FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ社会 → 阿呆教師、敗訴

阿呆教師、敗訴
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 安倍政権による北朝鮮外交完全敗北により、完全に気が滅入って暗い記事ばかり連発しておりましたが、書けば書く程に余計に気が滅入ってしまうので、気分直しでは無いですが、昨今の我が国にしては非常に「まとも」かと思えるニュースがありましたので、これについて書いてみようかと思います。

「君が代」拒否で処分、取り消し求めた教師敗訴確定へ

 東京都日野市の市立小学校の入学式で、「君が代」のピアノ伴奏を拒否したことを理由に懲戒処分を受けた音楽科の女性教諭が、「伴奏を指示した校長の職務命令は、思想良心自由を侵害するもので違憲」などとして、都教育委員会に処分の取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は20日、判決を今月27日に言い渡すことを決めた。

 最高裁が双方の主張を聞く口頭弁論を開かないまま判決期日を指定したことで、教諭側の訴えを棄却した1、2審判決が確定する見通しとなった。

 入学式や卒業式の国旗掲揚や国歌斉唱を巡っては、起立や斉唱、ピアノ伴奏を拒否して処分を受けた教職員らが、教育委員会を相手取った訴訟が各地で起こされている。一連の同種訴訟で、最高裁が判断を示すのは初めてで、教諭側敗訴となる最高裁の判決は大きな影響を与えそうだ。

 音楽教諭は1999年4月、入学式で君が代斉唱の際にピアノ伴奏するよう、校長から職務命令を受けたが、これに従わなかったため、都教委から戒告とする懲戒処分を受けた。音楽教諭は、この処分が違法だとして、取り消しを求めて2002年に提訴した。

 1、2審判決はいずれも、「公共の利益のために勤務する公務員は、思想良心自由も制約を受ける。伴奏を命じた職務命令は、合理的な範囲内だ」と判断し、教諭側の訴えを棄却していた。

 国旗国歌を巡る訴訟では、原告側の主張が退けられるケースが多いが、東京地裁は昨年9月、都立学校の教職員らが起こした訴訟で、「国旗に向かって起立し、国歌斉唱するよう求めた都教委の通達や指導は違憲」との判決を言い渡すなど、下級審の判断が分かれている。

 文部科学省によると、04~05年度に、国旗掲揚や国歌斉唱に関して懲戒処分や訓告などを受けた公立学校の教職員は全国で計202人に上る。

(2007年02月20日 読売新聞)


 如何に占領下に定められた、明らかに国際法の理念に基づかない憲法であるとは言え、今現在において、これが我が国の最高法規として定められている以上は、そこに定められている「思想良心自由」が守られるべきであるのは確かだと言えるでしょう。

 しかしながら、言うまでも無い事ではありますが、内心において如何なる「思想良心」を持つ事も自由とされている事と、社会、公共の場において、それらがある程度制限される事とは、完全に別問題だと言える事です。

 日本国の国公立の学校に勤務しておきながら、その象徴とも言える存在である国旗・国家に対して礼を払わないという事は、明らかに反社会的な、暴走族やチンピラ・ヤクザと同列の行いであり、これが処罰の対象となる事は、至極当然、当たり前の事だと言えるものです。

 どうしても、それが嫌だと言うのならば、まずは職を辞し、自らが主催する私塾において、そのような活動を行うのが筋というものであり、社会人としての最低限の「けじめ」だと言えるでしょう。

 その程度の事も理解出来ないチンピラ・ヤクザと同種の類が、教師という、我が国の未来を担う存在の教育に当たっていた、そして、今尚、「これ」と同種、同列の類が、教壇に立ち、我が国の子供達に腐った心根で接しているという事は憂慮すべき事態ではありますが、その教師と同じくらい、性根が腐った人間が多いと目される、我が国の司法が、今回のような、至極真っ当にして当たり前の判決を下したという事は、我が国にとって、非常に益するところが多い出来事かと思います。

 加えて、例の首相の靖国参拝の違憲裁判の時のように、裁判官が下らぬ私見を付け加えていないという事も、非常に評価出来るものだと言えるでしょう。

 我が国の司法は、それが良い事か悪い事かは別にして、何か、法律に明記されていない事柄を裁こうとする時、過去の判例というものに、非常に重きを置くという慣習がります。

 特に、最高裁判所による判例は、あたかも一つの法律であるかのように捉えられ、ややこしい事案に差し掛かった時には。大半以上の裁判官は、この判例を基準として考え、判決を下していると言っても過言では無いでしょう。

 この「やり方」自体に、何の問題も無いとは言えないものの、少なくとも、今回、一審、二審に続き、最高裁がこのような判決を下した事により、これから先、日教組を始めとするチンピラ・ヤクザの類の我が儘や戯れ言に、我々一般のごく真っ当な日本国民が、必要以上に悩まされる事は、少なくなるのでは無いかと思われます。

 支那・朝鮮、そして露国、更には米国と、我が国の頭痛の種は小さくなるどころか、日々、異常なまでの速度で肥大化している最中、このような頭の可哀想なチンピラ・ヤクザの嫌がらせによる被害が少なくなる事は、根本的な解決では無いものの、少なくとも、胃腸薬や頭痛薬の服用量は減る、良い知らせであるかと思います。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

いいかげんにしろ日教組―われ「亡国教育」と、かく闘えり
松浦 光修
PHP研究所
売り上げランキング: 209904
おすすめ度の平均: 3.0
2 テーマは注目すべきだが、内容はお粗末
1 お話にならない
4 伊勢神宮のお膝元における反日偏向教育の実態

タイゾー化する子供たち The Wandering Students
原田 武夫
光文社
売り上げランキング: 13502
おすすめ度の平均: 4.0
4 本当にIBで良いか?
3 現役の学生に一押し
4 education is the continuation of another war and politics by other means


PR情報
新聞をもう1紙購読して、読み比べ。それなら迷わず「産経NetView」
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!月額263円から!
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
う~む
お隣さんは馬鹿ばっかですか。

それにしてもこの先生「思想良心の自由」は知ってても「職業選択の自由」は知らなかったんですかねえ。
知ってても無視でしょうけど……
公務員なら、尚且つ教師なら公の場で駄々こねちゃいけないという常識ぐらいはわきまえておいて欲しいですよねホント……

それと、暴走族・チンピラ・ヤクザの類というのは暴走族・チンピラ・ヤクザに失礼では……
あちらさんは上に逆らったらタダじゃ済みませんよ
いや~コームイン万歳
2007/02/23(金) | URL | Kronos #wJFip.Ek[ 編集]
>それと、暴走族・チンピラ・ヤクザの類というのは暴走族・チンピラ・ヤクザに失礼では……
あちらさんは上に逆らったらタダじゃ済みませんよ
いや~コームイン万歳

成る程、ごもっともです。

彼らに謝罪しなくてはなりませんね。

賠償はしませんが。
2007/02/23(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/661-e2e36975