FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ未分類 → お知らせ

お知らせ
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 当ブログとも相互リンクを頂いている、勝手なニュースというブログの管理人さんであるYamaさんが、マスコミの偏向報道に業を煮やし、我が国の国益を守る為、Wikiニュースサイトを立ち上げられたとのご連絡がありましたので、ご紹介したいと思います。

このサイトについて

あなたは現在のマスコミを信頼していますか?私は信頼していません。

このサイトはマスコミ報道しないニュースや世の中の情報を共有するためのサイトです。
マスコミへの不信感から作られた訪問者参加型サイトです。日本人が知るべきことを、このサイトで知らせるのが目的です。
Wikiを採用しておりますので、どなたでも自由に投稿と編集が出来ます。

1分で読めますので必ずFAQを読んでください。

新しい情報を追加していただける場合は、右上の新規からお願いします。
間違った情報を修正したり、情報を追加していただける場合は、修正・追加したいページへ入ってから、左上の編集をクリックしてください。

また、当サイトはwhyer.netが管理しております。

このサイトは以下のような人財を必要としています。

  • マスゴミはいらないと思う。

  • 日本人は知るべき真実があるが、報道はされていないと思う。

  • 少しでも多くの人に真実を伝えたいと思う。

  • サイトへの投稿に協力して頂ける。

  • 日本は変わらなきゃいけないと思うが、まず何をすれば良いか分からない。

  • ニュース番組に疑問を感じたことがある。

  • 日本政府の弱腰外交はやめるべきだと思う。

(whyer.net トップページより)


 今現在、我が国は、間違い無く戦後最大の、或いは、敗戦時以上の危機的状況にあるにも拘わらず、多くの国民は、未だ、仮初めの太平の中で、未だに惰眠を貪っている状況だと言えます。

 全てでは無いものの、この事の主たる原因は、情報を正しく国民に伝えるべき役目であるマスコミが、自分達のイデオロギーに都合の良い様に歪曲、酷い時には、イデオロギーに沿わす為に捏造までして、誤った情報を国民の耳に届けているからだと言えるでしょう。

 日本国民の皆が皆、マスコミの異常さに気付き、自ら調べるという行動に至ってくれれば、このような状況も一変するやも知れませんが、残念ながら、未だ、そこまでには到っていないというのが現状です。

 この現状を一刻も早く打破し、少しでも広く真実を日本国に広める為には、一つでも多く、このようなサイトが立ち上げられ、一人でも多くの日本人の目に触れるようにしていく必要があると言えます。

 拙ブログに出入りして頂いている方の多くは、殆どの方が、何らかの真実の欠片をお持ちの方であると思います。

 是非とも、この度Yamaさんが立ち上げられたWikiに、参加して頂き、少しでも多くの真実を共有すると共に、一人でも多くの日本人に真実を伝える為に、協力して頂ければと思います。

URLはhttp://news.whyer.net/、RSSはhttp://news.whyer.net/index.php?cmd=rss&ver=1.0となります。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

「反日マスコミ」の真実
西村幸祐
オークラ出版 (2006/11/10)
売り上げランキング: 3160
おすすめ度の平均: 5.0
5 マスコミの暗部を暴く暴露本
5 反日マスコミの構造に迫る必読書
4 「反日」マスコミの俯瞰図です。

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを!

晋遊舎 (2006/12)
売り上げランキング: 4569
おすすめ度の平均: 5.0
5 公器の報道機関が反日国家・特定団体を支援する異常
5 メディアリテラシ用にお薦めの一冊
5 マスコミに騙されないために


PR情報
チカッパ!レンタルサーバーは大容量500MB!月額525円からご利用いただけます。
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/672-05d6f956
 歴史問題に関して、日本に対し厳しい見方をする人たちがアメリカの中にもおり、最近活発に活動している。南京大虐殺の映画がつくられ、アイリス・チャンの胸像が大学に寄付されたり、従軍(註)慰安婦問題が取り上げられている
2007/03/03(土) | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN