FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 盧武鉉くん、ウリ党離党へ

盧武鉉くん、ウリ党離党へ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 悪政に次ぐ悪政で、韓国という国を、準先進国と言える状態から、李氏朝鮮時代並の国家へと誘おうとしていたとしか思えない、狂気の基地外反日整形大統領、盧武鉉くんですが、何と、与党ウリ党からの離党を表明された模様です。

韓国大統領、与党ウリ党から離党表明

 【ソウル=平野真一】韓国盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は22日夜、与党ウリ党から離党する意思を表明した。

 今年12月に大統領選を控え、ウリ党は10%台という盧大統領の低支持率に引きずられる形で人気が低迷、大量の離党者が出ている。大統領の離党表明はこれに歯止めをかけるとともに、3~4月ごろと予想される進歩・左派陣営の新党結成に向けて主導権を確保する狙いがある。

 盧大統領は22日、青瓦台(大統領府)で行われた丁世均(チョン・セギュン)党議長らウリ党指導部との夕食会で、「党内に一部であっても、大統領は党籍を捨てるべきだとの主張がある以上、党内対立の素地を解消する必要がある」と言明した。

 夕食会ではまた、韓明淑(ハン・ミョンスク)首相が辞意を表明。盧大統領は、3月6日の臨時国会終了後に辞任を認める考えを示した。

(2007年02月23日 読売新聞)


 経済を壊し、もともと低かった国際的信用を限りなくゼロに近づけ、親日反民族特別法に代表される、凡そ近代国家とは思えない法律を次々と制定し、更には、国防の要であった米軍の撤退を早めるなど、ありとあらゆる方面で韓国を壊し、当然の結果として支持率を徹底的に下げ尽くし、その余波として、所属する党の支持率まで下げているのですから、この離党は、極めて当然の結果だと言えるでしょう。

 しかし、この盧武鉉くんの与党ウリ党からの離党で、うっすらと見えてくるのは、次期大統領選において、ウリ党に代表される左派が勝とうと、ハンナラ党に代表される右派が勝とうと、ありとあらゆる因縁を付けられ、盧武鉉くんが逮捕、処刑される姿だと言えます。

 もう一つ、次期大統領選が行われるその前に、北朝鮮主導による南北の統一が行われ、盧武鉉くんの罪が帳消しになる可能性も考えられなくも無いですが、阿呆の盧武鉉くんや元極左活動家の多いウリ党議員は兎も角、一般の韓国民の感情としては、南北統一を国是としながらも、出来れば先送りしたいと考えているのは見え見えで、可能性は低いと言えるように感じられるものです。

 南北統一が成し遂げられた暁には、韓国民の生活水準が、それこそ李氏朝鮮時代に戻る可能性が高い事を考えれば、それも当然ではありますが。

 残る可能性としては、韓国にて罪人とされる事を確定付けられた盧武鉉くんが、北朝鮮、或いは支那に亡命するというものですが、可能性としては、これが一番高いように感じられます。

 何れにしても、現在でも十分以上に混迷の極みにある朝鮮半島情勢が、今以上に混乱し、訳の分からない事になる事は避けられないと言えるでしょう。

 今現在、我が国においては、不祥事団体NHK、首相閣下の奥方を筆頭として、未だに、日韓友好なる嘘と欺瞞に満ち溢れた終末的思想を広めようとする勢力が存在しますが、言うまでも無く、このような情勢において、日韓友好なるものを推し進める事は、我が国にとって、危険極まりない行為だと言えます。

 自殺行為と言ってすら過言では無いでしょう。

 半島発の犯罪カルト集団である、統一教会とお友達の首相閣下に言っても無駄かも知れませんが、この情勢において、我が国が取るべき道は、日韓友好などという嘘と欺瞞に満ち溢れた破滅的選択では断じて無く、その正反対、日韓断交、最低でも、あの半島から出来るだけの距離を置く事だと言えます。

 これは、単純な嫌韓感情などでは無く、我が国と半島の国家が近づいて、ろくな事が無かったという歴史的教訓を踏まえれば、至極簡単に納得の出来る事だと言えるでしょう。

 半島発の基地外カルト、統一教会のお友達である安倍晋三くんが内閣総理大臣、そして、半島出身の銭亀、池田大作が牛耳る我が国最大のカルト、創価学会の走狗が、与党の片翼を担っているという現状では、見通しは最悪と言えるかも知れませんが、手遅れになるその前に、日韓友好などという破滅的選択肢を否定し、日韓断交という至極まともな道を指し示す政治家、政党が、発言力を持ってくれる事を願わんばかりです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

嫌韓流 実践ハンドブック2 ~反日妄言半島炎上編~ 晋遊舎ムック
桜井 誠
晋遊舎 (2006/07)
売り上げランキング: 49044
おすすめ度の平均: 5.0
3 「妄言が刷り込まれ、真実と化す」 国のひとつ。
5 蒙昧な韓国
4 怒りを通り越してもはやお笑い

嫌韓流 実践ハンドブック 反日妄言撃退マニュアル
桜井 誠
晋遊舎 (2005/12)
売り上げランキング: 72632
おすすめ度の平均: 4.0
5 反日が国是の国家と信頼関係を築くのは度台無理
1 下品
5 最低限のことだけでよい


PR情報
人間学を学ぶ月刊誌 月刊『致知』(ちち)
モテオヤジ増殖中!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
「日本に亡命する」という手もありますね。

それにしても彼も引退ですか。
亡命だ処刑だときな臭いですが、テーマパークだか記念館の建設はどうなったんでしょう。

本音を言えばもう少しとは言わず、もう永久顧問にでもついてくれれば李氏朝鮮の末期状態というものがどういうものだったのかを知る手掛りにでもなってくれるのではないかと……
2007/02/23(金) | URL | Kronos #wJFip.Ek[ 編集]
来年の大統領選挙直前に、米国空軍のF16戦闘機がなぜか住宅地に墜落して、地元の住民何人かが死亡する。 京城(けいじょう)では星条旗を破ったり燃やしたりのパフォーマンスが繰り広げられる。 この事件を機に、ウリ党よりも左巻きの民主労働党の支持率がうなぎ上りになる。 そして選挙で民主労働党の誰かさんが当選して、大韓民国そのものが世界地図から消え去るという斜め上の展開を期待しています。 盧武鉉は滋賀県にお友達もいるから、次の就職先は吉本興業でほぼ決定でしょう。
2007/02/23(金) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>「日本に亡命する」という手もありますね。

ある意味、最高の嫌がらせですね。

笑韓の人達は、喜ぶのかも知れませんが。

>本音を言えばもう少しとは言わず、もう永久顧問にでもついてくれれば李氏朝鮮の末期状態というものがどういうものだったのかを知る手掛りにでもなってくれるのではないかと……

今からでも、我が国が完全に半島と手を切れば、瞬時に李氏朝鮮の末期を完璧に再現してくれる事でしょう。

歴史研究の為にも、やはり、政府は韓国との関係を清算すべきだと言えそうですね。
2007/02/23(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
その展開が、あながちあり得ない話でも無いところが、韓国という国の凄いところですね。

寧ろ、それ以上の、我々日本人では思い付く事さえ困難な斜め上でさえ起こり得るとさえ思えます。

>盧武鉉は滋賀県にお友達もいるから、次の就職先は吉本興業でほぼ決定でしょう。

天職だとは思いますが、これ以上、在日はいりませんね。

何十年後かに、またぞろ、強制連行された、或いは拉致されたと言い張る元韓国大統領の子か孫が、我が国を相手に訴訟を起こしている姿が見え隠れしますから。
2007/02/23(金) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/664-ff8a716e