FC2ブログ

 
或る浪人の手記

人気blogランキング にほんブログ村 政治ブログへ FC2ランキングへ ヲシテ町へ
べ、別にあんたのために書いてるんじゃないんだからね!ま、まあ、どうしてもって言うなら、ちょっとだけ読んでいってもいいけど…なツンデレ系時事ブログ
ブックマークに追加する
最新の記事

      全ての記事を表示する

トップ教育 → 教育改革

教育改革
人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへFC2ランキングへ

 安倍内閣の政策の目玉であるとされた「教育改革」ですが、「教育基本法」の改正という第一歩こそ成せたものの、その後はどうなのかと言えば、凡そ「目玉」であるとは思えぬ程の混迷を見せており、教育の是正が成るどころか、寧ろ、余計に混乱を酷くして、貴重な時間を果てしなく無駄にしているのが現状であると言えます。

 そもそも、その唯一成し遂げた「教育基本法」の改正にしても、中身を注視すれば、連立与党のパートナーであるカルトの走狗に妥協に妥協を重ねたものであり、改正せぬよりはマシだったとは言えますが、とても、手放しで褒められるものだとは言えません。

 そんな素敵な、安倍内閣の目玉である「教育改革」ですが、この度、またもや、混乱して迷走する姿を、我々国民の目に御披露目するに至った模様です。

中教審答申:国の「教委への是正勧告」異例の賛否併記で

 文部科学相の諮問機関・中央教育審議会は10日、東京都内で総会を開き、教育関連3法案の答申案を了承し、伊吹文明文科相に提出した。国による教育委員会への是正勧告・指示について、答申では異例の賛否両論を併記した。また、国による都道府県教育長の任命承認権と教委による私学への指導は否定する意見を明記した。伊吹文科相は12日にも安倍晋三首相に内容を報告し判断を仰いだ上で法案を作成、3月中に国会へ提出する方針。

 答申は、出席委員42人中、石井正弘委員(岡山県知事)だけが了承しなかった。

 是正勧告・指示については、地方教育行政法(地教行法)の改正部分で、「地方公共団体に対し、何らかの措置(指示等)を行えるようにする意見が多数出された」とする一方、「地方分権の流れに逆行するなどの強い反対意見も出された」とした。指示等を行う場合にも「専門家などで構成される調査委員会等の報告を参考にすべきだ」と第三者機関設置の意見も付記した。

 教委による私学への関与は、骨子案の「指導・助言・援助」から指導を削除。指導に対して、委員の多数が反対だったことを明記し、助言・援助は「都道府県知事が教委に対し、助言・援助を求め得るようにすべきだとの意見が出された」とした。

 また、99年の地方分権一括法で廃止され、政府の教育再生会議が検討するよう求めていた教育長の任命承認権は「賛成の意見はほとんどなく、これを採らないことが適当である」と反対の意思を示した。伊吹文科相は「審議での賛否は総理に伝え、最終的に法案を提出する内閣としての意思を決めていく。できるだけ道(答申内容)を外さないよう努力する」とあいさつした。

 地教行法はこのほか、教職員人事について「同一市町村内における転任については、市町村教委の意向に基づいて行うものとする」として、都道府県・政令市が持つ教職員人事権を弾力化させる考えも示した。学校教育法には校長や教頭を補佐する「副校長」「主幹」など新しい職を設置できるようにする内容などを盛り込み、教員免許法では教員免許更新制の導入を明記した。【高山純二】

(2007年03月10日 毎日新聞)


 教育にしても何にしても、何か物事を推し進めようとするならば、その中心となる人物、この場合ならば安陪首相が、その完成型と言えるものに近い姿を、出来るだけ明確に描けており、且つ、それを、実際の作業を進めていく人間に、出来るだけ明瞭に伝えていなければならないと言えます。

 つまり、教育改革を行うならば、どのような形で教育が行われ、それにより、どのような人材が育っていく事が望ましいのかという事が、可能な限り明瞭な姿で描けていなければ、如何に御大層な御題目を並べ立て、改革の旗印を掲げたところで、このような屁の突っ張りにもならない不発弾にしかならないのは、至極当然であると言えるでしょう。

 一応、念の為に付け加えておきますが、私は何も、物事を進める中心人物、この場合なら安倍首相がイメージを描き、それを完璧に再現する為に、他の者の意見など一切意に介せず、独善的に物事を進めるべきだと言っている訳ではありません。

 物事を進めるにおいて、場合や状況に応じて、その形を臨機応変に変えていく事は当然のことであり、また、その道程において、共に仕事を進める人間が、何か良いアイデアを出したならば、それらを柔軟に取り入れていく事も当然だと言えます。

 しかし、仮に途中で形が変容していく事が前提であるにしても、まずは、その仕事を進める上での責任者となる人物が、出来るだけ具体的なビジョンを明確にし、芯となる部分を作り上げなければ、その下で働く人間が、それぞれ、自分が思うがままにバラバラに動き始めてしまい、纏まるものも纏まらなくなるのは、理の当然だと言えます。

 このような審議会において、常に、グダグダを繰り返すような事になるのも、結局、教育改革を打ち出した首相自身が、明確なビジョンを打ち出せていないからだと言えるでしょう。

 言うまでも無い事ですが、教育改革の必要性は、一部、日教組を始めとする「お馬鹿」を除けば、ほぼ全ての国民が感じている事であり、これを行う事自体に、異論を挟むつもりなどは毛頭ありません。

 しかしながら、これを行うならば、確実に成功させる必要があると言えます。

 その為にも、まず、この教育改革を推し進めようとしている責任者である安陪首相自身が、安陪首相自身のその口で以て、教育とは何なのか、教育とは如何在るべきなのか、そして、その教育により、どのような人材が育成される事を望ましいと思っているのか、出来るだけ明瞭な形で示すべきだと言えます。

 「曖昧さ」というものが、我が国の文化が生み出した、社会生活における摩擦を低減する為の一種独特の美徳の一つである事は確かですが、それは、あくまで、決断すべき時は、きちんと決断し、明確なものを示さねばならない時は、きちんと示すという前提での話であり、何でもかんでも曖昧で済ませようとするのは、単なる優柔不断の事勿れ主義者だと言えるでしょう。

 まして、日本国の最高責任者である内閣総理大臣の職務にある人間ならば、尚更、自らの中の明確なものを、国民に対して示す義務があると言えるものです。

 首相が示した明確なビジョンに、私を含めた国民が賛同出来るか否かは別として、まずは、それをきちんと示す事をしなければ、スタートラインに立ってすらいないと言えます。

 首を傾げる人間もいれば、強烈に拒否感を示す人間も居る事でしょう。

 しかし、それらの批判の的に晒される程度の覚悟も無く、このまま、只管に曖昧なままで物事を推し進めようとするならば、「戦う政治家」などという御大層な看板を下ろす事は勿論、即刻、内閣総理大臣などという器に合わない職責は辞するべきだと言えるものです。

人気blogランキングへ←人気blogランキングに協力お願いします
にほんブログ村 政治ブログへ←出来ればこちらも協力お願いします
このブログを評価する←このブログを評価する

昭和天皇の学ばれた教育勅語
杉浦 重剛 所 功
勉誠出版 (2006/03)
売り上げランキング: 26411
おすすめ度の平均: 5.0
5 三一五文字の名文に凝縮された日本人の心
5 20世紀の名君「昭和天皇」の基礎
5 祖先から受け継がれ、そして子孫に繋ぎたい日本人の大切な教え

安岡正篤一日一言―心を養い、生を養う
安岡 正篤 安岡 正泰
致知出版社 (2006/05)
売り上げランキング: 7617
おすすめ度の平均: 5.0
5 まさに座右の書
4 難しいがチャレンジして読んでみるべき本
5 「自分から」を思い知らされた。


PR情報
チカッパ!レンタルサーバーは大容量500MB!月額525円からご利用いただけます。
人間学を学ぶ月刊誌 月刊『致知』(ちち)
スポンサーサイト


南京の真実

ブックマークに追加する
相変わらずの安倍批判ですか。本件に関する私の怒りは旧文部省と日教組に向かうのですが、まあいつも浪人さんと私の怒りのベクトルは異なるのでここでは措きましょう。

ところで、浪人さんは教育制度のあり方について如何お考えですか。
私は国の制度としては、義務教育と公的な高等教育だけで良いと考えています。義務教育においては、いわゆる「読み書きそろばん」と礼儀作法、一般常識を、高等教育においては、多岐の分野に渡るけれども果ては世界の水準に至る技術・知識を、公的資金をつぎ込んで教え込むことにあると思います。

今回の審議会答申については、「国から教育委員会への是正勧告・指示」とか「国の都道府県教育委員長任命承認権」とか手続き的なことの前に、子供に「何を」「どのように」教えていくのかを明確にすべきだと思います。「教委の私学への関与」については、「助言」のみとし、「指導・援助」、特に強制力を持つ指導及び公的資金援助は不要と考えます。もともと我が国の教育は私立からスタート・発展したものである一方で、公的な教育は「国のために」国家事業として進めてきたものであるからです。
2007/03/11(日) | URL | 違法廃棄物処理業者 #-[ 編集]
  そもそも、教育改革をやる気があまりないのかもしれませんね。だから、基本法改正のような「成果」を上げておしまい、と。
  山谷さんや下村さんも、首相の腰巾着にならずに、もっとボスの尻を叩いた方がいいのではないでしょうかね。まあ、下村さんは「パチンコストアー協会政治アドバイザー」ということがわかったので、もう期待はしていませんが・・・。
2007/03/11(日) | URL | ろろ #-[ 編集]
いまの教育基本法はGHQ占領期に押し付けられた物ですから、
ハーグ陸戦条約43条1項に基づいて破棄する。
そして教育勅語を今の言葉遣いに修正して復活させる。
これで日本の教育行政の基礎は磐石のものとなる。
もし左巻きの連中が文句をいってきても、こう言い返しましょう。
「台湾ではいまでも教育勅語がありますが、それが何か?」
あと山谷えり子は全く信用できません。
だってあいつミスタームーンの手先だもん。
2007/03/11(日) | URL | おしゃか #-[ 編集]
いや、「教育の腐敗」、「教育の荒廃」の原因は、99.9%、日教組と旧文部省だと思いますよ。

ここで批判しているのは、その「原因」ではなくて、改革の進め方、改革に必要なビジョンの無さですから。

まあ、それはどうでも良いとして、教育制度のあり方については、大筋に、違法廃棄物処理業者さんの意見に同意です。

審議会の答申に関しても、その通りかと思います。

仰るような幹の部分が出来ていないのに、仕組みなどの枝葉についてばかり話し合っても、何らの実りがあるとは思えませんしね。
2007/03/11(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
>ミスタームーンの手先
 
  やっぱりそういう系統でしたか。産経新聞系列出身で、世界日報に、性教育の乱れ云々の記事を書いていたので、怪しいとは思っていましたが。合点が行きました。
  安倍氏の周りって、そういう連中かパチンコ屋の手先か、外資の犬(塩崎とか柳沢)しかいませんね。

  あ、いたか、ミスター腐敗=松岡www
2007/03/11(日) | URL | ろろ #-[ 編集]
>そもそも、教育改革をやる気があまりないのかもしれませんね。

そうなのかも知れませんね。

最初に言っていた改革の内容も、英国や米国の教育改革の内容を、適当に寄せ集めてきただけの感がありますしね。

あと、おしゃかさんも仰ってますが、山谷氏も結構怪しいです。

山谷氏と統一協会の噂は、以前から囁かれている事ですが、少し前の出来事で言うと、「GOOGLE八分事件」なんかもありますし、未だに、がっちりと手を結んでいる可能性は大です。

http://beyond.2log.net/akutoku/topics/2006/1002.html
2007/03/11(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
仰るように、教育勅語を復活させるのが、一番理に適っていると言えるでしょうね。

ただ、言葉遣いや文字遣いに関しては、旧態で良いかと思います。

それを機に、小学校の高学年くらいから、旧仮名遣いと文語体を教え、一般常識の一つとして広めていってはどうかと考えます。

大体、我が国の重要な文化の一つである旧仮名遣いや文語体を、きちんと授業で教えないというのは、実におかしな話ですしね。
2007/03/11(日) | URL | 浪人 #-[ 編集]
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://restororation.blog37.fc2.com/tb.php/681-ff14a56f