FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 小泉前首相「皇室は最後の抵抗勢力」と妄言

小泉前首相「皇室は最後の抵抗勢力」と妄言
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 皇室にも改革が必要だのとほざいたり、万世一系の伝統に終止符を打ち、女系天皇を認めようとしたりなど、以前より、日本国統合の象徴であられる御皇室、天皇陛下に対して、敬意の欠片も見せなかった小泉純一郎前首相であうが、dそうやら、それらを完全に上回る、完全に狂った暴言を吐いていた模様です。

 「皇室は最後の抵抗勢力」と叫んだ小泉前首相

 やはりこの発言を取り上げざるをえないだろう。「皇室は最後の抵抗勢力」と小泉前首相が叫んでいたというのだ。今発売中の3月4日号のサンデー毎日がスクープした。

 かつて私は1月19日のブログで保守・親米のジャーナリストである舟橋洋一氏の週刊朝日の連載を引用し、イラクへの増派を決めて泥沼にのめり込むブッシュ大統領が、敗色が決定的となっていたにもかかわらず「もう一度戦果をおさめてからでないと(米国との停戦は)難しい」と言って沖縄地上戦や原爆投下を招いた昭和天皇の姿を想起させる、と書いた舟橋洋一に、もし右翼が怒らないのであれば、天皇のタブーはまた一つなくなる、と書いた。しかしサンデー毎日が報じた小泉前首相の天皇・皇室に関する発言はそれをはるかに上回る皇室軽視の発言だ。

 小泉前首相は「女系・女性天皇、是か非か」をめぐって昨年大騒ぎをした皇室典範改正案について、「今国会で必ず上程する。上程は構造改革の一環だ」、「皇室は最後の抵抗勢力だ」と自民党幹部の会合で言い放ったというのだ。

 私は天皇制や皇室に関し特別の思い込みがある者ではない。その私でさえもこの小泉発言が事実であるとすれば驚愕する。あの小泉劇場で悪者の象徴として使われた「抵抗勢力」を皇室にもぶつけていたのである。万世一系の天皇制を定めた皇室典範を、日本の悪しき官主導の諸制度と等しくならべて、構造改革すると叫んだのである。

 サンデー毎日は、さらに次のような小泉前首相の言葉を紹介している。すなわちある年の新嘗祭に三権の長の一人として陪席した小泉前首相は、伝統に沿って薄暗い暗いところで儀式を取り進めておられる天皇を見て、一体なにをやっているんだと同席者の一人につぶやき、「明かりをつけろ、これは改革だ」と同席者に口走ったというのである。これはもう滅茶苦茶である。伝統や儀式を一顧だにしない姿勢である。

 小泉前首相が天皇に対する敬意がないことについては、天皇陛下が出席される行事に平気で欠席したり、富田メモによって明らかになった、昭和天皇が靖国神社にA級戦犯が合祀されたことに不快感を持たれた事実の感想を記者から聞かれたとき、「自分には関係ない」と言い放った事などから、すでに明らかにされている。しかし、ここまで非礼な言動をしていたのである。

 果たして他のメディアがこのサンデー毎日のスクープを後追いするのか。右翼が騒ぐのか。おそらくそのいずれも起こらないであろう。それはタブーがなくなったという事ではない。それが一般市民や加藤紘一のような無力な者の発言であったら大騒ぎになるだろう。右翼の標的にさらされるだろう。小泉前首相に限ってはどんな言動も許されるのだ。

(2007年02月21日 天木直人のブログ)


 完全に狂っている。

 私はこれまで、小泉純一郎という人間は、単なる知識の無さ故に、あのような数々の行動を取っていたのだと思い、強く批判する気は余り起きなかったが、この発言が本当ならば、彼は知識の無さから、あのような言動を繰り返していたのでは無く、本当に、性根から反日であったと推察出来るものです。

 しかしながら、御皇室に対し、これだけの暴言を吐いた人間に対して、怒りを感じる事も無く、その首相が後継者に指名した人間を、未だに「保守清流」だとのたまわり、マンセーしている「自称保守」も、同様に狂っているとしか思えないものです。

 常識的に考えて、今回、サンデー毎日が発掘したこのスクープの内容は、以前、週間金曜日が行っていた御皇室を誹謗中傷する狂ったイベントの同レベルの、常軌を逸した異常なものだと言えるでしょう。

 苟も「保守」を自称する人間が、このような日本の伝統と文化を体現される存在である皇室に対して、ここまでの暴言を吐いた人間に対して、憤りを感じ、それを表現している人間がここまで少ないとは、一体どういう事なのでしょうか。

 そして、この狂った小泉改革を継承すると言っている安倍内閣に、疑念を感じている「保守」が異常に少ないというのは、一体どういう事なのでしょうか。

 繰り返しになりますが、今回、発覚した、この小泉前首相の発言は、少し以前に起こった、週間金曜日の御皇室を誹謗中傷する基地外寸劇と同レベルの、我が国に対する宣戦布告とさえ言えるものです。

 いや、週間金曜日のイベントが、明確に日本の敵である基地外言論テロ集団によって起こされたのに対して、こちらが、一応は保守政党とされる自民党の総裁、そして日本国の首相の発言である事を考えれば、この発言は、週間金曜日の基地外寸劇よりも、もっと問題視されなければおかしいと言えるでしょう。

 にも関わらず、役立たずの大手基地外マスコミが報道しない事は勿論、保守論壇からも強い批判の声が起こる様子も無く、この発言に対して、右翼団体が抗議に乗り出す様子も見られない。

 そして、ネットの世界においても、この前首相の狂った発言に対して、強い批判をしているブログ、ウェブサイトは、本当にごく少数、僅かしか確認する事が出来ない。

 ほとんどのブログ、サイトは、この件は完全にスルーして、何時もの如く特定アジア叩きに躍起になっているか、或いは、相も変わらず安倍ちゃんマンセー記事を書き散らしている始末。

 単なる嫌韓、笑韓ブログを自称しているところは未だしも、保守を謳い文句として活動しているブログやサイトまでもが、この狂った反日妄言に対して怒りを表さないとは、流石に驚嘆せざるを得ない状況だと感じます。

 ウェブ上で活動している、数多くの自称保守に問いたい。

 この完全に狂った反日妄言を見過ごして、所詮は外国に過ぎない中韓の反日叩きばかりに執心して、それで満足なのか。

 小泉純一郎の反日ならば許されるのか。

 自分を、本当に愛国、憂国の徒であると思うのならば、もう一度自問し、そして気付く必要があると言えます。

 この一派は、何処ぞの半島の反日基地外大統領と変わりのない、狂った反日の徒であるという事に。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

純個人的小泉純一郎論
栗本 慎一郎
イプシロン出版企画
売り上げランキング: 123536
おすすめ度の平均: 5.0
5 ほかの人にはまず書けない小泉純一郎論

さらば小泉 グッバイ・ゾンビーズ Say Good-bye to Zombies
ベンジャミン・フルフォード
光文社
売り上げランキング: 29224
おすすめ度の平均: 4.0
4 テレビみててもはいってこない内容かな?
5 一般庶民が目覚めるための必読の本
3 結論は、納得できる部分が多いが・・


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
業界随一の商品ラインナップ!インターネット取引ならマネックス証券
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
 小泉前総理の御皇室に対する暴言は、昨年何回もインターネットブログで糾弾され、私もよく知っていた内容です。今頃になってサンデー毎日が取り上げたことが不思議なのですが、天木氏がご指摘のように、これ以上問題にならないだろうと述べておられる通りの結果になりそうで、極めて残念です。
 先生が取り上げていただいたことに感謝申し上げます。ただ私は安倍総理に対して、先生ほど低い評価はしておりません。総理は決断力や表現力に課題はあると思いますし、官僚や閣内、自民党幹部に対し厳しさが足りない点や総理を身をもって守ろうとする真の側近がおられないとの評は大問題だとは思います。その根底に総理の学歴問題があることは確かだと思います。(舛添氏等とんでもない失礼な発言等で分かります)。大多数の自民党員が選出した総理であるのに、足を引っ張るおぞましさは如何でしょう。
 事実は分かりませんが、当時の安倍長官が皇室典範改正法案を阻止されたとの報は信じたいし、過日欧州訪問では高く評価されたと耳にします。よって安倍総理の行動はあと暫く見た上で批評したいと思うのですが・・・
 
2007/02/22(木) | URL | Kankyo Fuzen #-[ 編集]
私は、浪人さん程では無いかも知れないが、日本にとって皇室の存在がかけがえの無いものと考えているし、多くの日本人の多くもそうだろうと思う。ただ内容、程度については様々だという気がする。

皇室を蔑ろにする風潮は、言うまでもなく左翼のメディアや学者の影響だろうが、「こうであるべきだ」という考えを押し付けない限り、多様にならざるを得ない。だから、啓蒙は大切だが、相容れない考えを絶対否定すると、頭に血が上り続けることになる。

小泉前首相が皇室尊崇の気持ちが余り無かったことは、在任中のメディア報道を見ても分かる。だから、その点は日本人の心情にそぐわなかったと思っている。だが、一面において歴代の総理が出来なかった毅然さを内外に示した。国民は、これまで無かった異質さをプラスに評価したとも言える。

小泉後継といっても、安倍総理は小泉氏とは異質だ。若年で温室育ちだが(浪人さんには否定されたが)、一定の歴史哲学をもって国家再生を意図していることは窺える。それを成さんが為に、腰を低くし無用なトラブルを避けるスタンで行こうとしたが、あにはからんや、取巻きの未熟さもあってか、逆効果で支持率は低迷の一方だ。

小泉、安倍が売国奴で許し難ければ、誰なら期待できるのだろう。諸外国も一枚岩ではないのだ。国際情勢も変化し、戦略もその都度変わる。見識ある浪人さんの主張の毅然さは高く評価したいが、許容度の低い主張に歩調を揃える事の出来るのは、勝手な見方だが5%ぐらいだろう。95%の国民は蒙昧だと叫んでも、蟷螂の斧に比されるだけになる。(嫌いな国を含めて)すべての人間に対し、評価すべきは評価した方がいいのでは。
2007/02/22(木) | URL | 田舎のダンディ #-[ 編集]
はじめまして、上手くコメントできるか不安です、では、

会議が終わりぞろぞろ出口ドアに議員さんが出てくるなかで、奥のほうで、小泉さんと阿倍さんがなにやらゴニョゴニョ話していたー。
記者=先ほどは総理となにを話されていたのですか?
阿倍さん=女系天皇を認めないと愛子様は天皇になれないじゃないの?と聞かれたので、今決めてしまえば秋篠宮家のお子様がもしも男のお子様であっても天皇になれないのですよ、

のようなのがTVでありましたよ、本当に知らなかったんでしょうね、中国での通州で謝罪文読んでる姿なんて、情けなさすぎ、側近は工作員ばかりかと思いました、官邸には真実を隠して、裸の王様にしてしまう輩がいるように思えます。アメリカのブッシュさんも小泉さんのような裸の王
様状態に見えるンだけど、
2007/02/22(木) | URL | みかん #aNEs2sbw[ 編集]
はてさて……
もう目的と手段が入れ替わってますね。
改革のために抵抗勢力とかレッテル張ってたのに
レッテル張りのために改革を叫んでいるような……

というか絶対信長意識してやってないすか?この人……
改革のために手段を選ばなかったり上に対して敬意の念すら持たなかったり
2007/02/23(金) | URL | Kronos #wJFip.Ek[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/02/23(金) | | #[ 編集]
自民党の他人の足を引っ張る性癖は、今に始まった事ではありません。

大なり小なり、何かを成し遂げた自民党の総裁は、この他人が足を引っ張るのを上手く交わし、言葉巧みに味方に付け、時には、逆に陥れ、それこそ、血みどろの闘争劇を勝ち抜いて来たのです。

イデオロギーや何やらは別にしても、これが出来ない時点で、安倍氏は自民党総裁には完全な役者不足だったと思えます。
2007/02/23(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
これは、御皇室を軽んじているというレベルではありません。

完全に、御皇室を「敵視」している人間の言葉です。

これまで、小泉氏が、どのような相手に対して、「抵抗勢力」という言葉を使ってきたかを考えれば、説明するまでも無いでしょう。

これでも、私は、小泉氏が靖国神社に、最後の最後まで参拝し通した事は、それなりに評価はしていました。

例え、歴史認識に大きな間違い、問題があるにしても、日本国の内閣総理大臣が、日本国の為に勇敢に戦い、命を落とされた方々に手を合わせる事には、十分以上に価値があると考えているからです。

しかし、御皇室を軽んじているどころか、完全に敵視しているとなると、これは完全に話が違っています。

天皇陛下は神道の祭祀王であり、その陛下を敵視している人間が、神道形式で祀られている英霊に手を合わせても、追悼にも慰霊にもならない事は、説明を要さないでしょう。

中韓や、サヨクの圧力に屈さなかったという形だけは残りますが、ただそれだけです。

はっきり言いますが、これで満足な人間など、断じて保守でも右翼でも何でもありません。

安っぽいナショナリズムに煽られただけの、ただの馬鹿です。

日の丸を燃やして嬉々としている、何処ぞの半島の蛮族と何一つ変わらない、政府に扇動された愚民そのものです。
2007/02/23(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
裸の王様は、言い得て妙ですね。

尤も、これは、小泉氏から始まった訳では無く、宇野元首相あたりから、その傾向は顕著だったと思えますが。

米国のブッシュ大統領もそう見えるとの事ですが、その可能性は十分にあるように思います。
2007/02/23(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
信長は、確実に意識しているでしょうね。

そして、そんな自分に酔っていたんだと思います。
2007/02/23(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
真偽の程は分かりませんが、十分に可能性はありそうですね。

これだけの事を言われて、怒りを表さない保守や右翼など、「なんちゃって」でもあり得ないですから。
2007/02/23(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
近所の本屋に「サンデー毎日」なし。「実話時代 BULL」なんかはあるのに…。もはやマイナー系雑誌ということかな?
毎日のHPで見たら、釈由美子の表紙がかなりそそられるから欲しかったのに…

ところで浪人様は大元ネタ・竹田恒泰さんのブログを御覧になられましたか?
私は天木直人氏などハナから信用してませんよ。
2007/02/24(土) | URL | 狂斎 #-[ 編集]
私は日本人として皇室に敬意を払うことが出来ない人間を許せませんが、同時に皇室を利用する人間も許すことは出来ません。「サンデー毎日」の見出しを見た瞬間にむしろ後者の怒りがこみあげてきました。小泉氏が皇室に対し不遜な発言をやらかしたことが真実であれば当然許しませんが、この記事を書いた記者は何を考えているのか?先の「富田メモ」により先帝陛下の発言をでっち上げた日経新聞(この新聞は終生許さん)同様、またぞろ、皇室(又は皇室に関する発言)を利用して何らか(春の例大祭への牽制、現政権への攻撃等々)やらかそうとしているとしか思えない。

昨年のことらしいが、なぜそのときに徹底的に攻撃しない?総力特集でも組んで、社会的に抹殺するまで叩かない?反小泉・反安倍・反現政権で、「政局」になれば面白いからってんでやってるんだろうが、なぜ皇室を持ち出す?皇室に対する不敬・不遜を問題にするつもりなら、とことんやれよ。週刊金曜日の誹謗・中傷劇とか日経新聞の富田メモとか中途半端に終わらせておいて、なぜ今頃「小泉発言」なんだ?もともとマスコミは腐っているとは思うが、こういう記事を見ると吐き気がする。

反小泉・反安倍系ブログの多くが、「なぜ、他の(彼らに言わせると似非)保守系ブログは、これを叩かない?どうして、そう小泉・安倍マンセーでいられるんだ?」と非難しているが、そういう問題かよ。小泉、安倍両氏を政策的に批判するのは構わないし、小泉氏が皇室に不遜な発言をしたとして、その点を徹底的に叩くのも全然構わない。だが、皇室を利用したこうしたマスコミの報道に踊らされて(あるいはそれに乗じてか?)その手の発言をしていることにやりきれない思いがする。
2007/02/24(土) | URL | 違法廃棄物処理業者 #-[ 編集]
私の家の近くにも、サンデー毎日は置いてありませんでしたね。

余り売れない雑誌なのか、たまたま、結構売れたかのどちらかなのでしょう。

竹田恒泰氏のブログは、この天木氏のブログの記事を見つけた後、一応は訪問したのですが、肝心の部分は、全て削除されていました。

「影響を考慮して」とありましたが、何か、嫌がらせを受けられたのかも知れません。

天木氏に関しては、氏の著書も拝読した事が無く、余り詳しく知らないので、私には何とも言えません。

ただ、狂斎さんは全く信用されていないという事ですが、外務省を追い出された人間には、佐藤優氏や原田武夫氏など、面白い動きをする人物が多いように感じますので、これから、注視しておけば、何らかのアクションを起こすかも知れないな、程度には思っています。
2007/02/25(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
まず、マスコミの連中が、御皇室に対して敬意の「け」の字も抱いていない事は、この件で小泉氏を糾弾している人間も、十分に理解し、その事に憤りも覚えています。

しかし、ここで、その事に重点を置いて話を展開しても、何も進展しないどころか、却って、こういう事を、マスコミが伝えなくなるという可能性が生じてきます。

我が国のマスコミに、モラルも品位も品格も無い事は言うまでもありませんが、仮に、それらがあったとしても、マスコミというのが営利団体である以上、読者が興味を示す事しか報道しなくなるのは、残念ながら仕方のない事と言えます。

全てかどうかは知りませんが、まず、マスコミが何かを報道した時、それらに対してリアクションを示し、「自分達はこういうものに飛びつく」と示す事は、受受け手から送り手に対しての意思表示という意味において、ある程度は仕方のない事だと言えます。

自らが、マスコミ並の取材力を持っていれば、また話は別と言えますが、現状において、最も取材力を持つ団体は、残念ながらマスコミだというのが現実です。

それは、所謂「踊らされている」というのとは、少し意味合いが違ってくると言えるものだと思います。

次に、これは私の話ですが、私がこの件で一番ショックだった事は、保守と名乗り、言論を展開している人間が、この事実に対して、何のアクションも起こさなかったという事です。

無論、マスコミや小泉氏に対しての怒りも大きいですが、それ以上に、前日本国内閣総理大臣が、日本国の元首である天皇陛下、そして御皇族に対して、ここまでの明確な敵意を示しているという事実に対して耳を塞ぐ「保守」など、論理的に考えてあり得ないでしょう。

ネットウヨクと罵られようが、安倍信者と罵られようが、最低限の御皇室に対する敬愛の心があれば、これをスルーして、安倍ちゃんマンセーと無邪気に言っていられる筈が無い。

これは、非難では無く失望です。
2007/02/25(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>しかし、ここで、その事に重点を置いて話を展開しても、何も進展しないどころか、却って、こういう事を、マスコミが伝えなくなるという可能性が生じてきます。

結構ですね。マスコミが皇室を利用した報道をしなくなるのなら、いくらでも話を展開しましょう。「仕方がないことだから」「取材力があるから」許される問題ではありません。
浪人さんの言葉を借りれば、「マスコミの反日ならば許されるのか。」ということです。

例えば、マスコミの反日報道「富田メモ」に対して、天木直人氏は、
>小泉前首相が天皇に対する敬意がないことについては、天皇陛下が出席される行事に平気で欠席したり、富田メモによって明らかになった、昭和天皇が靖国神社にA級戦犯が合祀されたことに不快感を持たれた事実の感想を記者から聞かれたとき、「自分には関係ない」と言い放った事などから、すでに明らかにされている。
としていますが、「富田メモ」は明らかに先帝陛下のお言葉ではなかったし、記者が小泉氏に感想を聞いたのは、靖国参拝への牽制のためでした(だから私は「関係ない」としたことを問題とは思っていません)。

マスコミのこうした反日報道の問題点をスルーして、小泉批判を行う。これが「マスコミに踊らされている」のではなく、「マスコミに乗じている」のでもなければ一体なんだ。
「小泉批判のためなら何でもあり」みたいな論調は見てて非常に気分が悪い。まして、マスコミの皇室を利用した印象操作が間にはさまっているのを見ると、なんともやりきれません。浪人さんじゃないですけど、「失望」ですね。
2007/02/25(日) | URL | 違法廃棄物処理業者 #-[ 編集]
違法廃棄物処理業者さんが仰る事は分かります。

また、少なくとも私は、マスコミの反日を許すつもりなどありませんし、必要悪として容認している訳でもありません。

ただ、この場合において、小泉氏の発言や、それを意図的にスルーしている保守を非難する事を差し置いてまで、これまでのマスコミの行為や、マスコミの在り方を糾弾する事に、何の意味も感じなかったというだけの事でしょう。

違法廃棄物処理業者さんが、マスコミ連中の反日を差し置いて、安倍・小泉批判を展開する事に、何の意味も感じられないのと同じように。

私の事を言えば、マスコミに対する怒りよりも先に、この発言に対して、一切、何のリアクションも起こせない、起こさない保守への失望感の方が先立っただけの話です。

それと、「踊らされる事」と、「乗じる事」を同様に捉え、批判の対象と捉えられておられるようですが、私は、「踊らされる事」は愚かしいと思いますが、「乗じる事」は、それ程に悪い行為では無いと捉えています。

何らかの知らせや流れを受けて、それを主体的に判断し、敢えて、その動きに身を乗じる事を悪とするならば、一部のアジテイターを除けば、殆どの人間は身動きが取れないという事になります。

例えば、私は極右評論の瀬戸さんにお誘い頂き、「新風連」に参加させて貰ってますが、これだって、瀬戸さんが起こした流れに乗じている事に他なりません。

違法廃棄物処理業者さんの論調だと、これに参加する事すらも、極右評論というブログの扇動に乗じた、愚かな行為だという事になります。

また、ポジショントークという観点から非難されているのであれば、人間という生き物は、意識するしないに関わらず、ポジショントークをする生き物であるとしか言えません。

だから、少なくとも私は、ただポジショントークをしているという理由で、マスコミやサヨクを批判した事は無いつもりです。

私が問題としている事は、マスコミやサヨクという連中が、中道、真ん中、世間の代表を装いながら、ポジショントークを展開して、それがあたかも常識であるかの如くに装っている事です。

極端な話ですが、朝日新聞だって、堂々と「朝鮮日日新聞」とでも名乗り、社旗を日章旗から太極旗に変えて、極左、或いは半島・大陸寄りのオピニオンである事を表明した上であれば、存在そのものを否定するには到らないと考えます。

「クニにカエレ」とは言いますがね。

ただ、拙ブログにおいて、マスコミの責任にまで言及しなかった事に関しては、配慮が及ばなかったとしか言い様がありません。

それより先に、小泉氏の発言への怒りと、それに何らのリアクションも示さない、保守への失望感が先立ってしまいましのでね。
2007/02/25(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
私は、マスコミだろうと政治家だろうと右だろうが左だろうが反日勢力や皇室に不敬・不遜な行為を絶対に許すつもりはありません。

今回のサンデー毎日の記事について、私は「富田メモ」と同じ構図を感じました。
日経のスクープがあり、他のマスコミの多くがこれを何も考えずに(あるいは分かった上で)先帝陛下のお言葉として議論を展開しました。一方、ネットの中では日経のスクープの中身からスクープが出された背景までさまざまな検証が行われ、どうやら日経その他マスコミのねつ造・印象操作によるものであろうと判断されました(一部ブログはマスコミの扇動にのって、しきりに「先帝陛下の意向」に添わない靖国参拝、及び皇室に敬意を払い靖国参拝を支持するブログを批判していましたが)。
今般、サンデー毎日のスクープがありました。他のマスコミにはまだ目立った動きが見られませんが、ネットの中では一部ブログ(そろいもそろって反小泉・反安倍ブログなんですな、これが。)が早々と小泉批判、さらには安倍批判、与党批判を繰り広げ、同時に(このスクープを受けての)小泉・安倍批判を展開しない、他の(似非)保守ブログの批判を行っています。(本人が自ら標榜しているところはないですが)私が「保守」だと思っているブログは確かにまだ本件を取り上げていません。

私はサンデー毎日の記事(最初は見出しから)を見て、まず中身の検証を行いました(といっても「取材力」ないですからネット巡るしか方法ありませんが)。先週は本業がバタバタしていたため出遅れ、竹田恒泰氏のサイトにたどり着いたときには、すでにネタ元である講演のテープ起こしは削除されていました。他に本件取り上げているところが少ない中、皮肉なことに小泉・安倍批判を繰り広げているサイトから竹田氏の講演のコピーを見つけ、どうやらサンデー毎日の「小泉発言」は竹田氏が2月の講演で「自民党関係者から聞いた話」として披露されたものだと分かりました(サンデー毎日の取材力は全く大したものです(又聞きかよ。))。浪人さんには「失望」されてしまうでしょうが、私がブログ主だったら、こんな記事、エントリーにしないと思います。

サンデー毎日の「小泉発言」は本当なのかも知れません。しかし、どのような状況で誰に向かってどのように放ったものか不明である現時点では、私は小泉発言の「反日」性を批判することは留保します。ましてや、安倍批判?なんで?私がやりきれないと思うのは、時には正論をぶちかましてくれるブロガーの皆さんが、反小泉・反安倍となると、こんなマスコミの反日報道に踊らされてか、その機に乗じてか知りませんが、過敏に反応して、「なんで小泉・安倍批判をしない!」と他のブログをけなすことです。

浪人さんは、私が「マスコミ連中の反日を差し置いて、安倍・小泉批判を展開する事に、何の意味も感じられない」とおっしゃいますが、私は本件に関する小泉批判を留保しており、本件に関しては安倍批判には意味がないと考えています。本件はマスコミのスクープが出発点です。その検証と評価を抜きに小泉批判は出来ません。浪人さんが、安倍・小泉批判を展開せんがために、マスコミの反日報道に乗じても、「それ程に悪い行為では無い」と捉えているなら、それは本末転倒であり、やはり「失望」ですかね。
2007/02/25(日) | URL | 違法廃棄物処理業者 #-[ 編集]
祖母曰く、KOは可笑しい。
足軽が作った大学なのに、成金と言われても仕方
無いのに、しかも学習院と青山を足して、2で割った
ような訳わからん所だ。
上士の出の早稲田が、そうなるなら分かるけど!
思うに、KOと言う大学は、金と格好を追い日本の
真面目に生きる文化を破壊して、良しとしたいのでは。
竹中、小泉の師弟関係で、日本を米国隷従にすれば、
KOは最高学府になり、東大を凌駕すると考えたのでは・。
皇室否定は、そのラインにお沿ったに過ぎぬのは当然。
どう見ても、KOは可笑しい。
2007/02/25(日) | URL | ゆき #8ncNTdA.[ 編集]
私、或いは拙ブログに失望されようと、反感を持たれようと、それは別段構わないのですが、2、3気になる点があるので、一応、言及させて頂きます。

まず、「取材力」の件ですが、違法廃棄物処理業者さんは、この情報がい「二次情報」であった事で、マスコミの取材力を疑っている、とうか馬鹿にしておられるようですが、現実問題において、引き籠もりやニートでもない限り、例えWEB上に公開されているものであったとしても、我々一般人が、全てを正確に知る事は、ほぼ不可能です。

当然の事ながら、普通一般、我々には週に5日程度は仕事、あるいは学校の授業などがあり、それを通勤や休憩時間なども含めて、仮に10時間程度と仮定すると、そこから睡眠を6時間として、残りの時間が約8時間程となります。

更に、そこから、食事は入浴、家事などの、生活する上で避けられない時間を差し引くと、自由に使える時間は、実質上、多くて5~6時間程度だと言えるでしょう。

更に、断れない誘い、電話、メールを読む時間などを差し引けば、その時間は更に少なくなります。

たったこれだけの時間で、世に無数にある情報を把握するのは、凡そ不可能であり、これを職業として探し、集め、纏め、そして、それを「正しく」伝える人間が必要になって来ます。

これが所謂「マスコミ」の仕事であり、一次情報であろうが二次情報であろうが、そんな事は大した問題ではありません。

現に、違法廃棄物処理業者さんも、一次情報で、この報を知った訳では無く、サンデー毎日の記事を介して、この情報を知ったと言っておられる。

この時点において、サンデー毎日は、馬鹿にされるどころか、二次情報であるとは言え、マスコミとしての職責を果たしたと言えるものです。

そして、雑誌を買って読んだ訳では無くとも、この時点で、違法廃棄物処理業者さんは、マスコミの恩恵に与ったと言えるでしょう。

私がマスコミを批判しているのは、あくまで、この世に溢れかえっている情報を探し、集め、纏め、そして「正しく」伝えるという作業、特に、「正しく」伝えるという作業が出来ていないからであり、マスコミという存在、あるいは必要性そのものを否定し、批判している訳ではありません。

一応、付け加えておきますと、ここで言っている「マスコミ」は、雑誌や新聞、テレビのみでなく、ニュースサイトなどのWEB媒体も含めています。

次に、私がブログ主なら、こんな件は記事にしないというお言葉ですが、発言媒体を持たない人間が、こういう表現を以て否定をする事には、疑問を抱かざるを得ません。

一昔前、自分の意見を発表する場を持つ事が難しかった時代ならいざ知らず、今現在においては、持とうとさえ思えば、それこそ、今すぐにでも、持つ事が可能であると言えます。

それでも、持っていないという事は、敢えて、自分の意志で、そのような媒体を持っていないのだと思えます。

勿論、その事自体は、違法廃棄物処理業者さんなりの考えの下での判断であり、それを否定する気は毛頭ありませんが、敢えて、自分の意志で持たないとしている人間が、「私がブログ主なら、このような記事は書かない」という表現で相手を非難する事は、どのような理由の下であれ、あきらかにおかしい。

曲がりなりにも天下国家を語っている人間ならば、敢えて行動していない人間が、行動している人間の行動を、私なら、そのような行動は取らないと批判する事が、如何に滑稽かという事は、これ以上言わなくとも、ご理解頂けるものかと思います。

最後に、違法廃棄物処理業者さんが、御皇室に対して、大きな畏敬の念と愛情を抱いておられる事は、文面からも十分に伝わって来ますが、その感じ方、発し方というのは、人それぞれ、千差万別であり、当然変わってきます。

あのような報が為されて、何故か、小泉・安倍ラインの擁護者だけが、揃いも揃って、この件を見事にスルーしているとなれば、小泉・安倍ラインを敵視している、或いは訝しんでいる人間ならば、その事に疑問を持つのは、当然ではないですか?

無論、その疑問に対して回答する義務などはありませんが、その疑問に対しても何の反応も示さず、ひたすらに、この件を敢えて無視するかのような態度を取り続ければ、その疑問が、怒りに変容してくるのも、当然ではありませんか?

私は、直接にコメントを頂いたからというのはありますが、違法廃棄物処理業者さんの、「何故に、この件で、小泉・安倍支持のブログを叩くのか?」という質問に、私なりにではありますが、きちんと考えを述べたつもりです。

失望されてしまったようですがね。

私には、違法廃棄物処理業者さんが、一体誰の事を言っているのか分かりかねますので、これ以上は何とも言えませんが、結局は、疑念が疑念を生み、それが、憎悪に近いものに変容しようとしている、といったところでしょう。
2007/02/26(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
足軽だの上士などは、私にはどうでも良い事ですが、今の慶応は、竹中平蔵のようなのが量産される程に、おかしくなっているのでしょうか。

まあ、竹中平蔵自身が教鞭を執っていたのですから、あり得ないとは言えませんが、だとすると、問題大ですね。

2007/02/26(月) | URL | 浪人 #-[ 編集]
いつも私ごときの愚見に真摯に対応して頂いている浪人さんには本当に感謝しております。

しかし、本件については、どうも誤解が誤解を呼び、お互いの意見がすれ違っているように思われます。
ここは浪人さんがおっしゃるように「御皇室に対する畏敬の念と愛情の感じ方、発し方というのは、人それぞれ、千差万別であり、当然変わってくる」ということで本件議論を終わりにしたいと存じます。

ただ、一つだけ私から浪人さんにお願いしたいことがあります。マスコミの発する情報は確かに私のような素人には得られないものも少なからずありますが、それを鵜呑みにすることなく、浪人さんなりの検証と評価を加えた上でご利用頂きたく。ありがとうございました。
2007/02/28(水) | URL | 違法廃棄物処理業者 #-[ 編集]
そうですね。

これ以上、この件で論争しても、お互いが当事者同士で無い以上、結論など出る筈がありませんし、ここらで終わりにしておくのが良さそうだと私も思います。

メディアリテラシーに関しては、それなりに考えてはいるつもりですが、せっかくのご忠告なので、これを契機に、もう少し考えてみる事にします。

最後に、こちらこそ、何時も拙文をお読み頂き、ご意見下さる事には、感謝しております。
2007/03/01(木) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/663-1dca0186
(1月30日22時00分加筆修正)雅子妃の愛読書は大江健三郎との疑惑.仮説:祭祀欠席の真意は日教組教師の反「日の丸」「君が代」「愛国心」と同根?余り知られていないことですが,雅子妃殿下は意外と反日・左翼勢力(韓国を含む)と”縁”があります.言うまでもなく,これ
昨日(2007-02-21)、お伝えした小泉純一郎前首相による「皇室は最後の抵抗勢力」発言は「ただもう呆れ果てるばかり」としか言いようがありません。とはいえ「小泉ならそれくらいのことは言いかねない」という一種の「納得」があったのも事実です。  ←ランキング投票をお
2007/02/22(木) | 喜八ログ
 本日は皇太子殿下のお誕生日であります!□ 皇太子殿下のお誕生日に際しての記者会見の内容 1 会見年月日: 平成19年2月21日 2 会見場所 : 東宮御所 問1  この1年は皇太子様にとってどのような1年で
2007/02/23(金) | ステイメンの雑記帖
とりあえず緊急を要する記事ですのでアップしておきます。これは本当にまずいです。仁徳天皇陵を世界遺産に 申請へ2400万円計上 堺市  堺市は16日、世界最大クラスの墳墓「伝仁徳天皇陵」を含む百舌鳥(もず)
2007/02/25(日) | 新・平成徒然草
週刊誌「サンデー毎日」2007年03月04日号でスクープされた、小泉純一郎前首相による「皇室は最後の抵抗勢力」発言。「右」も「左」も「ノンポリ」も、ほとんどの日本人からみごとに無視されたようですね。  ←ランキング投票をお願いします普段から天皇制(皇統)には無関
2007/03/13(火) | 喜八ログ