FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ政治 → 浅野史郎と民主党

浅野史郎と民主党
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 今現在における石原東京都知事の都政のやり方については、石原氏を支持している人でさえも、大なり小なりの疑問符を付けざるを得ないものである、というのは疑いようの無い事であり、このままで良いと考えている人間は、そう多くは無いと思われます。

 しかし、だからと言って、石原都知事でさえ無ければ誰でも良いのかと言えば、そのような筈など決して無く、石原氏よりも明らかに悪質、若しくは能力が著しく劣ると思われる人間に都知事が交代する事など、少なくとも多くの東京都民は望んでいないと考えられるものです。

 そのような中、民主党を始めとする連中のグダグダの中、ようやくにして出馬表明をした、浅野史郎前宮城県知事ですが、どうにも、彼の出馬を後押しした団体、そして彼自身までも、非常に胡散臭い代物である事が明らかになってきた模様です。

浅野氏支援する「市民」 実は色つきの「プロ」?

都知事選に出馬表明した浅野史郎・前宮城県知事は「市民派」として知られ、今回も市民団体主催の集会に出席したことがきっかけで、出馬を決意した形だ。しかし、応援団として名前を連ねているのは、「プロ活動家」風の人が多く、社民党の応援団と誤解されかねない顔ぶれだ。

浅野氏は2007年3月2日、東京都庁で正式に出馬を表明し、

「その(石原都政の)変革を必死になって願うメールや意見に接するうちに、誰かがこういった都政を変革するために立ち上がらなければならないと思うようになりました」 などと、市民の声をきっかけに出馬を決意したことを明らかにしている。

週刊誌は浅野氏を後押しした市民団体の「素性」を問題視

出馬にいたるまでの経緯を振り返ってみる。2月16日、浅野氏が出馬に否定的な見解を示す中、「政党からの出馬要請ではなく、市民からの要請なら受ける可能性があるのではないか」と、五十嵐敬喜・法政大教授が呼びかけ人になって都内のホテルで会合を開き、約200人が集まった。細川護熙元首相の妻佳代子さんや、元HIV訴訟原告の川田龍平さんも参加した。この会合では、出馬要請文をメールで浅野氏側に届けることを決めた。この段階では、浅野氏はマスコミ各社に対して「直接、話を聞いていないので、答えられない」とコメントするにとどまっていた。

同21日、これが「浅野さんのハートに火をつける会」と名前を変え、25日に開いた集会には浅野氏本人も出席、「びっくりし、感激して言葉も出ない」などと述べ、心境の変化を伺わせた。浅野氏はこの集会を転機に出馬に前向きな発言を繰り返すようになり、正式な出馬表明に至った。

このような経緯から、浅野氏は無党派層受けしやすい「市民派候補」としての面が注目されているが、週刊誌からは、冷ややかな声が上がっている。

浅野氏を後押しした市民団体の「素性」を問題視しているのだ。週刊新潮3月15日号(首都圏では3月8日発売)では、市民団体の集会に出席したジャーナリストの声として

「有名な”活動家”も何人か見かけましたし、各人が書いた”わたしの一言マニフェスト”を、司会者の合図で一斉に掲げるなど、いわゆる”プロ市民”的集会の匂いがプンプンしていましたね」
社民党も浅野氏の支援を表明
「プロ市民」とは、刺激的な表現だが、確かに、同会のブログに掲載されている「呼びかけ人」や「賛同人」の名簿を見ると、「活動家」「運動家」といった風の人が意外に多い。肩書きを見ても、単純な「市民派」ではなく、社民党の応援団といってもおかしくないほどだ。

メンバーの肩書きをざっと並べてみると、それがよく分かる。

「うちなんちゅの怒りとともに!三多摩市民の会」
「平和への結集をめざす市民の風代表呼びかけ人」
「草の実九条の会」
「子どもの命と世界平和を守る会会長」
「全国フェミニスト議員連盟世話人かつ都民」
「戦争への道を許さない女たちの会・世話人」
「『日の丸・君が代』不当解雇撤回を求める被解雇者の会」
「憲法を愛する女性ネット世話人・予備校講師」



市民団体と民主党が浅野氏にラブコールを送り続けてきたのはすでに有名だが、当の社民党も浅野氏の支援を表明している。同党の福島瑞穂党首が3月7日の記者会見で明らかにしたもので、すでに推薦候補を決めている共産党に対しても

「「共産党もできれば石原都政を倒すために力を合わせていただきたい」
と、呼びかけた。

ちなみに、「浅野さんのハートに火をつける会」は、浅野氏の立候補表明を受けて、名前を「都民のハートに火をつける会」に改め、3月9日には、東京・中野で浅野氏を迎えて「浅野さんと都民が東京を語る会」なるものが開催されるという。

(2007年03月08日 J-CASTニュース)


 まあ、そもそもからして、「浅野さんのハートに火をつける会」などという名称の団体が、「まとも」な団体であった事など、少なくとも、我が国の歴史上であったためしが無く、この時点で既に、極めて胡散臭い団体に後押しされた胡散臭い政治家だったとも言えますが、今回、J-CASTニュースの調べで出てきた団体名を見ると、その胡散臭い団体名が霞んでしまう程に胡散臭いものが並んでいると、驚きを禁じ得ないものです。

 このような団体に後押しされているだけでも、十分以上に胡散臭いと言わざるを得ませんが、彼を民主党や怪しい団体どもが都知事にと推す大きな要因である、「前宮城県知事」であった時の事を細かく見ると、彼自身もまた、このような市民団体に後押しされるに足る、胡散臭い「似非改革派」であるという事が浮き上がってきます。

 まず、彼が「宮城県知事」に当選出来たのは、当時の現職知事であった本間俊太郎氏がゼネコン汚職によって逮捕され引退した事によるものであり、彼自身が強く望まれて県知事職に就いた訳では無さそうな気配だと言えます。

 また、彼は3期で宮城県知事職を辞していますが、彼が指名した後継者は落選しています。

 ここから読み取れるものは、少なくとも、彼が宮城県知事職を辞する時点において、宮城県民は、浅野流の県政が継続する事を望んではいなかったと受け取る事が出来ると言えるでしょう。

 また、彼が「似非改革派」である事を、読売ウィークリーが3月18日号において、更につぶさに報じています。

「言行不一致」「自分勝手」…宮城人が語る“浅野劇場”の実態

22日告示の東京都知事選で、前宮城県知事の浅野史郎・慶応大学教授(59)が出馬に意欲を示した。3期12年の県知事時代は改革派知事として名を馳せたが、地元では期待と不快感が交錯している。

 「浅野氏は宮城にとっての逸材。東京から期待されるのは県民としても誇りに思う。宮城で培った経験を生かし、発言力の強い首都から地方の自立を進めてほしい」

 こう語気を強めるのは、「浅野さんを都知事に擁立する会」の立ち上げに携わった菊地文博県議だ。出馬に意欲を示す浅野氏に対し、地元から後押しする動きも活発化してきた。

 仙台市民オンブズマン代表の坂野智憲弁護士も、「東京都は情報公開が遅れている。改革派知事として、情報公開推進を手始めに警察の捜査報償費(の適正支出)や談合防止に取り組んでほしい」と期待を寄せる。

 村井嘉浩・宮城県知事は、「浅野氏個人の問題」と前置きした上で、「浅野氏は福祉をライフワークとし、県社会福祉協議会の会長も務めているので、今後もご指導いただきたい。都知事選に出て宮城から軸足を離すのは残念だし、寂しい。出馬はあり得ないと信じたい」と話すが、「宮城の福祉をどう考えているのか疑問」ともチクリ。

 だが一方、それらと異なった評判も聞こえてくる。経済界も、「地元の中小企業振興より勝手連的な市民と交流するほうを選んだ人。遠くから様子を見守るだけ」(有力企業経営者)と、冷ややか。実は、全国的な評判とは裏腹に、県内での浅野氏の評価は必ずしも芳しくないのだ。浅野県政をウオッチしてきた記者が指摘する。

 「知的障害者の脱施設・地域生活移行を掲げ、県の施設解体を打ち出したが、実際には無理だった。100年がかりで行うとも強調していたが、これでは何もやらないに等しい。議会制民主主義を支えるインフラとして情報公開も根付かせたが、報償費をめぐる県警とのバトルに使っていた印象が強い。県民は『浅野劇場』の観客に過ぎず、舞台に上がって情報公開制度を積極活用したわけではない

 浅野氏が4選不出馬を決めた2年前の知事選をめぐっても、同氏は厳しい批判を浴びた。

 ある地元記者は、こう明かす。

 「後継者は指名しないという前言を翻して後継候補を立てた。『自民党の支持を受けるなら自分が立候補する』と候補を半ば脅しながら浅野流の無党派選挙戦術を押し付けたあげく、落選させたのです。浅野支持派でさえも『言行不一致』『自分勝手』と愛想を尽かした

 財政面でも莫大な県債残高を「負の遺産」として残し、改革半ばで放り出した印象も否めない。

 そんな浅野氏を「宮城の福祉をメチャクチャにした張本人。宮城の恥」と切り捨てるのは、共産党県委員会の横田有史副委員長だ。多くの県議からも、「権力欲にとらわれたとしか思えない」という厳しい声が上がっているようだ。

 それにしても、どうして都知事選なのか。無関心だった浅野氏が急に乗り気になったのは、なぜか。県政界関係者は、浅野氏の心中をこう推し量る。

 「報償費問題で県警と大ゲンカしたように、浅野氏は敵が強大だと燃える勝負師タイプ。都の政策について何も語っていないし、都知事になりたいというより、大舞台・東京で自分の選挙スタイルを試し、石原都知事という巨大な相手に挑戦してみたいというのが本音ではないか。学者はもともと肌に合わず、仮に落選しても失うものは何もない」

 浅野氏は先月28日、「(思考の)フリーズ(凍結)が解け、今度はプリーズだ」と独特のフレーズに意欲を込めた。選挙戦を見据え、お得意のパフォーマンスを駆使し始めたようだ。東京でも無党派旋風を巻き起こす算段を練っているのだろうが、本人が当初繰り返した通り、このままでは「必然性がない」出馬としか受け取れない。

(読売ウィークリー 2007年03月18日号)


 まあ、誰かが何らかのアクションを起こした時、週刊誌という類の媒体が、このようなネガティブなリアクションを起こす事自体は世の常であり、100%、読売ウィークリーが報じる通りの人物だとまでは言わないものの、少なくとも、浅野氏が、大手のマスコミ、テレビや新聞が伝えるような人物である可能性は、限りなく低いと思われるものです。

 また、浅野氏が、この読売ウィークリーが報じるような「似非改革者」であったとしても、都知事選に立候補する、しないは、彼の自由であるとは言えますが、解せないのは、このような胡散臭い市民団体に後押しされた胡散臭い「似非改革者」を、ただ、自民党との対立軸を作りたいという一心だけで後押ししている民主党だと言えるでしょう。

 恐らく、東京都民が理性的な判断を出来ている限りは、今回の都知事選は、消去法で石原氏の再選という形に落ち着くと思われますが、その時、このような無駄な対立軸を無理矢理に作り出してまで、自民対民主という構図を作り上げた民主党は、取り返しがつかない程に、大きなダメージを受ける事は避け得ないと言えます。

 推薦という形を取っていない事も、本来なら有利に働くところですが、今回の場合、民主党の方が浅野氏に推薦を断わられたという事実が広まっている為、却って、大きなダメージになる可能性すら孕んでいると言えるでしょう。

 反自民等、反石原都知事の一心で、民主党を応援し、浅野氏を応援している人間には残念な知らせですが、今回の都知事選を巡る民主党の一連の動きは、壮大な自爆へのプロローグにしかなり得ないと言えます。

 縦んば、何かの間違いで、浅野氏が都知事選に当選したとしても、引用した読売ウィークリーの記事に約60%程度、真実が含まれていると仮定すると、参院選に至るその前に、見事なまでにボロを出してしまい、全国的なバッシングに発展する可能性は非常に高いと言えます。

 ここまで書かれるような人物を、自民党のゲッペルスこと「セコウしてますか?」大センセーが見逃す筈が無く、些細なミスでさえ、週刊誌やワイドショーで大々的に報じられ、過去の事まで徹底的に暴かれた挙げ句、このような人物にさえ推薦を断わられた民主党という宣伝が、日本全国に響き渡る事となるでしょう。

 最早、ここからどのように情勢が動いたとしても、この都知事選が原因となり、もともと薄かった参院選での民主党の勝利の確率は、限りなくゼロに近づいたと断言出来るものです。

 民主党が、もし、本気で政権を狙いに行くつもりが僅かでもあるのならば、この都知事選で石原氏が勝利した瞬間、この問題を作り出した原因である小沢、管ガンス、ハトポッポの三馬鹿トリオに責任を取らせ、その党における職責を辞させるよう、今から準備を進めておくべきだと言えます。

 あの3人が頂点にいる限りは、縦んば、今回の事を何とか平穏無事に終わらせる事が出来たとしても、永遠に、同じような愚かしい戦略・戦術を繰り返し、却って自民党を利する事にしかなり得ないと言えるでしょう。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

虚像に囚われた政治家 小沢一郎の真実
平野 貞夫
講談社 (2006/09/08)
売り上げランキング: 195789
おすすめ度の平均: 5.0
5 国政の実態の一部が垣間見れる点については十分評価
5 男なら読むべし、平成の「人生劇場」だ!

日本をダメにした売国奴は誰だ!
前野 徹
講談社 (2006/02/21)
売り上げランキング: 8131
おすすめ度の平均: 5.0
5 腐りきった祖国を立て直せるのは、我々一人ひとりだ
5 日本を亡国へと導く戦犯総ざらいの名著
5 失ったものの大きさ


PR情報
ちょっと贅沢したい時もホットペッパーでお店検索&オトクなクーポンGET!!
モテオヤジ増殖中!
スポンサーサイト





南京の真実

ブックマークに追加する
>「(思考の)フリーズ(凍結)が解け、
>今度はプリーズだ」と独特のフレーズに
>意欲を込めた。

  全然面白くねえしwwww

  そもそも、本人にセンスがないと見ました。まだ「またおまえ、毎日新聞か」の方がいいですねwww

>彼が「似非改革派」である事

  改革を旗印に掲げている人間って、単なる「破壊主義者」なんでしょうね。皇室を破壊しようとしたあのキチガイ宰相のように。
2007/03/10(土) | URL | ろろ #-[ 編集]
>改革を旗印に掲げている人間って、単なる「破壊主義者」なんでしょうね。皇室を破壊しようとしたあのキチガイ宰相のように。

言われてみれば、そうですね。

長野県の田中康夫も、その類でしたしね。

まあ、右寄りの私が言うのも何なんですが、我が国には、本当に改革しなければいけない部分もあるにも関わらず、そのような部分を正確に指摘し、是正していける人物がゼロに等しいというのも、我が国の抱える重大な病理なのかも知れませんね。

寧ろ、国民が、そういう事に薄々感づいているにも関わらず、そういう人物が出て来ない事が、こういう「贋物」が蔓延る原因と言えるのかも知れません。
2007/03/10(土) | URL | 浪人 #-[ 編集]
浅野と書いてアカ野と読めばよろしいでしょうか。
しかし東大法学部卒のキャリア官僚出身者(アカ野は旧厚生省出身)は、
なんで国民が何を望んでいるのかを全く理解できないのでしょうか。
宮崎県知事選を制したそのまんま東さんも、愛知県知事選を制した神田さんも
東大法学部卒のキャリア官僚出身者ではありません。
ちなみに偽メール事件で自爆した民主党の永田君は
東大法学部卒のキャリア官僚(財務省)出身者でした。
彼の最大の功績は、東大法学部卒のキャリア官僚出身者が
ただの世間知らずの馬鹿であることを国民の前で見事に証明してくれたこと。
ですからアカ野は石原さんに圧倒的な差をつけて敗れるでしょう。
2007/03/10(土) | URL | おしゃか #-[ 編集]
>都の政策について何も語っていないし、

浅野氏はこの1点で都知事候補として不適格でしょう。彼の出馬は反石原票を分散させる意味しかありません。もはや、石原三選を阻止する(可能性のある)唯一の手段は「民主党が石原候補を推薦・応援すること」しか残されていないのでしょうね。

個人的に石原都政に対する不満は少なくはないのだけれど、浅野氏みたいなのが都知事になったり、民主党がそれで増長したりするのは、もっとお断りですな。
2007/03/11(日) | URL | 違法廃棄物処理業者 #-[ 編集]
東大法学部が悪いのか、はたまた、霞ヶ関が悪いのかは分かりませんが、確かに、この二つを通過してきた人間の印象は、限りなく悪くなったでしょうね。

まあ、石原氏の勝ちでしょうね。
2007/03/11(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
私も、石原都政には問題はあると思いますが、これが相手では、まず間違いなく石原氏の勝利でしょうね。
2007/03/11(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
石原現知事を支持する、問題は有ろうが行政は万人が満足とは行かないものだと思う、石原氏も良い事を多々実施して来ているが此の点は忘れられているのだろうか?東京は日本の首都だ、日本の一つの顔でもある、此の事を考えただけでも誰が相応しいか解かると言うものだ。
2007/03/12(月) | URL | 反syou軍様 #HfMzn2gY[ 編集]
「行政は万人が満足とはいかないもの」というのは、その通りだと思います。

まあ、そんなに力まなくとも、相当な事をやらかさない限りは、石原氏の勝利だと思いますよ。
2007/03/14(水) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/679-dfdab2ea
都知事選への出馬表明してからというもの、政策を一切示さず、ひたすら抽象的な石原批判を繰り返すばかりで、空疎な寒い比喩の言葉が踊っているだけの浅野史郎であるが、 ついに「政策なんかない。とにかく俺に投票しろ」とばかり開き直ったようである。 浅野史郎への単独イ
2007/03/10(土) | 加賀もんのブログ
なんとも麗らかな春の陽射しにせかされ、土曜というのに7時半に起床。生ゴミを2つ外に出し、とりあえずコーンフレークを食べながら朝刊にゆっくり目を通す。いわゆる『従軍慰安婦』問題で、米国内での日本叩きが強まっているという。日本国内で反日工作を行っている半島人