は、我が国が解決すべき最も重要な課題。

これを解決させる為に必要な事は、中途半端な経済制裁や、馴れ合いの六者協議で北朝鮮に翻弄される事では無く、パチンコ業界やサラ金業界に代表される、我が国における北朝鮮の支援団体を徹底的に締め上げ、我が国から北朝鮮への資金の流れを完全に停止させる。

そして、中韓が北朝鮮に対して甘い対応を続けるならば、我が国は両国との交易を考え直す事になると通告する。

それでも尚、中韓が北朝鮮へと裏から支援を続けるならば、本当に中韓との交易を停止すれば良い。

米国に対しては、我が国との協調姿勢を崩し、北朝鮮に対するテロ支援国家指定をやめたり、金融制裁を解除したりするならば、我が国は一刻でこの問題を解決させる為、然るべき準備、即ち、独自の核開発、そして核保有に向けて動き出さねばならない事になると告げる。

今現在において、我が国の核武装を最も忌み嫌っているのは、中朝韓、そして米露、つまりは六者協議の参加国であり、この一言だけで、この五ヶ国の六者協議にかける本気度は大きく違ってくる。

それでも尚、米国が北朝鮮に対する融和姿勢を崩さず、中露韓が六者協議に本気で臨まないのであれば、その時こそ、我が国は本当に核武装に向けて然るべき準備を進めれば良い。

ここまで言って融和姿勢を崩さないという事は、それは即ち、米国は我が国の核武装を暗黙で了解したという事であり、懸念されるエネルギー資源の輸入が一気にストップするという可能性は低くなる。

その上で、台湾、印度、越南などの親日、反中共国家との連携を強め、北朝鮮に対する締め付けを徹底的に強くする。

全てが上手くいくなどという事は、流石にまず以てあり得ない事だが、ほんの少し考えただけでも、この程度の対応は湯水の如く出て来る。

そういった事もせず、対米協調という名の対米追従を続け、半ば破棄寸前にあった「日朝平壌宣言」なる反日文書を、殆ど条約に近い形で復活させ、我が国に決定的なまでの敗北を味わわせた。

このような反日売国内閣相手に、批判以外の何をしろと?
2007/02/17(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/655-d4ae1d0e
ないとう@なんで屋です。北朝鮮の6ヶ国協議、予想通り”1994年の米朝枠組合意”と同じ結末。 北朝鮮が軍事的脅威をアピール(核兵器を持っているぞ、とアピール)  ↓アメリカ(そして日本)が騒ぐ  ↓北朝鮮に、重油や食料を支援  ↓(初めに戻る)も...
 脳味噌常春酋長ことノムたんが呑気にスペイン等欧州3か国を歴訪している間にようやく纏まった6か国協議に関し、北鮮がケンチャナヨ精神を炸裂させ合意履行に早速暗雲が漂っているようである。「核臨時停止で重油1
2007/02/17(土) | ステイメンの雑記帖